ここから本文です
KEIHI旅日記

書庫全体表示

①はじめに
 こんにちは。今回の『KEIHI旅日記』は、COMICリュウから好評発売中のコミックス『アリスと蔵六』がこの春からアニメ化されましたので、その話題作の舞台探訪記事をご紹介させて頂きます。
 『アリスと蔵六』の作中の物語は、静岡県のとある山中から始まります。この山中に関しては、後日現地に訪れたいと思いますので、今回は割愛させて頂きます。
 物語は冒頭の静岡県から、場所を移動して『東京都新宿区』に移ります。今回は、第2章にあたる第6話に主に登場した『東京都渋谷区神宮前』を舞台の中心とした記事をご紹介させて頂きます。

②『アリスと蔵六』とは
イメージ 1
 アリスと蔵六』は、2017年4月から6月まで全12話で好評放映中のアニメーションです。アニメーション制作は、J.C.STAFFが手がけられて、7月28日にBDBOXの1巻が発売されて、続いて10月27日にBDBOXの第2巻が発売される予定の作品となっております。
 物語は、アリスの夢と呼ばれる超能者が現れるようになった世界。その中で途轍もない能力を持った幼い少女・紗名は、あることがきっかけでアリスの夢の研究所を脱走し、外の世界を初めて知る。資質はあるが未熟が故、能力をうまく使いこなせず途方に暮れていた彼女の前に現れたのは、日本の由緒正しき頑固爺・樫村蔵六だった。この出会いが紗名の運命を大きく変えていくこととなる。…という物語の中心人物の紗名と蔵六が共に生活をする中で絆を育んでいく、ハートフルストーリーとなっております。

③舞台のアクセスについて 
 作中では、『JR原宿駅』前にある『竹下通り』にて紗名が迷子になり、蔵六が『竹下通り』周辺を探し回ることを加味して、
今回の旅の拠点を最寄駅である『JR原宿駅』とさせて頂きます。
 また、オススメの聖地巡礼ルートは、
『JR原宿駅(竹下口)』→『竹下通り(原宿駅前)』→『竹下通り(明治通り側)』→『東郷神社』→『社会事業大学前歩道橋』→『神宮前交番』→『大手参道ヒルズ』
となります。特に今回、竹下通りにてご紹介させて頂く店舗は、原宿駅前から明治通り側に歩くと順番に見つけることが出来ますので是非参考にしてみて下さい。

□樫村生花
 作中では、都内某所にあるされている『樫村生花』にもモデルとなる建物が存在します。この場では、周辺が民家であるということもあり、舞台となる場所の公開は控えさせて頂きます。ご了承下さい。

④『アリスと蔵六』と舞台探訪
今回、『アリスと蔵六』の第2章の第6話の舞台をメインとした記事を御紹介させて頂きます。その上で、前回までにこの前段の話となる第1章の記事を御紹介しておりますので、合わせて見て頂ければ幸いです。

□竹下通り(原宿駅前)
【東京都渋谷区神宮前1丁目13-17】
イメージ 1イメージ 30
△『竹下通り(原宿駅前)』から、『JR原宿駅(竹下口)』の撮影に臨んでおります。写真を見ても明確でありますように、竹下通りは日中大変混雑しており、写真撮影の際に人を写さないで撮影すること自体が不可能になります。近隣にお住まいの方であれば、日の出の時間帯のまだ人通りも少ないと予想される時間帯に撮影に行きたいですね。

□Bil Air
【東京都渋谷区神宮前1丁目20-10】
イメージ 29イメージ 31
△『JR原宿駅前』から門をくぐり、暫く歩くと『Bil Air』が左手に見えます。目印は看板の文字にアウトレットと記されているので、それを目印にすると良いかもしれません。

□クレアーズ原宿駅前店
【東京都渋谷区神宮前1丁目20-209 柴崎ビル】
イメージ 10イメージ 32
△『Bil Air』のすぐ隣の店舗が、『クレアーズ原宿駅前店』となっております。作中では、蔵六が紗名にぬいぐるみをこっそり買っている場面が微笑ましかったですね。

□マリオンクレープ原宿竹下通り店
【東京都渋谷区神宮前1丁目6-15】
イメージ 15イメージ 33
△『竹下通り』は、クレープ屋さんの大激戦区として有名な観光地でもあります。左側には『マリオンクレープ原宿竹下通り店』、右側には『マツモトキヨシ原宿竹下通り店』が店を構えております。この辺りが、『竹下通り』のちょうど真ん中の位置になります。

イメージ 16イメージ 34
△『マリオンクレープ原宿竹下通り店』の食品サンプル件メニュー表になります。この食品サンプルは大変目を引くようで、外国人観光客の方々は頻りに写真撮影をして、そしてクレープを購入している姿が良く見受けられました。

イメージ 17イメージ 35
△紗名がクレープに魅了されつつも、懸命に我慢している場面になります。画面後方には、『マツモトキヨシ原宿竹下通り店』があり、この時期は紫外線対策の為の日焼け止めを大々的に展開している為、ここでも足を止めている観光客が多く見受けられます。

イメージ 18 イメージ 36
△クレープ屋の前からは移動せずに、足元を撮影します。タイルのマス目も正確に描写されている為、観光客がほとんど写らないことカットは確実に合わせておきたいですね。

イメージ 19イメージ 37
△先ほどからクレープ屋の前で撮影を継続する形になり、視点切り替えの後に撮影に臨んでおります。

イメージ 20イメージ 38
△左側には『カフェクレープエンジェルスハート』、右側には『マリオンクレープ』が店を構えております。尚、写真では少々分かりくいのですが、右側の曲がり角を進んでいくと、紗名が迷い込んでしまった『東郷神社』へと道が繫がっております。

□カルビープラス竹下通り店
【東京都渋谷区神宮前1丁目16-8】
イメージ 13イメージ 39
△お馴染のカルビーが原宿に店舗を構えており、その店が画面の右側に存在しております。

イメージ 14イメージ 40
△紗名のように鼻歌を歌いながら歩いていると、すぐに人とぶつかって大変なことになります。周囲に十分に注意して、撮影に臨みたいですね。

□ブランド古着買取 BRAND COLLECT 原宿(竹下通り)店
【東京都渋谷区神宮前1丁目8-5】
イメージ 5イメージ 41
△しばらく歩くと明治通り側の門が見えてくると思います。撮影対象が女性専用の衣類店になる為、カメラを構える際には威圧しない用に十分に注意したいですね。

イメージ 7イメージ 42
△左側には、『ロッテリア』が店舗を構えており、右側には壁一面に落書きがされております。

イメージ 2イメージ 43
△落書きをされている塀の撮影に臨みます。イラストは全く異なる為、おおよそで撮影をしております。

□サンタモニカクレープ
【東京都渋谷区神宮前1丁目8 原宿第5寿和ビル】
イメージ 6イメージ 44
△『サンタモニカクレープ』の店舗の前にある横断歩道の撮影に臨んでおります。

イメージ 4イメージ 45
△日中は写真に写っている方向と、もう一つの窓口でクレープの販売がされております。夜になると、こちら側の窓口はシャッターが下りる為、遅い時間帯の撮影チャンスを狙ってみても良いかもしれませんね。

イメージ 28イメージ 46
△クレープ屋の軒先にて、撮影に臨んでおります。

□竹下通り(明治通り側)
【東京都渋谷区神宮前1丁目8】
イメージ 3イメージ 47
△『竹下通り(明治通り側)』から門の撮影に臨んでおります。キャプと似せる為には、よりローアングルからの撮影が良いでしょう。

□竹下通りの街頭
イメージ 27イメージ 48
△キャプと全く同じ街頭や看板が見当たらなかった為、雰囲気で撮影に臨んでおります。

□東郷神社
【東京都渋谷区神宮前1丁目5-3】
【参拝時間:09:00〜17:00】
イメージ 21イメージ 50
△『東郷神社』の敷地内には、写真のような池のほとりが存在します。近隣住民の憩いの場であるようで、写真撮影をしているすぐ横では世間話をしている方々が見受けられました。撮影の際には真ん中に鳥居を定めて、橋の位置を左右対称にすると良いです。

イメージ 22イメージ 51
△作中では、先ほどの写真の鳥居の下に紗名がいるという位置関係を把握した上で、鳥居の下の辺りから、背後にある木を撮影すると良いです。

イメージ 23イメージ 52
△池のほとりで最初に撮影したカットの正反対の場所からの撮影となります。正面に鳥居を定めて、左側に木を、右側には休憩場の配置を確認して撮影臨みたいですね。

イメージ 24イメージ 57
△『東郷神社』における『東郷幼稚園』前の神社への入口の撮影に臨んでおります。当方が訪れた日は、両脇にあるはずの旗が撤去されていた為、作中とは若干雰囲気が異なっております。神社の旗も作中で描写されているものと全く同様な物の為、次回は旗が設定されている状態で撮影に臨みたいですね。

イメージ 25イメージ 58
△先ほどの写真から引いた位置から、『東郷神社』の階段の撮影に臨んでおります。

イメージ 26イメージ 59
△『東郷神社』の階段の一番下の4段分の撮影に臨んでおります。

イメージ 49イメージ 60
△完全には一致しませんが、明治通り側の入口にある鳥居の撮影に臨んでおります。

□社会事業大学前歩道橋
【東京都渋谷区神宮前1丁目4】
イメージ 61イメージ 74
△作中で紗名と蔵六は、画面右側から左側へと歩いており、『竹下通り』に向かう描写が描かれております。尚、『社会事業大学前』という歩道橋の名前を取っておりますが、現在の同施設は別の場所にあり、現在は『原宿警察署』が建っております。過去に同施設が移転した経緯があり、名前だけは歩道橋に残っているようですね。カット撮影は、歩道橋を見上げる形で撮影に臨みます。

イメージ 62イメージ 75
△1枚前のカットの実際に紗名と蔵六がいる場所から撮影に臨んでおります。この歩道橋は、利用者も多い為、撮影に集中して道を塞いでしまわないように注意したいですね。

イメージ 63イメージ 76
△歩道橋の上からの撮影になる為、背後にある建物の縮尺が合いません。より近い構図で撮影するのであれば、向かいの建物から望遠レンズでの撮影が必要でしょうね。

イメージ 64イメージ 77
△紗名は見上げるような形で撮影に臨みます。かなりローアングルから撮影になりますが、これも背景の建物の縮尺が合いませんね。

イメージ 65イメージ 78
△作中とは背景の建物の一致度が低く、かつ実際に撮影した際に位置がずれてしまうカット合わせになります。こちらも蔵六を見上げるかたちになる為、かなりのローアングルからの撮影が求められます。

イメージ 66イメージ 79
△作中では階段を真正面から撮影しているようですが、同様に撮影するのであれば、高所撮影用の機器が必要になります。左側の建物の柱の形が一致する為、そちらの位置には注意して撮影したいですね。

イメージ 67イメージ 80
△紗名をおぶっている蔵六がいる位置の撮影に臨んでおります。『原宿警察署』前の歩道橋階段から上って、すぐの位置を撮影すると良いです。

イメージ 68イメージ 81
△キャプと同様の写真を撮影するのであれば、道路の真ん中からの撮影が必要になります。交通量も大変多く、危険な為控えた方が無難かもしれませんね。

イメージ 69イメージ 82
△『原宿警察署』前の歩道橋を一番上まで登り切った位置から撮影に臨んでおります。左側にある建物の壁の位置と背後の建物の重なり具合を意識すると、より忠実なカット合わせになるのではないでしょうか。

イメージ 70イメージ 83
△一番最初にカット合わせした場所の正反対のアングルからの撮影に臨んでおります。写真の右側になる壁に植物が生えている建物が『原宿警察署』になります。

イメージ 71イメージ 84
△1枚前のカットで紗名と蔵六がいる位置からズームで『原宿警察署』のある建物の撮影に臨んでおります。

イメージ 72イメージ 85
△右側にある建物は、『Gビル神宮前05』になります。ここから鑑みるに、樫村家の位置モデルはこの方面にあるのでしょうね。

イメージ 73イメージ 86
△1枚前のカット合わせから、ズームして撮影に臨んでおります。

□神宮前交番
【東京都渋谷区神宮前4丁目25】
イメージ 12イメージ 53
△『神宮前交番』の撮影に臨んでおります。少々離れた場所からの撮影になります。

□表参道ヒルズ
【東京都渋谷区神宮前4丁目12-12-10】
イメージ 11イメージ 54
△『表参道ヒルズ』の撮影に臨んでおります。目線を高めで撮影を行います。

□樫村生花のモデル
イメージ 8イメージ 55
△『樫村生花のモデル』の看板の撮影に臨んでおります。

イメージ 9イメージ 56
△『樫村生花のモデル』の建物の撮影に臨んでおります


⑤『アリスと蔵六』の舞台探訪を終えて
 以上が、『アリスと蔵六』の第2章の第6話の舞台探訪記事のご紹介になりますが、いかがだったでしょうか。正直、普段のカット合わせに伴う写真撮影と比較して、人が密集して多すぎた為、満足いくような撮影が出来ていないので、少々心残りがある印象が残っております。
 ただ、作中のキャラクターと同様の場所を歩いて、逸る気持ちを抑えながら同じ道を巡って、心情を追体験するといった楽しみ方も出来てたので、楽しみ方は一つでは無いな…と考えさせられたなと感じております。
 また、今回作中でも立ち寄ることになった『東郷神社』は、記事の項目でもご紹介させて頂きましたが、開門の時間が存在しており、時期によって時間が前後するそうです。今回の舞台探訪のカット撮影の中でも、一番落ち着いて撮影出来るとても良い場所なので、時間帯によっては優先的に『東郷神社』を巡ってみるのも良いかもしれませんね。
 それでは、また近々新しい記事を御紹介出来たら良いなと思いつつ、この辺で。次回は、横浜の街並みをご紹介したいと思います。ではでは。

※一部の画像を比較研究目的により使用しています。
作品の著作権(画像も含む)は[© 今井哲也/徳間書店・「アリスと蔵六」製作委員会]にすべて帰属しますのでご注意ください。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事