cafeしなの(の子育て日記)

通学の送り迎えは義務にしたほうがいい

ソロツー?

ひと冬お世話になったマックスフリッツのジャンパーとジャケットが、クリーニングから戻ってきた。

イメージ 1
この2枚の組み合わせは真冬でも本当に無敵だった(下半身はもちろんウォームパンツ)

ヒットエアのエアバッグもベストタイプを買ってからは、ウデをけがしても背骨と首が守れればいいと、ペラペラの薄手のジャンパーか半袖Tシャツで乗ってしまうが、マックスでフルメッシュのジャンパーでも作ってくれないかなぁ。

日曜も暑いようなので娘と海でも行こうと思ったが、バレエのお友だちや同級生と日曜遊ぶ約束があるとか。
先日の女子会のこともあるので、女の子同士で遊ぶほうがいいんだろうが、妻曰く
「まだ子供だけで遊びに行かせられないけど、お母さんとも連絡が取れていない」
などなど、はっきりしないまま就寝。

日曜は早起きしてしまったので、とりあえず一人でバイクで出発してみた。

もし娘が友達と遊ぶ予定がなくなっても、10時くらいに帰宅すればどこかへ一緒に行けるだろう。
とりあえず中央高速に乗って、談合坂SAまで行ってみた。

イメージ 5
バイク駐輪場は満杯で、車道までバイクがあふれている。
それにしてもハーレーが多い。どこかでイベントでもあるのかな?
この時点で9時。
このまま山中湖でも行くかちょっと考えたが、やっぱり一人はつまらないので、帰ることに。
東名で帰ることにして、人生初の圏央道を走ると、道はきれいだし空いていて走りやすい。

予報では最高気温は30度越えだったが、談合坂から富士方面はもう少し寒いと思い、マックスのパーカーを着てきたのが大間違いだった。
水分補給のため海老名SAで休憩した際、パーカーの前後にあるベンチレーターを開けても、生地が「地厚」なので直射日光が暑くて仕方がない。

海老名から東名町田が事故渋滞なので、ゆっくりすり抜けして走るが、クルマの谷間なので風が抜けない。
今日は革グローブで来てしまったこともあり、「がまん比べ状」が延々と続く。

海老名SAに寄ったとき、ここでもほとんどがハーレーだった。
本当に見事なくらいハーレー祭り状態で、ローライダーからCHIPS,アメリカンまでとにかくありとあらゆるハーレーが停まっている。

ハーレー乗りの知り合いに「何でハーレーに乗るの?と」聞いたら、
「個性的だから」
って。
10台中9台がハーレーで、どこが個性的なのか?
アドベンチャーなんて談合坂と海老名で3台しか見なかったので、こっちのほうがよほど個性的だと思うのだが.....

駒沢で事故らしく東京料金所から先も渋滞だったので、高速を降りて環八を走る。
帰宅したのは11時前。

娘が飛んできて
「パパうみいきた〜い」って。
さすがにこれから行くのは遅いし、バイクだと熱中症になる。

ならばと先週、小学校の遠足で行って楽しかったという、「大森ふるさとの浜辺公園」へ自転車二人乗りで向かった。

イメージ 2
すでにたくさんの家族連れが来ていた。

イメージ 3
水の透明度はこのとおり。
飲んだらおなかをこわすだろう。

海開きはまだまだ先だが、すでにたくさんの子供が水着で泳いでいた。
水着は無いがびしょ濡れになるのは分かっているので、着替えは持参していた。
「このままはいっていい?」
ママが一緒だとダメって言われるが、パパはなんでもOKなのはわかっている娘。

「きゃーたのし〜〜」
知らない子と一緒に「ジャブジャブ」泳いでいた
(せめてゴーグルもってくればよかった........)

イメージ 4
埋め立てた人口の砂浜だが、石を並べた磯ではカニがとり放題。

ここはオリンピックのビーチバレー会場らしく、この日も試合をやっていたが、有料で見られず。

ここなら自宅から自転車で30分で来られる。
もう少し水がきれいになってくれたらいいのだが、それはぜいたくというものか。

すぐ近くには「大森のりのふるさと館」もあり、まだ娘が小さいときしながわ水族館に来たついでに、遊びに来ていた。

イメージ 6

先日行った「日本民家園」と同じく、日本むかしばなしで見た世界が広がっていて、大興奮。
むかしの人が使っていたという前掛けをお借りしてパチリ
イメージ 7
う〜ん、なんでこんなに似合うんだろう(田舎モンのDNAなんだろうナ)

結婚した当初、私が買ってきた魚肉ソーセージを見た妻が
「これはソーセージじゃない」って.....
魚肉ソーセージを知らない人を初めて見たが、娘は大好物。

イメージ 8
隣りの公園でザリガニを釣ろうとエサに持って来たのだが、
「おなかすいたからソーセージたべたい〜」って、一本ペロリ。
育て方は間違っていないと思うのだが......

帰宅して一緒にお風呂に入ったが、シャツやパンツや髪の毛からも、そこら中から砂が出てきて、洗うのもひと苦労。
でも喜んでくれたようでよかった。
つぎはバレエのおともだちのあおちゃんと一緒に来ようね。

とりあえずGSキャンプミーティングも申込み完了。
イメージ 9

「知らない人ばかりだったらどうしよう」
なんて不安だったが、金曜夜の前夜祭はシェフI君がケータリングサービスに来ると聞いて、ちょっとひと安心(うめさんも?)

コメントを読み返してみると、アドベに乗り換えたSさんに対し、なんともそっけない私。
それが今じゃ「アドベが最高〜!!!!」なんて言ってるんだから、なんとも優柔不断な自分にあらためて驚くばかり。

「子離れ作戦第1弾」として、初心に帰って楽しめればいいのだが。
参加される方、よろしくお願いいたします。







この記事に

開く コメント(8)[NEW]

キャンプツーリング


娘と近所を歩いていたら
イメージ 1

おっ
これは?
イメージ 2
先日Y原さんがFBで紹介していた「ナガミヒナゲシ」
キレイなオレンジ色なので雑草刈りをしていても、つい刈らずに残してしまう人が多いらしいが実は外来植物。
ほかの植物を駆逐する有毒成分が含まれていて、強い繁殖力を持つ。

イメージ 3

ひなげしと聞いて昭和おやじが真っ先に思い浮かべるのは、アグネスチャンの「ひなげしの花」

雑草は生き延びるためにキレイな花を咲かせるので、娘も「かわいい」って。

「この雑草がみんな食べられたら、食糧危機はなくなるんだろうナ」
と思ったが、雑草は外敵に食べられないようみんな不味いので、ほんとうに自然はよくできているなと、感心したのを思い出す。

先日もテレビでタレントが池や川から、危険な外来生物を捕獲する番組をやっていた。
アリゲーターガーやカミツキガメが、そのへんの川や池にいるのも驚きだが、コイも外来生物だと初めて知った。
ひげがあるので昔はタイより高級魚だったとか。

イメージ 4
洗足池でボートに乗って、コイにエサをやるのがお気に入りの娘だが、カメはほとんどがミシシッピアカミミガメだし、こんなところにアリゲーターガーやカミツキガメがいないとも限らない。

日本を観光立国にしようとか、労働力不足に外国人を雇用しようと政府は躍起だが、外国では増えすぎた移民が問題になっている。
和をもって尊しが基本のやさしい日本人は、おカネが無くても子供を産み続ける外国人に、そのうち乗っ取られるんだろうなと、ひなげしやアカミミガメを見て思う。

テロ等準備罪を野党は大反対しているが、憲法9条で日本は大丈夫と思っている人は、私のまわりにはいない。
グレーゾーンの民泊事業をメシのタネにしている、企業や個人が増えているが、ネットで申込みから支払いまでできるので、ホテルや旅館と違い顔を合わせなくて済み、テロリストのアジトになりかねない。

幸い日本では外国人による大規模なテロはないが、オウム真理教のサリン事件のようなテロは、警察だけでは防ぎきれないのが実状。

日本人が海外に行ってまず驚くのは、自動小銃を持って空港や街中を警備する、警察や軍隊の物々しさ。
日本の空港で丸腰の警備員を見るたび、「この国は平和だなぁ」と実感したが、外国人からは異様に映るらしい。

批判覚悟で言わせてもらえば、国内でアルカイダやISがらみの大規模テロが起きてからでないと、平和ボケしたこの国が目を覚ますことはないのだろう。


アドベでお世話になっているハラさんから、キャンプツーリングのお誘いが届いた。

今年はGSトロフィーというイベントはやらないらしいので、代わりと言うわけではないのだろうが、関東のディーラーがキャンプミーティングを企画したらしい。

年末アドベンチャーに乗り換えてから昨日で5600km
ほぼ毎日都内を走り回っているが、ツーリングはSさんケンヂ君と行った富士山だけ。
そろそろ林道デビューしたいと思っていたところ。

先日オイル交換に行ったときも、ハラさんからこのイベントのお誘いをうけた。

場所が福島の羽鳥湖方面と聞いて、即
「甲子(かし)林道も走りますか?」
と聞いた。

むかしアフリカツインやGSで東北方面の林道を走り回っていたころ、どうしても苦手だったのが、この甲子林道だった。

まんなかが深くえぐれた難所は、左右の狭い「あぜ」を通るのだが、どうしても落ちてしまう。
「ワレメが好きだからねぇ」
と冷やかされたものだが、こんなところアドベでは絶対行きたくない。

「あんなところルートに入れたら、お客さんから訴えられますよ」
とハラさん(そりゃそうだ)。
そう聞いて安心した。
定員150名らしいので、あっというまに満員になってしまうんだろうナ。

週末は娘と一緒に居たいので、ツーリングのお誘いを断り続けてきたら、今では誰からも声がかからなくなった。

そろそろ娘も親離れの時期なのかと、先日の「女子会事件」で感じた
高い参加費を払う至れり尽くせりのキャンプツーリングには、正直抵抗があったが、
いつまでも子離れできないのでは仕方ないので、のんびりキャンプツーリングもいいかもしれない。

あとで奥さんに相談してみよっと
(「いってらっしゃい」って言われるにきまってるけど....)。



この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

世の中で不要なもの


先日じ〜じが帰ったあと、いつものS君のお店で髪を切ってもらい

イメージ 1
「今日は子供の保育園の送りがあったので、デュークでなくママチャリです」って。
先日の「女子会」の話しをしたら、「うちは男の子でよかった」とも(S君いつもありがとう)。

そしてPTAからの通知が

イメージ 3

「講演会参加のお手伝いのお願い」
講演会は聞きたい人が行くものと思っていたが、どうやらそうではないらしい。
要は「客のフリしたサクラ募集」

ためになったり面白そうな講演会なら、聴いてみたいものだが、これでは内容がさっぱりわからない。(というか面白そうなものがなにも無い)

イメージ 2
土曜の講演会はすぐ埋まってしまうので、共働きの親は平日に有休をとるしかない。

PTAにはポイント制度があり、先日やった卒業式の準備もその一つだが、この講演会出席で「0.5ポイント」とか。
子供が卒業するまでに数ポイントの「ノルマ」をこなせないと、最後にPTA役員など面倒な仕事をやらされるらしい。

経験のない部活の顧問もやらされた教師には、仕事をやめたり自殺する人もいると、「クローズアップ現代」でやっていた。
文科省の担当者が「先生の自主性に任せています」みたいなことを言っていたが
出世や待遇がからんだ学校側の圧力で、断れないのだろう。

元スポーツ選手などを部活の講師で雇用した学校は、先生も本業に専念でき、生徒もレベルの高い指導で成績も上がっているようなので、こんなことこそ国や自治体が補助金を出して、どんどん導入すればいいと思うのだが....

PTAも同じで
「活動に参加しないと子供の内申書にひびくのでは?」
なんて恐怖観念で断れないのが実状のようだ。

私が子供のころ盛んだった「ベルマーク」
いまだにやっていて驚いたが、PTAの仕事でやりたくないベスト3とか。
「ベルマークを集めましょう」
子供が持ち帰った通知に書かれていたので、ケチャップやマヨネーズなどの袋にベルマークを探したが、意外に無い。

みなさん
「親にも時給を払えと言いたいが、ベルマークは換金率が驚くほど低いので無理」
とボヤキながらやっていた。

学校もボランティアと言う名の「善意の奉仕」に、依存するしかないのが現状か。

むかしから言われていることだが、PTAなんて無駄な制度はもうやめたほうがいい。


イメージ 4
これも無駄だと思うタウンページ

いまどきは携帯からでも検索できるのに、各戸に一冊づつ配られる。
我が家は事務所と自宅で合計2冊。
アパートも各部屋1冊づつ配られるが、若い人ほど読まないのでみんなゴミになる。

事前に必要かアンケートしてくれれば断ったのに、本当にもったいない。

市場の移転先はもう豊洲でいいと思うのだが、これもいろんな思惑が絡んで決められないのが、本当に無駄でもったいない。








この記事に

開く コメント(2)

伊達直人じじいを確保

自宅2階の事務所で仕事していたら、250cc単気筒のバイクが家の前で止まった気配が。
「ん?.....あっ!!」
あわてて飛び出ると
イメージ 1

セローに乗った伊達直人じじいが、ポストにアヘッドを投函するところだった。

じゃなくてドンピシャのタイミング。

じ〜じもまさか私がいるとは思わなかったようで、
「なんでいるのよ」ってびっくりしていた(自宅ですから)。

イメージ 2
7月の北海道4デイズ用に、自宅ガレージで改造していたセロー。
ハーレーのローライダーと見間違えるほど、べったべたのシャコタン仕様。
これなら転ぶまい。

アンダーガードを兼ねた工具箱やリアバッグなど、40年以上にわたるラリー経験が惜しみなく投入されている。
5月のTBIに出たXR230は、長年乗ってだいぶくたびれてきたとかで、これからはこれが主力戦闘機。
アクセルを開けないとかえって疲れるKTMより、トコトコ走るセローのほうがいい。

私もセローが欲しくなった。
イメージ 3
2連装のICOの右側は緯度経度が表示される。
手もとにはシガーライターやマップ、ICOなど、いろいろなスイッチがついている。


イメージ 4
先日あったジャパンモータースポーツフェスでも会えなかったので、ゆっくり話すのは久しぶり。

終わったばかりのTBIのことや北海道4デイズのことなど、いろいろ話しが聞けた。
北海道4デイズ、ひさびさに行ってみたかったが、もうエントリー終了なのね。
でもバイクもないし(アドベじゃ行く気がしない)、セロー買っても置く場所がないし...

そして7月のラリーレイドモンゴル、
テルちゃんは去年も走ったシルクウェイラリーに参戦するので、
今回は「満を持して」じ〜じが、レンジャーでモンゴルラリーに参戦することになった。

ダカールラリーに出場する世界中のラリーチームのなかで、毎回ぶっつけ本番で参戦するのは、じ〜じくらいだろう。
ダカールラリーのシリーズ戦を戦うワークスは、年数回のラリーに参戦している。
そのなかでテストを繰り返してダカールに臨んでいるが、チームスガワラは今までダカール1本のみだった。
毎年1月のダカールが終わって、モンゴルこそジムニーで参戦するが、国内のコースでテストはしても、翌年1月のダカールまでじ〜じは、一度もレンジャーをドライブしていない(それでもちゃんとワンツーフィニッシュするのは、本当にすごいのひとこと)。

テルちゃんが毎年モンゴルは走っているが、彼らプロからすれば「たった3500km」しか走らないモンゴルラリーは、本番前のウォーミングアップに過ぎない。

車両の本格的なテストもできないので、去年はダカールの前哨戦ともいえるシルクウェイラリーに参戦。そのあとモンゴルラリーも走ろうとしたが、レース後に中国からモンゴルに車両を出せないトラブルがあり、ラリー以外のところでかなり苦労していた。

来年はメーカーのサポート体制もさらに充実するそうなので、走る場所は違えどレンジャー2台で、ダカール前に実地のトレーニングができるそう。

イメージ 5
アヘッドのほかにいろいろ「おみやげ」をいただいたので、この機会にサインをいただいた。

イメージ 6
上から今年のダカールのパンフ→アヘッド→海外向けの英語のパンフ→絵葉書→レンジャーのクリアファイル

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
海外向けの英語版には

イメージ 10

世界中の日野ディーラー社長が集まった国際会議で、じ〜じが講演をした写真。

イメージ 11
今日、まさか私がいるとは思わなかったので、こんなメッセージが。
「じじいをさがせ」って「ウォーリーをさがせ」じゃないんだから。

あいかわらずお茶目なおじいちゃんである。

これらのパンフ、取りに来られる方に差し上げます。
(クリアファイルはサインはないけど、あと数部あるのでどうぞ)

先日のじ〜じの本も日本レーシングマネジメントに行けば、少しなら分けてもらえるとか(スポンサーになれば間違いなくもらえますよん)。
タイミングが合えばじ〜じのサインが直接もらえるかも❤
興味のある人はぜひ。







この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

DOA人力編

DOA(ドア・オブ・アドベンチャー)主催のY原さんから、自転車イベントの案内が

実は昔から自転車少年のY原さん。
大学生のとき自転車で日本一周もしたらしい。

以前から「自転車イベントをやりたい」と言っていたが、いよいよ開催することに。

7年前、娘が生まれたのを機にバイクレースをやめて、ロードレーサーを購入。
チャリンコ野郎に転向したが、都内はクルマや人が多すぎて、はしっていて全然楽しくない。
ならばクルマに積んで郊外で走るのが一番だが、休日は子供と遊びたいので、なんとなく乗る気がしなくなった。
毎年参加していた富士ヒルクライムも、自転車ブームで今年は1万人とか!(数年前は5000人だった)
あまのじゃくな性格なので他人がやっていると興味が冷めてしまい、ここ最近はすっかりごぶさた。
去年アドベンチャーを入手してからは、乗るのが楽しくて楽しくて、ロードレーサーはすっかりオブジェと化している.....
イメージ 1

アドベばかり乗ってすっかり運動不足なこのごろ。
8月のこのイベントに向けて、自転車に乗ってトレーニングしようと思ったが、
「160km Gravel & Tarmac」って.....

グラベルってことはダートを走るってこと?

Y原さんに聞くと
「だって舗装路だけじゃつまらないでしょ」って
(いやいや、「舗装路だけ」がいいんですよ)

マウンテンバイクは持っていないと言うと
「ママチャリでも走れますよ、ちょっと大変だけど❤」

この「ちょっと」が絶対「ちょっと」のはずがないのは、長い付き合いで分かっている。

きっとイジワルな、もといサディストな、ぢゃなかった「ストイックな」Y原さんのことだから、林道やケモノミチを下るだけぢゃなく、自転車を担いで登らせるんだろうナ。

ママチャリで苦労するのは目に見えているが、MTBを買っても置く場所が無い。
ロードバイクを買うかMTBにするか迷ったとき、知り合いが出るというので富士見パノラマスキー場で開催された、MTBダウンヒルレースを見にいった。
激坂でバランスを崩し、操り人形のように不自然な格好で落ちていくライダーたち。、顔から血を流しながら何か所も骨折した人を見て、
「これやったら死ぬな」
とロードバイクに即決したが、マルゾッキあたりのFサスがシュコシュコ動くMTBを買ったら、試さずにいられない自分がいるのは分かっているのも、MTBの世界に踏み出せない理由。でもロードでアタマのホネ割って入院もしたけど)

それに160km全部がダートならMTBでもいいが、舗装路を重たいMTBで走るのもつらい(えっ?今はMTBもカーボンなの?)

とりあえず今持っている営業車「ウィリエール」に、太いタイヤを履かせて参加できるかナ。

でもヨーロッパではメジャーでオリンピック種目にもなるという、未舗装路をドロップハンドルのロードバイクで走る、「シクロクロス」用自転車なら、オンオフ二刀流でいけるかも?
なんて妄想もおもいきり膨らむ今日この頃(でもこれ以上置く場所が無い......)

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事