全体表示

[ リスト ]

手帳と私

デジタル時代の今,スマートフォンやパソコンでスケジュール管理をしている方も多いと思いますが,私は専ら紙の手帳派です。
 毎年10月頃になると書店や雑貨店に新しい年の1月始まりの手帳が並べられたコーナーができます。そこから吟味を重ねて,新しい年を共にする1冊を選びます。2017年用に選んだ手帳は,イラストと毎月のTO DOリストと1日5行程度の日記スペースが設けられているところに魅力を感じました。 
 購入した当初は毎日日記をつけたり,月初に書き込んだTO DOリストが達成されたか月末に反省したり。とても順調に使いこなしていました。しかし,飽きっぽい性格の私。手帳への熱は11月12月あたりがピークで,まだ新年になってわずかなのにすでに少しずつ手帳を開く回数が減っていき,今やどのページも真っ白に。今日こそは手帳を開こう,日記を書こう,と思いつつずるずる先延ばしにしてしまい,やっと開くと白紙のページだらけ。でもその白紙の部分をそのままにしておけず,何とかさかのぼって予定や日記を書きこんで,あたかも毎日使っています風にしたいという変なこだわりがむくむくと湧き出てきて結局何もせずに手帳を閉じる。思えば毎年こんなことを繰り返している気がします。今年こそは毎日毎月ちゃんと使おう,と思ってはいるのですが……。
 この手帳との向き合い方ですが,仕事にも通じるものがあると思います。例えば,毎日5分ずつこつこつやっていけば困らない仕事が,後回しにしたが故に膨大な量になってしまう。そこでもう間に合わないからいいやと割り切ることもできず,完璧に仕上げようとするので余計に自分の首を絞めてしまう。こういった最悪の事態を避けるため,毎日できることはその日のうちにしようと努めていますが,これからも引き続き気を付けたいと思います。そんな仕事への決意とともに,今日こそは手帳に日記をつけ,残り少なくなった1月のTO DOリストでも書き込んでみようかと思います。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事