Webパソコン教室

Webサイトは「yosatonet」で検索。注)本ブログには古い情報が記載されています。

全体表示

[ リスト ]

Excel本の書評です。

以前に紹介しました、森田貢士さん著の「エクセル関数をゼロから極める本【VLOOKUP関数編】」の第二弾です。
森田貢士さんが執筆されています。

IF関数は関数の中でもコアなもので、たぶんVLOOKUP関数と並んで、「これは使うと便利関数」のランキング1、2位にくる関数です。

Excelでもなんでもコンピュータで処理って、もし○○だったらどうする?ということの繰り返しだったりするんですけど、それを分岐というのですが、まさに、「もしも」を処理するIF関数について後半は怒涛の徹底紹介がされています。
IF関数の紹介のされ方の徹底ぶりに脱帽です。ここまで細かく関連関数、エラーまでもが一か所で解説されている書籍は見たことがありません。
前半では、数式とはなにか、関数とはなにかも丁寧に解説されているので、数式初心者の方にもやさしいかと。

どんな人にお勧めしたいかというと、Excelで効率化したい人。
単純な四則計算ではなく、例外が業務の中で頻繁に発生する方、例外をこの本で勉強したIFで避けることができます。

で私なりのこの本のおススメ読み方ですが、
私の監修した本もそうなのですが、一回目は何のことかわからないことが多いのですね。
どうしてもExcelとかパソコンソフトの本ってそうなっちゃうんですが。
でも、一回目はさらっと読んで、2回目、3回目と読み進めることで、定着していくし、特に後半のIF関数のところは何度も読み返すとよいと思います。
なんかどの書評でも同じこと言ってますね。
でもソフトウェアの解説書ってそうなんです。一度でわかることって少ないです。
何度も読んでいくうちにどんな例外が考えられるときにどんなIF関数の使い方をすればいいかわかってきます。

エクセル関数をゼロから極める本【IF関数編】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事