cafeしなの(の子育て日記)

通学の送り迎えは義務にしたほうがいい

さくらまつり

ゴールデンウィークも実家に帰省する予定なのに、どうしても娘に実家近所の公園の桜まつりを見せたくて、妻に無理を言って土日で帰省してきた。

土曜朝の高速は渋滞するので、金曜日夜9時に出発。
250km先の実家に11時半に到着した。
他のクルマの流れに合わせて、平均時速120km/hで走ったが、
首都高支線の最高速度は60km/h、都心環状線は50km/hって、一般道と変わらないだろといつも思うし、正直こんな速度で走ったら大渋滞は必至。
たまにパトカーが50km/hで走っていると、後続は大渋滞になっている。

考えてみれば開通した昭和30年代は、クルマは軽が360cc、普通車でも1000ccが一般的で、それほどスピードも出なかった。

今は軽自動車が追い越し車線を、わがもの顔で飛ばす時代。
夜の高速で走っていて、ものすごいスピードで迫る後続車に道を譲ると、軽だった。
なんてことはしょっちゅう。

首都高もせめて上限80km/hにしてもいいと思うのだが、建設から半世紀経って、ボロボロだし、道幅が狭く緊急時に停める路肩も無いので、仕方ないのだろう(そろそろ環状線もタンデムOKにしてほしい)。

イメージ 1
臥龍公園さくら祭り
自宅から10分もかからないので、ほんとうに子供のころから通った公園。
この池は人造池らしく、祖母も若いころ池掘りに参加したと、生前聞いた覚えがある。
むかしは小串鉱山から流れる川の水を引いたので、魚が棲めなかったが、いつのころから水を循環できるようになり、今はたくさんの鯉やカメが棲むようになった。
池の周りには100本くらいの桜が植わっていて、年に一度たくさんの花見客でにぎわっている。

それにしても風が冷たい。
予報では最高気温18度と聞いていたので、妻も私も春物のジャケットだったが、下にいろいろ重ね着しないと震えるほど寒い。

満開は数日前だったようで、水面にはたくさんの散った花びらが。
イメージ 2
桜の名所の千鳥ヶ淵や洗足池なら、ボートに乗るのも1時間待ちは当たり前だろうが、寒いなかボートに乗る人はまばら。

「おなかすいた〜」というので、おでんとおだんごをいただく。

イメージ 4
腹ごしらえして裏山の臥龍山に登る。

イメージ 3
木の枝のカマキリの卵を見つけたり、つくしをとったりまつぼっくりを拾ったり。
都会ではなかなか体験できないことが、すぐそこにある。

小学生のころはここでスキーやそりをやって遊んだ。

イメージ 5
この「めがね橋」の上から「そり」で落ちたが、下にも雪が積もっていて助かったのも、懐かしい思い出。

山の裏に下りていつもの動物園へ

イメージ 6

トナカイにえさやりしたり(上野動物園なら長蛇の列だが、ここはいくらでもあげられる)
イメージ 7

そして気分はアイルトンセナ(フェラーリだからケン・アカバか)
イメージ 8

そしてお決まりの日野レンジャー消防車

イメージ 9

イメージ 10

「まだあそぶ〜」
という娘をなだめすかせて、ランチに向かった先は
築130年の民家を改造したイタリアン「ラノッキオ」
どこか美味しい店はないか、地元のホームページで探して行ってみた。

実家のある須坂市はむかし養蚕業が盛んで、蔵や古民家がまだ残っている。
10年ほど前から若い人が、古い建物を借りてブティックやギャラリーを始めていて、ここも開店したばかりらしいが、昼でも予約しないと待たされる人気店らしい。

イメージ 11

イメージ 12
妻は小布施の豆腐懐石の店に行きたかったようだが、電話すると昼は予約でいっぱいだった。
が、ここのパスタとピザには満足してくれたらしい。
和室で畳に座って食べるイタリアンも、また妙味。

イメージ 13

同級生の遠藤酒造場に立ち寄って、義父母へのお土産を買う。
長野県は米どころ新潟に接しているので、地元では「長野の酒はまずい」という評判が定着していた。
彼が大学3年のとき父親が急逝し、跡を継いで35年。
同級生で体育教師をやっていたK君が杜氏に転身し、
「アタマの固い地元より県外に販路を広めよう」と二人三脚で酒造りをやってきた。

モンドセレクションや数々の賞を受賞し、今では県内外でも有名な酒蔵になった。
K君は去年ガンで亡くなってしまったが、彼の志を継いだ若い衆が蔵を守っているという。
イメージ 14
旧いたたずまいの店もそのまま。
中学生のころマージャンを覚えたのも、ここだった。

イメージ 15

そして母の見舞いに行く。
脳梗塞で寝たきりになり4年め。
自力で起きることもしゃべることもできず、食事はチューブで直接栄養を送り込む「胃ろう」だが、孫の手を握る力は驚くほどしっかりしている。
私も手を握って何度も自分のあたまにつけ、私の目を見て必死になにかを訴える。

父は母が入院した一週間後に心筋梗塞で急死したが、母がショックを受けると思い、伝えられないまま4年が過ぎてしまった。
「おとうさんはどうしてる?」
なんて聞いていたらどうしようと思いながら、母のあたまをさするしかできなかった。

「おばあちゃんにさくらみせたい」と娘が言うので、スタッフさんに車イスに乗せてもらい、施設内を娘が押して食堂へ。
ガラス越しにちょっとだけ桜が見えたが、喜んでもらえただろうか。

回復する見込みのない見舞いほど、つらいものはない。
「またくるね」と言って施設を出た。

イメージ 16
クルマで10分、小布施の浄光寺境内のスラックラインをやらせてもらう。

イメージ 17
いつも誰かが親切に教えてくれて、本当にありがたい。
今日は東京の二子玉川で大会があるらしく、若手選手は遠征中とか。

9月には上信越道小布施オアシスで、スラックラインの国際大会が開催されるらしい。
体幹を鍛えるのにもってこいなので、自宅に買って帰りたいが、悲しいかな東京の住宅事情では、数メートルのラインを張る場所が無い。

都会の公園はハンモックをつるすだけで、管理事務所から苦情が来るし、子供が木に登るだけで怒られる...........

小布施から高山村へのぼり、しだれ桜を見に行く。

イメージ 22
樹齢百数十年のしだれ桜の下はお墓。
地元の老人曰く
「むかしは土葬だったから、桜の{栄養}になったんだよ」って......

「最近は骨しか埋めないから、栄養が足りねえなぁ,,,,,」とも。

「桜の下に死体が埋まっている」話しを{地}で行っている。

イメージ 23

こちらのしだれ桜はまさに今日が満開。
妻も「こんな立派な桜、見たことが無い」って。
臥龍公園は少し散ってしまっていたので、やっと満足してもらえたかナ。


そして娘が心待ちにしていた温泉「湯っくらんど」へ行く。

たまには地元の美味しい店で晩ごはんを食べたいが、娘は風呂上りに大広間で食べるこのラーメンが、「世界で一番の大好物」らしい

イメージ 18
一人前のラーメンをペロッと平らげてしまった。
今日は山にも登って公園で遊び、スラックライン(のまね事)もやったので、よしとしよう。

イメージ 19

翌朝は朝寝坊のママを置いて、自宅から歩いて20分の川へ。

晴天だがやはり風が冷たい。

イメージ 20
さらに10分歩いて昨日も来た臥龍公園へ。

桜も見納めなので電話で妻を呼びだす。

イメージ 21

都会と違って田舎はどこに行っても桜が見られる。
公園だったり河原だったり、お寺や神社や民家にも。
なにより墓地には必ずと言っていいほど、桜が咲いている。
そしてクルマで走っていると、道沿いにもたくさんの桜が。
地元で暮らしている人には、このありがたみは分からなんだろう。
私も春に桜が咲くのは当たり前と、思っていたひとり。

11時に出発して午後1時半には東京の自宅に到着。
いつもながらあわただしい帰省だったが、桜を堪能できてよかった。

また来年、家族で見られたら、こんなうれしいことはない。











この記事に

開く コメント(4)[NEW]

いろいろ悩むこのごろ

毎朝8時になると、同級生の「りこちゃん」がお迎えに来る。
イメージ 1

なので毎朝日課にしていたゴミ拾いができなくなった。

さびしいような、うれしいような複雑な気持ちだが、千葉の女児誘拐事件を考えれば、友達と一緒に通学できるのはありがたい。

自宅から小学校まで子供の足でも5分。
商店街も横切るし通勤通学の人もたくさんいるので、誘拐される心配はないと思いがちだが、通学途中の家やマンションに住んでいる人と、ほとんど面識がない。

なかには昼間からブラブラして、何をやっているのか分からない人もいるので(自分も周りからそう見られているかも?.....)、あやしいゴミ屋敷もある。

そんな家の前で無理やりひっぱり込まれたら、一瞬で行方不明になるだろう。

共働きの我が家は授業が終わったあと、校舎1階にある「スマイルスクール」という学童保育で、夕方まで預かってもらうが、冬は5時を過ぎるともう暗い。

そんななかを子供一人がとぼとぼ歩いている姿を見ると、「ほんとうに大丈夫か?」と不安になり、仕事を中断してでも途中までお迎えに行っている。

私は時間がある程度自由になる、自営業だからいいが、親がサラリーマンで忙しい家の子供は、真っ暗ななか一人で歩いて帰り、親が帰るまで一人でテレビを見て過ごしているという。

治安の悪いアメリカのように、子供の送迎を義務にすればいいと思うが、社会が子育てに理解の無い日本では、どだい無理な話だろう。

事件の容疑者はPTA会長という衝撃の結末だが、私と共通項も多い。
仕事が不動産管理業でサラリーマンでなく、学校の行事にも積極的に参加しているなどなど。
自宅と事務所が一緒なので通勤が無い私は、保育園時代から子供の送り迎えをしていたので、この容疑者をテレビで見た父兄のうち、私のことを思い浮かべる人もいたと思う。

ひょっとして自分も世間からこんな風に見られているんじゃないか?
そう思うと今まで子供たちに気安く声をかけていたのが、ちょっとこわくなった。

昨日の昼間、2階事務所で仕事をしていたら、単気筒のバイクが走ってきて、自宅前で止まる気配がした。
ガチャっとポストを開けて何かを入れたあと、走り去る排気音がして、「はっ!」と気が付いた。
あわてて飛び出したが誰もいない。
とポストを見ると


イメージ 2

またアヘッドが。

ってチャイムくらい鳴らしてくれればいいのに、面倒くさかったんだろうナ
(じ〜じ、いつもありがとうございます)

表紙を見て思わず目を疑った。

イメージ 3

自動車評論家 福野礼一郎氏の記事が載っている。
むかしポルシェに乗っているころから、彼の記事がわりと好き。
なんとなく
「ポルシェは吉田匠、フェラーリは福野礼一郎」
みたいに思っていたが、個人的には吉田氏より福野氏の書く文章が好みだった。

もう自動車雑誌なんて何十年も読んでいないが、
「ついにアヘッドにも載るのか」
とワクワクして読んでみると、「自動車を書く人々」というコラムで、彼を紹介するだけだった(残念)

正直アヘッドはJAFメイトに似ているなあと思う(個人的な意見です)

じ〜じ、私よりアナタのGSを買った群馬の御仁に、サイン入りアヘッドをあげたほうが、100倍よろこばれると思います。

「スガワラサンにフェイスブックの友達申請したけど、いまだに申請中のままなんです」
「オレ、嫌われてるのかなぁ....」

なんて悩んでいたけど、たぶんじ〜じは承認のやり方が分からないだけかと...。

パリダカ事務局のS女史から、
「22日に2018年ダカールラリーの発表会と、スガワラ&カザマ親子のトークショーがあるけど?」とお誘いを受けたが、今週末は長野の実家近くの公園の、「さくら祭り」を娘に見せるため帰省するので、じ〜じにはまたお会いできず(S女史にもひさしぶりにお会いしたかった)

じ〜じ、次回は(と言わずいつでも)近くに来たら、ひと声かけてくださいね〜

それにしても今日の訪問者履歴を見たら、ふだん50人くらいしか見ていないのが、154人もいてびっくり(なにがあったんだ?)。
さらにだれもコメントしないことに、2度びっくり。

群馬の親方もだけど、みんな電話してきて
「あの記事はおもしろかった」とか言わないで、コメントしろって。
ホントもうブログやめようかなと何度も思う、この頃なのだ。






この記事に

開く コメント(12)[NEW]

お台場

土曜午前中は小学校で授業、午後はバレエ教室があり、モータースポーツフェスには行けず。
日曜に行こうと思ったら、バレエ友達のあおいちゃんの家に泊まりに行くという。

今まで祖父母の家に泊まったことはあるが、友達の家は初めての経験。
「夜中にさびしくて泣かないか?」
「ほんとにひとりで大丈夫かな〜??」
などなど心配する私をよそに、「いってくるね〜!」と元気に出て行った娘......


こうなると日曜もあおいちゃんと遊びたいというだろうから、みんなでお台場へ行くことに。
会場から一番近い「旧 船の科学館」駐車場に停めると、会場から派手なエキゾーストノートが響いてくる。
イメージ 1


老朽化による改修工事のため「休館」とのことだが、耐震補強工事などに莫大な費用が掛かるそうで、再会は望めないだろうとネットで書かれていた。

まだ娘が2歳だったので何も覚えていないが、今行けば勉強になることや、楽しめるアトラクションがたくさんあっただろう。

さっきホームページを見たら本館は休館中だが、別館や係留されている南極観測船「宗谷」は、見ることができたらしい。

イメージ 2
まだ11時の時点でかなりの人が来ていた。
いつも通り会場に入ってすぐに、日野自動車のブースはあるが、肝心の日野レンジャーがない。

と子供たちはエキゾーストノートが響いて観客がたくさんいる、サーキットのほうへ走っていく。
イメージ 3
レーシングカーのデモ走行が終わり、次は日野レンジャーのデモ走行が行われる。
巨大なスクリーンには司会者からじ〜じがインタビューを受けていて、テルちゃんのデモランが始まった。

他にタイヤ交換のデモもやったらしいが、クルマに興味のない女子二人は
「海に行きたい〜」って。

結局スガワラ親子には会えず、テントや着替えなどの荷物を抱えて海岸へ。
イメージ 4
磯でカニをつかまえたり

イメージ 5
テントでおやつを食べたり

イメージ 6
今日は夏日でほんとうに暑く、砂浜ではたくさんの子供たちが遊んでいた。
さすがに泳ぐには水が汚すぎるが、都会の真ん中に海があるのはありがたい。
午後3時
「まだあそびたい〜」
と駄々をこねる子供たちだが、昨日のお泊りから興奮してあまり寝ていないらしく、寝不足と暑さでグダグダに。
むりやりクルマに乗せたとたん、2人ともバタンキュー。
初めてのお泊りは二人とも大興奮だったらしく、夜中まで起きていたとか。

子供たちにとって楽しい思い出になってくれたら、それもまぁいいか。

じ〜じ、テルちゃん、またお会いできる日を楽しみにしています。




この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

去年に続きマザー牧場をベースキャンプに開催される、「ドアオブアドベンチャー」に参加しようと思い、主催者のY原さんに
「アドベンチャーで走れますか?」
と聞いたら、
「ヤブがあるのでバイクにキズつきますよ」
といわれ、即断念。

たしかにもう林道と呼べるダートなんて、ほとんど無いに等しい千葉で無理やりルートをつなげば、「ヤブ漕ぎ」があるのも仕方ないが、無用なキズは付けたくない。

本当はセカンドバイクとしてセローを買いたいが、置く場所がなくこちらも断念。
セローがあればDOAも、北海道4デイズなんかも行けるだろうが、自走はさんざんやったので、トランポが欲しくなる。
KTMを手放したとき一緒にV350もレヴォーグに換えてしまったが、バイクでさえ置き場に困る東京では、トランポは無理。
ならばヒッチでトレーラーを引っ張ろうか。
最近は折りたためるタイプもあるらしいしと、トレーラーの代理店もやっているタービュランスIさんに電話したら、
「コンビニやファミレスに入れないので、今までトレーラー買った人はみんな手放しちゃったけど、ほんとに乗るんですか?」
と核心を突くひとこと。

飽きっぽい私のことをよ〜くご存知のIさん。
これは「やめときなさい」と言われていると解釈し、トレーラー計画もあえなく消滅した。

そもそも小回りのきくセローなんて買ったら、毎朝せまい中庭から大柄なアドベンチャーを出すのに苦労している身としては、アドベに乗らなくなるような気がして、「悩む前に即決」が身上の私が、いまだに決めかねている。

秋のDOAが福島開催なら大和の社長さんにお願いして、なんでもいいので一台レンタルバイクを作ってもらえないかナ。



5月になったらいわきに行って、社長さんにお願いしてみよう。

なので今週末はお台場で開催される「モータースポーツジャパンフェス2017」に、去年に続きまた娘と行って、じ〜じやテルちゃん、チームスガワラの面々に会って来ようと思います。
バイク置き場はヤマザキデイリーストアの前しかないけど、興味のある人はぜひ。



この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

オイル交換


松戸に行く用事があったので、ついでに5000kmのオイル交換をしてもらった。
去年11月に納車されて5か月、Sさんケンヂくんと朝霧ツーリングに行った以外は、毎日仕事のアシで都内を走り回って、5000キロも本当によく走った

ツーリングと違い都内は信号待ちや渋滞が多く、頻繁にストップアンドゴーを繰り返すので、オイルが相当劣化しているのでは?と心配だったが、それほど汚れていなかったそうで、ひと安心。

イメージ 1


イメージ 2
2017年モデルの赤アドベが売約済みになっていた。
ハラさんにアドベの入荷状況を聞くと、昨年11月に私が第1号を買ってからしばらく入荷が無く、最近やっと納車できたとか。
「本当に絶妙なタイミングでしたね〜」って(こちらこそありがとうございました)

仕事のアシと言いながら、本当に走るのが楽しくて、仕事を言い訳に毎日乗っているようなもの。

この赤アドベはローダウン仕様だが、国内のアドベのほとんどがローダウンとか。
日本に入ってくるアドベンチャーはローダウンが「標準仕様」らしい。
私のと同じ足長のノーマルサスは「特注」になるそうで、どうしても納車が遅れるらしい。
とはいえ国内のアドベオーナーのうち、岩手のうめさんのようにガシガシ林道を走る人は、本当にごくわずか。
ほとんどがオンロードメインでキャンプ道具を積んだツーリングライダーらしいし、欧米人のような身長190cm、体重100kg超の巨漢は日本ではほとんどいないので、ダートを攻めるのでなければちょっと足の短いローダウン仕様でも、なんの問題も無いだろう。
(強風のなかつま先立ちでの信号待ちの苦労は、体格に恵まれた人には分かるまい)

今のタイヤが減ったら次はブロックタイヤに換えて、林道ツーリングに行きたいが、
ブロックにするとハイトが2センチくらい上がるので、さらに足つきが悪くなる。

ノグチシートあたりに頼んでアンコ抜きしてもらえば、それなりに足つきもよくなるのだろうが、国産車と違い本当に良くできたノーマルシートには、なんの不自由も感じないし、なによりこのアドベはできるだけ「どノーマル」で乗りたいと思っている。

急ブレーキをかけてもロックしないABSになれてしまったぶん、タイヤにはかなりの負担がかかっているはず。
今までのように都内メインで乗っていたら、ブロックはあっという間にすり減ってしまう。
アナーキーワイルドが第一候補だが、ロードばかりではたぶん3000キロも持たないだろう。
それならいっそ木下さんのタイ製タイヤvee ruberなんか、コストパフォーマンスに優れているかもしれない(ビッグオフ用も発売されたらしいし)。
岡本商店が代理店で在庫もあるらしいので、ひさびさに岡本さんに会いがてら、タイヤ交換に行こうか、なんてことも考えている。
とはいえ都内で5000キロ走っても、まだまだ減らないアナーキーⅢ。
これになれてしまうとブロックに換えたとき、制動距離が大幅に延びてかなり危ないかもしれない。

帰宅して注文していたメガネ屋さんへ。
イメージ 3
運転するときだけメガネをかけるのだが、裸眼でもいちおう見えるので、たまにバイクのシートに置いたまま走り出して紛失、
この1年で4個目の注文。
最初のころはべっこうフレームの高級なのを買ったけど、それもヘルメットをかぶったあと、シートに置き忘れたまま走り出し、1か月で失くしてしまった。

以来、眼鏡屋さんのラインナップで一番安い、レンズ込5400円を買い続けている。

妻からは
「安いの買うから失くすんじゃないの?」
なんて言われるが、私の場合、値段は関係ないらしい。
レイバンもロレックスも今までいくつ失くしたか、数えきれない。
以来、時計は父の形見の安いクオーツ、
サングラスもユニクロの1000円しか買っていない(それでもすぐ失くしている)。

今月半ば過ぎには長野の桜も満開になる。
ちょっとロングツーリングに行ってみたい、今日この頃なのだ。





この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事