全体表示

[ リスト ]

実家を出て中央道を南下、
富士ヒルクライムのスタート地点である、富士北麓球場へ向かう。
 
東京からなら120kmだが、長野の実家からだと高速を使っても230kmと、
倍の距離がある。
 
今日は受付だけなので、午後2時ごろ着けばいい。
なので昨日と違い新緑を眺めながら、ゆっくり走る。
 
途中、競走馬を乗せたトレーラーを、何台も追い越す。
そうか、ダービーなのか。

それにしても今日も暑い。
途中のSAで休憩しようとバイクを止めたとたん、ヘルメットとウェアにこもった熱気で、気が遠くなる,,,,,。
 
イメージ 1
会場周辺の道路は大渋滞。
レースの参加者は6500人
クルマも数千台は来ているのだから、無理もない。
 
「バイクなら会場に入れてくれるかな?」と思ったが、
無情にもクルマと同じ駐車場に停めるよう、警備のおじさんに断られる。
 
炎天下の渋滞で待っているのは辛いので、ひと回りして会場近くの道路に路駐。
 
イメージ 5
ここから雑木林を歩いて、会場に行くことにした
(同じことを考えている輩もいるようだ)。
 
イメージ 2
奥の明るいところが会場の球技場(のはず)
バイクで突っ切ろうかと思ったが、ちょっと「オトナゲナイので」やめておいた。
 
イメージ 3
開けたところにすでにたくさんの人影が
 
イメージ 4
特設ステージではだれかのトークショーも。
 
イメージ 6
ワダケンにも会えた(富士山もクッキリ)
 
イメージ 7
そして私のライバルの姿も(なぜか赤いサタンも!)
 
今回は1時間21分って、重たいママチャリでこのタイムは、
仮面の下はやっぱりバケモノか,,,,,
 
イメージ 8
自転車関係の出店もたくさん
だが最近はなんの興味もない。
 
とりあえず買わなければいけないのは
 
イメージ 9
ドーピング剤
 
お店のお兄さんに
「一番効くヤツ下さい」と言って、薦められたのが
イメージ 10
スズメバチエキスのトップスピード、540円也
念のため2つ買った
 
本当は3時間くらい「パキッ」と覚醒する、エフェドリンでも欲しいが、
今の時代で使用すると、アスカ容疑者になる
イメージ 11
ベンツも大会スポンサー
ふだんはショールームにも置かれることのない我がVも、
立派なトランスポーターとして飾られていた(ヤッパリイイナァ)
 
我が「青山双輪會」のメンバーも揃ったので、Y会長が手配してくれた山中湖のホテルへ向かう。
イメージ 15
「ホテルマウント富士」
この辺りでは一番の老舗とか。
窓からは山中湖が広がる
 
みんなで大浴場に入る。
露店風呂から富士山が眺められるのは、最高のぜいたく。
 
ワダケンのかなり減量した凹んだおなかを見て、
「力石徹?」と思ったが、どちらかというと「アンガールズ」か......
 
ヒルクライムは重力との戦いなので、体重は軽いほうが有利、
車体を1kg軽くするため、何十万もするカーボンホイールを買うより、
体重を5kg落とした方がいいと、富士にエントリーしてからは、
野菜中心の食事にしたが、それでも3kgがせいぜい。
 
ワダケンは野菜と赤身のランプ肉で10kg落としたというが、
それにしても痩せ過ぎのような.....。
「減量できたって喜んでいて、本当は病気だったりして」
 
一度診察をオススメしたい
 
風呂でさっぱりして、どこかへ食事に行くことに。
みんな早くビールが飲みたいので、だれも運転したがらない。
なので大型タクシーを呼んで、あい乗りして向かうことに。
 
タクシーの運転手さんは、むかしジュリアナのお立ち台で踊っていたような、
ちょっとイカしたおねえさん。
 
このホテルは小高い山の上に立っていて、ホテルから専用の山道を下っていく。
クネクネした道を下りて何個目のカーブで、おねえさんが「ほらシカがいますよ!」と叫ぶ。
道の脇でシカがじっとこちらを見ていた。
「シカは幸運の女神だから、明日のレースはバッチリですね」って。
 
ひょっとしてあのシカは置物だったんじゃないか?と、あとで話題になった。
 
イメージ 12
おねえさんオススメのイタリアンは予約でいっぱいだったので、
おねえさん第二のオススメの、湖畔のデニーズ
(われわれオヤジにはそれで十分だが)。
 
数年前から富士山好きの中国人観光客が激増したうえに、世界遺産にも登録されて、今や大人気の観光スポット。
そこにこの土日だけで選手6500人+家族や応援が数千人+開催スタッフ、合わせて8000人以上が富士山周辺に泊まるので、旅館やホテルはどこも満員のはず(コンビニでもやたら中国語がうるさかった)。
 
オフロードバイクのレースは、ほとんどがトランポやテントで野宿し、食事も自炊。
なので何人集まってもお金を使わず、地元が潤うことは少ない。
 
その点、自転車やトライアスロン、トレイルランニングなどは、ほとんどが乗用車で来るので宿に泊まり、どこかで外食し、レースが終われば温泉に入り、お土産も買って帰る。
騒音も排ガスも無く限りなくエコに近いので、社会的イメージもいい。
なにより莫大なお金が地元に落ちるので、自治体も誘致に躍起らしい。
 
私も初めて自転車のイベントに出るとき、
「宿はどうします?」と聞かれ、
「クルマに寝ます」と答えたら驚かれた(サイクリストは金持ちだと思った)
 
イメージ 13
ジュリアナおねえさんが「テラス席がいいですよ」と言っていたので、
こちらをチョイス
昼は暑かったが、夜風がちょっと肌寒いくらい。
 
お待ちかねのビールで乾杯
炎天下を230km、バイクで走ってきたので、熱中症寸前。
ビールが毛細血管に浸みていく.............。
 
イメージ 14
いまさら減量しても仕方ないので、がっつりステーキと大盛りごはん
 
今回はたいした練習もしていないが、とりあえず2時間弱、歯を食いしばって、
ペダルを漕げば終わると思ったら、気が楽になった
(実際はそんな甘いものではなかったが......)
 当日に続く

閉じる コメント(6)

顔アイコン

お疲れ様でした!数字は減ってますが、自覚がないのがヤバいでしょうか?それにしてもアンガールズはヒドイ(笑) 削除

2014/6/3(火) 午前 6:46 [ wadaken ] 返信する

顔アイコン

気温40℃の屋根塗装と、2時間のヒルクライム、どちらもドMの行為ですが、やはり前者を選びます。
筋肉痛は、治りましたか?

2014/6/3(火) 午前 7:52 [ 親方 ] 返信する

顔アイコン

wadakenおつかれさまでした。自転車もアリガトね

もともと骨太の骨格なのか、「骨と皮」みたいな印象を受けますが、体調に問題なければそれでいいのかも

でもアンガールズ、やっぱり似てるなぁ

2014/6/3(火) 午前 10:35 [ sina ] 返信する

顔アイコン

親方ごくろうさまです
ヒルクライムはどんなにがんばっても、1円にもなりません
(優勝すれば別でしょうが、やり過ぎはカラダ壊すか家庭を壊します

屋根塗装はがんばったぶんお金がもらえて喜ばれるんだから、こんな素晴らしい仕事はありません

これからが暑さ本番
水分補給と十分な休憩で、乗りきってください

2014/6/3(火) 午前 10:42 [ sina ] 返信する

顔アイコン

ライバル‘キクミミ’との勝負は?
楽しみだなぁ。

2014/6/3(火) 午後 0:55 [ パタパタ ] 返信する

顔アイコン

>ライバル‘キクミミ’との勝負は?

パタパタさん、本人が聞いたら「失笑」されると思います...

カノジョはサイボーグですから

2014/6/3(火) 午後 3:19 [ sina ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事