cafeしなの(の子育て日記)

都民ファースト圧勝、東京は終わりの始まりに.....

スポッと

先月だったか1200GSアドベンチャー乗りの海外版FBに、ショッキングな写真が載っていた。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
折れたのではなくFフォークが「すっぽ抜けて」いる。
このアドベはe-bayで売りに出されていたが、当の本人は無事だったらしい。

このときは何かにぶつかったのかと思っていたが、それからしばらくしてアドベ乗りのSさんから、2013年以降の水冷アドベで、このすっぽ抜け事故が多発していると教えられた。
Fフォークチューブのトップを固定している部分がゆるんで、大きな力がかかると抜ける可能性があるらしい。

イメージ 1

フォーク上部を覆っているラバーをめくると、現象が起きているものは「数ミリのすき間」ができているという(私のはまだ大丈夫だった)

欧米では大きなニュースになっていて、ヨーロッパは各ディーラーがラバーからスチール製のカバーに交換している
イメージ 2

アメリカは最近1200GSが発売停止になったらしいが、日本のディーラーからはまだ通知が無い。

これはリコールなのか、キャンペーンで対応するのか、まだ「様子見」中なのかもしれないが、先日のGSキャンプミーティングでも、重たいアドベやGSでブイブイ走る猛者たちがたくさんいたので、大きな事故になる前に対応をしてほしい。

むかしKTM640アドベンチャーのリアハブが走行中に「割れて」、何人か事故に巻き込まれたことがあった。
まだジャパンが無かったころか忘れたが、重大事故まではならなかったので、なんとなくパーツ交換で済ませていたような。

1200GSは経営危機にあったBMWの、起死回生の世界的ヒット商品。
ボクサーエンジン以外の新作をいくら出しても、やはりボクサーしか売れなかった。

このトラブルは2013年以降に製造されたGSだけらしいが、それ以前のものはパーツのグレードがよかったのかもしれない(Ⅱ型、Ⅲ型と売れるたび、クオリティは下がるもの)。

先日、娘を乗せてプールに行ったときも、「フォークが抜けないよう」ブレーキをそーっとかけた。

子供を乗せてなにかあったら、タダじゃすまないよ、BMWさん。






この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

ボキっと

娘がプールに行きたいというので、アドベンチャーで出撃
トップケースを載せてキーを回したら
「ボキッ」と折れた。
イメージ 1
鋳物のように簡単に「バキッ」と折れた(ってほんとに鋳物?)

トップケースのカギ穴に残ったキーを、プライヤーで回してロック。
時間も無いのでとりあえず出発

イメージ 2

イメージ 3
サイドのパニアケースもこの方法で取り付け。

自宅から10kmの「大田区立萩中公園プール」
公園の駐車場は長蛇の列だが、バイクは自転車置き場の横にすぐ停められた。
イメージ 8

朝入ったら終わりまで、ず〜っといられる田舎のプールと違い、東京のプールはほとんどが午前と午後の入れ替え制で、午後は1時半から4時半までの3時間だけ。
到着したのは午後2時だったが、この時点で1700人以上が入場待ち中。

東京プリンスホテルや六本木プリンスのプールなら、入場料5000円もするのでガラガラだろうが、うるさい子供が一緒ではちょっと気がひける。
その点、大人360円、子供100円の区民プールでは、並ぶのは仕方ないか。

イメージ 4
ここからプール入口まで300mくらい。
体感温度35度以上の炎天下のなか、都会の人は子供も含めて、本当にがまん強いと感心する。
子供がいなかったら絶対並ばないが、今日は娘の友達も来ているので、ここでくじけてはいられない。

娘の友達はもう中に入ったらしいが、すでに1000人以上が入場しているのだから、3000人を超えると入場制限がかかるかもしれない。

友だち二人と母親が一人。彼女たちは電車とバスを乗り継いできているので、跡からクルマで来る妻が、帰りはみんなを乗せて帰る予定。
3人+我が家3人だとクルマに乗れないので、帰りは私が一人でバイクで帰ることに。
イメージ 5
流れるプールはあまりの人の多さに流れていない。
気を抜くと一瞬で娘たちを見失うので、本当に疲れる。

イメージ 6
親の気持ちも知らず子供たちは大はしゃぎ
まぁこの笑顔を見ているのが、一番癒されるんだけどネ。


帰宅してキーの対処法を考える。
ディーラーのハラさんは北海道4デイズに遠征中だった
(来年はじ〜じのお供で参加したいなぁ,,,,,)。

イメージ 7
イモビライザーは失くすと4万円と言っていたので、納車時についてきたこの樹脂製キーで、スペアを作るのがとりあえずベストなのかもしれない。





この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

秋のDOA

秋のDOAが今年も福島の鮫川村で開催されると、告知されていた。

イメージ 1


「誰かと競うことが冒険なのか?」
私もそう思う。

手前CPの開設時間に間に合わない参加者は、この林道に入ると日没までにキャンプへ帰れなくなる恐れがあるので、直接キャンプを目指すよう指示が出た。

この林道は狭いうえにガケ側に草が生い茂っているので、気をつけないとガケ落ちする。
ガケも険しく切り立っているので、落ちたらライダーも無傷では済まないだろう。

最後尾にヤレネコSさんがスィーパーとして走っているが、「チャーリー佐藤」こと大和モーター商会の社長さんと私が、「最後尾」としてガケ落ちした人がいないかチェックしながら走っていた。

と、道が広くなったところでこのKTMが、パンクで止まっていた。
ジープはスタッフの「ルールモト!」アヒト君(なぜ!マークなの?)
他にも仲間らしい人が数人いて、みんなでワイワイ慣れた手つきで、パンク修理をしていた。

8月のチャリンコ版DOA延期はさびしいが、このDOAは娘が楽しみにしているので、また家族で参加したい。
問題はバイクだが(アドベンチャーで行くウデはないので)、いよいよセローかなぁ......


この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

げるまん魂

妻が洗濯機の注水口に歯ブラシを落としてしまい、修理を依頼した。

イメージ 1
13年前、中古で自宅を購入、スケルトンからフルリフォームしたとき、パステルカラーしかない日本製がいやで、質実剛健がウリのミーレを購入した。

日本製の洗濯機はドラムの回転に合わせて、洗濯機自体が「動いて」振動を軽減する構造。
そのかわりに10年で壊れるところが、ドイツ製は重さ100kgの「箱」が振動を吸収するので、30年以上もつという。

当時は100GSに乗っていたので、これほどジャーマン好きの心をくすぐる言葉は無かった。
日本製に比べ価格も高かったが、デザインもシンプルなのが気に入った。

イメージ 2
本当にシンプルなデザインで、10年たっても見飽きない。
なんで日本の家電メーカーは、ピンクやブルーなどヘンなパステル調しか作れないのか、不思議で仕方がない。

イメージ 3
歯ブラシは無事取れたが、ドラムの回転を吸収するダンパーが、13年でスカスカにヘタっていたので、交換してもらった。
たしかに最近は脱水のときがうるさくて、脱水が始まるとその音で洗濯がそろそろ終わるのが分かったほど。
交換後は本当に静かで、いつのまに選択が終わっていた....

13年たってもパーツが当たり前のように出てくるのを見て、100GSの修理をフラットに頼んだとき、寿命かと思ったらフツーにパーツが出てきたのを思い出した。

「次こわれるのはなんでしょう?」
とサービスの人に尋ねると
「モーターですかね」って
モーター交換は5万円とか。
今回のダンパーと出張代で24000円
7万も出せば新しい国産洗濯機が買える.....

エアコンや冷蔵庫も10年前に比べて、電気代が何分の一になるというが、洗濯機も例外ではあるまい。
この調子でパーツを交換し続ければ、このミーレも30年モノになるのだろう。

そのころは電気代が最新型に比べて、どれだけ割高なのか.。
パーツが出るからと延々と修理し続けて、いくら注ぎ込んだかわからない(わかりたくない)GS

いっそ「ボンッ!」と火を吹いてご臨終してくれれば、あきらめもつくのだが。
デザインを取るか電気代を取るか、悩ましい問題は続く..........


イメージ 4
区の45歳以上無料検診で、「たん」の検査を薦められた。

実は人生で一度も「たん」を吐いたことが無いことに気付く。

「カー、ッペ!」って映画でヤクザがタンを吐く真似をしたら、「ウゲッ」って吐きそうになった。
いろいろ試したが結局たんは吐けず。
別途検査料600円が無駄になった。


イメージ 5
バレエ教室の帰り、武蔵小山の「鳥勇」でお約束の焼き鳥を食べる娘。
タレは好みでつけるのだが、大阪の串揚げと同じで「二度づけ禁止」
でも娘はタレなしが好み
水曜と土曜の週二回。ちょっとした常連なのでお店の人ともマボダチ

ちゃんと
「いただきます」
「ごちそうさまでした」
といえる娘を、お店の人も好意をもって迎えてくれる。

子供を巻き込んだ事件が多いので、
「知らない人とは話しちゃいけない」
と親から言われているのか、あいさつのできない子供がなんと多いことか。

毎朝、娘を送る途中、保育園から同級生の友達に会うが、7年来の顔見知りである私にさえ、あいさつをしない子が本当に多いのが悲しい.........。




イメージ 6
会社にはこんなファックスが。
モンゴルやラオス、ミャンマーなど、社会主義国への不動産投資バナシが、本当に多い。
投資でミャンマーのマンションを買った知人曰く
「クーデターが起きたら、どうなるかわからない」
って。
モンゴルはいちおう政権が安定しているのらしいが、地下資源に左右されるお国柄では、あっという間に数千万円が紙くずに変わるだろう......

先日、懇意の弁護士から都内の一等地の査定を依頼された。
去年までならミニバブルの影響で、1坪1000万はくだらなかった住宅地だが、今年に入って銀行が融資を自粛するようになって、あっという間に500万まで下がった(半値!)。
周りにはいまだに坪1000万や800万の売地がゴロゴロ。
坪700万で買って1000万で売り抜けようとした、知り合いの不動産屋が、

「坪700万で買った土地を坪500万で売ったら、100坪あるので2億も損する」
とアタマを抱えていたが、今のうちに売り抜けないと、そのうち坪300万に下がったら、4億円損することになると思うよん。

そもそも一坪1000万の土地を30坪3億円で買って、自宅を建てるお金持ちが、果たして何人いるのか?

銀座の土地が30年前のバブルを越えたと騒いでいるが、たしかに銀座は別格なので、一坪3億円でも買う人(法人)はいるだろう(たぶん日本企業ではないだろうが)

自由が丘や二子玉川など都内の高級住宅街も、家を買いたい「フツーのサラリーマンが地価の高騰に付いてこれず、かなりの不動産が売れずにダブついてきた。

投資用のワンルームも先週くらいから、一番高いピークで売り抜けようという、中国人投資家の売りが始まり、一気に暴落する予感が.......

それでも不動産投資セミナーは大盛況。
「まだまだバブルは続くので、今買っておかないと!」
とセミナーにきたサラリーマンやOLをあおっている(鬼畜ダネ)


25年前のバブル崩壊直前、
私がいた不動産会社の社長が、ハワイに十数億円を投資した。
現地の不動産ブローカーから
「ハワイにディズニーランドができる」
と吹き込まれ、候補地になるというエリアの土地を買い漁った。
私も数億円の現金をトランクに詰めて、ハワイ東京間を何度も往復したが、よく空港で捕まらなかったものだ。

結局ディズニーランドはできず、数十億のカネはどこかにいってしまい、会社も200億の負債をかかえて倒産した。


それから十数年、地下に潜伏していた社長は、ふたたびのバブルで表舞台へ返り咲き、現金で十億円を稼いだ。

「今度は絶対にだまされない!」
と固い決意だったところへ、オーストラリアの金鉱が資金難で、身売りする話しが舞い込んだ。
掘れば数百億円の金が埋蔵されているのに、資金難で工事がストップしているとか。
飛びついた社長は持ちガネの10億円をすべて突っ込み、人生2度目の勝負に出た。

が、金鉱はいくら掘ってもなにも出ず、またしても10億円が闇に消え、世の中はリーマンショックに突入。
不動産市場も大暴落した。

この社長、その後の消息は不明だが、
「ガンで死んだ」
という人もいれば
「フィリピンに渡ってブイブイやっている」
というハナシもある。

源義経が実は生きていて、モンゴルでチンギスハーンになったとか、
社長もどこかで元気にやっていてくれれば、いつか会ってみたいものだ。


この記事に

開く コメント(4)

延期

朝、娘を小学校に送った帰り、いつものゴミ拾いをしながら歩いていたら、戸越銀座駅前に人だかりが。
なにかと思ったら都議会選挙の応援演説にきた、レンホー代表だった。

どこかで会ったら
「おまえはナニ人だ?!」
と聞いてやろうと思っていたが、

「ゴミ拾いごくろうさまです!」

なんて1mの距離から笑顔で言われたら、なにもいえなかった。

そこらの議員と違ってやっぱりオーラがあるけど、かなりお疲れな感じ。
(毎日毎日大変そうだもんナ)

心臓に毛が生えているような人でないと、政治家はつとまらないんだろう。

8月のチャリンコ版DOAまであと1か月、
オンオフ含めて160kmを走り切る体力をつけるため、今週はバイクに乗らず毎日自転車だった。

とはいえ都内をいくらガシガシ漕いでも、クルマと信号待ちが多くて、せいぜい20kmがいいところ。
最近は自転車専用レーンも増えたが、あいかわらず路上駐車のクルマが多いので、追い抜くときは毎回ヒヤヒヤする。
特に足立ナンバーや千葉、埼玉ナンバーの車が、自転車スレスレに抜いて行くのも恐ろしい。

国産でもガイシャでも10年落ちのボログルマが多いが、おまいらのポンコツよりこっちのほうが、はるかに高いんだぞといつも思いながら、車道の端っこを黙々と漕ぐのがむなしい....。

昼間ガシガシ乗ったぶん、ごはんもしっかり食べてしまうので、一向に体重が落ちない。
バイクと違って自転車は人力なので、筋力アップと減量が最重要課題。

こんなことで大丈夫か?と不安になっていた昨日、

7月5日のエントリー締め切りまでに、最低人数の50人が集まらないと、主催者のY原さんが判断したようだが、前にも書いた通りオンオフ両方走るこのイベントは、パリダカやルマン24時間、ツール・ド・フランスなど、エンデュランス(耐久)好きなフランス人でも考え付かないほど、本当に今までにない画期的なもの。

今まで参加したラリーにしても、「これで絶対大丈夫」なんて状態まで走り込んでの参加は、一度も無かった(自慢する事じゃないが....)。

それでも極限状態に自分が追い込まれていくのが、なにより快感で(ドM)、今回のイベントもひさびさに忘れていた感覚がよみがえって、真っ暗な山の中、限界の疲労とルートのタフさに立ち尽くす自分を想像するたび、ゾクゾクしていた......(ホント、ヘンタイダネ)

とまれその快感が5カ月先に延びただけ。
12月の房総は東京より暖かいとはいえ、寒風吹きすさぶなか、背中と言わず体中から湯気を出して、ペダルを漕ぐ自分を想像するだけで、またゾクゾクしてしまう......

2,3日前から左ひざに違和感がある。
ベッドから立ち上がるとき、ひざに鈍痛が。
ペダルを漕ぐときもひざを伸ばすとき、小さく「カクッ」と音がしてヒザが痛む。
テニスひじもまだ痛いのに、今度はヒザなのか.....

SPDペダルとシューズを手に入れて、引き足が使えるようになったが、それでもガシガシ踏み込んでいたのが、悪かったのか。

まぁ私はヒザの半月板も損傷していないし、靭帯も伸ばしたり切ったり、抜けたりしていないので、安静にしていれば治るのだろうが、学生時代の部活で、
「1日休んだら3日ぶんカラダがなまる」
と言われたのを思い出し(たぶん科学的根拠は無いんだろうナ)、今日も自転車に乗ってしまった。

ペダルを踏み込むと痛いので、引き足に意識を集中するが、ひざを回すたび「カックン」となるので、少しずつひざの関節がすり減っているような、感覚になる。

55歳になってカラダの衰えを感じるようになった。
筋肉痛がその日から出て
「な〜んだ、オレってまだ若いじゃん❤」
と喜んだのもつかの間、一週間たっても痛みが引かないことも、しょっちゅう。

76歳のスガワラじ〜じから見たら、私はまだまだ「若造」なんだろうが、こればかりは仕方ない。
今日は無理せず久しぶりにアドベに乗ってみた。

イメージ 1
やっぱりバイクの加速感は、自転車では得られないが、信号で止まるたび反射的に左足を着くので、ヒザが痛い......

第三京浜を保土ヶ谷まで走り、そのままUターンして都筑PAで休憩。
と、きょうはどちらにもバイクが一台もいなかった。

「今日は風が強いな」
なんて思ったら、スクリーンをショートに換えたことを忘れていた(どおりで視界が抜けている)。

先日換えたハンドル角、
10度だとハンドルが立って、シッティング時がきついので、とりあえず5度に変えてみようかナ。






この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事