6月定例議会、京都

磯部 夏草花園のササユリ
イメージ 1

6月5日
京都へ
せっかく京都へ行ったので、嵯峨野を歩いてきました。
イメージ 2

6月6日
勧修寺へ。スイレン、カキツバタ。
イメージ 3

6月7日
浜島桧山路大橋で演説、宣伝。
ひどい政治、黙っていられない。志摩からも大きな声あげ政治を変えよう!
イメージ 4

6月8日
 参議院三重選挙区予定候補 中川 民英さんを招いて日本共産党志摩市後援会総会。志摩の後援会も会員のみなさんのおかげでずいぶんいろいろな活動ができるようになりました。参議院選挙に向け今年度の活動を相談しました。中川さんには野党統一候補になれるようにがんばってほしい。
6月10日
雨の日曜日、議会、一般質問の準備をしました。
6月11日
議会本会議、一般質問をしました。
 鵜方小学校のトイレ、和式から洋式への改修を求めました。併せて、男女の性別に関係なく使えるトイレをはっきりさせることも求めました。
 鵜方小学校は敷地が狭いのに職員の車が多く、トイレの増設が困難です。職員
用、子どもたちの送迎用駐車場が必要です。学校の周辺近くに駐車場をつくる用地を調査し求めることを提案しました。

 自治体の非正規職員に関して任期は最長でも一年とする会計年度任用職員制度について、国のマニュアルにこだわることなく、市の現状に合わせて慎重に制度設計をすることを求めました。非正規・臨時職員にとっては雇い止めの不安が増大する制度ですが、任用する市当局にとっても、やり方を間違うと貴重な人材の多くが民間に流れてしまう可能性があることを指摘しました。
ケーブルテレビ放映は6月15日午前9時からと6月18日午後6時からです。
ぜひご覧ください。
 その後、YouTubeでも見ることができます。

 昼休み、市役所玄関前で原水爆禁止平和行進出発式。今年も志摩でも行進をすることができました。副市長、議長から激励のあいさつをいただき、多くの市職員に見送ってもらい出発していきました。担当の人権市民協働課のみなさんご苦労様でした。
6月12日
 この日も本会議一般質問。他の議員も産業振興、防災など活発な議論です。
6月13日
 本会議。一般質問、議案総括的質疑と常任委員会付託。


この記事に

開く コメント(0)

体育祭、海老まつり

公文書改ざんの理由は「それが分かれば苦労せん」と麻生大臣はヘラヘラ笑いながら言っている。自殺者まで出しておきながらよく言えるな。本当に国民を馬鹿にしている。こんなやつは大臣すぐやめろ。
国民はみんな分かっている。一連の改ざんは安倍夫妻を守るためだと。
安倍内閣は即時退陣せよ!

5月29日
志摩市民病院職員食堂で志摩地域一般労働組合の学習会。
予算から見た今年の病院運営と目標について報告しました。
H29の病院の経常収支比率(経常費用に対する経常収益の割合)は87.5%。
これをH30は91・3%まで上げ、H32には104.2%の黒字にするという。
医業収支比率(医業費用に対する医業収益の割合)はH29は59.4%。これをH30は65.5%,H32には79.2%まで引き上げるという目標です。そして、一般会計からの基準外繰入額H29は1億4300万円をH32には0にするというのが新改革プランの数値目標です。職員不足の中でどこまでできるのか不安です。

体制が不十分なままで収益をあげようとすれば必ず弱い立場の労働者にしわ寄せが行きます。非正規・臨時職員が「安上がりの労働力をうまく使い回す」ことに利用されていないか点検していくことが必要だと話し合いました。

病床数が少ない小病院では病床の機能強化が課題ですが、今年、実施しようとしている包括ケア病床も実施に必要な正看護師の比率がギリギリです。

雇い止めの不安が大きくなる会計年度任用職員制度については多くの仲間を集め、再度学習会を開くことにしました。

5月30日
雨の一日でした。
イメージ 1
雨の中、くちなしの花のいい香りがしていました。
5月31日
この日も雨
イメージ 2
大慈寺の紫陽花。

6月1日
磯部恵利原 伊勢道路入り口交差点で街頭演説・宣伝。
安倍首相の疑惑の幕引き・逃げ切り許さない。残業代0働かせ放題、過労死ライン容認の働き方大改悪の強行許さない。
多くの人が車から手を振り応えてくれました。

6月2日
文岡中学校体育祭へ。
イメージ 3
毎年この三人四脚の速さに、驚き感動します。どれだけ練習したのかなと。

午後からは浜島伊勢えび祭り。
今年もたいへん盛り上がりました。
イメージ 4

6月3日
今年も伊勢志摩元気プロジェクト賢島大学が始まりました。
 
 今年度第1回目の講師は、竹内千尋市長、志摩観光ホテル料理顧問 宮崎 英男さん、パンの藤田の藤田 幸男さん。テーマは「志摩観光ホテルのここがすごい」。
長年、志摩観光ホテルで働いてきた宮崎さん、藤田さん、市長も元従業員。志摩観光ホテルのすばらしさをいろいろと語ってもらいましたが、多くは今や伝説となりつつある、元総料理長 高橋 忠之シェフの思い出の話でした。
イメージ 5

6月4日
市議会6月定例会、開会。
報告2件、承認1件、議案3件が提案されました。


この記事に

開く コメント(0)

6月議会に向けて

安倍首相はどこまで居直り続けるのか。
一方で、データーねつ造・答弁不能でも悪法を強行していく。許せない!
安倍内閣は総辞職せよ。

今年も咲いてくれました。義父が残してくれた赤いバラ。
イメージ 1

5月21日
鳥羽志勢広域連合臨時議会に出席。
5月22日
議会全員協議会、議員総会に出席。
協議事項は 志摩市人口ビジョン・創生総合戦略の改訂について
        災害時協力井戸について
        市水道事業経営戦略について
        長沢野球場等施設改修について
        市立図書館大規模改修事業基本計画について  などなど
地方創生と言って地方がいろいろとがんばっても、地方を疲弊させ続けたおおもとの政治を変えないとうまくいきません。修正した事業が8件ありました。
H29志摩市の人口自然減(新たに生まれ増えた人の数と亡くなり減った人の数の差)は564人の減。
社会減(転出者と転入者の差)は転出超過390人でした。毎年900〜1000人の人口減の状態は続いています。

 市は災害時協力井戸の標識が半数以上未配布になっていることを明らかにしました。H26年度、市は市民から登録申し出があった井戸728基の登録リストを作成し、予算を計上して標識を作りました。H27年度に配布を始め、340基には配布しましたがその後、残りの388基は配布されないまま2年以上放置されていました。原因は担当課の職務怠慢であることを市は認めています。市民の防災・減災への善意ある協力をないがしろにするものです。
 私は明確な今後の対応スケジュールの提出と6月議会での配布の進捗状況、協力井戸の現状把握の報告を求めました。

5月23日
 鵜方小学校へトイレの視察にいきました。今、子どもたちの中には和式トイレを使ったことのない子がたくさんいます。和式トイレから洋式トイレへの改修がなされていない鵜方小学校では休憩時間に洋式トイレに行列ができるような状況です。6月議会で改善を求めていきます。

5月25日
 早朝、大王公民館前で演説・宣伝。「安倍の逃げと強行を許さない」と訴えました。

 午後、鳥羽の日本共産党市議会議員 戸上 健さんを招いて党活動の経験を聞く会を開きました。鳥羽では日本共産党党員が群を抜いて増えています。
「社会に矛盾を感じている人はすべて日本共産党へ」と訴えている戸上さんは日本共産党への入党のハードルは無いと思っているようでした。また、「党は湯加減のいいお風呂みたいでないといけない」とも言います。鳥羽の共産党員たちの中にいると居心地が良いのだそうです。楽しい党活動の話をたくさん聞かせてもらいました。

5月26日
神明小学校の運動会へ。
イメージ 2

5月27日
伊勢志摩ツーデーウオーク。今年も多くの方が参加してくれました。
イメージ 3

 6月議会一般質問の原稿を書きました。

5月28日
 一般質問の通告書を提出
今回は 小学校のトイレ改修について
      生涯学習講座について
      会計年度任用職員制度についてです。
  地方公務員法と地方自治法が「改正」され、自治体の非正規職員に関して新たに任期は最長でも一年とする会計年度任用職員制度がつくられることになりました。この制度は現行制度の下で非正規職員が不安定雇用や劣悪な処遇を強いられている仕組みを解消するものでなく、むしろ雇い止めの不安を増大させるものです。市のこの新制度への考え方と今後の対応を問います。

質問日は6月11日(月)午前9時からです。ぜひ傍聴をお願いします。

この記事に

開く コメント(0)

運動会の季節

国会会期末まで一カ月、安倍政権の「逃げ」と「強行」を許さないぞ。

5月14日
和具 ローズガーデン山本へ。今年は市内のオープンガーデンを回ることができて良かったです。
イメージ 1

5月15日
 この日は志摩市民病院で定期の診察。
血液検査の結果、中性脂肪が増えていた。お酒飲んでいないのに、、間食が多すぎるのか、、ドクターからは「体重を減らしなさい」といつものように言われました。

併せて病院の現状について聞き取りをしました。
常勤の医師は一人増えたが人手不足はまだまだ深刻です。
忙しさに追われる中、職員間でいろいろと軋轢が出てきていることも分かりました。

イメージ 2

毎年、小さな鉢の中で必ず咲いてくれる 
 
5月16日
 安倍9条改憲NO!全国市民アクション@しま の会議に出席。
、署名集めも最終盤、5月末までの署名集めについて相談しました。
5月18日
早朝、深谷水道で演説宣伝
嘘のない正直な政治を取り戻そうと訴えました。

この日は道路の改良、独居老人の生活応援などの生活相談に対応。
イメージ 3
側溝が落ち葉で埋もれてしまう。いつもきれいにしてくれているおばさんから「なんとかしてえ〜!」
さっそく、市建設整備課に対策を頼みました。

5月19日
絵かきの町・大王 美術ギャラリー 絵画教室合同作品展へ。
イメージ 4
すばらしい作品がたくさんありました。
残念ながら、市は予算不足を口実にこのような生涯学習講座を次々と削ろうとしています。この問題を次の議会でとりあげます。

5月20日
イメージ 5
鵜方小学校の運動会へ。
運動会へ行くたびに思うことは「よその家の子は大きくなるのが早い」ということです。

志摩町の赤旗しんぶんの読者会に出席。
「党として、旧町単位での細かな政策をもっと持ってほしい」などいろいろとご意見をいただきました。

その中でも大切だと思ったこと。
「共産という言葉は今、日本共産党、中国共産党、旧共産圏などにしか使わない特殊な言葉になってしまっている。もっと普通に使われ理解されるようにしないといけない」という指摘でした。

共産とは、労働者が不当に搾取されず、貧富の格差の無い世の中という意味で、働く人たちの中で普通に使われる言葉とするための努力のあり方を考えさせられました。

この記事に

開く コメント(0)

緑の季節

5月7日
日本共産党志摩市委員会の会議に出席。来年の参議院選挙の目標、今後の宣伝活動などを相談しました。

5月8日
市健康福祉部から視覚障がい者の方々への同行援護について聞き取りをしました。
同行援護という福祉サービスがありますが、不合理なところがあります。
夫婦ともに視覚障がいの方が二人で外出、このサービスを利用し、同じ目的地へ行くときに2台の車と2人の同行者が必要とされています。1台の車に夫婦2人が乗ればいいのに2台に分かれて乗らなくてはいけない。
同じ車の中で話しながら仲良く出かけたいのに別々の車に乗せられます。
この運用規定はどこに示されているのか市健康福祉部の担当者のに問いましたがよく分かりませんでした。
 後で分かりましたが、中部運輸局三重運輸支局長の道路運送法に関する公示で示されていました。
 この問題は志摩市視覚障がい福祉会から私に相談されていたものです。中部運輸局のことなので、今後、、県議会議員、国会議員と連携して、改善を求めていきます。

5月9日
志摩市内の日本共産党支部長会議に出席。
5月10日
 視覚障がい福祉会の「歩こう会」にガイドボランティアとして参加。
新しく改修された阿児アリーナ内を案内し、ふるさと公園をいっしょに歩きました。
イメージ 1
緑いっぱいの阿児ふるさと公園。
新しい遊具のすべり台も滑ってもらいました。
いっしょに歩いて、視覚障がい者の方々にとって、どこまでバリアフリーが実現できているかが正しく理解できました

夜は市と市自治会連合会共催の市政懇談会へ。
イメージ 2

5月11日
 前日の柳瀬元秘書官参考人招致を受けて、早朝から街頭演説、宣伝。
加計疑惑 「総理のご意向」が働いた疑いはいっそう深まった。
まともで正直な政治を取り戻そう!

5月12日
 横山ビジターセンター自然観察会「横山・薬草の観察会」へ。
県薬剤師会の講師の方々にいろいろと教えてもらい、横山の草木にずいぶんとくわしくなりました。
イメージ 3
里山の緑まぶしい日でした。

夜、志摩地域一般労働組合の三役会議に招かれて出席。
市民病院の現状と今後の方向についての学習会の講師を依頼されました。5月29日(火)午後5時30分より病院職員食堂で行います。どなたでも参加できます。

5月13日
神明自治会定期総会へ。
イメージ 4
 先日、南海トラフ地震で、志摩市は県下最大の死亡者数が予測されると報道されたばかりなので、議事の前に防災の学習会をしました。

5月14日
イメージ 5
早朝、的矢湾大型太陽光発電施設の工事着工現場へ。
工事に反対する市民のみなさんが集まり抗議をしていました。
この日は着工できず。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事