全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全89ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

県外への研修より

地方にある教育関係の会社が集まった「全日本地方教育出版協議会」(略して「全地教」)という組織があります。我社もそこに加入していて,毎年持ち回りで事務局を務め,事務局のある県で研修会を開いています。今年は10月11日〜12日に,愛知県名古屋市で開かれました。

初日は,総会ということで,企業開発部会,業務・総務部会,編集部会に分かれ,部会ごとに各県の会社が日頃の事業活動に関する課題などを出し合い,それらに対する解決策などについて意見交換をしました。

私は,今年は業務・総務部会に参加させていただきました。我社は編集部門中心の会社ですので,販社であるしんきょうネットと毎年一緒に参加しており,業務・総務部会にはしんきょうネットの担当者と共に出席しました。そこでは他県の学校での販売の様子や,扱われている教材などについて,様々な状況をお聞きすることができました。

弊社は,事業としては編集部門だけですが,この事業を成り立たせ継続させていくためには,相応の売上を出し続けていかなければなりません。売れなければ事業の継続もあり得ませんので,売るためにはどうすればいいか,どのようなものが売れるのか,いつも意識して仕事をしなければなりません。

普段は,実際に学校を回って販売しているしんきょうネットの担当者からの意見や,編集母体である信濃教育会が毎年実施している学校へのアンケートの回答などを参考にしていますが,今回のような他県での状況をお聞きすると,長野県だけでは聞こえてこなかった情報や意見などに触れることができて,とても刺激になりました。

この協議会に集まっている会社の中には,例えば,現在の我社と同じように,夏休み帳などの教材を以前は製作していたのですが,だんだん販売部数が減り,ついに製作から撤退し,今では仕入販売のみを行っているという会社があります。

また,ある県の会社では,現在の我社と同じように諸表簿を作っていて,以前はたくさん販売していたのですが,校務支援システムが学校に導入されたことにより,売上げが激減し,今では校務支援ソフトを導入できない小さな市町村の学校からの注文しかないとのこと。

いずれも,我社にも似たような状況が見え始めている中で,近い将来,訪れるかもしれない近未来図のような会社がすでにあることを目の当たりにして,複雑な気持ちがしました。我社も次の時代に繋がっていくような新しい教材の開発に取り組まなければなりません。

二日目は好天に恵まれ,汗ばむくらいの陽気の中,広い名古屋港にある水族館で,クラゲやシャチ,北極のベルーガなどの珍しい動物を見たり,南極観測船「ふじ」の船内を見学したりと研修を楽しませていただきました。少し時間がたってしまいましたが,事務局の皆様,どうもありがとうございました。

(N)

この記事に

相乗効果

信教出版のブログ「信教出版の編集日記」は,毎週更新ということでスタートした。
順番にブログ当番といった形で折々の内容を綴っていく。
制作中の学習教材・書籍について,季節の話題,自身の経験や考えていること等々。
内容の縛りがないのは,作り手である私たちのことを感じていただけたらという思いがあるからだ。
それぞれ,仕事の合間を縫って書き続けている。

そろそろブログ当番だと思うと,何を書こうかと考え始めるわけだが,
今回は,出張やら,自身の都合で大分ご無沙汰となってしまった。(申し訳ありません。)
当初は,都立美術館の「藤田嗣治展」に行ってきたことを書こうと思っていたのだが,
書けずにいる間に意識がどんどん変遷していき,
ここのところ改めて意識した「相乗効果」について書くことにした。

弊社の主な仕事は,学習教材,書籍類の企画・編集・発行である。
既存の出版物の改訂もあれば,すでに絶版になったもののリニューアルや
まったく新しい企画の検討など,時々の状況の中で仕事に取り組んでいる。
信教出版の編集スタッフは,現在6名であり,チームで仕事を推進という体制ではないが,
定期的に少人数の検討会を開いている。

それぞれが資料を持ち寄り,それについて短時間の検討会を行うのだが,
いろいろと思いついたことを口にしあっているうちに,
思わぬ方向に話が進んでいくことがある。そんなときはわくわくする!
それぞれの言葉が反応し合って,どんどん膨らんでいく気がして本当に楽しい。
そして,その結果として問題点が解消できたり,さらによいものになったり…。

近頃は,かつてに比べて人間関係が希薄になってきている感がある。
信教出版でも忙しい先生方や同僚になかなか相談ができず,ついつい自分で抱え込んでしまい,
その結果,行き詰って前に進めず,時間ばかりが過ぎてしまうこともあるように思う。
そんなときは,悔しいけれど自身の限界を自覚して,誰かに声を掛けることが肝要ではないか。
だれかの行き詰りに気づいたときは声を掛けることをためらわないこともまた然り。

パソコンが会社に入り込んできたころ,
マニュアルを読んでもいじってみてもなかなかうまくいかなかったことが,
同僚や知り合いのデザイナーに尋ねることで一挙に解決したことがよくあった。
そんなとき,長い時間,考え続けた自分に腹を立てたりしたけれど,
考え続けた自分ではなく,聞けなかった自分に腹を立てるべきだったと思う。

人には,年齢や性別,経験の違いなどからさまざまな考え方,感じ方があるのだと思うが,
その点で今の信教出版は小所帯ながらとてもバランスのよい状況にあると思う。
“三人寄れば文殊の知恵”というが,くしくも検討会もそれぞれ三人構成である。
検討会は今後も続く。自身でじっくり考えることももちろん大切なことであるが,
検討会を通して1+1+1以上の「相乗効果」を生み出していくつもりである。

この記事に

秋ですね

 秋になりました。個人的に,いちばん好きな季節です。
 なにで秋を感じるかは人によって異なると思いますが,私の場合はキンモクセイです。キンモクセイの香りが漂うようになると,「秋がきたなあ」と感じます。私はキンモクセイの香りがとても好きなので,キンモクセイの香りがしてくると,深く息を吸い込んでしまいます。通勤途中にもキンモクセイの木があり,そこを通るのが最近のちょっとした楽しみでした。しかし,今朝見ると,もうほとんど花が散っていて,香りがしなくなっていました。少し残念です。
 子どものころ,いつでもキンモクセイの香りが楽しめるように,キンモクセイの香水があればいいのにと思っていました。それを思い出してインターネットで調べると,たくさんの種類のキンモクセイの香水があり,驚きました。ショッピングサイトを見ると,やはりこの時期は人気なのか,入荷待ちのものもいくつかありました。香水をつける習慣はないのですが,キンモクセイの香水は少し試してみたい気もします。しかし,一年のうちの限られた期間だけ楽しめるからこそ,いいものなのかもしれないという気もして,悩みどころです。

 さて,秋といえば,「この会社は秋が忙しい」と入社時から言われてきました。実際,私も入社した昨年と比べると,仕事が増えています。最近は考えるべきこと,するべきことも増え,「何か忘れていないか」と不安に思うこともあります。自分のするべきことをしっかり確認し,一つ一つ着実に進めていきたいと思います。

この記事に

ブログについて

 弊社の向かいにあります長野市立図書館が,工事中につき12月まで休館しています。趣味が読書の私にとっては悲しいニュースです。
 読書の中でも私が最も好んでいるのは小説ですが,同じくらいエッセイが好きです。エッセイでは小説では決してわからない著者そのものに触れることができます。凄く難しい内容や怖い話を書く著者でも,エッセイの中では買い物が好きだったり,運動不足だったり,アクティブに動き回るのが好きな人もいれば,家の中にこもりがちな人もいたり。食べるのが好き,というエピソードを読んだりするとついつい自分と重ねて共感してしまいます。先日亡くなられたさくらももこさんも,漫画のファンという人と同じくらい彼女のエッセイが好き,という声を聞きました。
 さて,入社してから約3年ですが,この度退職することになりました。今までしてきた仕事の中でも,このブログを書くという行為は,文章を書くのが苦手な私にとって実はちょっぴり重荷でした。でも,他の人が書いたブログを読むのは,その人の日常を垣間見れるので,エッセイを読んでいるようでとても楽しかったです。この教材を作った人ってどんな人なんだろう? その答えがこのブログの中に詰まっているかもしれません。これからは一読者としてブログの更新を心待ちにしています。お世話になった皆様,ありがとうございました。

この記事に

『感性発揮の時代』

 中川弘泰著『感性発揮の時代』が,あと少しで発行のはこびとなっています。
 皆さんは,「感性」とは何だと思いますか。絶対にこれだ,と定義づけられるものではないと思いますが,ある辞書には,「何かを感じ取る力」と書かれていました。自然から何かを感じたり,人から何かを感じたり――そういう心のはたらき,感受性を磨いていくことが,自分も相手も大切にできる生き方につながるのではないかと思います。
 この本は,感性を発揮し,人々がともによりよく生きることについて書かれています。

 いじめや児童虐待が後を絶たない現代において,大人も子どもも心に問題を抱えている。それを解決するには,学校,家庭,地域が力を合わせなくてはならない。そこでは,心の豊かさを生み出す源・感性が重要である。

 人の心に感性を育み,豊かに生きるとは何なのか。長年教師をされ,長野県下の小中学校の校長も務められた中川先生が,前作の『感性を育てる教育―いじめ根絶のために−』に引き続き,実体験を踏まえて描いています。
 ぜひご期待ください。

平成30年9月7日発行,ご注文はしんきょうネットまでお願いします。

この記事に

全89ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事