全体表示

[ リスト ]

先月,信濃教育会の全県研究大会に参加させていただいた。初めて参加したため,授業研究のシステムがわからなかったが,周りの先生に聞きながら体験させていただいた。私が参加した中学校理科の授業者の課題は,「生徒が自ら課題をもって意欲的に取り組むにはどうすればよいか。」というものだった。

中1理科の「身のまわりの物質」という単元で,「プラスチックって何?」という生徒たちの素朴な疑問から始まった追究活動。今回の授業は,自分たちで実験をしてプラスチックの性質を調べる活動だった。生徒たちはあらかじめ実験方法などを自分たちで考えて計画を立て,当日は家から持ち寄った様々なプラスチックを使って実験に取り組んでいた。

学習指導要領や研修会で得た知識から思い浮かぶ型どおりの授業に比べると,目の前で繰り広げられている子どもたち主体の授業は,理科の観点からいろいろと足りない部分が見えてくる。何か釈然としないものを感じつつ,その後の指導者の話を聞いた。

「教師が教材研究をするときは,昔はまずその素材をいろいろといじって調べてみたし,今はまずインターネットで検索して調べてみる。そうしていろいろ調べていく中で自分のやってみたいことは何なのかが見えてくる。これと同じことは子どもたちにも言える。教師が教材研究するのと同じ手順で子どもたちが授業展開していく。こういう授業にすると,その後子どもたちは意欲的に取り組むようになるのです。」

目から鱗だった。

そういえば先日,学校を舞台にした某ドラマの中で,アクティブラーニングを取り入れた授業の場面を見た。教科や授業スタイルは違うが,生徒たちはそれまでの受身で詰め込み式のつまらない授業からアクティブラーニングを取り入れた生徒主体の授業に変わると,目を輝かせて自ら考えるようになっていく。もちろんドラマだから象徴的に作ってあると思うが,今回の全県研究大会の授業と共通するものを感じた。

また,アクティブラーニングでは先生の役割も変わるという記事を読んだことがあった。先生自身は課題解決の活動に主体的に参加するのではなく,中立的な立場から生徒たちの発言を引き出したり活性化を促したりする。予測のつかない発言や突発的な状況への対応,その場その場の判断や行動が求められると。まさに今回の全県研究大会の授業者の立場と同じだ。

ふりかえると,今までにもいろいろな場面で長野県の先生の活動や考え方に触れる機会があったが,その根底にはいつも子ども主体の活動を大切にする姿があった。これがもしかしたらアクティブラーニングなのかもしれない,ずっとアクティブラーニングだったのかもしれないと,今さらながら気づかされた,貴重な体験だった。

(N)

この記事に


.


みんなの更新記事