今年もキャンプだけ

土日開催の「ドアオブアドベンチャー in マザー牧場」に、今年もキャンプだけ参加させていただきました。

8時半に戸越銀座を出発。
アクアラインがちょっと渋滞するも、10時半ごろキャンプ場に無事到着。
館山道を走りながら、2月のつらかったラリークランキングを思い出し、ちょっとブルーに....

エントラントは午後1時から入場なので、いるのはスタッフさんだけ。
みんな2月のラリークランキングでも会ったばかり(毎回ごくろうさまです)

快晴
「(娘と)ふたりで行ってくれば」
って、冷たく突き放された。

娘は去年遊んでもらったスタッフハシモトサンのお嬢さんと、また遊べるのを楽しみにしていた。

とりあえずバナーと横断幕の設営をお手伝い。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

あたらしいスタートゴールのバナー
とにかく天気でよかった。

そして人生初ラジコン

イメージ 5




そのあいだに私はテント設営。

去年ひとりで悪戦苦闘していたら、見かねたスタッフのムラカミサン、ササキサン、主催者のヤマハラサンらが手伝ってくれたが、娘とキャンプに行ったときは、ひとりで立てているのよ(ほんとだってば)。

今回こそひとりで立てようとテントを広げたが、1年ぶりなのですっかり忘れている。
(2ルーム型はポールがやたらたくさんある)
と、これまたハシモトサンの息子のリョウクンが、
「あっ手伝いますよ!」
って爽やかに登場

娘から
「早くマザー牧場いこうよ〜」
と催促されていたので、ありがたく手伝ってもらった(ほんとにひとりで立てられるんだよ〜)

イメージ 6
ほんとに大きい。
去年は3人で寝たが、ことしは娘と二人だけ。

クルマに積んでも場所を取るし、どうせ妻はもうキャンプには来ないだろうし、もう少し小さいテントに買い替えようか?(スノーピークとかいいなぁ)

なんて一瞬思ったが、このイベントに来ているオジサンたちは、子育てが一段落した人が多い。
家にいても誰も相手にしてくれないので、同じ悩みを持った仲間と、バイクを口実に酒を飲んで憂さを晴らしている(個人的な見解です)

そんなオジサン曰く
「うちも家族でキャンプしたくて大きいテント買ったけど、今じゃ誰も一緒に行ってくれないから、物置でほこりかぶってる。
しなのさんの娘さんも、あと何回行ってくれるかな?」

なんて言われると確かにその通り

たぶん来年は塾や習い事で忙しいだろうし、パパより友達と遊ぶほうが楽しくて、もう一緒に行ってくれないかも....

そう思うとテントの買い替えなんて、してもしかたないか。

今は少しでも一緒に「遊んでもらって」、思い出作りをしなくっちゃ。

そしてマザー牧場へ

イメージ 7

一人っ子の娘はお姉ちゃんができて、うれしくてたまらない模様。


イメージ 12

世界中の羊を紹介するショー
娘が小さいころ一度来たが、そのときは見ていなかった。

イメージ 9

ちょっとピエール瀧似のガイドさんが、音楽に合わせて羊の毛を刈るパフォーマンスも
イメージ 41

2月に生まれたばかりの子羊もさわり放題
もふもふ

イメージ 8

しぼりたての牛乳で作ったアイスクリームも食べ
イメージ 10

アヒルの大行進も見て

イメージ 11

ウォーターバルーン
これが一番楽しかったようで、
「もう1回のりたい〜〜」
って。
5分1200円を2回やって、酸欠状態。

「もう1回やりたい」
っていうから、「奉公に出すぞ〜!」と怒鳴ったら、
「じゃあいい」って。


イメージ 13

バンジージャンプもやりたいって言うけど、おととしの神津島では5mの飛び込みでさえ、ビビって飛べなかったんだから、飛べるわけがない。

てか、カネを払って怖い思いをしたい人の、気が知れない。

イメージ 42

人なつっこい牛にベロベロ舐められて、大興奮

イメージ 14

そしてキャンプ場に戻ると、オオカミ、もといタービュランスのハスキー犬
(あれ?1匹増えてる??)

イメージ 20

人生初Eバイクも
このあと左側のお姉ちゃんに突っ込んで、あやうく大事故に,,,,
いきなりスイッチオンになる電動はこわい

イメージ 44

私に似て無鉄砲な娘だが、めずらしくビビり気味

イメージ 45

こちらはB-COMでおなじみ、サインハウスさんが輸入を始めたファンティックのスクランブラー、
試乗できたらしいがヘルメット持ってきていないので、見るだけ。

イメージ 15

こちらはボンサイモトさんのアドベンチャー仕様カブ

イメージ 16

マップホルダーもナビも良くできている

イメージ 17

そしてゲテモ...
もとい、アドべのシートでお世話になった、K&Hシャチョーのハーレー883

「湯水のようにカネをつぎ込み」
と言う言葉がピッタリな、高級オフロードマシンに仕上がっていた。

イメージ 18

夜はマザー牧場のレストラン貸し切りで、ジンギスカン
エントラント150人+スタッフと私たちで、超満員

イメージ 19

お姉ちゃんのごはんは超大盛
「だって家のごはんより、ここのほうがおいしいから」
って、お母さんが聞いたらなんていうか......。


イメージ 21

地元富津出身の女性サックスプレイヤーの生演奏もあり。

いつもなら食事のあとキャンプ場に戻ってからのライブ演奏だが、移動の時間がもったいないので、食事をしながらのライブ。

たしかにキャンディダルファー並みのミニのボディコンでは、野外は寒いだろうが、ジンギスカンの油モウモウのなかで、機材は大丈夫なのか?
ちょっと心配になる。

イメージ 22
そしてハシモトサン親子と焚火タイム(お前はなぜサングラス?)

お客さんの家を売ったとき、
「母の形見の桐のタンスが捨てられない」
というので、引き取って本棚で使っていたが、やはり使い勝手が悪いので、キャンプのときの焚き木にしようと、バラバラにして取っておいた。

木を見たササキサンやムラカミサンが、
「これ桐じゃないんじゃね?」
と言われてよく見ると、たしかに桐っぽくない。
「桐は燃えにくい」とも言われたが、これが本当によく燃えて、熱いのなんの。



4月とは言え高原の夜は冷える。
まだこの何倍も薪木があってジャマで仕方ないので、もっと持ってくればよかった。

そして11時すぎ、あっというまに爆睡。
娘はダウンシュラフだが、私は「4月なら寒くないだろう」と、なめてスリーシーズン用。

やっぱり冷え込んで、シュラフカバーをかけても寒い。
夜中に何度も目が覚めて、厚い靴下をはいたりフリースを着込んだり....

イメージ 23

夜中に到着する人もいるようで、バイクの音が断続的に聞こえる。
朝5時に車検が始まり、爆音でもう眠れないので、しかたなく起きた。

午後から雨の予報だが、朝はまだ晴れている

イメージ 24

ブリーフィングが始まった
イメージ 25
背の高い人が歩いてきたのでよく見たら、霧島ローリー氏だった。
ファラオつながりの彼と最後にあったのは10年くらい前、SSERのモンゴル説明会のあとの、飲み会だったような。

チョイワル雑誌「LEON」の企画なのか、このNボックスに今回はベータの2stレーサーを積んできていた。

手元で操作しているのは

イメージ 26

ドローン
これも仕事なのか、スタート前の風景を空撮していた。

イメージ 43

こちらはK&Hシャチョーのデリバリーバン
イメージ 27

1号車はぶつけられて廃車になったとか。
この2号車はアメリカから、はるばるスエズ運河を渡ってきたらしい。

むかし車検の代行屋でバイトしていたとき、有名なワーゲンショップが顧客だった。

毎日のようにビートルやタイプⅢ、カルマンギアやデリバンを、品川の陸運局に乗って行って車検を通していた。

車検レーンに入る前にクルマの下に潜りこみ、オイル漏れを拭くのが儀式。

しっかり拭いたはずなのに、レーン下にいる検査官から
「オイル漏れてますね〜、はい失格」
と言われることもしょっちゅう。

オイル漏れしているシールやプッシュロッドにアロンアルファを塗って、無理やり車検を通す荒技も。

なんてことをこのデリバンを見るたびに思い出すが、きれいに再塗装され、こちらも「金に糸目をつけず」レストアされた車体は、きっとオイル漏れなんて無縁なんだろうナ(?)。
作りの?小物入れがオーナーの愛着度を物語っている。


ローリー氏らの「セレブテント」(とみんな呼んでいた)
なんか近寄りがたい雰囲気

イメージ 28

そしてスタート

イメージ 29

第1回ラリークランキング唯一の完走者で、先日の第二回でもお会いしたウエタサン。
古い、もといビンテージなMSRジャケットだったので、だれかわからなかった。

2月はラリークランキングに出て、3月はSSERの湯布院ラリー、そして4月はDOAと忙しい。
5月はTBI? 7月は北海道4デイズ? 8月はモンゴルって、仕事は??

イメージ 30

こちらは2年まえのGSキャンプミーティングでお会いした、アサミサン

イメージ 31
仕事を辞めて東京の家を引き払い、奥さんが住む戸隠に移住したと思っていたら、
「やっぱり仕事が忙しくて、長野と東京を行ったり来たりです」
って。
東京都スキー連盟の競技スキーヤーなので、来シーズンはぜひ娘に、スキーを教えていただきたい。

そして全員のスタートを見送ったあと、スタッフさんとのまったりコーヒータイム。

イメージ 32

「あーでもない」「こーでもない」と、バイクに限らずいろんな話をするのがタノシミで、このイベントに来ていると言っても、過言ではない。


前回の参加賞のあまりのバッグを、2000円で販売していた。

イメージ 33
お買物や旅行と、これが本当に使い勝手がいいので、まとめて購入。

毎年これを参加賞にすれば、集める楽しみが増えると思う(もっと買えばよかった)

おそろいのバンドもそろそろおしまい。
これがあればマザー牧場もフリーで入れるし、ジンギスカンも食べ放題
娘曰く
「これがあればいつでもマザー牧場に入れるね〜」
って違うから!

イメージ 34

銀河と太郎、次郎ともしばらくお別れ

イメージ 35

イベントは始まったばかりだが、われわれはテントをたたんで撤収準備。

みなさんにお礼を言ってマザー牧場をあとにした。

そのまま君津におりて「ラーメンワンちゃん」
大好物のラーメンと半チャーハンを、ペロッと平らげた

イメージ 36

そして帰りも爆睡

イメージ 37
11時半に君津を出発
帰りはガラガラで12時半には帰宅

イメージ 38

雨はなんとかもちそうなので、テントやシュラフを干す。

イメージ 39

テントのポールにヒビが入っていた。
高級なテントはジュラルミン製とか(やっぱりいいなぁ)

とりあえずこちらもアロンアルファで、応急処置してごまかすことに。

イメージ 40

毎回大盛況のDOA
どんどん新しいエントラントが増えて、知っている顔はスタッフと旧知のおじさんたちだけ。

参加申し込みも「一瞬で」埋まってしまう人気イベントらしいので、ひとりでも多くの人が参加できるよう、私は隅っこでキャンプだけ、参加させてもらえればありがたい。

マザー牧場は都心から近いし、春は子羊が生まれたり、菜の花も満開、
アトラクションもたくさんあるので、パパがバイクで遊んでいる日曜に、ママと子供たちも一日遊べるのがいい。

バイクは乗らないのでファミキャンだけしたい
なんて選択肢もいいかもしれない。
DOAはラリーではなく、あくまで「コマ図を使ったツーリングイベント」だが、スタッフが少ないので今以上のエントラントは、受け入れられない。

今回もスタートを見送ったあと、スタッフさんらと「カフェしなの」でまったりしていたら、
「たくさんのバイクが私有地に入って来て困る」
と、主催者であるヤマハラサンの携帯に、土地所有者から苦情が入っていた。
そんなに迷うところではないらしいが、コマ図が初めての人も多いし、誰かが行くとみんなが付いて行ってしまう「集団心理」も働くので、スタッフは大変。

秋のDOAでも
「暴走族があぜ道を走っている」
と警察に通報されてパトカーが急行!
なんて場面に遭遇したが、ヘルメットをとればみんな「おじさんばかり」。
バイクもビーエムやKTMと高級車が勢ぞろいで、さすがにおまわりさんも
「気を付けて行ってくださいね」
と帰っていった....

スタッフが多ければ迷いそうな私有地や、毎年通報される場所は誘導もできるが、そもそもこのイベントはコマ図で走って、迷うことも楽しみの一つなので、お助けできない。

なのでバイクで目を三角にして走るのではなく、
「パパも一緒にファミキャン&マザー牧場」
だけでもいいと思うんだけどなぁ

とは思う私も、娘がキャンプに行ってくれなくなったら、一人キャンプも寂しい。

みんな家族で来ればいいのにと毎回思うが、
「奥さんがインドア派なんで」
とか
「子供が一緒に来てくれない」
なんて話を聞くたびに、他人ごとではないことを痛感する。

娘が来てくれなくなったらまたセローでも買って、スタッフでも「通りがかりのおじさん」でもいいので、さびしいおじさんたちに遊んでもらおうか。

ヤマハラサン、スタッフの皆さん、今回もお世話になりました。


開く コメント(4)[NEW]

奉公に出すぞ

今シーズンのスキーはおしまい。
最後は2週間前の平日、前回と同じ道の駅で車中泊して、川場スキー場へ。

夜中に雨が降ったけど、寒かった前回と違い、朝の陽ざしがあたたかい
車中泊にはもうクルマが狭い(またVクラスがほしいな〜)

イメージ 3

イメージ 4

スキー場へ向かう道にも雪は無く

イメージ 5

山の上のほうは雪が降ったようで、ところどころパウダー

イメージ 6

お昼はラーメン食って「がっつり」くつろぐの図

きっと来シーズンはピアノにバレエ、塾も忙しくて、もう一緒に行けないかも。

昨日おとといは季節外れの雪が降ったようなので、「今年最後のスキー」と思ったけど、今週末はマザー牧場方面で主催のイベントに、キャンプだけ参加させてもらうことに(Y原さんありがとうございます〜)。

なのでスタッドレスをノーマルに交換して、ピカピカに洗車。
ひさびさのキャンプ道具を積み込む。


イメージ 2

ついでにアドべも洗車。


イメージ 1
年末にお山で前転したとき、左肩を岩にぶつけてから、ず〜っと痛かった。
4カ月たっても痛いので妻に言ったら
「五十肩じゃないの?」
って....
四十肩にはならなかったけど、言われてみれば57歳。
ガタがきててもおかしくないお年頃だった

タイヤワックス塗ったらツルツル滑り、バイクは重いわ肩も痛いわで、車庫入れできない。
KTMに790が出るらしいし、軽そうだなぁ....

そして新学期が始まり、1年ぶりの旗ふりおじさん

イメージ 7

こちらがあいさつしても、あいさつできない子供が多い。

いろいろ事件も多いので、「知らない人と話しちゃいけない」と教えられているんだろうナ

イメージ 8

娘がお気に入りの朝ドラ「なつぞら」を、一緒に見ている

イメージ 9

イメージ 10

と言っても朝8時は登校時間。
番組表を見たらBSで7時半から放送していた。

その前の7時15分からは、国民の二人に一人が見たという「おしん」が、再放送中。
(私は二人に一人の「見なかったほう」)

イメージ 11
先生役の三上寛(みかみかん)が、いい味出している。

おしんを厳しくしつける奉公先の女性は、どこかで聞いた声だナと思ったら、「はじめ人間ギャートルズ」のゴンの声優さんだった。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

私が最後に見た朝ドラは、浅茅洋子主演の「雲のじゅうたん」だったような。

「なつぞら」は震災孤児になったなつが、たくましく生きるお話しらしいが、
「おしん」を見たあとでは、なつが全然つらそうにみえず、むしろ楽しそう。

奉公に出されたおしんが、こき使われたりいじめられるさまは、
「いまこんなドラマを作ったら、視聴者から非難が殺到して、即中止だろうなぁ」
と毎回思う。

娘にも見せているが、あまりにつらいシーンばかりなので、正直見たくないらしい。
「ほうこうってなに?」
「なんでがっこうにいけないの?
「なんで川でせんたくしてるの?」

平成生まれの娘には、おしんのすべてが理解不能な世界。

それでも勉強をなまけたり、わがままをいうたび
「奉公に出すぞ」
というと、
「勉強します!」
と言ってやるようになった。

小学校の道徳の時間に、おしんを見せたらいい。

子供が言うことを聞かないご家庭は、ぜひ「おしん」を見せて、
「奉公に出すぞ!」
と言ってやれば、家庭円満まちがいなしと思います。





開く コメント(5)

御苑のおもひで

先週の日曜はお山に行かず、新宿御苑へ花見に行った

追分だんごで並んでだんごを買い

イメージ 1

入園料500円
入り口で荷物チェックをしているらしく、数百メートルの大渋滞中
「オリンピックも近いし、テロ対策じゃ仕方ないないなぁ」
と思ったが、自分の番になってリュックを開けようとしたら、警備の人から
「アルコールは持ってませんね」
って。

手荷物検査じゃなくてアルコール持ち込み禁止の検査だった。

イメージ 2

今日が満開のドンピシャのタイミング
ビールを飲んでいる人もチラホラいたが、ほとんどの人が「健全に」花見をしていた。

イメージ 3

新宿タイガーマスク、30何年ぶりに見た

イメージ 4
そういえば先日ラジオで、彼を主役にしたドキュメンタリー映画「新宿タイガー」の監督が出ていた。
69歳の彼は40年前からこの格好で、新宿で新聞配達をしているらしい。

某自動車メーカーを辞めたあと数カ月間、新宿十二社(じゅうにそう)通りにあった、いかがわしい消火器の訪問販売をやっていたが、そのとき「颯爽と」自転車をこぐタイガーをよく見かけた。

彼はふだんもずっとこの格好で、酒も飲みに行くし映画も観に行くらしい。

むすめが「タイガー!!」と声をかけたが、たぶん子供がキライなんだろう、無視されてしまった。

がっかりしてだんごを食うの図
イメージ 5

小川でなにかを発見

イメージ 6

大量のおたまじゃくしが

以前「鉄腕ダッシュ」で新宿にいる、虫かなにかを探していたが、ここならなんでもいるだろう。

イメージ 7

帰りの山手線は女性運転手だった

イメージ 8
娘は電車に乗るとかならず一番前に乗りたがるが、事故したり脱線するときは、一番被害にあうので、私は絶対乗らない。

むかし井の頭線に乗ったとき、たまたま一番前に乗ったので、なんとなく進行方向を見ていたら、線路に人が立っていた。

「え?!」

その白いワイシャツ姿のおじさんと一瞬目が合った。
と次の瞬間、彼はおもむろに線路に正座した。

「え〜っ??!!!!」

と思う間もなく彼は電車の下に吸い込まれていった(ここでも目が合った....)

ガガガガ!!となにかにぶつかった音がして、電車は急停車。

第一発見者ということで運転手と、なぜか私が警察の事情聴取を受けた.....



30年ほど前、二丁目のオカマのおねえさん(おにいさん?)たちと、夜中に酔っぱらって新宿御苑のヘイを乗り越えて花見していたら、警備員に見つかってしまった。

そこは百戦錬磨の彼ら(彼女ら?)
警備員のおじさんに
「あら〜いいオトコね〜、一緒に呑みましょうよ〜」
とか
「私のタイプだからこんどお店に来たら,タダでいいわよ〜」

などなど、ここにはとても書けない言葉のお色気攻勢で、相手はタジタジ。
なんのお咎めもなく正門から堂々と出てきた。

マツコ・デラックスはテレビなど「ノーマルな世界」だから、あれだけもてはやされるけど、2丁目に行ったら同じようなキャラは(もっとすごいのも)、いくらでもいる。


今なら110番通報されてタイホされるだろうけど、良くも悪くも昭和はいい時代だったなぁ

開く コメント(2)

ちくちく

先週のこと
子供たちは春休みだけど、ほとんどの親は平日なので仕事。

なのでいつもなら小学校の「スマイルスクール」へ、お弁当をもっていってもらうのが、4月分の申し込みを忘れて行けない。

スマイルは好きなアニメも見られないし、テレビゲームもできないので、3年生以上の子はあまり行かないが、娘はいまだにゲームも無縁で、文句も言わず行ってくれるのがありがたい。

が、今月は行けないので、私が家で面倒を見ることに。

新学期から使うランチョンマットと体操着を入れる袋を、近所のユザワヤで生地を買ってきて、ミシンでちくちく

左から ランチョンマットと入れる袋、体操着の袋
本当はハイジの生地がかわいかったけど、ちょっと高かったのでマメシバに。


イメージ 2
あまった生地でポポちゃんの洋服を作る

娘の出産祝いに姉がプレゼントしてくれた、ポポちゃんが娘の「いもうとぶん」。

ポポの身長とバスト、腕と足の長さ、首周りを測り、型紙をおこし、はさみで生地をじょきじょき

奮闘中

イメージ 1

イメージ 3

どきどき

イメージ 4

新元号は令和

イメージ 5
完成
う〜ん、もうちょっとドレスっぽくなる予定だったけど(これじゃマツコ・デラックスみたい)、本人は大喜びなので良しとしよう。
イメージ 6

別のはぎれでエプロンも作ってみた

イメージ 7
次は帽子とスカート、Tシャツ、ズボンも作る〜と、妄想は膨らむ一方。

自宅にミシンのない家が多く、ほとんどの親がランチョンマットや袋は、100円ショップで買っているらしい。

でも不細工でも自分で作ったほうが愛着がわくし、トモダチに自慢できるはず。

そして塾の宿題をやる

「等差数列」なんて子供のころ、やった覚えがない(そんなわけはないが)

「これはとんち問題か?」
と思うほど、むずかしい。

イメージ 8

理系はママに教えてもらって、私は社会科と国語と「実務全般」担当にしよう



開く コメント(5)

ダカールはどこへ

今日は管理している築地のビルの「おそうじ」。
毎朝2時間のお掃除をお願いしているおばさんが、たまに休むときだけ行くが、観光客の多さに毎回驚く。

跡地は国際会議場になるとかならないとか。
言うことがコロコロ変わる「迷惑おばさん」、小池都知事には地元のみんなが迷惑している(と言っている)。

「2時間2000円」だが実際の作業は1時間もかからないので、「時給2000円×週6日」。

かなり率のいいバイトのはずだが、いざ募集するとこれがなかなか集まらない。

定年してヒマを持て余していたり、生活が苦しい高齢者も多いはずだが、2000円の単発仕事では割に合わないらしい。

このおばさんも夫婦そろって年金暮らしで、おカネには困っていないとか。
ボケ防止と孫に小遣いをあげたくて、働いているらしい。
「そんなに休むならもう来なくていい」
と言ったらほんとにやめてしまうので、強く言えないのがかなしい。

イメージ 1

せっかくなので花見しながら帰る。

イメージ 2

そして日本レーシングマネジメントへ

ちょうど今年の写真集が出来上がり、スポンサーや関係各社に配布するところ。
私にも送る寸前だったので、手渡しでいただいた。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

国境をまたいで走るクロスカントリーラリーのはずが、各国と合意ができず今年はペルーだけの開催に終わった。
そのぶん内容はハードになり、アマチュアでは完走もできないほど。
アフリカに近いサウジなら砂漠もたくさんあるし、往年のパリダカに戻れるんじゃないか。

こんな雑誌があるのを始めて知った
トラック専門誌

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
フランスを孫とキャンピングカーで回っていたじ〜じも、無事帰国したとか。

イメージ 9
花見しながら目黒川をくだるカヌー(親子かな?)
娘とやってみたいが、むかしのドブ川を知る身としては、病気が怖くて乗れないなぁ。

開く コメント(3)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事