ここから本文です
KEIHI旅日記

書庫全体表示

①はじめに
 こんばんは。今回の『KEIHI旅日記』は、COMICリュウから好評発売中のコミックス『アリスと蔵六』がこの春からアニメ化されましたので、その話題作の舞台探訪記事をご紹介させて頂きます。
 『アリスと蔵六』の作中の物語は、静岡県のとある山中から始まります。そして、冒頭の静岡県から、場所を移動して『東京都新宿区』に移ります。今回は、2章にあたる第7話に主に登場した『神奈川県横浜市』を舞台の中心とした記事をご紹介させて頂きます。

②『アリスと蔵六』とは
イメージ 1
 アリスと蔵六』は、2017年4月から6月まで全12話で好評放映中のアニメーションです。アニメーション制作は、J.C.STAFFが手がけられて、7月28日にBDBOXの1巻が発売されて、続いて10月27日にBDBOXの第2巻が発売される予定の作品となっております。
 物語は、アリスの夢と呼ばれる超能者が現れるようになった世界。その中で途轍もない能力を持った幼い少女・紗名は、あることがきっかけでアリスの夢の研究所を脱走し、外の世界を初めて知る。資質はあるが未熟が故、能力をうまく使いこなせず途方に暮れていた彼女の前に現れたのは、日本の由緒正しき頑固爺・樫村蔵六だった。この出会いが紗名の運命を大きく変えていくこととなる。…という物語の中心人物の紗名と蔵六が共に生活をする中で絆を育んでいく、ハートフルストーリーとなっております。

③舞台のアクセスについて 
 作中では、『JR原宿駅』から紗名が一条さんと社会勉強の為に横浜に向かい、中華街を中心に散策することを加味して、
今回の旅の拠点を最寄駅である『JR原宿駅』とさせて頂きます。
 また、オススメの聖地巡礼ルートは、
『JR原宿駅(竹下口)』→『元町・中華街駅(山下公園)5番出口』→『山下公園』→『ホテルニューグランド』→『Au・jardin・de・Perry(オー・ジャルダン・ドゥ・ペリー)』→『横浜中華街』→『港の見える丘公園前交番』→『横浜外国人墓地』
となります。尚、横浜の街は、観光地として大変有名な土地であり、当方が実際に訪れた日も多くの観光客で賑わっておりました。中でも、山下公園と横浜中華街には学生の旅行客も多い為、カメラ撮影の際にはカメラを向けないように注意したいですね。
□JR原宿駅(竹下口)⇔元町・中華街駅(山下公園)5番出口
 『JR原宿駅』でのカット合わせが終了したら、作中と同様に『元町・中華街駅』に向かいます。ここで注意したいのが、5番出口から出入りしないといけないことです。『元町・中華街駅』は、5番出口のみ他の出口と比べて離れた位置に設置されている為、注意が必要になります。
イメージ 92イメージ 93

④『アリスと蔵六』と舞台探訪
 今回、『アリスと蔵六』の序章の第1話の舞台をメインとした記事を御紹介させて頂きます。その上で、前回までに第1章と第2章にあたる一部の記事を御紹介しておりますので、合わせて見て頂ければ幸いです。

JR原宿駅(竹下口)
【東京都渋谷区神宮前一丁目にある、東日本旅客鉄道山手線の鉄道駅。建設は1906年。】
 イメージ 1イメージ 48
△JR原宿駅の竹下口は、目の前の横断歩道を渡ると竹下通りに直結していることもあり、駅の周辺には観光客でいつも溢れております。本来であれば、もう少し後ろ側から撮影に臨みたい所でしたが、そこは再チャレンジしたいところですね。

イメージ 2イメージ 49
△JR原宿駅の竹下口の改札口の撮影に臨んでおります。真正面からのカット合わせになる為、人通りが少なければ撮影は容易です。

イメージ 3イメージ 50
△写真に写っているの建物は、横断歩道を挟んで向かいに建っているリップス原宿店になります。壁面のガラスに装飾があることを除いて、ほぼ一致します。JR原宿駅の前から撮影に臨みたいですね。

イメージ 4イメージ 51
△JR原宿駅の改札口前から横断歩道の方に向いて、地面を撮影するかたちになります。キャプの方がマス目が大きいようですが、実際はかなり細かいタイルとなっております。

イメージ 5イメージ 52
△切符の券売機の撮影に臨みます。キャプでは、8番と7番の券売機を主に撮影するかたちになりますが、実際は6番と7番の券売機の撮影を実施しております。

イメージ 6イメージ 53
△切符の券売機の撮影に臨みます。真正面からの撮影になる為、余裕があれば、作中と同じ画面で撮影に臨みたいですね。

イメージ 7イメージ 95
△JR原宿駅前は、とにかく人通りが多くて驚くと思います。特に、券売機周辺にも用事が無くても、周囲に屯っている方々が多くいるので、真横から撮影が求められるこのカット合わせは、正直曲者かもしれませんね。

イメージ 8イメージ 54
△切符の券売機の撮影に臨みます。主に画面に収めるのは、切符の発券口と硬貨の返却口になる為、そこに注意したいですね。

イメージ 9イメージ 55
△改札口を通り抜けた場所から、竹下通りのアーチ側に向けて撮影に臨みます。今回は、手前側から撮影を実施してしまった為、再撮影にチャレンジしたいですね。

イメージ 98イメージ 96
△改札口の撮影に臨みます。接写撮影になる為、利用者の動きに注意したいですね。

イメージ 10イメージ 56
△改札口を通る前の、JR原宿駅の竹下口の撮影に臨んでおります。ポイントは、画面の左側に時計を収めて、画面奥にリップス原宿店を収めることですね。

□元町・中華街駅(山下公園)5番出口
【神奈川県横浜市中区山下町にあある、横浜高速鉄道みなとみらい線の駅。建設は2004年】
イメージ 11イメージ 57
△元町・中華街駅は出口が5つあります。間違わずに5番出口から出た後に、出入口にある駅の看板の撮影に臨みたいですね。

イメージ 12イメージ 58
△元町・中華街駅の撮影に臨みます。ポイントは、左手前の壁面は、駅の隣の建物の外壁を画面に収める必要がある為、撮影する位置に注意したいですね。

イメージ 13イメージ 59
△キャプと実際の駅の壁面は配色が異なります。右側の建物の壁面が画面に収める必要があるので、そこから構図を決めると良いですね。

イメージ 14イメージ 60
△元町・中華街駅の入口を見下ろす形で撮影に臨んでおります。

□山下公園
【神奈川県横浜市中区山下町279】
イメージ 15イメージ 61
△山下公園の撮影に臨んでおります。画面の左側には噴水があり、背後にある建物の形も一致する為、周りにある建物の位置関係に注意しながら撮影に臨みたいですね。

イメージ 16イメージ 62
△画面の右側に見える船は、日本郵船氷川丸になります。山下公園の中でも一番観光客集まりやすい場所ですので、撮影後は他の観光客の方々に配慮したいですね。

イメージ 17イメージ 63
△同様に画面の奥に見える船は、日本郵船氷川丸になります。キャプの真ん中を付近にある木の立っている近辺が、実際では観光客の記念撮影スポットとなっております。

イメージ 24イメージ 64
△画面奥の正面に見える建物は、『大さん橋ふ頭ビル』となっております。山下公園を日本郵船氷川丸が展示してある場所から反対側に歩くと、すぐに見つかります。

イメージ 25イメージ 65
△山下公園の撮影に臨んでおります。ポイントは、左側の柵の奥には日本郵船氷川丸が画面に収まるように撮影に臨むと良いです。

イメージ 26イメージ 66
△山下公園の柵の撮影に臨んでおります。地平線と柵の位置を考慮すると、若干高所からの撮影になる為、カメラを高めの位置に構えて、撮影に臨みたいですね。

イメージ 27イメージ 67
△山下公園の柵の足場と地面の撮影に臨んでおります。カットと同様に見下ろすような形で撮影することがポイントです。

□ホテルニューグランド
【神奈川県横浜市中区山下町10】
イメージ 23イメージ 68
△山下公園に面した道路の向かいに建っているホテルが、ホテルニューグランドになります。道路を挟んで向かいの横断歩道側から、ホテルの角の辺りに焦点を当てて撮影に臨みたいですね。

□Au・jardin・de・Perry(オー・ジャルダン・ドゥ・ペリー)
【神奈川県横浜市中区日本大通3】
【営業時間:08:00〜17:00(曜日によって、18:00もしくは19:00まで)】
イメージ 18イメージ 69
△オー・ジャルダン・ドゥ・ペリーという喫茶店は、開港記念広場の敷地内に建っております。作中で一条さんが紗名の勉強を見ていたテーブルとイスは、同様の場所には現在存在しておりません。

イメージ 19イメージ 70
△作中のテーブルとチェアがあるであろう場所の付近にあるポールと背景の撮影に臨んでおります。少々一致度は低いですかね。

イメージ 20イメージ 97
△喫茶店のパラソルとチェアがあるであろう場所から撮影に臨んでおります。画面奥には、いつも喫茶店前で生活しているであろうご老人がいらっしゃいます。撮影の際はなるべく写りこまないように注意が必要ですね。

イメージ 21イメージ 71
△喫茶店の壁面の撮影に臨んでおります。

イメージ 22イメージ 72
△喫茶店の撮影に臨んでおります。先ほどより、若干アップ気味になります。

□中華街東門 朝陽門
【神奈川県横浜市中区山下町79】
イメージ 28イメージ 73
△中華街東門 朝陽門の撮影に臨んでおります。ここから、横浜中華街をご紹介して行きますが、紹介させて頂くお店は全て『中華街大通り』に店を構えております。朝陽門を潜って、中華街大通りを歩くと順番に見つけることが出来る店舗の順番にご紹介しておりますので、ご参考にして下さい。

イメージ 99イメージ 100
△中華街東門を見上げるかたちで撮影に臨んでおります。奥に見えるマンションが、あさひとよなががチェーンを掛けてバイクで登っていったビルになりますが、作中の描写は少々縮尺が大きすぎるかもしれませんね。
□横濱ユーロタワー
【神奈川県横浜市中区山下町76】
イメージ 101イメージ 102

□謝甜記
【神奈川県横浜市中区山下町165】
イメージ 44イメージ 88
△画面右側の赤色の建物が『謝甜記』になります。背後の建物が若干異なっておりますが、奥にある白い建物を寄せて撮る必要があるので、望遠レンズを用いると良いですね。

□上海小龍包専門店 鵬天閣 新館
【神奈川県横浜市中区山下町192-15】
イメージ 41イメージ 85
△画面右側の柱が、『上海小龍包専門店 鵬天閣 新館』になります。この店は、お客様が多く並んでいるので似せて撮影することは困難ですが、軒先から横断歩道に向かって撮影すると良いです。

イメージ 42イメージ 86
△先ほどのカット合わせの続きになります。店舗の角を曲がった位置から撮影に臨みます。

イメージ 43イメージ 87
△画面右側の建物が、『上海小龍包専門店 鵬天閣 新館』になります。作中では、紗名があさひとよながを追いかけて、一瞬見失った場面になります。

□中華料理 蓮香園
【神奈川県横浜市中区山下町150】
イメージ 36イメージ 81
△写真における左側の建物が『中華料理 蓮香園』になります。3店舗分画面に収まるようにうに、対面の建物から撮影に臨みたいですね。

□永華楼
【神奈川県横浜市中区山下町146】
【営業時間:11:00〜21:30】
イメージ 29イメージ 74
△あさひとよながが中華まんを購入したお店が、『永華楼』になります。

イメージ 31イメージ 76
△『永華楼』の撮影は、売店部分の一部のみの撮影になります。キャプと実際の撮影も酷似している為、ここは確実に合わせておきたいですね。

□王府井2号店
【神奈川県横浜市中区山下町151-16】
イメージ 30イメージ 75
△右側の建物が、『王府井2号店』になります。『中華街大通り』はいつ撮影しても人通りが多いので、目の前に人がいないタイミングで素早く撮影に臨みたいですね。

イメージ 38イメージ 83
△カット合わせ撮影した後に、該当写真を反転させております。本来の見え方とは逆になる為、撮影の際は注意が必要となります。

□海南飯店
【神奈川県横浜市中区山下町146】
イメージ 35イメージ 79
△右側の建物が、『海南飯店』になります。真ん中の黒い看板と、右側にある黄色の店頭看板の位置に注意して撮影に臨みたいですね。

□華龍飯店
【神奈川県横浜市中区山下町 中華街大通り】
イメージ 40イメージ 84
△カット合わせ撮影した後に、該当写真を反転させております。本来の見え方とは逆になる為、撮影の際は注意が必要となります。

□王府井 酒家
【神奈川県横浜市中区山下町152】
イメージ 37イメージ 82
△右側の看板のある建物が、『王府井 酒家』になります。右側になる店舗の看板と、左側にある道路標識の位置に注意して撮影に臨みたいですね。

□横浜博覧会
【神奈川県横浜市中区山下町145】
イメージ 32イメージ 80
△画面左側にある茶色と白の特徴的な柱のある建物が、『横浜博覧会』になります。背後にある緑色の屋根の建物がくっきり画面に写っている為、望遠レンズで寄せて撮影に臨みたいですね。

□景珍樓新館
【神奈川県横浜市中区山下町 中華街大通り】
イメージ 33イメージ 77
△画面真ん中の建物が、『景珍樓新館』になります。中華街の建物はキャプと比較しても店舗の名称や看板の色や形が大きく異なる物が多い為、全体の形で比較すると分かりやすいかもしれませんね。

イメージ 39イメージ 94
△紗名が転んで地面から近い位置からの目線になる為、ローアングルからの撮影になります。

□萬珍
【神奈川県横浜市中区山下町153】
イメージ 34イメージ 78
△キャプと実際の店舗の外装がかなり異なっておりますので、見落としに注意が必要です。


□港の見える丘公園前交番
【神奈川県横浜市中区山手町99】
イメージ 46イメージ 90
△画面左側にある屋根付きの建造物は、交番の駐輪所となっております。横断歩道を渡り、向かいの歩道から撮影に臨むと良いです。


□横浜インターナショナルスクール
【神奈川県横浜市中区山手町258】
イメージ 47イメージ 91
△画面奥にある建物が、『横浜インターナショナルスクー』になっております。尚、歩行者用の信号の位置が、キャプと実際では位置が異なる為、注意が必要です。

□横浜外国人墓地
【神奈川県横浜市中区山手町96】
【墓地内は非公開、ただし3月末〜12月末の毎週土日祭日(雨天を除く)のみ公開
イメージ 45イメージ 89
△写真は、『横浜外国人墓地』の入口の門となっております。ここの間を通って、受付をすると、公開可能時期であれば墓地内の様子を見学出来るようです。いつか中の撮影にも臨んでみたいですね。

⑤『アリスと蔵六』の舞台探訪を終えて
 ここまでお付き合い有難う御座います。以上が、『アリスと蔵六』の 舞台探訪記事、第2章(第7話)編になりますが、いかがだったでしょうか。横浜の街は観光地としても有名ですので、一度は訪れたことがある人も多くいらっしゃいますと思いますし、自分自身も学生時代以来に久々に活気のある街並みを歩いて見ることが出来て、とても楽しむことが出来ました。
 さて、『アリスと蔵六』は全12話という構成になっていることもあり、テレビ放映も折り返し地点までやってきました。今後は主に東京の新宿や原宿で話が展開していくことになりますが、まだまだ未訪問の場所もいくつかあります。未訪問の場所を特定しつつ、新しく登場した場所にまた赴きたいなと思います。
 今回、主に登場した舞台が横浜市ということで、横浜中華街でのやりとりが特に印象的に残ったと思われます。作中では、これまで登場人物たちが、色々な店で食事を取り、本当に美味しそうに食べている様子も大変印象的でしたので、一度は時間を作って作中に登場したお店の食べ歩きをするという楽しみ方も大変魅力的かもしれませんね。当方も、なんだかんだで、『上海小吃 (シャンハイシャオツー)』さんでしか、料理を頂いたことが無いんですよね。作中で登場人物が食事を頂いた店舗で、同じ食事を頂くことも、ある意味聖地巡礼の一環になり、良い思い出作りになるかもしれませんね。
 アニメ作品の舞台に訪れて、どういう楽しみ方をするかは人それぞれだと思いますので、当方もまた同じ舞台に訪れてみて、前回気づかなかった街の魅力に気づいて、より好きになることが出来たら嬉しいですね。
 それでは、今回はこの辺で。ではでは。
※一部の画像を比較研究目的により使用しています。
作品の著作権(画像も含む)は[© 今井哲也/徳間書店・「アリスと蔵六」製作委員会]にすべて帰属しますのでご注意ください。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事