あした

「われわれは戦争に負けたのであって、奴隷になったのではない」(白洲次郎)

全体表示

[ リスト ]

実用化されればPAC3やSM3よりは的中率が高いような気がするのは、マンガの見すぎかな?


<ミサイル迎撃>高出力レーザー兵器開発に着手 防衛省方針

5月13日3時4分配信 毎日新聞

 防衛省は12日、ミサイル迎撃のための高出力レーザー兵器の研究、開発に来年度から着手する方針を決めた。来年度予算の概算要求に盛り込む方針だ。北朝鮮のミサイル発射や核実験で日本上空の脅威が高まる中、日本の防空機能を強化する狙い。まずは本土防衛に直結する地上配備型レーザーの研究、開発を目指すが、将来的には航空機搭載レーザー(ABL)についても検討する。
 日本は現在、弾道ミサイルの迎撃手段として(1)地上配備型の「PAC3」(2)イージス艦に搭載する海上配備型の「SM3」――の2本柱で両迎撃ミサイルの配備を進めている。PAC3はミサイルが大気圏に突入後、着弾するまで、SM3はミサイルの大気圏外の飛行中の迎撃を想定している。これに対しABLは、弾道ミサイル発射直後の撃ち落としやすい段階での迎撃手段として米国が開発を進めている。
 ABLについて日本はこれまで、発射国上空の迎撃が領空侵犯につながったり、ミサイルの攻撃目標が日本であることが判明する前に迎撃すれば、憲法解釈が禁じる集団的自衛権の行使となる恐れがあるため、研究や開発には慎重だった。
 しかし、1日の日米安全保障協議委員会(2プラス2)でミサイル防衛(MD)分野での協力強化がうたわれた。米側からABLの開発に対し協力を求められていることや、北朝鮮の脅威が昨年7月のミサイル発射で顕在化したことから、慎重姿勢を転換させる方針を固めた。【田所柳子】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070513-00000005-mai-pol

対空レーザー兵器は、米国とイスラエルが2006年から共同開発に着手したそうだが、

イスラエルが最近、金を出し渋っているらしくて、それで日本に出資を求めてきたのかもしれない。

実戦配備までどれくらい掛かるものやら・・・。

世界最強の軍事力を手に入れようとしている中国共産党と、北朝鮮が進めるミサイル開発はそれを待ってはくれない。


それよりも攻撃そのものを抑止できる核装備の方が有効だと思うがなぁ。

米国も、本気でシナや北朝鮮に核ミサイルを撃たせたくないなら、日本の核武装を認めるべきだと思うが。


以下はウィキペディア(Wikipedia)から。
戦術高エネルギーレーザー (THEL: Tactical High-Energy Laser) は、アメリカとイスラエルが共同開発している、対空レーザー兵器。移動可能なバージョンはMTHEL (Mobile Tactical High-Energy Laser) と呼ばれる。

  概要
THELの本格的な開発は、1996年7月18日のアメリカとイスラエルの協定により開始された。THELは高エネルギーレーザーを利用した兵器システムで、レーザー生成技術の証明、レーザー制御技術の証明と、現存のセンサーや通信技術から新しい対空防衛能力を持たせようとしていた。THELの目標は、短距離から中距離にかけての接近戦での問題に、他のシステムや技術とは異なる解決法を提供し、それにより戦闘部隊の能力を高めることである。また、THELは1迎撃辺りのコストが低く(約3000$)、低コストの空からの脅威に対して、費用対効果で優れた防御策となるかもしれない。60回の射撃で再装填し、5kmの範囲では100%に近い迎撃率となることを目標としている。

THELは1998年に発射試験を行い、初期作戦能力 (IOC) の獲得は1999年と計画されていた。しかし、移動型のMTHELのため再設計を行い、かなりの遅れが発生した。最初の固定式のデザインにはかなりの重量、サイズ、電力の制限があり、現代の流動的な戦闘には適していなかった。MTHELの目標、大きなセミトレーラー3台分のサイズで移動できることである。最近になり、イスラエル政府が予算を減少させたため、IOCは少なくとも2010年まで延期されている。

2000年から2001年にかけて、THELは28発のカチューシャのロケット弾と、5発の砲弾を撃墜している。また、MTHELもテストを成功裏に完了した[1]。2004年8月24日に行われたテストでは複数の迫撃砲弾の撃墜にも成功している。このテストでは実際の迫撃砲による攻撃を想定し、単体の迫撃砲による射撃と、一斉射撃の両方が試験された。目標はTHELの実験機により迎撃、破壊された

AL-1 (航空機)
 
YAL-1は、アメリカでABL(Airborne Laser、空中発射レーザー)兵器システムとして開発されているMW級の酸素ヨウ素化学レーザー(COIL)を搭載し、主にスカッドミサイルのような戦域弾道ミサイルをブースト段階で撃墜するために設計されたミサイル迎撃機。改造されたボーイング747-400F型機に各種レーザーやターレット、管制システムを組み込んだものとなる予定である。


  概要
地上実験では1980年代に、ごく低出力の初期の実験機が、いくつかのミサイルを撃墜することに成功している。2002年には機体が初飛行を行い、2006年にはCOILの地上試射において、必要な出力を必要な時間照射することに成功した。 2007年現在、機体は追跡レーザーと標識照射レーザーを組み込んだ状態で飛行し、実際に飛行中の目標を追尾する試験を行っている。

ABLでは、ミサイルを焼き切ったり、崩壊させたりするわけでは無く、ミサイル表面に熱を加えることで表面を弱らせ、飛行時の圧力で機能不全を引き起こす。これが上手くいくことが実証されれば、7機のAL-1Aが導入される予定である。

当初は2008年の運用が予定されていたが、開発の難航から計画は再検討された。現在の計画では、2008年中に試作機により試験用のミサイルの撃墜が試みられ、この試験が終わるまで、最終的な設計の確定は延期される。ミサイル防衛庁(MDA)は、この試験で取得したデータを元に設計の変更を行うと語っている。


戦術高エネルギーレーザー は1迎撃当たりのコストが約3000$と非常に安い。

精度を上げ、軽量化を進めれば「使える」兵器になるかもしれない。

問題は集団的自衛権だろう。





しかし、時代の流れとは物凄い。

ちょっと前までレーザー兵器なんてマンガのだと思っていたが・・・。

もうちょっと時代が進めば、核を無力化する「ニュートロン・ジャマー」が登場するかもなぁ。

閉じる コメント(6)

実現するかどうか分かりませんね。実現するとしても遠い遠い将来でしょう。しかも、実現すれば迎撃ミサイルよりは役にたつでしょうが、完璧ではありません。・・・ポキッ♪

2007/5/14(月) 午前 3:38 coffee 返信する

顔アイコン

今のところアメリカにたかられているだけのような気がしますが。SFとしては面白いですが、なかなか難しいでしょうね。まずやられないようにする、そしてやられる前にやるが基本じゃないでしょうか。

2007/5/14(月) 午前 10:58 [ 紙屋 ] 返信する

顔アイコン

ガンダムとGファイターが一機配備されれば・・ビームサーベルで弾頭だけ切り落としてくれるのに・・・

2007/5/15(火) 午前 8:13 ねりサザビ 返信する

顔アイコン

Coffeeさん、そう簡単には実戦配備できるとは思えませんよね。ミサイルよりはマシかもしれませんが、迎撃システムには100%という数字は縁がないでしょうね。

2007/5/15(火) 午後 0:45 しんのすけ 返信する

顔アイコン

moukoさん、イスラエルが財布の紐を締め出したから、と言う気はしますね。抑止力の保持、専守防衛ではなく先制攻撃、ですよね。国防の基本だと思います。

2007/5/15(火) 午後 0:48 しんのすけ 返信する

顔アイコン

ねりサザビさん、う〜ん、日本列島を背にしてガンダムとコアファイター1機じゃ守りきれないと思うけど・・・(^^;迎撃するなら発射直後のミサイル。日本海上にサザビーをずらりと配備して、一番高い熱源に「あたれー!!!」ってのがベストでしょうか。

2007/5/15(火) 午後 0:55 しんのすけ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事