全体表示

[ リスト ]

夏に向けて

 大型連休に高遠に出向いた際,昼に小さな蕎麦屋に入りました。家族連れやツーリング中の人たちが続々と入店し,せまい店内はたちまち満席に。店に入れず,店主に「30分後くらいにまた来てください。」と言われてしまう人たちもいました。
(今が,かきいれ時なんだろうな。)
 ふと店内を見やると,天井近くに据え付けられた台座の上に,金色の招き猫がひとつ,ちょこなんとのっています。店内の照明が暗かったので,目立つ色の招き猫はひときわ存在感を放っていました。
 ふだんから私は,招き猫とか,案山子とか,てるてる坊主といった,民俗的なものに心惹かれることが多いです。招き猫を置いたからといって,必ず商売繁盛するわけじゃない。案山子を立てても,天災や病害虫から稲が守られるわけじゃない。てるてる坊主を作っても,晴れる保証はありません。それでも人は,ささやかな祈りをこめて,そういうものを作らずにはいられない。そこが好きです。そしてたまに,招き猫たちはどうやって期待に応えようとするだろう? と考えたりするのです。
 案山子なら,私たちが見ていないところで,稲を守るために戦っているかもしれない。てるてる坊主なら,雨が止むように,かみなり様に交渉しに行くかもしれない。この蕎麦屋の招き猫だって,「ゴールデンウィークが終わったら,客足が遠のくだろうな……どうしようかな」と,こちらを見下ろしながら思案しているかもしれません。
 そんなことを空想しているうちに,おいしいお蕎麦が運ばれてきたのでした。

 さて,大型連休が終わり,季節は夏に向かいます。長野県の先生方により編集された,夏休みの学習帳,「平成30年度版 夏休み」が,もうじき完成です。新学習指導要領の移行措置に対応した内容となっております。また,もっと問題がほしいというご要望にお応えし,3〜6年はページ数を増量しました。
 夏休みまでに学習した内容をしっかり復習でき,県下で定番の夏休み帳,ぜひ今年度も御採択ください。

この記事に


.


みんなの更新記事