ここから本文です
かど333のブログ
ほぼバイクネタ・・・。ZX14R、bimota DB6 デリリオ ZZR1100D、Dトラッカー、XR100モタード,など
本日は、MOTO FES SATSUMA&肉月灯いってきました。

イメージ 3

空気圧をチェックし、いざ出発

駐輪場が決まっていましたのでそこに止めようかと思ったのですが、時間が早かったせいか近くが開いてましたので、屋根付きの場所に止めておきました。

イメージ 4

MOTO FES SATSUMA&肉月灯のスケジュールはこんな感じです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
 到着後、バイクを見て回り

イメージ 8

BMW

イメージ 9

KTM

などをじっくり見てました。

イメージ 10

こんな感じのSRかっこいいですね。ちょっと欲しい感じです。

イメージ 11

SR400のインジェクションモデルを手にいれ弄ろうと思ってましたが、ドカのおもちゃを頂いたので当分先になりそうです。

イメージ 12

ハスクバーナーもなかなか過い感じでした。

イメージ 13

ヘッドの大きさに対してシリンダーの短さにビックリでした。

イメージ 14

この電動自転車もかなり気になりましたが良い値段します。

一通りバイクを見てからお肉を食べまくります。
そうこうしてると、指宿のTさんや、佐賀のマートさんなと、ZX14R乗りの方とお会いできました。

イメージ 15

会場は、凄く良い匂いで何処のお店に行くか悩んでしまいました。

イメージ 16

食べながら並び、を繰り返してたら、色々と写真取り忘れてしまいました(笑)

イメージ 17

イメージ 18


着いて直ぐは人が少なかったのですが・・・。

色々食べ、バイク見ているウチに雲行きが怪しくなってきました。
その為、帰ることに

イメージ 19

帰り途中、晴れてきましたのでコンビニ休憩
 その後、まだ時間有ったので、クロモリシャフトのインプレがてらいつものコースに出かけてみました。

イメージ 20

 江口浜は、風が強くウィンドサーフィンの方で賑わってました。

イメージ 21

海沿いは、海風のせいで花粉が飛んでない為、快適でした。
しかし、山の中走るときは、涙で前が見えなくなるほどでした・・・。

クロモリシャフトのインプレとしては、リアの接地感が増えた様でした。
しかし、フロントの接地感が若干悪くなったようです。
セッティングをしないと行けない感じがしました。




この記事に

開くトラックバック(0)

 福岡のZX14R乗りの方が、ウィリー製スイングアームに変更予定でクロモリシャフトが要らなくなると言うのを聞いてましたので、売って欲しいと頼んでいたところ、ようやく手元に来ることに。
 
イメージ 1

譲って頂いたのは、
ビトーR&D製クロモリシャフト
アクティブ製 ブレンボキャリパーサポート

キャリパーはまだ無いので、楽しみにしていたリアのクロモリシャフトから取り付け。

イメージ 2

ピカピカに洗浄して重さを確認

イメージ 3

シャフト、ワッシャー、ナットで
640gでした。

イメージ 4

いつものTask製のヌルヌルグリス使っていきます。
クロモリシャフトに薄く塗り込み、純正を外して行きます。

イメージ 5

割れピンを外してナットを緩めます。
サクッと抜いて
そのまま交換

イメージ 6

トルクレンチにて内緒のトルクで締め上げます。
スレットコンパウンドを座面とネジ部に塗ってますので規定トルクで締めてしまうととんでもなくオーバートルクになってしまいますので・・・。

イメージ 7

完成

外した純正シャフトを洗浄し、秤に乗せてみると

なんと



イメージ 8

シャフト、ワッシャー、ナットで
590g
・・・・・

なんと純正の方が50g軽いです(笑)

剛性の差が出るはずなので、後は試乗して変化を見たいと思います。

3/26に
が有るので乗っていこうかと考え中
しかし、雨降りそうなんですよね・・・。

かんまちあ鹿児島市上町ふれあい広場
〒892-0812 鹿児島県 鹿児島市浜町2-20
イメージ 9

鹿児島の肉は、レベル高いので美味しい物食べに行きたいと思ってます。

この記事に

開くトラックバック(0)

 最近、内緒な作業が多くてブログアップしてませんでしたが、ようやく再開。

イメージ 1

こんなことや

イメージ 2

こんな事してました。

そして今回、ZX14Rの2度目の車検がやってきましたので、温存しておいたサイレンサー取り付け

イメージ 3

いつものサイレンサーを外し

イメージ 4

装着。
しかし、バネの長さが足りず・・・・。

イメージ 5

用品屋さんにてバネをゲットし、ついでに宇宙忍者のストラップもゲット(笑)

イメージ 7

バネを付けて完成

翌日、鹿児島市内のバイク屋さんへ

イメージ 8

偶然、指宿のTさん来られてました。
自分のZX14Rが爆音でコレで車検通るの?と思われたようです。

 車検対応マフラーですので大丈夫なはずと伝えておきました。
何時も付けているカーボンステンサイレンサーの方が静かですので自分でも大丈夫かな?と思ったりしてますが・・・。

Tさん、工場長さんとバイクを見ていると、あるバイクを見てしまい、ZX14R下取り出して購入を検討

あるバイクとは

イメージ 9
2017年モデルZX14Rハイグレード

これ、に乗り換えてしまおうかと。
見積もり取って後日連絡来ました。
自分のZX14Rは、結構下取りが高く、買えちゃいそうな金額でした。

しかし、欠点が。
自分の2012年モデルは、マフラーの制限が緩く片側1本出しでも車検対応マフラー出てますが、2014年以降は、2本出ししか対応品を見かけません。
その為、規制に縛られて大変そうでしたので、車検受けて乗り続けることにしました。

また、カラーリングが大きく変更されていませんでしたので、足踏みしてしまいました。

次の週に継続車検受けバイクの引き取りに

イメージ 10

この日は雪の為、融雪剤がまき散らしてありましたので車で取りに行き増した。

 帰ってから、サイレンサー交換


イメージ 6


 ココで問題発生。
ネジをなめてしまいました・・・・。
仕方ないので、用品店にて買い出しし、

イメージ 11



イメージ 12

完成。

イメージ 13

今年から、ステッカーが大きくなったようで、ナンバー枠にかかってしまいます。

何だかかっこ悪い感じですね。








この記事に

開くトラックバック(0)

 正月休みに、頂いたバイクを取り敢えず転がせるようにしたいと思い、コツコツとレストア開始することに。
 まずは、現状の把握から。

イメージ 1

箱の中を開け、クランクケース内の部品を見つけることが出来ました。

置き場所を作る為に計測開始

イメージ 2

大体の大きさが分かればよいので適当です(笑)

イメージ 3

何となく頭に設計図が出来たので、ホームセンターへ

イメージ 4

こんな感じの板を購入

大体の大きさに線引き

イメージ 5

丸鋸でカットして、DIY

イメージ 6

インパクトドライバーにて枠作り

イメージ 7

完成したのはコレ

普通の木枠です(笑)

イメージ 8

クランクケースにクランクを入れ計測開始

イメージ 9

会わせた状態で、センター測ったり、シムの計測

ガスケットがないと、イマイチ正確ではなかったので、ガスケットを手に入れてから本格的に計測しようと思いました。

気長に組み立てて行こうと思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

久々に自宅のベットで爆睡してしまいました。昼から、積み荷を下ろし、片付けから。

 処分品の頂き物は、こんな感じに無造作に積んでありますが、組み立てると中々のバイクに仕上がるんです。

イメージ 1

この写真で分かる方は、結構いるでしょうね(笑)

イメージ 2

 頂き物の部品はこんな感じにバラバラなってます。

 チョイチョイ足りない物もありますが地道に探して完成させようかと思います。
 先ずは、パーツリストをゲットしてから、チェックしていかないと何が足りないか分からなそうです。


イメージ 3

 エンジンは、計測してからシム調整し、キッチリ組み上げていこうと思います。

 荷下ろしし、片付け終わり用品店に遊びに行ってきました

 
イメージ 4

良さそうな福袋が有りました。
防水バックにキャンプ道具詰め込んで車に乗せておこうかと思い購入

帰ってきてから、車のメンテをしていきます。

先ずはオイル交換
イメージ 5

ジャッキアップして馬咬ませ、オイルを抜きます。

その間にフィルターを交換

イメージ 6

かなり真っ黒です・・・。

新しいフィルターに交換後
まだオイルが抜けていなかったので、切れたヘッドライトの修理をついでにやっておきます。

イメージ 7

前回、バルブ切れしたときに購入して置いたヤツを取り付けていきます。

 バルブのスペアが前回有ったのでそれを使ったのですが、今回も、同じ所が切れてしまいました。
 サクッと養生テープ貼りバラス準備
イメージ 9

慣れた物で直ぐ外せました。

 新しいキットからバルブを外して点灯させてみると点かず・・・。

 その為、バラストが壊れている可能性高かったので、バラストごと交換

イメージ 8


バラスト交換すると点灯するようでしたので、左右共に交換

ついでにフォグの修理を

イメージ 10

ヤフオクで購入した安いバルブ

イメージ 11

バッチリ点いたので、新しいバーナーの焼入れ行ない取り付けて終了


イメージ 12

バッチリ光軸も取れていそうでした。

そうこうしてる間にオイル抜けきったので、オイルを入れてみました。

イメージ 13

今回は、48と38のブレンドで行きます

イメージ 14

オイル量見ながら、少なめに入れておきました。

あとは、オイルの慣らしに出かけたいと思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事