Webパソコン教室

Webサイトは「yosatonet」で検索。注)本ブログには古い情報が記載されています。

全体表示

[ リスト ]

今日は、3月9日に発売になりましたはけたさん(@excelspeedup)の著書「関数は「使える順」に極めよう! Excel最高の学び方」の書評をします。

この本は、ビジネスでよく使われる関数に特化し、どんなケースで、どんなコンセプトで使うものかを実例とその原理から詳しく解説してあります。
関数は、
  • SUM
  • IF
  • VLOOKUP
  • SUMIFS
  • COUNTIFS
の5つ。
あと、SUMIFS関数と同じ機能ということで、ピボットテーブルを解説しています。
日付関数と端数処理関数についてもフォローされています。
絶対参照の解説は、自分の解説と違って、論理的なアプローチがされているところが、なるほどなと思ったところです。
また、関数のネストの部分については、自分は「関数は言葉」ということを口が酸っぱくなるほど言い続けているのですが、それを更にフローを使ってわかりやすく図示されているところが参考になりました。

自分の目からみて、このExcelの教科書をどんな風に使ったらいいかを考えてみたのですが、実際には関数は慣れてくれば慣れてくるほど、いろんな関数にチャレンジしなければならなくなります。
この本の内容を繰り返し頭の中に叩き込んでおけば、新しい関数にチャレンジするハードルが下がる、そんな気がします。
要は、この本は、「関数の使い方教科書」なのです。
Excel=関数がすべてではないですが、Excelにとって関数は大きな要素であることには変わりありません。
関数の解読ができるようになることは、自分で関数を自由自在に組み合わせられることにも直接つながってきます。
その方法をこの本では学べるのです。

あと、関数に特化しているからなのでしょうか。
従来想定されている初心者レベルからだんだん難しくしていく、というセオリーに縛られていない気がします。
自分の作るコンテンツも今年からは、このセオリーをすべて忘れて、2018年らしい教え方を追求しているのですが、そういう意味で、ものすごく共感できます。
いきなりVLOOKUP関数とかピボットテーブル教えてもいいじゃないか、と私は思うのです。

まとめ
Excel関数辞典の前に、この本読め!

関数は「使える順」に極めよう! Excel最高の学び方(できるビジネス)
\1,400+税
羽毛田 睦土さん著
インプレス

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事