湾岸イルミネーション

趣味の射撃をメインに書いてます。

全体表示

[ リスト ]

9月7日のブログでこんなことを書きました。


Rem1100ですが、銃身を切り詰めていて、銃架にやっとかかる長さです。
ご本人に聞いてみたところ、
「以前、カッツが付いていたが、今の装弾では役目をしないと言われたので切り詰めた。」とのこと。
私は「おや?」って思いました。
カッツ・コンペンセターは、反動軽減が主な役目だから、装弾の種類と関係ないはず。
もしかするとリセスチョーク(ダブルチョーク)が付いていたのかなと思いました。
それなら、今の装弾では役に立たない。切り詰めなければ意味がないと思いました。
このリセスチョークについては、後ほど技術解説いたします。


イメージ 1



さて、リセスチョークとはどんなものでしょうか?

構造的には、こんな感じです。
銃口付近で一旦広がり、その後に軽く絞り、再度銃口直前で広げます。
絞りが2段になっているので、ダブルチョークと呼ばれていました。

断面図は、こんな感じです。(絵がヘタでスミマセン)
イメージ 2


でも、このチョークを生かすには、特殊な装弾が必要です。
左がリセスチョーク専用装弾、右が通常の装弾です。(絵がヘタでスミマセン)

イメージ 3


この専用装弾は、毛コロスで散弾を押し出していきます。

そうすると、一旦散弾は広がり、あわせて毛コロスも広がり、均等に散弾を押し続けます。
その後、また散弾とコロスは絞られ、最後に均一なパターンとなって発射されます。

通常の装弾は、散弾がワッズに収まっているので、リセスチョークで撃っても、
ダブルチョーク部分で広がったり絞られたりせずに移動し、最後に広がるだけです。

だから、現代の装弾で撃ってもこのチョークは役目を果たさないので、
切り詰められてしまいました。

今から30年ほど前、昭和50年代には、このような銃身が最先端の技術でしたが、
専用装弾が高価であったことから、衰退して行ったのでしょう。

閉じる コメント(5)

顔アイコン

さすがSINさん、知識が豊富ですね!
リセスチョークは名前は聞いたことがありましたが、
なるほど、弾も専用が必要なんですね!
いやぁ〜勉強になりますね。 削除

2008/12/2(火) 午後 5:39 [ usagi ] 返信する

顔アイコン

リセス装弾かぁ・・・・
今年初めと有る実包を購入しました。
訳あり入荷で激安購入できましたが、トラップ・スキート共まったく中りませんでした。
銃はM870、682何を撃っても中らず、他の購入者も同様でした。

私は実包を分解して構造を確認してみると、カップワッズは無く、散弾をコロスで押し出す構造の装弾でした。
私が想像するに、離脱した散弾群をコロスが押して余計な拡散をしている物と思われました。

はぁ・・・・リセスチョーク専用装弾って事かぁ・・・
SINさま アッパレ。

*分解した実包はリロードし適切に消費いたしましたとさぁ。 削除

2008/12/3(水) 午前 11:03 [ たかちゃん ] 返信する

>usagiさん
単なる古い知識ですよ。

>たかちゃん
コロスの装弾は、リセスチョークで撃って効果がある装弾です。
想像ですが、ドーナツ状のパターンになるかと思います。

2008/12/3(水) 午後 0:01 sin_shotgun 返信する

顔アイコン

確かに。
ドーナッツが飛んで行きました。
僕はフレンチクルーラーが好きです。 削除

2008/12/4(木) 午前 10:58 [ たかちゃん ] 返信する

>たかちゃん
私は、エンゼルクリームが好きです。

2008/12/4(木) 午前 11:20 sin_shotgun 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事