ここから本文です
PURE VOICE〜太陽のかけらをうけて〜
自分を追い込まない・・・自分の傷に自分で塩を塗らない。自分を信じる。人を信じる…?

書庫全体表示

今日は既に1月7日。今、ものすごく眠いです…
今日もとってもとってもいい天気ですが、相変わらず空気は冷たいです。
今朝は結構早くに違和感で目が覚めました。
???
なんだ???
鈍いお腹の痛み(でも、普通の腹痛とは違う…)と、身の置き所のなさ。
うぅぅ〜〜〜><
下痢するわけではなく、何がどうということではないのだけど、
何とも言えず、身の置き所がない…
しばらく布団にくるまって、丸くなってあったまっているも、何とも言えず。
ふと、なんとなくどこもかしこも皮膚が冷たい気がして…
思いついてそうだ!お風呂に入ろう! 全身あっためたらよくなるのでは???
回らない頭で考え、既に起きていて朝ごはんを食べたそうだったけど、「ごめん、お風呂入ってきていい???」と言って不満げなママっちを尻目に自分の好きな香りのバスソルトを入れて、飛び込んだ。
ゆっくりと好きな香りの中に使って、じっくりとあっためる。
すると、ようやく身体が緩んでくる感じ。少しずつ少しずつあちこちマッサージをしつつ、肩を回し、背中を動かし、足の先も動かし、腕も回す。
おかげで、なんとか回復! 多分体全体が冷え切っていたから、影響したんだなと…

そう、昨日冷たい風の中遠い豊洲のIHIアラウンドシアターまで、髑髏城の7人月・下弦㋾観に行ったんです。
その前の日から、いろいろあって、ママっちの機嫌が悪く、シナモン自体の失敗もあって、マジにママっち最悪…

しかも、そういう時に限って、余計なことが次々と…それで、ついにシナモンもブチギレて、「それなら、自分のことはお互い自分でやることでいいでしょ」と言ってしまった…
そして、友達がとってくれているチケットで、IHIアラウンドでの髑髏城はなにせ4時間近くの長丁場。ソワレだと、ほんと、終電やばいくらいの時刻になってしまう。
だから、観劇の前にご飯食べながらおしゃべりしようと思って早めに支度して出たんだけど、相手の携帯やタブレットの調子が悪くなっていて、連絡がつかないまま…一時はほんとどうしようかと思った。
なんて、いろいろあって、それまでの負荷も重なっていたんだろう。
でも、とりあえず、お風呂で全身あったまってなんとか回復したから良かった!やっぱり全身が芯まで冷えるって大変なことなんですね。
おふとんもしっかり2枚かけていたし、帰ってきてなつくまでは暖房も入れていたんですけどね。最近の夜の空気の冷たさは、かなり身体に答えるということですかね。(←いや、単にそれだけ年を取って身体も老化しているっていうことだってwww)
常に身体はあっためましょう♪

イメージ 1

さて、本題に戻りましょう。
あ、ここからは、完全ネタバレありなので、まだ楽しみにしている方は読み進めずに後ほど楽しんでくださいwww


劇団✩新幹線 「髑髏城の七人 Season月 下弦」を観てきました。

今回は友達のつてで、11列の16番あたり。割と見やすい席で、嬉しい。
今までSeason花・鳥・風と、1回ずつ見てきたけれど、もちろん、役者も変われば、演出も少しずつ変わり、セットも少しずつ工夫されている。
でも、今回月を見て、いろんなところが大幅に変わっているのに気づく。
セットも人場面まるっと変わっていたし、流れる映像も前は、全体に流れる絵像が多かったけれど、逆に迫って来る映像に変わっていたり
そういう意味では、進化がすごいなと思いました。
でも、逆に音響的には、新幹線の音としては、最初の巻く前から、どんどん盛り上がっていく曲の響きが、ちょっと足りない???
いつもはそれこそ客席が揺れるような重低音とリズムが響き渡るのがちょっと弱い。そして、音質もあんまり良くなかった。それは、とっても残念。

でも、役者はそれぞれ面白かった。今回はマモが捨ての助。前半はそれこそ小栗くんと重なるところがあったけれど、キャラ似てるし、でも、軽さは更にUP。そして、何よりもセリフの中身はとても伝わって来るのがすごい!
蘭べえは、今までよりもすごく幼くというか年下に見えるが、とても顔は綺麗で、それこそ、森蘭丸がお小姓だった時から、あまり変わっていないくらいの若さに感じる。でも、だからこその後半が生きていたような気がする。
天魔王はちょっと物足りなかったかな???
クマキ衆の本当の長である城築の天才である人物、霧丸(演出により沙霧という女性の場合もある)は、かなりまっすぐな少年の部分を持たせつつも、築城の転載でお差であるという自覚をぶつけてくるような芝居だった。

これは、男女どちらでも面白い役だなと思った。もう一度清野奈々の狭霧を見たくなった。

太夫に惚れ抜く「関八州荒武者隊」のかしら兵庫は、意外な真面目さが可愛く惚れ抜いている気持ちが前面に出ていて、何とも可愛い。でも、やるときはやるんだという男の意地も持ち合わせていて、そのギャップが好きだな。

太夫は今まで小池栄子 りょう 田中麗奈 そして、羽野晶紀 中継で高田聖子で見ているけれど、味が全然違ってそれぞれの味付けが生きている。でも、自分的に好きなのは、りょうさんの大人っぽく艶やかな太夫。小池栄子の切符の良い大きな姉御な太夫もいいけれど、好みは涼ちゃん。
田中麗奈も持ち味は出していたけれど、太夫でなくてもいいかなという感じ。聖子ちゃんは流石にね。新感線!!だからね。大好きですよ。
で、今回の羽野晶紀ちゃんは芝居はとっても好き!ただ、歌に関しては、イマイチっていうかやっぱり年齢的なもの???というよりは、感覚がちょっと違う。そして、そろそろ厚塗りしないように…って感じ???

古田さんのハマり役の贋鉄斎をやった中村さんは思った以上に全く違うものを作り上げていて、面白かった。今までの贋鉄斎もいろいろ工夫はしていたけれど、余りにも突き抜け方がすごい人が前にいたからこそ、もうひとつ!って思ってしまった部分もあった。

大きなところでは、こんな感じ。
でも、本当にひとつの ベースの物語を役者が違うとはいえ、これだけの展開をして行くいのうえさんの演出もすごいし、何よりベースの作者である中島さんも本当にすごい人だと思う。
まだ、上弦見てないので、改めて花で蘭兵衛をやった早乙女太一の天魔王を味わいたいと思った。そして、三浦翔平がどんな蘭兵衛を作るのか、やっぱり見たくなってしまった。
流石にチケット代が…なので、とりあえず、ライブビューイングをやるそうなので、申し込んである。かなり値段差があるので、今回はこれで…と思っている。

そして、これで終わりかと思ったら、極!だそうで、それも阿修羅天だとか…しかも古田新太が戻り、天海祐希が…というわけで、果たしてチケット取れるのか???という状態で、既に2回も落ちているが、1枚は手に入れたい!!というわけで、1年に渡るIHIアラウンドシアターの劇団✩新感線による髑髏城の七人は、ラストに向けてどんどん進化していくのでしょう。
最後まで、1回ずつは見られますように…✩

イメージ 1

かなりドキドキだったけれど、ちゃんと友達にもあえて、芝居も見られて、しかも大好きな香りのローズのシャワージェルとハンドクリームのセットなど頂いてしまい、出てくるときは暗かったけれど、大分気分はアゲアゲになりました。
彼女も昔から新感線やミュージカルを見ている人なので、いろんな角度で話せるので息も帰りもとっても盛り上がって楽しかったです。
また一緒に芝居見に行こうね♪

ということで、無事にギリ終電近くでなんとかお山に帰ってきました。
やっぱり夜10:00を豊洲で過ぎるって、大変だわ…
やっぱりIHIはマチネだわね…あぁ〜〜〜疲れたァ〜〜〜!!

それもきっと体調不良で目覚めた要因ですな。あぁ年は撮りたくないですね。
今日はママっちが珍しく新年会をするということで、夕方から、美味しい物食べんみ行ってきます✩

さぁ明日は、成人の日コンサートで、万里生くんがケルビーノをやる日。
最前列で眺めてきます。
それが終わったら、ついに本格的日常生活に戻るんだわ〜〜〜
頑張れシナモン!!
少ししたら、TENTHが始まるから、頑張るもん!!

イメージ 2

イメージ 3






   
イメージ 4


















 
(画像は自分でチラシなどを撮影しています)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事