全体表示

[ リスト ]

梅雨とは名ばかりで,たまにしか雨が降らないと,農作物の生育状況や水不足が心配になってきます。
それでもやはり,青空の日には外の空気を吸いたくなり,昼に近くの公園に行ったりします。

ある日,その公園で弁当を食べながらふと足元を見ると,
照り付ける太陽の日差しをものともせず,休みなく歩き回っているアリたちがいました。

そうです。前回のブログでは「ハト」だったのですが,今回は「アリ」について書きたいと思います。

実は,アリについてもちょっと嫌な思い出があるのです!
事件は数年前,今住んでいる我が家で起こりました。

真夏の熱い日だったと思いますが,仕事を終えて帰ると,
家族のものがほとんどパニックを起こして泣き叫んでいました。
どうしたのだろう? と思い,部屋に入って見てみると,
我が家の共用廊下に面した部屋の,壁から床一面に大量のアリがうごめいていたのです!
それだけでなくアリたちは机の下や洋服ダンスの裏側などあらゆる所へ入り込んでいました!

とにかくこのアリたちを処分しなくてはと思い,アリの大群に向けて大量の殺虫剤を投与!
部屋の中のアリたちを片付けたところで部屋の外を見てみると,
共用廊下にアイスクリームの食べ残しのようなものが落ちていて,そこにもアリたちがいました。
そこで,すぐさまそのアイスクリームへも殺虫剤を大量投与!

どうやらアリたちは,そのアイスクリームのところから近くの壁を伝って
我が家の窓の隙間から部屋に入り込んできたらしいのです。
これは決して作り話ではありません。
想像してみてください! 家の床一面にアリの大群がうごめいている場面を!

アリといえば「働き者」で誠実なイメージですが,
状況が変わって私たちに不都合な場面となると,もう害虫でしかありません。
なんと身勝手なことかと思いますが,同じような場面に遭遇すれば,
皆さんも同じように行動するのではないかと思います。

ハトのときも書きましたが,まわりの環境とうまく付き合うためには,
その環境や,環境の一部であるハトやアリのこともよく知らなければならない。
当たり前のことですが,ハトにもアリにも固有の世界があり,異なる生態系をもっています。
それぞれの固有の世界を知り,尊重しつつ,私たちの固有のくらし(世界)の中に
ハトやアリの好む環境(世界)を作らないようにすることが肝要だと思いました。

(N)

この記事に


.


みんなの更新記事