湾岸イルミネーション

趣味の射撃をメインに書いてます。

全体表示

[ リスト ]

師匠 今年も大猟

私は20代で射撃をはじめましたが、銃を購入した銃砲店が突然閉店してしまい、
練習会には参加したことがありませんでした。
毎月一人で射撃場に行き、見よう見真似で撃ってきました。
そのうち、顔見知りができて、諸先輩方にご指導を受けて現在に至ります。
だから、射撃を始めてから十数年間、特定の師匠はいませんでした。


そんな時、ネットで知り合った仲間と撃ちに行くことになり、
そこで、師匠と出会いました。
私が勝手に師匠と思っているだけかもしれませんが・・・
今から4年前の9月のことでした。

師匠は、千葉県のフィールド大会でも優勝し、
全国大会に行くほどの腕前です。

そのときの勇姿がこれ。
地元では有名な方なので、目線を隠してもバレバレかと・・・


イメージ 1


射撃の指導も明快です。
「クレーが出たら、サ〜〜〜っとテッポ動かしてよ、
 パ〜〜〜って撃たなきゃ、テッポが止まるっぺよ。」
ちょっと、千葉弁がきついのが難点ですが、
指導方法は、いわゆる一つの長嶋監督風指導です。

狩猟の腕前も超一流で、毎年たくさんの鴨、雉を仕留めています。
Rem870を使い、見事なまでに落としていきます。
最近は空気銃での猟も盛んで、
昨日も雉を仕留めたらしく、画像をもらいました。



イメージ 2


車で流しているときに、田んぼの中に雉を発見。
わき道でUターンして側道に入り、30mのところに雉を見つけ、
空気銃で仕留めたそうです。
使用した銃は、エアーアームズS410ハイパワー。
弾は、ディアブロー・バラクーダ5.5mm
肩から首の付け根に着弾していたそうです。

お見事です!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事