無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

お久しぶりです

放置しっぱのこのブログ。
こんなところにも訪問していただけるとは有り難いことです。
来年1月で術後14年を数えます。気がつくと還暦まで10年を切っております。
手術直後はここまで再発・転移もなくこれられるとは思ってもみませんでした。
先日返ってきた胃の検診も異常なしでした。
せっかく生かしてもらっているのだから、社会に貢献しつつ楽しんでいる毎日です。
14年前の今頃は「近い将来死ぬんだろうな」と絶望感でいっぱいでした。
でも生きたくて必死に自分の病気について調べまくり、腎癌に関しては主治医より詳しくなりました。
それと漢方に関しては並みの医師より知っています。
漢方については、当時より普及していますが、先日職場の今度入院する同僚に勧めたところ「漢方…」って顔をされ、信用性はまだまだだと思っています。

当面、来年1月の検診をクリアーすることが目標です。

開く コメント(0)

人の命って…

月、火曜日に電話で仕事で普通に話をして、「体調があまりよくない」って言ってたから、水曜日に用もないのに元気づけに顔出したら「今朝亡くなった」って…
心臓疾患で56歳だった。木曜通夜で金曜日に告別式だった。

人の命って時にはかなすぎる。
いい人だったんだ。いい人に限ってなあ。

開く コメント(0)

主がたまにしかこない当ブログですが、訪れる方もまだいらっしゃるようですので、今年も続けていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

術後4743日になります。

開く コメント(0)

術後4,636日

節目でもないですが術後4,636日です。
術後5,000日は来年10月頃の予定です。
加齢現象は少しずつ出てきたものの、夫婦はいたって順調です。
看護学生の娘は悪戦苦闘中。留年かどうかきわどいいところです。
看護学生ってこれが普通らしいです。
厳しい道を選んだものだ。

開く コメント(0)

 新横綱稀勢の里は初日から12連勝。ところが落とし穴は13日目に待っていた。日馬富士に敗れた時に左上腕から肩を負傷。休場確実と思われた。強硬出場した14日目は鶴竜に完敗。千秋楽の照の富士にもあっさり負けると思われた。
 ところがどっこい立ち会い左に変わると,土俵際まで追い込まれるも右突き落とし(左はありえない)で辛勝。優勝決定戦へ。
 優勝決定戦は両差しの照の富士を引っ張りこんで右小手投げ(これも左はありえない)で勝利。絶体絶命に見えNHKでは解説者も含め奇跡の逆転優勝!と言っていた。
 しかし,私の見立てでは稀勢の里の用意周到な計画であった。立ち合いは相手のつっかけを遅く受け止め待ったでやり直し。そして二度目の立ち合い。これがポイントであった。張り差しにいく横綱。次の瞬間引っ張り込む。力士の習性で二本入った照の富士は一気に勝負をつけようとする。待ってましたとばかりに横綱は右を小手に巻き(これも左はありえない)思い切り小手投げ!
 これが見事に決まり照の富士はもんどり打って転げ落ちた。
 起き上がった照の富士の顔に書いてあった。(やられた。あれにかけていたのか)

 もちろん私の推測の域を出ません。しかし私はかなりの確率でこの推測に自信を持っています。

 私ももらい泣きをしました。信じられません。
 本当におめでとう!稀勢の里!

開く コメント(0)

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事