ここから本文です
KEIHI旅日記

書庫全体表示

➀はじめに
 こんにちは。今回は、愛知県の知多半島にある東海市という街にある、名鉄太田川駅周辺が主な舞台になっている『五等分の花嫁』という作品を取り上げさせて頂きます。
 当方は、以前同名作品の舞台探訪記事をご紹介させて頂き、今回が3度目の記事の紹介になります。先ほど「主な舞台」と明記させて頂きました理由と致しまして、先の2度に渡りご紹介させて頂きました記事は名鉄太田川駅周辺が登場しましたが、今回は話の中で遠方に出かけるという描写があったため、県内外への移動が発生がしております。現時点で判明している舞台地させて頂きますので、是非ご覧下さいませ。
②『五等分の花嫁』とは
 『五等分の花嫁』とは2019年1月から放映が開始されたアニメーション作品であり、原作として週刊少年マガジンコミックスにて現在8巻まで発売されている作品となっております。アニメーション制作は、手塚プロダクションが手がけられております。
イメージ 1
 貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!!しかも五つ子だった!!全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児!最初の課題は姉妹から信頼を勝ち取ること…!?毎日がお祭り騒ぎ!中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!
③舞台のアクセスについて
【今回の舞台探訪の移動拠点は、愛知県名古屋市の『金山駅』です。】
 
 愛知県の玄関口である名古屋駅は、名鉄、地下鉄、JR、新幹線、あおなみ線、近鉄といった列車への乗り換えが可能になっておりますが、初見の観光客には乗り換え場所自体が大変分かりにくく、隣接する地下街で迷ってしまうこともしばしばです。
 数ある交通アクセスの中から『JR』を使えば、金山駅まで最短でたどり着く事が出来ます。時間にしておよそ3分程度です。乗車料金は170円です。『名鉄』でも到着しますが、若干割高になります。参考までにどうぞ。
④『五等分の花嫁』と舞台探訪
 ここからは、『五等分の花嫁』の舞台探訪記事をご紹介させて頂きます。今回、実際に現地を歩いて見て感じたことが、現地にある建物と比較しても一致度が低い場所が多いことが挙げられます。
 また、同様に現地でカット合わせをする際には、

①通行人にカメラを向けない
②周囲に十分に配慮する

等のことを注意して下さい。舞台の近辺は観光地では無く、近隣の住民が利用する駅や商業施設等が連なる場所です。また、周辺の住民には、舞台として取り上げられている事も認知されていないことを念頭に置いて歩いて見て下さいね。

※以上のことを注意していても、予期せぬトラブルが発生する可能性があります。聖地巡礼を実施する際には、周囲に十分に配慮した上で、自己責任で実施して下さい。

 また、合わせて第9話までを視聴した上で書いてみました記事も掲載させて頂きたいと思いますので、合わせてご覧下さい。


□県道29号線上の鉄橋【愛知県名古屋市熱田区沢下町1付近】
[難易度:☆☆★]
イメージ 2イメージ 14
⇒金山駅から東海道本線沿いに道なりに歩いて頂くと、モデルとなるイオンモール熱田店に到着します。東海道本線上にある鉄橋は何か所か存在しますが、金山駅とイオンモール熱田店の間には一か所しか存在しないため、見つけやすいと思います。

イメージ 5イメージ 17
⇒作中では歩道橋として登場しておりますが、実際にモデルと思われる橋には自動車の往来も激しい鉄橋となっております。勿論、歩道も両サイドに完備されております。

イメージ 6イメージ 18
⇒作中では、ショッピングモールと歩道橋がひとつながりになっているように描写されておりますが、実際にはショッピングモールと鉄橋は別々の場所に存在します。

イメージ 7イメージ 22
⇒鉄橋上の壁面も作中と実際では、異なっております。実際の鉄橋における壁面が頑丈なコンクリート製になっている理由として、万が一壁面を自動車が突き破ってしまった際は、真下を走る『名鉄』や『JR』の電車を巻き込む大事故になる可能性があるため、強固な作りになっているのだと思われます。

イメージ 8イメージ 20
⇒作中では歩道橋の奥にショッピングモールの入口が描写されております。尚、実際のこの鉄橋は歩行者の利用は少ないものの、自動車と自転車の往来が多い道路となるため、充分に周囲に気を付けた上でカット合わせに望む必要があります。

イメージ 10イメージ 21
⇒時間に余裕がありましたら、鉄橋の下を覗いて見て下さい。2〜3分に1本は電車が通過する程、電車の行き来が多い路線であるため、眼前まで迫る電車を撮影してみるのも楽しいかもしれません。尚、名鉄は毎年、写真コンクールを開催しているため、気に入った写真が撮れたのであれば、応募してみるのも良いかもしれません。

イメージ 12イメージ 23
⇒こちらのカット合わせは、当日時間が確保できなかったため、大まかに撮影しております。橋の奥に描写されているビル群が、似ているような気もしますね。

イメージ 13イメージ 24
⇒こちらのカット合わせお、当日は時間が確保できなかったため、大まかに撮影しております。ただし、橋の欄干まで距離が近すぎるため、向かい側の歩道から撮影すると良い距離感で撮影出来るのではないでしょうか。

□イオンモール熱田店【愛知県名古屋市熱田区六野1丁目2-11】
[難易度:☆☆★]
イメージ 3イメージ 15
⇒カット合わせは、イオンモール熱田店の駐車場から実施しております。尚、駐車場内は自動車や自転車、歩行者の往来が大変多いため、周囲に十分な配慮が必要です。

イメージ 4イメージ 16
⇒背後のショッピングモールの壁面のパネルの配置もほぼ一致しているため、カット合わせは容易です。

イメージ 9イメージ 19
⇒上記のカットは、鉄橋の上からも参考までに撮影に望んでおります。作中で歩道橋のある場所は、実際にはショッピングモール入口へと続く歩行者専用道路が続いております。

イメージ 11イメージ 25
⇒作中の主な舞台となる『名鉄太田川駅』周辺に住んでいる学生の場合、買い物したり遊びに行く場合は風太郎たち同様に金山や名古屋方面に出かけるか、反対に半田方面に南下することが多いようです。作中における出かけた場所は、愛知県民なら納得いくチョイスだったことが伺えます。

□アトレ秋葉原1【東京都千代田区外神田1丁目17-6】
[難易度:★★★]
イメージ 26
⇒今回は、おまけでアトレ秋葉原で3/1〜3/14まで開催中の『五等分の花嫁』とのコラボ企画を見るために、東京の秋葉原駅まで足を運んで来ましたので、ご紹介させて頂きます。

イメージ 27
⇒今回は、ホワイトデー企画として、書き下ろしイラストがでかでかとラッピングされておりました。尚、秋葉原駅は日中の人の往来がハンパ無く多いため、ラッピングのイラストを撮影する際には、人の波を上手く避ける必要があります。

イメージ 28
⇒アトレ秋葉原の2階の特設会場では、『五等分の花嫁』のコラボショップが開催中であり、タペストリーやTシャツ、クリアファイルといった商品の取り扱いがありました。当方が現地に向かう前日には、ほぼグッズが売り切れになっていたとか。

イメージ 29
⇒今回のコラボグッズは、公式が後日通信販売を予定していると発表がありました。東京まではなかなか足を運べなくて困っているファンの方には、とても嬉しい配慮ですね。出来れば、あとコラボカフェなんかがあれば、行きたいですよね。

⑤あとがき
 以上が、『五等分の花嫁』第9話に登場した舞台を紹介した記事になりますが、いかがだったでしょうか?
 今回は前回までの移動拠点となる東海市の『名鉄太田川駅』周辺から離れて、名古屋市の『金山駅』の周辺までやって来ました。物語も折り返し地点を通り過ぎて、林間学校編へと話は進みました。
 困ったことに林間学校編はバス移動となるため、移動拠点の愛知県から離れて、山間部の方に探索地域を延ばす必要があります。まだ、林間学校編で登場したお宿等は特定出来ておりませんが、実際に見つけることが出来ましたら、休日にでも実際に泊りに行って、合わせてご紹介出来たら幸いに思います。
 
 話は変わりまして、当方が『五等分の花嫁』の記事をご紹介してから、記事を参考にして現地まで足を運んだという声もチラホラ耳にしております。そのような現状の中で、実は舞台となる愛知県においては、『五等分の花嫁』は放映されていないという現状にあります。舞台の近くの書店では、作品を応援しているというディスプレイも見受けられますし、原作者の先生も愛知県の出身だと言いますし、作品の人気具合にあやかって何かしら現地でイベントが開催されてら嬉しいですし、是非参加してみたいものです。

 それでは、今回はこの辺にさせて頂きます。また近々、『五等分の花嫁』の記事をご紹介させて頂ければいいなと思います。ではでは。

※一部の画像を比較研究目的により使用しております。作品の著作権(画像も含む)は[©手塚プロダクション/「五等分の花嫁」制作委員会/TBS]にすべて帰属しますのでご注意ください。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事