全体表示

[ リスト ]

それぞれの持ち場

 最近の信教出版では学習指導要領,移行措置という言葉が飛びかっています。編集担当者は説明会参加のため出張したり,社内でも頻繁に打合せをしています。私は編集の仕事はしていないのですが,それでも忙しさが伝わってきます。
 自分が学生時代に何気なく手にしていた教科書や教材。家に持って帰ると重いからという理由で学校に置きっぱなしにしたり,進学したらもう不要かなと部屋の隅に追いやったり。今ではどこにあるのかさえわからない物もあります。この会社で働くまでは,これらを作るのにこんなにも熱心に働いている人たちがいることなんて全く気付かずにいました。私の,そして昔も今も学生時代は沢山の人たちの想いや行動に支えられていたのだな,と今になって感じます。
 私たち出版社も,書籍や教材を発行することが主な仕事ではありますが,それを販売してくれている方,届けてくれる方,そして使ったり読んでくれる方,沢山の人たちに支えられています。人にはそれぞれ持ち場がある,と以前上司から教えてもらったことがあります。編集という面からは関われなくても,私も自分の持ち場である私ができる事を全うして会社を支えていければと思います。
 明日から信教出版は16日まで夏季休暇に入ります。暑い日が続きますが,皆様ご自愛ください。

この記事に


.


みんなの更新記事