ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1




意外と、BMWを食うかもしれない。




そう思ったのは、外観デザインが「とてもイイ」からだ。


じつは、実物を見るまでは、つまらんデザイン…。と思っていた。

でも、実車を見て、考えを変えた。

とにかくスマート、エレガンス。


最新レクサス言語のデザイン「アローヘッド」は、

これまでIS、LS、と出てきたが、、どれもイマイチだった。

これは実物を見てもやはり変わらなかった。


しかし、RXの実物はいい。控えめな品の良さがある。

「アローヘッド」はRXのためにあったのか?と穿って(うがって)みたくなるほど。

とにかく、このデザインは所有する価値がある、と思う。



しかし、残念なのは、内装だ。

これは『車の運転席』とはいえないのではないか?


確かに、とても高級感に溢れていて、リラックスムード、タップリ。

自宅の居室でもここまで立派な雰囲気にはならないだろう。

現に、展示車両に中高年の紳士が座っていたのだが、「なかなか降りてこない」。

10分以上、内装に身を委ねていた。

その気持ちは分かる。かように本当にリラックスできる内装なのだ…。


そう。

そこが問題なのだ。

車というのは緊張感なくして運転されたら、非常に回りが迷惑だ。


このRXの内装に浸っていたら、リラックスしすぎて事故を起こしかねない。

これはホメ言葉ではない。


ちょっとやりすぎでしょう。

BMWだって、こういう内装は作り込めるはずだ。

しかし、やらない。

それはなぜか。

彼らは、運転席とは「運転に集中する」場所だ、ということを決して忘れていないからだ。

当然のことのようだが、この当然のことを忘れたRXを評価することは出来ない。


仮に顧客が望んだとしても、自動車会社としては「やってはならないこと」だろう。



なお、RXには致命的な欠点もある。

それは「リアドア」が異常に軽いことだ。


前席のドアはレクサス。後席ドアはヴィッツ。

これはないんじゃないでしょうか。。


この記事に

  • 顔アイコン

    手に取るようにわかるフィーリングのコメント(前席レクサス・後席ビッツのくだり)、プロ記者の域ですね。よくわかる!!
    まさに「日本車」といったとこですか。「趣き」より「合理性」。
    日本車、と括ると駄目か。「トヨタ的」と批評、しておこう♪
    まぁ「運転席もヴィッツ」なホンダ、ウチにあるが、ね^^

    てくのろ次

    2009/2/20(金) 午後 5:30

    返信する
  • 顔アイコン

    駄文を誉めてくださってありがとうございます。
    仮にてくのろ次さんが買うとしたら、後部ドアのフィーリングは「必ず確認して」まあ許せる、と納得してからハンコを押して下さいね。
    そうでないと、納車されて愕然とするかも。。
    まさに「合理性」なのでしょうね。仰る通り。

    レクサス店は、RXの実車を見るために今回初めて入りました。
    で、、「おもてなし」コンセプトは本物だ、と思いました。
    なんてったって、入店するといい香りがする。
    適度にいい音楽が流れている。
    内装もシックです。そして、係員さんもとても態度がいい。
    それを味わうだけでもレクサスを買ってもいいかも、という気になりましたよ。

    ところで、レベッカは先を越されてしまいました(^^ゞ

    Simomura_Koujin

    2009/2/21(土) 午前 0:04

    返信する
  • 顔アイコン

    ごめん、ごめん❤
    ハウンド・ドッグはやらないよ、音源ないから❤

    てくのろ次

    2009/2/21(土) 午前 1:32

    返信する
  • 顔アイコン

    お店の「おもてなし」については、本来全社、全ディーラーが「そうであるべき」と思います。
    地方のフランチャイズディーラー等は、そういった教育が「本当に行き届いてる?」ってなる店が非常に多い。
    同じ看板を掲げているのに「○○市店より××市店の方が対応がイイ」って噂されんの、ってどうかしてると思いませんか?
    ラーメンチェーンが店毎に味が違う、ってのと同じショックですよ。
    あと、特に「営業さん」はまぁまぁなのに「ツナギ着た奴」が態度悪いディーラー。あれもムカつく!!

    てくのろ次

    2009/2/21(土) 午後 5:43

    返信する
  • 顔アイコン

    各ディーラーで「おもてなし度」が違う、というのは困りモノですよね。ほんと。
    また、「ツナギ着た人」が態度悪いディーラーも、あるある。ありますね-。これって、その店の「店長の気質の差」なんでしょうかね?
    ですから、レクサスが「おもてなしで勝負をかける」という視点は、そういう状況から出てきたのは間違いないでしょう。米国なんか、日本よりもっと凄いらしいです。各店舗ごとの差が。
    てくのろ次さんの行きつけのディーラー対応は、満足されてますか?

    あと、
    ハウンドドックは、…お譲りします(笑)

    Simomura_Koujin

    2009/2/22(日) 午前 0:07

    返信する
  • 顔アイコン

    RX、以前から決まっていたとはいえ、なぜハイブリッドをもったいぶって発売するのでしょうか…

    走っているのを見ました。
    フロントは他車に無い気品を持って、大変かっこいいと思います。

    写真写りの悪い人はいますが、車も同じです。
    何故なのかを車作りに反映できたら、売り上げ増に貢献すると思います。車の写真だけ見て関心を持たなくなる人はいます。

    ところでリヤは現行型ハリアーのイメージそのままで、煮詰め方が足りない気がします。

    内装は実写を見ていないのでわかりませんが、写真だけで感じるのは、インパネのデザインや作りはこれまでのレクサスと比較してレベルが落ちたのではと思えますが、実車はいかがでしょうか。
    インパネはデザインが大胆とも言えますが…

    レクサス販売てこ入れのため、SUVが早く欲しかったので発売まで時間が足りずリアデザインと共に煮詰め不足になった、ということはないでしょうか。フロントがいいだけに残念かなと。

    昔々、初代カリーナEDのインパネがそうだった、と聞いたことがあります。

    下村さん、いかがでしょうか。 削除

    [ たわし ]

    2009/2/23(月) 午前 1:55

    返信する
  • 俺専用車屋、とはもう10何年来の付き合いで、10台以上買ってますが、基本、中古車屋です。
    ディーラーへは、新車で買っても大概アルミを「ツライチ」で履いちゃう俺の車は、工場にも入れて貰えないので行くのを辞めました。
    今は総ての車の窓口を、その中古車屋に任せています。保険までを。
    で、その車屋は、総ての場内工事を、俺に任せてくれています

    爆風スランプも、譲りますよ(^-^)/初期のでお願いします。東京タワー、とか、無理だ!とかで

    てくのろ次

    2009/2/23(月) 午後 1:19

    返信する
  • 顔アイコン

    たわしさん
    ◆写真うつりを考える政策、100%同意します。
    写真はイマイチ、でも「実物は良い」というクルマって結構多いですから。80系スープラなんかまさにそれか?と思います。

    ◆リアですが、一見現行ハリアーに似てるようですが、よく見ると結構カタチが違うように私は思いました。でも、リアスタイルは、確かに煮詰め不足…というか「いじくりすぎて」こんなのに最終的に落ち着いたのかも。デザインではありがちな帰結かと。。

    ◆内装ですが、大胆すぎ…です(笑)
    そして、僕のポロの内装は、気分が若々しい高揚に満ちてくる・端整で健全な青年というイメージですが、RXは「全く逆」とコメントしておきましょう。先頃お辞めになった、元財務大臣のあの方が似合うイメージかも。。

    ◆ハイブリ。確かにもったいぶってますよね。
    受注状況は1000台と、かなり入っているようです。
    http://www.hobidas.com/auto/newcar/article/97184.html

    Simomura_Koujin

    2009/2/24(火) 午前 0:20

    返信する
  • 顔アイコン

    てくのろ次さん
    「専用」車屋というのを持っているって、いいですね-♪
    しかも、相互に補完しあう関係、というのも最高です。

    アルミ・ツライチですが、これやるとグッとかっこ良くなります。
    なんでこういう状態にして新車販売しないんだろうなあ…といつも思ってます。
    中古車屋さんといえば、2ドア・ローレルもいいですが、430グロリアなんかも渋いですよ。

    ところで、爆風の「無理だ!」とか知ってるとは、かなりのマニアックさ、ですね(笑)
    確かに、初期の方がオリジナリティがあって良かったですよね。
    でも、ハウンドも爆風もアップしないと思います。
    「おおっカッコいい」と私の度肝を抜かれるのにホンの少し足りないんですね-。
    やるならチャットモンチーかも(笑)

    ハウンド、爆風。安心して、生業(NARIWAI)でやっちゃって下さいね
    (^_^)

    Simomura_Koujin

    2009/2/24(火) 午前 1:04

    返信する
  • 顔アイコン

    ≪ 汚染ワクチンの隠蔽:その1 ≫
    鎮痛剤「アスピリン」の米バイエル社、エイズ汚染を知りながら政府と共謀してワクチンを販売
    〜 FDA(食品医薬品局)の内部文書から明らかに 〜
    フランスでは、既に関係者は処罰されているのに、米国&日本政府は隠蔽を続行している(2009年3月現在)
    バイエル社は1980年代から隠蔽を続け、被害を拡大させてきた。NBCニュース
    http://www.youtube.com/watch?v=wg-52mHIjhs

    ≪ 汚染ワクチンの隠蔽:その2 ≫
    薬害エイズのバクスター社が、昨年、鳥インフルエンザウイルスH5N1で汚染されたH3N2の液体原料を、欧州数カ国のワクチン製造子会社に納品していた。
    バクスター社は、汚染原因の解明を進める欧州当局への協力を、企業秘密を理由に拒否。
    日本政府は、数百万人分のバクスター社製インフルエンザワクチンに対し何の対応策も取っていない(2009年3月現在) 削除

    [ maruko ]

    2009/3/25(水) 午後 7:18

    返信する
  • 顔アイコン

    致死率60%のH5N1型ウイルスと、空気感染力が非常に強いH3N2型ウイルス。
    「この二種類は容易に結合し、出来上がったウイルスは、非常に高い伝播性と強い殺傷力がある」(2008年夏、米国疾病コントロールセンター発表)
    チェコの新聞は、ウイルスをばら撒いて自社製品を売ろうとする、自作自演の生物テロの可能性を指摘している。

    同社の汚染薬物販売が明らかになったのは、これで4度目。
    同社は過去、日本で訴訟となったHIV汚染の血液製剤の他にも、米国内で、HIV汚染のB型肝炎ワクチンを販売している。
    加えて、2005年には、H2N2型ウイルス入りの小瓶を、インフルエンザの検査セットに混入して日本を含む18カ国へ輸出するという事件も起こした。
    H2N2型ウイルスは非常に強力で、1950年代の大流行では世界で数百万人が死亡した。
    http://www.naturalnews.com/025760.html 削除

    [ maruko ]

    2009/3/25(水) 午後 7:21

    返信する
  • 顔アイコン

    ≪ 米軍が、日本の上空でウイルス&毒物を散布 ≫
    「インフルエンザウィルスはケムトレイルで撒かれている!」
    http://310inkyo.jugem.jp/?eid=111
    ケムトレイル散布に米軍が関与、イタリア、ドイツの大手メディアの報道
    http://www40.atwiki.jp/inkyo/pages/16.html
    米NBCニュースのケムトレイル報道
    http://www.youtube.com/watch?v=zmhXoPW-Izw&feature=related
    〜 CO2温暖化説は原発利権のデタラメ 〜
    ハワイ・マウナロア観測所のCO2の長期観測グラフを見れば一目瞭然。
    気温の上がった半年〜1年後にCO2が増えている。
    http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss023/ss0231.htm#001 削除

    [ maruko ]

    2009/3/25(水) 午後 7:21

    返信する
  • 顔アイコン

    〜 GM食品(遺伝子組み換え)と、猛毒PCBの人体実験は続く 〜
    欧州では禁止なのに、日本&米国政府は、詐欺的認可で国民をモルモット扱い
    殺虫性GMトウモロコシMON863、MON810は、米国では「食品」でなく「農薬」として登録されている。
    http://www.epa.gov/pesticides/biopesticides/ingredients/fr_notices/frnotices_006484.htm

    ≪ 詐欺的手法で行われたGM食品の安全検査 ≫
    * GM作物の毒遺伝子は、合成された人工の毒遺伝子。検査に使われたのは天然の毒遺伝子。
    「両者のアミノ酸配列は大きく異なり、全く別の遺伝子である」。
    * 除草剤(PCB)をたっぷり与えられて育ったGM作物は、残留農薬たっぷり。そこで政府は、残留農薬の基準値を引き上げて無理やり認可した。 削除

    [ tama ]

    2009/3/25(水) 午後 9:39

    返信する
  • 顔アイコン

    ≪ しょうゆ、油、スナック菓子、飲料水etc. 膨大な数のGM食品が非検査・非表示のまま食卓に ≫
    米国では、現在、GM作物は一般作物と同じ扱いで、何の検査も受けずに生産・出荷されている。
    そして、除草剤まみれの大量のGM食品が、何の検査を受けることも無く、日本の食卓に並んでいる。
    日本で消費される大豆の95%ほどは、輸入品。最大の輸入相手、米国産ダイズの91%、コーンの73%、綿の実の87%はGM作物である。(2007年)
    また、「遺伝子組み換えでない」と表示されていても、5%のGM混入は許可されている。

    ≪ 明らかになっているGM食品の危険性 ≫
    * GM作物の毒遺伝子は、コレラ毒よりも強力で、「ほ乳類は、消化分解できるから無害」(日本政府HP)のはずなのに、ブタでは92%が消化されていない。
    * GMトウモロコシを食べたブタ、牛、ヤギに不妊、流産、早産が多発。オスは、生殖不能に。 削除

    [ tama ]

    2009/3/25(水) 午後 9:42

    返信する
  • 顔アイコン

    *GMダイズを食べたマウスは攻撃的になり、腎臓の奇形、消化器肥大、癌細胞の活性化、免疫系統の異常がおきた。雄マウスの精子は損傷しており、雌マウスの胎盤はアポトーシス(細胞の自己破壊)を起こす。
    *GMダイズを食べたマウスの胎児には、DNAの機能障害があり、生まれた子供の死亡率は5倍、出生時の体重は低く、成長しても生殖不能となる。
    *単位面積あたりの除草剤使用、6年で53%も増加、収穫量は減少。除草剤に耐性を持つ雑草が出現したため。
    http://www.organicconsumers.org/gelink.cfm
    http://www.i-sis.org.uk/BtCottonKillsSoilandFarmers.php

    「アグリビジネスの巨人 “モンサント”の世界戦略」(NHK放送の動画)
    http://blog.new-agriculture.net/blog/2008/09/000645.html
    政府との癒着、データの改ざん&隠蔽、小規模農家の恐喝が、モンサント社のビジネス戦略。 削除

    [ tama ]

    2009/3/25(水) 午後 9:44

    返信する
  • 顔アイコン

    marukoさんtamaさん
    こういうことは、こっそり行われます。
    庶民が気付いた時には「もう手遅れ」状態でしょうね。。
    ですから、食品業界の内部告発みたいに関連する企業の「人間の良心」に
    期待するしかないようです。

    Simomura_Koujin

    2009/3/26(木) 午後 0:12

    返信する
  • 顔アイコン

    レクサスRX
    酷評したが・・・実物見た
    黒はいい、つぶらな瞳だ
    マニュアルがあれば買ってあげよう・・・ 削除

    [ nakanosakaue ]

    2009/6/11(木) 午前 10:49

    返信する
  • 顔アイコン

    軍艦島
    予約して・・・行きました
    ・・・と、前日夜,電話が鳴りまして、
    「波が高いので欠航します」・・・ 削除

    [ nakanosakaue ]

    2009/6/11(木) 午前 10:51

    返信する
  • 顔アイコン

    レクサスRX、最近、街中で見かけますよね。
    でも、やっぱりイマイチだなあ。
    なんとなく「神経質そう」じゃありませんか?
    神経質な顔付きと雰囲気が、どうにも肌に合いませんね、僕は。
    マニュアルMTがあれば、買いますか?600万円でも?(笑)

    Simomura_Koujin

    2009/6/12(金) 午前 1:01

    返信する
  • 顔アイコン

    軍艦島…行ったのに、行けなかった?
    なんかよく分かりませんが(笑)、上陸できなかった、ということでしょうか?
    残念でしたねえ。。

    Simomura_Koujin

    2009/6/12(金) 午前 1:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事