ここから本文です
KEIHI旅日記

書庫全体表示

①はじめに
 こんにちは。そして、初めてご覧になっている方は、はじめまして。当ブログの管理人のKEIHIと申します。当方は『KEIHI旅日記』というブログを細々と日々更新しておりましたが、今年に入り身の回りの環境変化で多忙となり、暫くブログの更新が停滞しておりました。今回は、久々に時間も出来て出かけることが出来ましたので、東京都が舞台となっている作品の記事をご紹介したいと思います。

 今回紹介させて頂く舞台の作品は、『ウマ娘 プリティーダービー』であり、物語の始まりは『東京都府中市』からスタートして行きます。今回の『KEIHI旅日記』では、序盤に登場した『東京都府中市』を舞台の中心とした記事をご紹介させて頂きます。


②『ウマ娘 プリティーダービー』とは
 『ウマ娘 プリティーダービー』は、2018年4月から6月まで全13話で放映される予定のアニメーションとなっております。アニメーション制作は、P.A.WORKSが手がけられており、7月18日にはBlu-ray BOX1が発売する予定の作品となっております。

イメージ 1
 これは異世界から受け継いだ輝かしい名前と競争能力を持つ"ウマ娘"が遠い昔から人類と共存してきた世界の物語。田舎から都会のトレセン学園に転向してきたウマ娘・スペシャルウィークは、チームメイトたちと切磋琢磨しながら「日本一のウマ娘」の称号をかけて<トゥインクル・シリーズ>での勝利をめざす!…という導入になっております。史実を忠実に再現した作品だけに、実際の競馬の知識を深めていけば更に作品を楽しめるのでは無いでしょうか。
③舞台のアクセスについて
 【今回の舞台探訪の移動拠点は、東京都府中市の『東府中駅』です。】

 今回の記事は紹介場所が少ない関係上、舞台探訪マップの案内は無しでご紹介させて頂きます。今回の移動手段は府中市内のポイントであれば、十分に徒歩で移動可能な距離となっております。ただし、競馬がモチーフとなっている作品の関係上、府中市にある競馬場以外の場所も登場しますので、その際は電車での移動が必須となります。
 今後も作中で登場している場所を順次紹介したいと考えておりますが、関東以外にも関西や北海道も登場しておりますので、全て巡るのは中々大変かもしれませんね。
④『ウマ娘 プリティーダービー』と舞台探訪
 ここからは、『ウマ娘 プリティーダービー』の舞台探訪記事をご紹介させて頂きます。尚、紹介させて頂いている舞台探訪ポイントは、紹介準備に聖地巡礼して頂ければ、遠回りすることなく効率よく巡れる順番でご紹介させて頂きました。ご参考までに。
□東府中駅【東京都府中市】
[難易度:★★★]
⇒移動拠点の東府中駅では、1点注意が必要な点があります。それは、東府中駅では改札を入る前と後で撮影可能なカットがそれぞれあるということを把握しておく必要がある点です。そして、約5分に1回は上下線どちらかの乗降者が改札口を出入りする為、電車の利用者にカメラを向けないように注意しつつ、人が引いたタイミングを見計らって撮影を実施するのが吉だと言えます。

<改札口を出る前➀>
イメージ 2イメージ 32
△画面の左側に立ち、改札口の方面にカメラを向けてカット合わせを実施すると良いです。左側の壁や、右側の柱の写り込みで角度を調整すると撮影しやすいかもしれません。

<改札口を出る前②>
イメージ 3イメージ 33
△集中していると、目の前から改札口に入ってくる利用客が来る気配に気づけなくなりますので、注意が必要です。尚、スペシャル・ウィークが通った改札口は一番左側になるので、当方は撮影場所を間違えてます。写真とキャプ画像では、若干改札の配色が異なっておりますので、次の機会に撮り直したいところ。

<改札口を出る前③>
イメージ 7イメージ 18

◆◆◆本来はもう1カット合わせられるのですが、うっかり改札を出てしまったため、
次回以降の探訪時に再チャレンジしたいところ。◆◆◆

<以後、改札口を出た後>
イメージ 4イメージ 34
△ここからは、改札口を出た後のカット合わせとなります。改札の右側から見上げるように駅名の入ったプレートを撮影すると良いですね。

イメージ 5イメージ 35
△このカット合わせは妥協しております。本来であれば、かなりローアングルからの撮影になるのですが、利用客の通行量を考えると、早朝や深夜しか精密に合わせて撮影するのは困難な気がしますね。

イメージ 6イメージ 36
△改札口の右側からの撮影になります。かなり角度のついた撮影になるのですが、立ち位置の近くにはちょうど壁があり、若干撮影の撮影の妨げになっております。

イメージ 8イメージ 37
△改札口の向かいには、右側には書店が、そして左側にはパン屋が建ち並んでおり、正面には駅構内の店舗案内盤が設置されております。

イメージ 9イメージ 38
△この辺りまでカット合わせをしていると、作中との一致度の高さに驚いているころではないでしょうか。バイト情報誌や掲示用のポスターまで正確にアニメで表現しているとは、仕事が細かいな…と感じることが出来る一枚かもしれません。

イメージ 10イメージ 39
△作中同様に改札口周辺でのカット合わせになるため、駅の利用客にはカメラを向けないように配慮したいところです。

イメージ 11イメージ 40
△作中では地図として機能していた案内看板ですが、現実では駅構内の店舗案内看板として機能しております。もしかしたら、以前は作中同様に地図として機能していた時期があったのかもしれませんね。

イメージ 12イメージ 41
△写真では分かりにくいのですが、作中同様に実際のカット合わせでも点字ブロックが存在しております。撮影の際は点字ブロックの位置も確認しておきたいところ。

イメージ 13イメージ 42
△画面真ん中の奥の青い箱状の物はATMになります。東京では、駅の改札口付近にATMが多く設置されている様子を多く目にする気がします。

イメージ 14イメージ 43
△カット合わせに拘るのであれば、時計の時間と電光掲示板の表示まで一致させたいところ。しかし、チャンスは1分間のみ。なかなか難易度高めかな。

イメージ 15イメージ 44
△案内看板を真正面から撮影するだけなので、一番カット合わせがしやすいかもしれないですね。

イメージ 16イメージ 45
△作中のキャプと写真を比較するとポスターの位置や、使用されている什器まで一緒という再現度の高さに驚くはず。

イメージ 17イメージ 46
△このカットは、撮影の際に望遠レンズがあると撮影しやすいかもしれません。本屋の後方から、右側の店頭看板と左奥のコインロッカーの位置関係に注意して撮影すると、カット合わせが容易になるはずです。

□府中競馬場正門駅【東京都府中市】
[難易度:☆☆★]
⇒府中競馬場正門駅は、東京競馬場の最寄駅となっており、改札口を出たらゲートまで一直線となっております。今回カット合わせを実施する場所は、駅では無くその向かいにある正門ゲート付近となっております。
 尚、競馬場は土日祝日しか営業しておらず、作中で登場したゲート奥の通路には平日は立ち入ることが出来ませんので悪しからず。

イメージ 19イメージ 47
△東京競馬場のゲート前でのカット合わせになります。上から見下ろすようなカット合わせになることを注意しておくと、撮影しやすいはず。

イメージ 20イメージ 48
△作中と現実の違いを一番感させられるカット合わせなんではないでしょうか。先ほどとは打って変わって、像を下から見上げるようなカット合わせとなります。

イメージ 21イメージ 49
△正面ゲート左側には、写真のようなパネルが設置されております。尚、このパネルは他の入口にも設置されており、直近で開催されるレースの紹介をしているようです。

イメージ 22イメージ 50
△東京競馬場にて平日でもカット合わせが可能な場所は、ここまでとなります。シャッターが降りている為に正確な撮影は実施することが出来ませんが、雰囲気は感じ取ることが出来るのではないでしょうか。

◆◆◆正門ゲートより向こう側のカット合わせは、土日祝日に出来るよ!◆◆◆

□東京競馬場【東京都府中市日吉町1-1】
[難易度:☆☆★]
イメージ 23イメージ 51
△撮影する場所が異なっているため、一致はしておりませんが、正門ゲートを潜りそのまま進むとこの入口まで辿り着きます。実際に観客が集まり賑わっている本来の競馬場の様子を、次回は見に来たいところ。

◆◆競馬場内に入るには、観覧席ごとに入場料が必要となります!詳しくは窓口まで◆◆
□野村証券(株)府中支店【東京都府中市府中町1丁目8-1府中駅前ビル】
[難易度:☆☆★]
⇒府中競馬場正門駅から、府中駅まで徒歩で移動して頂くと、駅のすぐそばに目的の建物があります。作中では、東府中駅から府中競馬場正門駅に向かう途中で、車と並走するというシーンでしたが、現実ではすぐに壁があるので、そこは都合が良いようになっているのでしょうね。

イメージ 24イメージ 52
△当方が立ち寄った時間帯がまずかったのか、それとも駅前立地だからなのか、この付近では自動車の路駐が大変多く、撮影の際に自動車やドライバーさんがカメラに写り込まないように注意が必要かもしれません。

イメージ 25イメージ 53
△作中では左側から右側へ自動車と同じ速度で駆け抜けたスペシャル・ウィーク。カット合わせを実施する際にも、左側から徐々に移動することで、一致するポイントが見つかるはずです。

イメージ 26イメージ 54
△先ほどまでは、道路を挟んで反対側からカット合わせを実施していましたが、この1枚は壁面のすぐそばからの撮影となります。

□中山競馬場【千葉県船橋市古作1丁目1-1】
[難易度:☆☆★]
⇒今回撮影を実施した場所は、正面ゲート外からの撮影になります。競馬場はどこも土日祝日の営業となるため、平日のカット合わせはまず実施することが出来ません。土日祝日にチケットを購入して、実際に建物内の再現度をこの目で確かめてみたいものです。

イメージ 27イメージ 55
△正面ゲートを潜ると、作中同様のカット合わせに臨めるようです。

今回は行けなかったけど、次こそは…
□銀山駅【北海道余市郡仁木町銀山】
イメージ 31
□阪神競馬場【兵庫県宝塚市駒の町1-1】
イメージ 28
□阪急梅田駅【大阪府大阪市】
イメージ 29
□渋谷駅前スクランブル交差点【東京都渋谷区】
イメージ 30
⑤『ウマ娘 プリティーダービー』の舞台探訪を終えて
 以上が今回紹介させて頂く『ウマ娘 プリティーダービー』の舞台探訪記事になりますが、いかがだったでしょうか。記事自体久々に書いたこともあり、若干手探りな感じではありました。
 また、今回は近くに舞台探訪ポイントが集中していたので、その近辺のみを巡ってみましたが、実際はまだまだご紹介可能な場所がある為、可能であれば放映期間中に今回行けなかった場所にも足を運んでご紹介したいと考えております。
 舞台探訪を実施しつつ記事をご紹介するということを日々やっておりますと、新しい作品に触れる度に今まで触れたことの内世界に触れることが出来て、やはり興味深いと感じることがしばしばあります。当方はギャンブルに興味が無く、競馬場に自分が自ら足を運ぶことは今後も無いだろうな…と考えておりましたが、キッカケは案外簡単に表れた気がします。
 今後も記事を紹介する中で、中々普通の観光客が訪れないような場所を紹介する機会が訪れるかもしれません。その際にご興味を持って、同様に足を運んでみたくなったと感じる人が当方のブログの読者にいたら嬉しいな…と感じる今日この頃です。
 それでは、今回の記事はこの辺で終わりになります。また、近い内にご紹介出来たら幸いです。ではでは。

※一部の画像を比較研究目的により使用しております。
作品の著作権(画像も含む)は[©Cygames/P.A.WORKS/ウマ娘 プリティーダービー制作委員会]にすべて帰属しますのでご注意ください。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事