ここから本文です
KEIHI旅日記

書庫全体表示

①はじめに
 こんにちは。当ブログ管理人のKEIHIと申します。今回は1年も半を過ぎて、1本目の記事の紹介となりますが、1日の休暇で家から滋賀県、栃木県と自家用車で駆け巡り、1,000km以上走った中で巡った場所についてご紹介させて頂きたいと思います。
 今回ご紹介させて頂く作品は、先々月から東京都、北海道と全国津々浦々を巡っている記事を書かせて頂いている『ウマ娘 プリティーダービーという作品の舞台が、滋賀県と栃木県にも存在しているという情報をキャッチ出来たので、比較的近場とも言える場所を無謀にも1日で巡ることが出来たので、記事にしてみました。
 今回のKEIHI旅日記』では、物語の中盤に登場した『滋賀県近江八幡市』と『栃木県那須町』を舞台の中心とした記事をご紹介させて頂きます。

②『ウマ娘 プリティーダービー』とは
 『ウマ娘 プリティーダービー』は、2018年4月から6月まで全13話で放映されたアニメーションとなっております。アニメーション制作は、P.A.WORKSが手がけられており、7月18日にはBlu-ray BOX1が発売する予定の作品となっております。

イメージ 1
 これは異世界から受け継いだ輝かしい名前と競争能力を持つ"ウマ娘"が遠い昔から人類と共存してきた世界の物語。田舎から都会のトレセン学園に転向してきたウマ娘・スペシャルウィークは、チームメイトたちと切磋琢磨しながら「日本一のウマ娘」の称号をかけて<トゥインクル・シリーズ>での勝利をめざす!…という導入になっております。史実を忠実に再現した作品だけに、実際の競馬の知識を深めていけば更に作品を楽しめるのでは無いでしょうか。
③舞台のアクセスについて
 【今回の舞台探訪の移動拠点は、
①滋賀県近江八幡市の『賀茂神社』、
②栃木県那須町の『殺生岩駐車場』の2箇所です。】
 
 今回の記事は、ご紹介させて頂く場所が主に2箇所あります。当方は、自家用車で自走して、1日でなんとか577kmの距離を移動して2つの舞台を巡ることにしましたが、正直ノンストップで走り抜けても8時間弱はかかる道のりです。公共交通機関を利用した場合は、半日以上かかるので、もう現実的ではありません。どうしても1日で巡りたいという既得な方以外は、1日で1箇所を巡り、近辺も観光するくらいゆっくりした日程を確保することをオススメします。
イメージ 2
 2つの舞台について簡単にご紹介させて頂きます。1箇所目の移動拠点となる滋賀県近江八幡市の『加賀神社』は琵琶湖のすぐそばにある立地となっており、高速道路を降りた後に街灯の少ない細い道を長く走ることになります。
 電車で現地入りするのであれば、東海道線の篠原駅(もしくは近江八幡駅)が最寄駅となりますが、駅から5km弱の距離がある為、タクシー等を利用するのが吉と言えるでしょう。
 『加賀神社』の近辺は大変道が狭く、ナビによっては地域住民でもやっと通れるかどうかの道を案内されることがあります。細い道を走るのが苦手でしたら、無理をせずに駅に駐車して、そこから別の手段で現地に向かうのも手かもしれませんね。
 イメージ 3
 続いて2箇所目の移動拠点となる栃木県那須町の『殺生岩駐車場』は観光地として有名な那須高原の一角の温泉街に位置します。この駐車場は、今回カット合わせをした舞台からも徒歩圏内と大変アクセスが良いだけでなく、観光客に無料駐車場として開放されておりますので、観光目的でこの近辺に立ち寄った際にも利用してみてはいかがでしょうか。
 お時間に余裕のある方は、現地に宿泊して、ゆっくりと温泉に浸かり、景観を楽しみながら美味な食事に満喫できるという楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。
④『ウマ娘 プリティーダービー』と舞台探訪
 ここからは、『ウマ娘 プリティーダービー』の舞台探訪記事をご紹介させて頂きます。今回の記事をご紹介する前に、同名作品の『東京都府中市』と『北海道千歳市』が舞台のメインとなる記事を以前ご紹させて頂きました。よろしければ、合わせてご参照下さい。


□賀茂神社【滋賀県近江八幡市賀茂町1691】
[難易度:☆☆★]
イメージ 4イメージ 26

 今回の訪問先『賀茂神社』の鳥居を潜って、左側のスペースの辺りを撮影しております。作中同様にお焚き上げや縁日が実施されているかという事実は未確認ではありますが、周りに木々が多く、燃え移ったら大変そうなので、実際に行っているとしたら、違う場所で実施しているかもしれませんね。

イメージ 5イメージ 27

 賀茂神社の正面からの撮影になります。当方が神社を訪れたのは、日の出の5時ごろでしたので誰も参拝客はいませんでしたが、この地は全国でも数少ない馬にゆかりのある神社なので、競馬ファンの方々が好んで訪れているようです。

イメージ 6イメージ 28

 こちらは、最初に撮影したお焚き上げの場所の正面向かいの位置になります。実際に普段から縁日が開催されている訳では無いですが、実際に開催されたとしても、十分なスペースはありました。この世界観しか存在しないであろう、にんじん焼きを食べてみたいですね。

イメージ 7イメージ 29

 お守りを作中で購入していた社務所は、実際にも同様の形の建物が存在しております。ただし、作中同様のお守りは販売していない模様です。尚、この場所を撮影するのであれば、チャンスは営業時間外の早朝だけでしょうね。

イメージ 8イメージ 30

 先ほどに引き続き社務所の撮影となっております。右側のガラス戸の辺りには、『賀茂神社』で取扱いのあるお守りや絵馬等の実物が掲示されておりました。神社に参拝に来た記念として、一つ購入して手元においておくと、ご利益があるかもしれませんね。

イメージ 9イメージ 31

 撮影する角度を少々間違えてしまいましたが、社務所を違う角度から撮影しております。当然、撮影したのが早朝である為、社務所は閉まっております。

イメージ 10イメージ 32

 このカットは、少々離れた場所から社務所の全景の撮影に臨んでおります。距離を取る為に後ろに下がっていくと、左側の太い木が社務所と重なるポイントがありますので、撮影の際の目安にすると良いと思います。

イメージ 11イメージ 33

 社務所の反対側に目を向けると、目の前には小さな蔵や、立派な馬の像を目の当たりにすると思います。日本が広いといっても、神社の境内に馬の像が飾ってある神社は、なかなかないのではないでしょうか。

イメージ 12イメージ 34

 社務所側に目線を戻します。先ほどは引いた写真を撮影しましたが、今度はズームして撮影してみて下さい。

イメージ 13イメージ 35

 左側の石碑も実物を忠実に再現しております。


イメージ 14イメージ 36

 ここは少々一致度が低いかもしれませんね。石碑と左右の木々の位置が微妙に遠い。

イメージ 15イメージ 37

 スペちゃんを見守るスズカの姿。作中では参拝客の身体で周囲の背景は隠れてしまっておりますが、二人の動きを順に追っていくと、この場所にいることが分かりますね。


イメージ 16イメージ 38

 神社の鳥居を潜り抜け、まっすぐ道なりに進むとこの場所に到着します。作中では、各々が夢や目標を叶える為に、お願いごとをしている様子が印象的でした。右側の掲示物が現実では馬のイラストになっておりますが、もしかしたら以前は作中同様の掲示になっていたのかもしれませんね。


イメージ 17イメージ 39

 このシーンは、各々が願いを込めてお祈りしながら、アングルは徐々に左側に移動していくというものでした。当方は、背景のぼかし方が分からないので明瞭になっておりますが、この位置から撮影しても入口の鳥居まではっきり分かるくらい、境内はそれほど広くは無い作りになっております。


イメージ 18イメージ 40

 スズカも、馬にゆかりのあるこの地で、自分の足が早く治って、元のように早く走れる足が取り戻して、スペちゃんとも走れるようにとお願いをしたシーンは印象的でした。本人のたゆまぬ努力だけでなく、その真摯な気持ちに『賀茂神社』の神様が応えてくれたのであれば、少し嬉しい気持ちになりますね。


□藤田屋【栃木県那須郡那須町湯元181-11】
[難易度:☆☆★]
イメージ 19イメージ 41

 移動拠点である『殺生岩駐車場』から道なりに3分も歩けば、舞台となる藤田屋さんに到着します。作中では実際に宿泊して、美味しい食事をとっていた様子が印象的でした。実際にお宿として利用できる施設なので、作品のファンの方々は実際に中に泊って、館内の一致度も確かめて見てもらいたいです。

イメージ 20イメージ 42

 『藤田屋』周囲の景観で一番相違があるポイントは、一番肝心なトレーナーさんが座っている椅子の位置と大きさかもしれません。また、夜になったら作中同様に外から撮影すると窓の明かりが漏れて、より一致度の高い写真が撮影出来るのではないでしょうか。

イメージ 21イメージ 43

 椅子の大きさや位置、藤田屋さんの入口の扉等、尺度が違う物件ではありますが、トレーナーさんがスピカの面々をまっていた場所に間違いはないようです。

イメージ 22イメージ 44

 マックイーンがトレーナーさんを見下ろすという、数少ない二人の掛け合いが面白い、印象的な話でした。撮影の際にも、若干上から奥にある電信柱を見下ろすような形で撮影すると良いです。

イメージ 23イメージ 45

 トレーナーさんが座っている椅子の向かい側にある家を撮影しております。家の外観や窓の形や色の一致度は高いように見えます。

イメージ 24イメージ 46

 左奥にある木造建築物は、大衆浴場になります。銭湯という施設上、老若男女いろいろなお客様が建物内の施設をご利用されております。人の出入りも大変多く、撮影自体が困難になる可能性が存在します。くれぐれも施設利用者にカメラを向けないように、ご配慮が必要だと言えます。

イメージ 25イメージ 47

 作品を見ていると『藤田屋』の入口はスズカのすぐ後ろにあるように見受けられますが、実際には右手の奥の方に存在しております。舞台探訪で実際に現地を歩いてみて完全に一致している物件を比較することは楽しいのですが、作中と現実の差異を比較して新たに知ることを楽しむということも、この旅の醍醐味なのかもしれませんね。

⑤『ウマ娘 プリティーダービー』の舞台探訪を終えて
 以上が今回紹介させて頂く『ウマ娘 プリティーダービー』の舞台探訪記事になりますが、いかがだったでしょうか。
 作品の魅力にハマって、先日は東京都府中市に足を運んだばかりの当方でしたが、纏まった休暇が取れたと思えば北海道までやってきて、今度は一日で滋賀県と栃木県を行き来するという無茶なスケジュールを実施しながら、舞台探訪を満喫して来ました。
 前日の仕事終了後に寝る間も惜しんで出発して、自動車で滋賀県に向かい、まだ日の出時間も間もない5時ごろから神社の境内を散策している自分の姿がありました。
 一か所目はまだまだ余裕があったのですが、二か所目のポイントを巡る途中では眠さもピークに達してしまい、途中の道の駅やコンビニエンスストアで仮眠を取ったこともしばしばでした。やはり、年々身体が無茶を聞いてくれなくなっているようで、次の日の仕事の事を考えると、可能な限りは公共交通機関を利用して、余裕を持って移動することが旅をより楽しむ秘訣なのかもしれませんね。当方は、途中で疲労がピークになってしまい、何度か途中で切り上げて帰路に付こうかと脳裏を考えがよぎっておりましたが、結果として無事に現地まで目標時間までに到着出来たので、本当に良い経験が出来たかなと感じております。
 そして、『ウマ娘 プリティーダービー』という作品も6月末の時点で放送も無事に終了して、ブルーレイボックスの発売を待つだけと思いきや、肝心の競馬場の中を当方は未だに見たことがありません。土日祝日休みになかなか恵まれないので競馬場とは相性が悪いのはもう諦めておりますが、折角作品が好きで北海道まで行ったので、やはり一度は行きたいというものです。舞台で一番重要な競馬場には、チャンスがあればすぐにでも行ってみたいという気持ちが益々込み上げて来る毎日を過ごしておりますので、また再び同作品の別の記事をご紹介出来たら幸いに思います。
 それでは、今回の記事はこの辺で終わりになります。また、近い内にご紹介出来たら幸いです。ではでは。

※一部の画像を比較研究目的により使用しております。
作品の著作権(画像も含む)は[©Cygames/P.A.WORKS/ウマ娘 プリティーダービー制作委員会]にすべて帰属しますのでご注意ください。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事