全体表示

[ リスト ]

秋の行楽シーズン,信教出版は新学期教材の編集に追われ,
一年で最も忙しい時期を迎える。
特に今年は,新学習指導要領による新しい教科書に沿った教材の制作で格段の忙しさだ。

9月までは,委員会の運営や資料探しなど,
具体的な制作の前段階で若干余裕があったような?
その上この辺り,9月は毎日のようにあちこちで秋祭りが行われ,
夕方になるとどこからともなくお囃子が聞こえ,地口灯篭に火が灯り,
夜も更けてくると花火が上がったりする。(よく見えるのです)
信教出版がある町のお祭りの日は,
社屋入り口の車2台ほどの屋根付きスペースで近所の方が宴席を設けており,
帰りしな,さそっていただいたりする。
今年は忙しい,大変だ,と言いながら,
今考えると精神的にだいぶ余裕があったように思う。

ところが,今週あたりから部内の空気が変わってきた。
原稿が入稿し,編集作業が本格化し,“気がついたら10月も半ば!”
みんなそんな気持ちなのだと思う。

23年度より,信教出版では,国社数理各研究団体の編集で
小学校テストを4教科そろえて発行する。
おなじみの「理科学習帳」「のびゆく郷土」「連絡帳」なども
パワーアップしてお届けする予定だ。
先行して11月に見本をお届けする改訂新版「道徳資料集」も大詰めを迎えている。
そのほか,中学校向けの「実力診断テスト」,小学校の「冬休み」に「春休み」,
先生方がお使いになる諸表簿類,教科書「指導書」に
56年の発行実績を誇る「信濃子ども詩集」,自費出版の書籍など
この時期,それぞれいくつもの担当を抱え,奮闘している。 


ピンと張りつめた空気が心地よくも感じる,
10月も半ばが過ぎた信教出版のようすをお知らせしました。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事