ここから本文です
KEIHI旅日記

書庫全体表示

➀はじめに
 こんばんは。世の中はいよいよ師走の時期に入り、街を歩いていると特に商売をしている方々が年末商戦に向けて慌ただしくしている様子が目に移り、いよいよ今年もあとわずかなんだなと感じさせられる今日この頃です。
 今回はそんな世間が慌ただしい師走の真っただ中に、前回の10月の更新に引き続き香川県が物語の舞台となっている作品にますますのめり込んでしまい、連休が取れた好機に再び遠出する運びとなりました。
 香川県には、『結城友奈は勇者である』のメインの舞台となっているスポットが数多く存在しており、今回の『KEIHI旅日記』では、それらの作品の舞台探訪記事をご紹介させて頂きます。
 『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』の作中の主な舞台は『香川県坂出市』であり、『坂出駅』の周辺となっております。今回は、作中で主に登場した『香川県坂出市』を舞台の中心とした記事をご紹介させて頂きます。

②『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』とは

 『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』は、2014年に放映された『結城友奈は勇者である』の2期にあたる作品です。2017年9月から10月まで全6話で放映されたアニメーションとなっており、先行として全三部作の構成で劇場版が2016年3・4・7月に上映されました。アニメーション制作は、Studio五組が手がけられて、2017年12月20日にはBlurayが発売する予定の作品となっております。

イメージ 1
結城友奈は勇者である』より2年前。
 鷲尾須美は小学六年にして神樹に選ばれた世界を守る勇者である。
 同級生の乃木園子、三ノ輪銀と一緒に、かけがえのない日常を大切にしながら、お役目を果たしていく須美。
 そして物語は鷲尾須美から結城友奈へ。
 平和な日常を送る讃州中学勇者部に起きた事件とは。
 と導入部が始まり、『結城友奈は勇者である』の1期を見ているとより楽しむことが出来る作品の作りとなっております。全6話という短い作りではありますが、1話1話の内容が大変濃い作品となっておりますので、視聴した後にとある感情が込み上げて来ることが必須なので、再び視聴し直したくなる人も、少なくはないのでしょうか。

③舞台のアクセスについて
【今回の舞台探訪の移動拠点は、香川県坂出市の『坂出駅』です。】

 今回は、舞台探訪マップを作成して、ご案内させて頂きます。『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』の舞台探訪を実施するにあたって、メインの舞台は香川県坂出市とご案内させて頂きましたが、『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』の舞台は香川県坂出市以外にも多数点在しているのが特徴となっております。
 当方は、メインとなる香川県坂出市の舞台探訪を実施するにあたって、レンタサイクルで半日かかりました。とにかく坂出市内の移動範囲は広いため、市内の移動はレンタサイクルをオススメします。坂出駅には、1日200円で16:30まで借りれる自転車貸出サービスが観光案内所で実施されておりますので、利用することにより効率良く巡ることが可能であると思われます。
 また、翌日に坂出市以外の舞台ポイントとなっている場所の舞台探訪を実施しましたが、レンタカー移動で丸1日かかりました。こちらでも同様に言えることですが、坂出市外の移動範囲はとにかく広いため、市外の移動にはレンタカーが必須です。
 尚、レンタサイクルを利用する際には、舞台探訪の折に邪魔になってしまう手荷物を預けるのに最適なコインロッカーが、坂出駅に常設されております。1日300円と安価なので利用しても良いかもしれませんね。ここで注意が必要なのが、市内にはコインパーキングが全くないので、市内の車での移動はオススメできません。

 まとめておきますと、
➀香川県坂出市内の移動には、レンタサイクルの利用が賢明 詳細はこちら
②香川県坂出市外の移動には、レンタカーの利用が必須   詳細はこちら

です。とにかく移動距離が広いので、移動の足を確保しておかなければ舞台探訪の支障になるので、注意が必要かもしれませんね。

④『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』と舞台探訪
 ここからは、『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』の舞台探訪記事をご紹介させて頂きます。今回は22箇所の舞台探訪ポイントを項目としてご紹介させて頂いております。参照したい場所をクリックして頂くと、場所ごとに更に詳細な記事を一部補足させて頂いております。試しに『イオン坂出店』の項目をクリックすると別の記事にジャンプしますので、是非ご参照下さいませ。
 尚、紹介させて頂いている舞台探訪ポイントは、紹介順に聖地巡礼して頂ければ、遠回りすること無く効率よく巡れる順番でご紹介させて頂きました。ご参考までに。
 最後に、シリーズの1期にあたる『結城友奈は勇者である』の舞台探訪記事も合わせてご紹介させて頂きます。よろしければ、合わせてご参照下さい。


□JR坂出駅前北口【香川県坂出市元町1丁目1】
[難易度:☆☆★]
⇒JR予讃線の駅であり、本州から瀬戸大橋を渡って来た列車が一番最初に止まる駅となります。実際にJR坂出駅が登場する訳ではありませんが、JR坂出駅北口の目の前にあるイオン坂出店の全景を撮影するため、ポイントを設定させて頂きました。作中ではイネスという名前で登場したイオン。駐車場も1日400円と駅前立地の割に利便性に優れているので、自家用車で来た際には、合わせて駐車場を利用すると良いでしょう。
イメージ 2イメージ 23

□イオン坂出店【香川県坂出市京町1丁目4-18】
[難易度:☆★★]
⇒JR坂出駅から徒歩3分(230m)の距離を歩いて頂きますと、イオン坂出店に到着します。このポイントでは、主にイオン坂出店前の歩道と、道路を挟んで向かい側にある坂出市市民広場からのカット合わせを実施するかたちとなります。駅前立地ということもあり、非常に人の往来が多い場所であることに注意しなくてはなりません。歩道の真ん中でカット合わせを実施する際に夢中になると、自転車の接近に気づきにくくなるので注意が必要かもしれませんね。
イメージ 24イメージ 25

※これ以降は移動距離が広範囲に渡るため、レンタサイクルの利用が賢明です。
□香風園【香川県坂出市本町1丁目1】【08:30〜18:00 月曜日は定休日】
[難易度:☆☆★]
⇒イオン坂出店から徒歩7分(550m)の距離を歩いて頂きますと、香風園の入口の門が見えてくると思います。香風園の入口の門は2つあるのですが、営業時間が08:30〜18:00と決まっているので、営業時間内に訪れる必要があります。施設内で撮影するポイントとなっている池に架っている橋は一種類しかないため、園内を道なりに歩いていくとすぐに見つかるはずです。ゆっくりとした時間の流れる日本庭園には茶屋があるそうなので、休憩していくのも良いかもしれませんね。
イメージ 10イメージ 26

□坂出市郷土資料館【香川県坂出市寿町1丁目3-5】 【09:00〜16:00 月曜日は定休日】
[難易度:☆☆★]
⇒香風園から徒歩4分(300m)の距離を歩いて頂きますと、坂出市郷土資料館の門が見えてくると思います。この建物は大正8年に建設された木造学校建造物で、大変歴史的価値の高い建築物だそうなので、お時間があれば中を見学してみるのもよいかもしれませんね。作中のキャプと比較してみると門の形と建造物の形は類似しているものの、周囲の背景には相違があるようです。
イメージ 7イメージ 27

□鎌田池(たたら菓子店裏)【香川県坂出市池園町7付近】
[難易度:☆☆★]
⇒坂出市郷土資料館から徒歩22分(1.8km)の距離を歩いて頂きますと、鎌田池の該当のポイントに到着します。今回、鎌田池の周辺で登場するポイントが多かったので、細かく分けさせて頂きました。鎌田池の該当のポイントにはレンタカー等で乗り入れすることが出来ず、徒歩か自転車のみ乗り入れすることが出来ます。背景の山の形も一致しているので、夏頃に来ることが出来れば、木々の生い茂る様子まで完全に一致したカット合わせが可能となるかもしれませんね。
イメージ 9イメージ 28

□鎌田池公園(増原商店)【香川県坂出市大池町1】
[難易度:☆☆★]
⇒鎌田池から徒歩2分(140m)の距離を歩いて頂きますと、鎌田池公園の入口が見えてくると思います。増原商店は、道路を挟んで左側で営業されているお店であり、お店の位置と背景の山の位置を目安にカット合わせをすると良いと思います。尚、丁度カット合わせをする立ち位置の近辺に鎌田池公園の入口があるのですが、公園の入口には不審者対策の防犯ベルなるものが設置されておりますので、挙動不審な行動は控えることが望ましいでしょう。
イメージ 5イメージ 29

□鎌田池(小山町自治会館)【香川県坂出市小池町2】
[難易度:☆☆★]
⇒鎌田池公園から徒歩7分(600m)の距離を歩いて頂きますと、小山町自治会館が見えてくると思います。この近辺は池の周囲とは言え、カット合わせを実施するポイントの周囲は民家が多く存在しております。カット合わせを実施していると、近隣住民が犬の散歩をしていたり、移動している様に遭遇することが予想されますので、くれぐれも一般人にカメラを向けることが無いように注意が必要です。
イメージ 17イメージ 30

□琴弾バス 山正電化 バス停【香川県坂出市市川津町3499】
[難易度:☆☆★]
⇒小山町自治会館から徒歩4分(300m)の距離を歩いて頂きますと、琴弾バス 山正電化 バス停が見えてくると思います。このポイントは、背景に写っている山の形と、左右に特徴的な建築物があるため、それらを目印に探索すると分かりやすいかもしれません。また、近隣には瀬戸中央自動車道の坂出ICがあり、自動車の交通量も大変多い場所になっております。自動車の行き来にだけには注意して撮影に臨みたいですね。
イメージ 12イメージ 31

□河津ふれあい会館【香川県坂出市河津町】
[難易度:★★★]
⇒琴弾バス 山正電化 バス停から徒歩17分(1.3km)の距離を歩いて頂きますと、河津ふれあい会館が見えてくると思います。該当のポイントには小学校と幼稚園があり、平日の登下校時間帯は絶対にカット合わせの実施はご遠慮して頂く必要があります。当方は裏門から参考程度に撮影しただけになりますので、次回様子を見て再度カット合わせを実施したいと思います。
イメージ 4イメージ 32

□春日神社【香川県坂出市河津町】
[難易度:☆☆★]
⇒河津ふれあい会館から徒歩3分(210m)の距離を歩いて頂きますと、春日神社が見えてくると思います。尚、河津ふれあい会館同様に、春日神社の前にも保育園や民家が密集しており、時間帯によっては人の往来が大変多いポイントに当たります。カット合わせの際には、周囲に配慮した上で撮影に臨むのが吉だと言えます。また、12月初旬に訪れると神社の紅葉の木が、赤色や黄色に色づいており、参拝客の目を楽しませてくれますので、合わせて紅葉撮影に臨んでみるのも楽しいかもしれませんね。
イメージ 3イメージ 33

□須美と園子が花火を見た場所【香川県坂出市河津町762-0025付近】
[難易度:☆★★]
⇒春日神社から徒歩7分(400m)の距離を歩いて頂きますと、須美と園子が花火を見た場所が見えてくると思います。写真の真ん中に看板が見えると思いますが、入居者以外はこれ以降は立ち入り禁止の表示が記されております。須美と園子が実際に花火を見た場所はさらに先になると考えられますが、これ以降先に進んでカット合わせをすることで、近隣住民のご迷惑になるようなことが無いように配慮が必要になります。
イメージ 22イメージ 34

□河津鉄工所【香川県坂出市川津町2813-1】
[難易度:☆☆★]
⇒須美と園子が花火を見た場所から徒歩13分(1.1km)の距離を歩いて頂きますと、河津鉄工所が見えてくると思います。作中では銀の自宅を訪問する道中という登場の仕方でしたが、実際にこの近辺に三ノ輪邸のモデルがあるかは未調査となっております。
イメージ 13イメージ 35

□法城寺【香川県坂出市川津町174-3】
[難易度:☆☆★]
⇒河津鉄工所から徒歩2分(140m)の距離を歩いて頂きますと、法城寺が見えてくると思います。このポイントは先ほどご紹介した河津鉄工所の場所から川を挟んで向かい側に位置しておりますので、背景に写っている山とガードレールの位置から該当の場所を探すと良いでしょう。尚、キャプと実際の写真のガードレールの目の前に見えるのは川では無く水田なので、それさえ分かっていれば探索は容易になると思われます。
イメージ 14イメージ 36

※これ以降は移動距離が広範囲に渡るため、レンタカーの利用が必須です。
□瀬戸大橋記念公園【香川県坂出市番の州緑町6-13】
[難易度:☆★★]
⇒ここからはレンタカーでの移動を推奨しております。移動拠点の坂出駅より車で14分(7.4km)の距離を移動して頂きますと、瀬戸大橋記念公園が見えてくると思います。瀬戸大橋記念公園は、シリーズを通してカット合わせの枚数が多いことが特徴であると言えます。尚、併設している駐車場は3箇所あり、かつ無料と利便性に優れておりますが、冬場は17:30に完全閉鎖となる日があるため、駐車場を利用の際には出入口の門が閉鎖する時間に遅れないように十分に注意が必要です。万が一、閉鎖された場合はいかなる場合でも翌日の09:00まで開門されませんので悪しからず。
イメージ 6イメージ 37

□沙弥ナカンダ浜遺跡【香川県坂出市沙弥島163】
[難易度:☆★★]
⇒沙弥ナカンダ浜遺跡には駐車場が存在しないため、瀬戸大橋記念公園の駐車場にレンタカーを停めて徒歩で向かうと良いと思います。瀬戸大橋記念公園から徒歩25分(2km)の距離を歩いて頂きますと、沙弥ナカンダ浜遺跡が見えてくると思います。作中のキャプや実際の写真を見ても分からないかもしれませんが、視点をさらに下げると砂浜があります。該当のポイントは瀬戸大橋記念公園のある坂出市から、陸続きになっている同じ坂出市の沙弥島に存在する砂浜から撮影に臨んでおります。瀬戸大橋がキレイに撮影出来る絶好のポイントになりますので、カット合わせ以外の角度にも色々挑戦して撮影すると楽しめるはずです。
イメージ 8イメージ 38

□峰山公園(はにわっ子広場・アスレチックコース)【香川県高松市西宝町2丁目881】
[難易度:★★★]
⇒レンタカーを駐車している瀬戸大橋記念公園まで歩いて戻った後に、そこから車で51分(31km)の距離を移動して頂きますと、峰山公園が見えてくると思います。峰山公園は少々離れた場所に計2箇所の土地を利用して作られた公園となっております。はにわっ子広場があるポイントに行くためには、第3駐車場にレンタカーを停めると、駐車場からの移動距離は最短になるため利便性が高いと言えます。尚、峰山公園に至る道は大変狭くなっているため、注意して運転することが吉だと言えます。また、はにわっ子広場の入口には、アスレチックコースの案内看板がありますので、それを参考にして目的の遊具を探すとカット合わせが容易になるはずです。最後に、土日祝日は家族連れの利用者が大変多くなるため、カット合わせを実施することは非常に困難になりますので、平日の利用客が少ない日を狙うのがオススメです。
イメージ 19イメージ 39

□峰山公園展望台【香川県高松市西宝町2丁目844-53】
[難易度:☆☆★]
⇒峰山公園のアスレチックコースの途中に登場するキャンプ場の場所から、展望台への案内看板を頼りに山を少々登って頂くと、峰山公園展望台が見えてくると思います。周辺にはイノシシの目撃情報があるとの物騒な看板も立っていますので、一応周囲に野生動物の気配が無いかを注意した方が良いかもしれません。尚、峰山公園展望台からは素晴らしい高松市の風景を360度のパノラマで見渡すことが出来ますので、展望台まで来た際には眼前に写る絶景を楽しみつつ、色々な写真撮影に臨むとより楽しめるかもしれません。
イメージ 20イメージ 40

□唐渡山遍照院お四国橋【香川県高松市中間町】
[難易度:☆★★]
⇒峰山公園第3駐車場から車で27分(12km)の距離を移動して頂きますと、唐渡山遍照院お四国橋が見えてくると思います。この橋の下には有料の高松自動車道があり、最寄の高松西ICからこの場所まで来てしまうと途中で降りることは不可能なので、注意が必要です。尚、橋の上に自動車が行き来出来るスペースは無く、レンタカーでもすぐそばまでしか近づくことが出来ません。また、橋の上から眼前を見下ろす際に、落下物防止の観点から鉄網の柵が設置されております。一眼レフカメラ等のレンズの大きいカメラで撮影に臨む際には、柵をぼかして撮影する必要があるので注意が必要です。
イメージ 18イメージ 41

□善通寺市民プール【香川県善通寺市金蔵寺町398-6】
[難易度:☆★★]
⇒唐渡山遍照院お四国橋から車で26分<有料道路の高松自動車道を利用した場合>(26km)の距離を移動して頂きますと、善通寺市民プールが見えてくると思います。このポイントは、利用客のいる夏場にカット合わせを実施するとトラブルの元となりますので、オフシーズンを狙って撮影に臨むことが吉だと言えます。建物の位置の関係上で、建物外からでは完全一致でカット合わせを実施することが困難なポイントも存在しますので、注意が必要です。イメージ 16イメージ 42

□仁尾サンビーチ【香川県三豊市仁尾町仁尾】
[難易度:☆★★]
⇒善通寺市民プールから車で28分(25km)の距離を移動して頂きますと、仁尾サンビーチが見えてくると思います。このポイントは夏場のメインシーズンは海水浴利用客が大勢いるため、カット合わせはまず困難であると考えられるため、オフシーズンに撮影を実施するのが望ましいと考えられます。尚、オフシーズンは逆に駐車場が閉鎖されてレンタカーを駐車するスペースが確保されていないため、そこから車で1分(950m)の距離を移動して頂きますと、駐車スペースがあるため利用すると良いかもしれません。
イメージ 11イメージ 43

※これ以降は他県への移動になるため、電車の利用が必須です。

【以降の舞台探訪の移動拠点は、京都府京都市の『京都駅』です。】

③京都府京都市の移動には、電車の利用が賢明

□元離宮二条城【京都府京都市中京区二条城町541】 【08:45〜17:00】
[難易度:☆☆★]
⇒香川県から移動拠点が、京都府京都市の京都駅に移動します。京都駅から地下鉄の烏丸線と東西線を乗り継いで二条城前駅まで21分(4.1km)の距離を移動して頂きますと、元離宮二条城が見えてくると思います。入場料として一般で、一人600円かかりますので、注意が必要です。尚、作中のキャプを見ると池の向かい側からの背景が描かれておりますが、該当の場所は立ち入り禁止となっておりますので、可能な限りキャプに合わせて撮影に臨むと良いと思われます。
イメージ 15イメージ 44

□京都市美術館別館【京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13】
[難易度:☆☆★]
⇒元離宮二条城の最寄駅である二条城前駅から東西線を利用して東山駅まで乗継ぎ、25分(3.3km)の距離を移動して頂きますと、京都市美術館が見えてくると思います。ただし現在、京都市美術館は閉館中となっており、2019年の東京オリンピック・パラリンピックに合わせて、リニューアルオープンするという案内が外側の塀に掲示されておりました。作中と同様のカット合わせを実施するためには、暫く期間を置いた方が良さそうですね。
イメージ 21イメージ 45

⑤『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』の舞台探訪を終えて
 ここまで当方の舞台探訪記事にお付き合いして頂きまして、ありがとうございました。以上が『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』の全6話に登場した舞台を元に作成した記事になります。いかがだったでしょうか。
 今回の舞台探訪においては、香川県以外にも遥か離れた京都府が登場するといったこともあり、現地を巡る日を数日に分けて実施させて頂いた内容をまとめてご紹介させて頂きました。実は、1期にも該当することではあるのですが、今回の2期においてもまだ未訪問となっている舞台探訪ポイントが複数箇所存在しております。『結城友奈は勇者である-勇者の章-』が絶賛放映中になりますので、次回2期の後半部分を舞台探訪する際にでも未訪問のポイントを補完した後に再度ご紹介出来たら幸いだと考えております。
 話は変わりまして、今回の旅において唯一心残りなことが1点あります。それは、うどん県を訪れたにも係らず、うどんを食する機会を一度も作ることが出来なかったことです。香川県のレンタカー会社の中には、オススメのうどん屋さんをマッピングしたナビを搭載した車も用意しているくらい、うどんが生活の一部となっている人が多い土地だとお聞きしております。いつかは、うどん県でうどん食べ歩きの旅とか出来たら、楽しそうだなと考えております。
 最後に次回は、予定ではあと年内に1本『結城友奈は勇者である-勇者の章-』の舞台探訪記事をご紹介出来たらよいなと感じております。それでは、この辺で。ではでは。

※一部の画像を比較研究目的により使用しております。
作品の著作権(画像も含む)は[©Project 2H/Studio五組/結城友奈は勇者である制作委員会]にすべて帰属しますのでご注意ください。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事