ここから本文です
KEIHI旅日記

書庫全体表示

➀はじめに
 こんにちは。今回は、愛知県の知多半島にある東海市という街にある、名鉄太田川駅周辺が舞台になっている『五等分の花嫁』という作品を取り上げさせて頂きます。
 当方は、以前同名作品の舞台探訪記事をご紹介させて頂き、今回が2度目の記事の紹介になりますが、現地で同様にカット合わせを実施しているようなファンを見かけることが無く、少々アニメ聖地巡礼という観点では盛り上がりに欠けているのか…と思わなくも無いですが、影ながらこの作品を応援しつつ、舞台探訪記事のご紹介をさせて頂きたいと思います。
②『五等分の花嫁』とは
 『五等分の花嫁』とは2019年1月から放映が開始されたアニメーション作品であり、原作として週刊少年マガジンコミックスにて現在8巻まで発売されている作品となっております。アニメーション制作は、手塚プロダクションが手がけられております。
イメージ 1
貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!!しかも五つ子だった!!全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児!最初の課題は姉妹から信頼を勝ち取ること…!?毎日がお祭り騒ぎ!中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!
③舞台のアクセスについて
【今回の舞台探訪の移動拠点は、愛知県東海市の『名鉄太田川駅』です。】
 
 愛知県の玄関口である名古屋駅は、名鉄、地下鉄、JR、新幹線、あおなみ線、近鉄といった列車への乗り換えが可能になっておりますが、初見の観光客には乗り換え場所自体が大変分かりにくく、隣接する地下街で迷ってしまうこともしばしばです。

 数ある交通アクセスの中から『名鉄』を使えば、名鉄名古屋駅から太田川駅までは、乗り換えなしでたどり着く事が出来ます。時間にしておよそ15分〜20分程度です。乗車料金は400円です。注意が必要な点は、名鉄名古屋駅から乗る列車は、

①河和・内海方面行き
②中部国際空港行き

のどちらかの列車に乗るようにして下さい。
 名鉄名古屋駅は、愛知県内でも特に電車の乗り換えが複雑な駅となっており、『乗換案内』等のアプリで調べながら太田川駅に向かう際は、『神宮前駅』等で乗り換えさえすれば、『太田川駅』に行くことは可能です。ただし、乗換無しで行くのが一番効率良く向かえますので、参考までにどうぞ。
④『五等分の花嫁』と舞台探訪
ここからは、『五等分の花嫁』の舞台探訪記事をご紹介させて頂きます。今回、実際に現地を歩いて見て感じたことが、現地にある建物と比較しても一致度が低い場所が多いことが挙げられます。
 また、同様に現地でカット合わせをする際には、

①通行人や学生さん等にカメラを向けない
②周囲に十分に配慮する

等のことを注意して下さい。舞台の近辺は観光地では無く、近隣の住民が利用する駅や商業施設等が連なる場所です。また、周辺の住民には、舞台として取り上げられている事も認知されていないことを念頭に置いて歩いて見て下さいね。

※以上のことを注意していても、予期せぬトラブルが発生する可能性があります。聖地巡礼を実施する際には、周囲に十分に配慮した上で、自己責任で実施して下さい。

 また、合わせて第9話までを視聴した上で書いてみました記事も掲載させて頂きたいと思いますので、合わせてご覧下さい。


□スターバックスコーヒーラスパ太田川店【愛知県東海市大田町下浜田102-1】
[難易度:☆★★]

イメージ 2イメージ 20
⇒太田川駅の改札口を出て、すぐ右手側に向かいましょう。駅舎を出て、すぐ右側にあるガラス張りの喫茶店がスターバックスの店舗になります。改変が多いのは、店舗を確定しないための配慮でしょうか。


イメージ 3イメージ 21
⇒太田川駅から一番アクセスの良い喫茶店ということもあり、営業中はお客様と目線が合ってしまうため、この位置からカット合わせをする際は、営業時間外が望ましいでしょう。ちなみに、10:00〜21:00の営業時間となっているため、何気に撮影が困難な場所だったりします。

イメージ 4イメージ 22
⇒向かい側の建物のカットは参考までに撮影しております。作中では街中の歩道を歩いている『中野一花』たちですが、実際の場所は駅に隣接したテナント内になりますので、違いに違和感を感じるかもしれません。

イメージ 5イメージ 23
⇒辛うじて似ているのは、左手前のガラス戸の形くらいでしょうか。カット合わせの後には、スターバックスに入って、一花が飲んだであろうドリンクをテイクアウトしてみてはいかがでしょうか。

□名鉄太田川駅【愛知県東海市大田町後田52】
[難易度:☆★★]
イメージ 6イメージ 24
⇒写真やキャプチャーに写っているガラス張りの建物は、東海市芸術劇場になっており、日中は人の往来も多く見受けられます。尚、先ほどご紹介スターバックスは、更に目線を右側に向けた場所で営業さてれいます。

イメージ 7イメージ 25
⇒先ほどの写真やキャプチャーに写っていた手前の階段を登った場所からカット合わせに望んでおります。太田川駅のスロープは階段を上がると、カット合わせの方向が分かりにくくなっておりますが、頭上の屋根の柱の位置からカット撮影ポイントを確認すると分かりやすいはずです。

イメージ 8イメージ 26
⇒背後の鉄柱の位置は合いませんのであしからず。スロープの壁面のカット合わせをしておりますが、後ろに下がるのにも限界がありますので、スロープと水平に撮影して、位置を合わせてみましょう。

イメージ 9イメージ 27
⇒『中野五月』が目の前にいることを想像してカット合わせを実施してますが、違う通行人が知らず知らず近づいていたこともしばしば。太田川駅でカメラを構えている人が珍しいのか、こちらを何度か確認してましたね。

イメージ 10イメージ 28
⇒このスロープの利用者は主に日本福祉大学方面に行く方が多く利用するみたいであり、わざわざ階段を登って、スロープを利用する人はあまり多くないように見受けられました。

イメージ 11イメージ 29
⇒ちなみに、太田川駅の一日の利用客は13,784人となっており、知多半島にある駅の中ではかなり利用客の多い駅だと言えます。太田川駅は、河和・内海方面と常滑・中部国際空港方面の電車の乗り換え利用が可能な利便性の高い駅なので、その分利用客も多いのかもしれませんね。

イメージ 12イメージ 30
⇒太田川駅に隣接しているテナントの中に、ラスパ太田川というショッピングモールがあります。その中の本屋さんでは、『五等分の花嫁』を店舗が推しているようであり、1コーナーを使って聖地巡礼も出来ることをアピールしているようです。

イメージ 13イメージ 31
⇒作中で階段の左側が車道になっておりますが、実際には自動車侵入不可のエリアになっております。キャプチャーを頼りにすると、初めて来る方には若干分かりにくい再現になっているかもしれませんね。

イメージ 14イメージ 32
⇒五つ子の中で一番の食いしん坊キャラとして定着している『中野五月』ではありますが、風太郎の目を気にしてか、最近は何か食べている描写が少ない気もします。ちなみに、愛知県の喫茶店にはモーニングサービスという習慣が根付いており、早朝帯に珈琲などのドリンクを注文すると、トーストやサラダ等が同価格で付いてくる大変お得なサービスがあります。自分が風太郎なら、五月と一緒に朝から喫茶店に入れたら、それだけで嬉しいですがね。

イメージ 15イメージ 33
⇒キャプチャーには風太郎の足とスロープの壁面が写り込んでおりますが、同様にカット合わせを実施するには、高さが足りません。完全一致を拘る方は、高さを稼げる一脚を用いると納得のいく写真が撮れるかもしれませんね。

イメージ 16イメージ 34
⇒風太郎の立ち位置から少々右側にずれた場所から、『中野五月』を見下ろす様子をイメージしてカット合わせに臨んでおります。このカットも普通に撮影すると高さが足りないのが歯がゆいですが、高い場所からの撮影になりますので、無理して怪我をしないように注意して下さいね。

イメージ 17イメージ 37
⇒太田川駅から美浜町という街まで南下して頂くと、知多半島でも有数の人気の観光地『えびせんべいの里』というスポットが存在します。名前のとおり、多種多様なえびせんべいを購入することが出来るのですが、同様の商品を近隣のスーパー等でも数多く取り扱っておりますので、太田川駅まで来た際にはえびせんべいをお土産に買ってみるのも良いかもしれませんね。

イメージ 18イメージ 35
⇒愛知県は手軽に行ける離島へのアクセスが良いことも魅力の一つかもしれません。同名原作で後々登場する予定の離島『日間賀島』や、他の作品の舞台にもなっている『佐久島』等の観光地が多々存在します。海に面しており、美味しい海産物が食べれることも魅力的だと言えるますので、時間がある方は太田川駅から南下して、愛知県巡りをしてみても良いかもしれませんね。

イメージ 19イメージ 36
⇒今回のカット合わせのラスト一枚のご紹介となります。スターバックスとスロープは、位置関係が目の前になるため、カット合わせ自体はすぐに終了するはずです。先にご紹介させて頂きました、第1話〜4話までで紹介させて頂きましたスポットと合わせて巡ってみてはいかがでしょうか?

⑤あとがき
 以上が、『五等分の花嫁』第6話に登場した舞台を紹介した記事になりますが、いかがだったでしょうか?
 アニメ聖地巡礼やロケ地めぐりといったことを今まで一度でも実施したことがある読者の方はより理解しやすいかもしれませんが、この作品は舞台探訪を実施した際に、改変が多くて一致度が低いため、聖地巡礼をした際にしっくり来ないところがあるかもしれません。この作品は、製作者側が舞台を公表している訳では無いので、あくまで架空の街として捉えておき、一致度の高い場所だけ聖地巡礼を実施して楽しめたら良いのかな…と感じます。
 さて、『五等分の花嫁』の記事をご紹介するのは今回で2回目となりますが、なかなか太田川駅周辺から離れることが無いので、作中に登場するスポットとその周辺のオススメポイント等をご紹介することが出来ませんでした。なので、今回はあえて補足で知多半島全体に視野を広げて見ました。太田川駅だけに来て帰るのも勿体ないので、お時間があれば、近隣も歩いてみることをオススメします。
 それでは、今回はこの辺にさせて頂きます。また近々、『五等分の花嫁』の記事をご紹介させて頂ければいいなと思います。ではでは。

※一部の画像を比較研究目的により使用しております。作品の著作権(画像も含む)は[©手塚プロダクション/「五等分の花嫁」制作委員会/TBS]にすべて帰属しますのでご注意ください。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事