マイナス思考 2

 マイナス思考の一番は自身の現状、現在いる場所を否定的に捕える、否定的に見ることが一番、多いのではないでしょうか。

 私の場合は大学が問題でした。他人からみれば一流大学ですから、それを否定的に捕えていること自体が信じられないところがあるでしょうし、まして同じ大学に通っていた人々、特に我が大学は愛校心が強い事で有名でしたから、何なのかというものでしょう。

 勿論、あからさまに大学を否定的に語りはしませんでしたが、強く忌避したことは間違いありません。

 何故、そんなに否定的であったかというと、その頃、大学のキャンパスは建設中でひどい埃だらけで、緑の欠片もありませんでした。そしてマンモス大学の荒涼たる雰囲気は凄まじいものでしたし、私立大学で、皆、遊ぶこと以外には考えておらず、お金が無い私には辛い時間になりました。

 大学紛争が起き、学内は荒れ、一人の友人も得る事が出来ず、ネグレクトという形の虐めに遭う事になりました。実に苦しい、どうしようもない、救いの無い日々でした。これで愛校心を持てという方が奇妙でしょう。

 大学への反発と敵対心は卒業も続く事になり、OB面した先輩に苦しむ事になり、卒業後は縁がほとんどありませんでした。

 こういうことというのはよくあることなのかもしれませんが、大学時代のつながりをまったく欠いた人生というのは、私のように個人で生きることを選ぶ事になる人生では、なかなかハンデになるものであったように思えます。
 また、誰よりも研究者向きと呼ばれたような人生の中では、大学へのとっかかりを持たないという事は、大学への道を塞ぐことにも繋がりました。

 さて振り返ってみた時に、大学で何を専攻したのか、という問題が後を引いている感じもあります。経営工学とか、工業経営とか呼ばれる学科、学問の深さに欠けた背景の悲劇みたいなものも関係しているように思えます。

 まぁ、どちらにしろ大学の発展、学問の発展とは無縁でありましたし、今でも愛情はまったくありません。これは大学にとっても、私自身にとっても、幸福とはいえない出会いであり、結末です。

この記事に

マイナス思考

 兄がマイナス思考ばかりの発言ばかりだったので、マイナス思考というのは何なのだろうかと、最近、思う事があります。

 私自身も、若い頃はマイナス思考が激しいもので、プラス側にものごとを捕える事が難しいというか、自身ではそうでも無くても、発言自体がマイナスというか、否定的なことが強くあったように思えます。ある部分、友人たちに呆れられていたところもあったように思わないではありません。

 それが転換して行かざる得ない事態が生じるのは、33歳ぐらいの頃に会社を首になり、独立して仕事をしていかざる得ない立場に追いやられたからです。マイナス的な事を言ったり、否定的な態度では、やる気が無いと見なされたら、仕事は来ないし、どうにもならなくなるからです。

 まぁ、それでも意欲を持って独立したからすれば、私なんかの意欲はかなり低いものでしかなかったでしょう。それでもともかく前に進まなければ、どうにもなりませんでしたから、夢こそ語れませんでしたが、前に進む事は推し進めていきました。

 批判というのは、えてしてマイナス思考的なものになりがちで、積極的に困難を引き受けるつもりが無いのに批判を繰り返す事は、非常にその人の人生を歪めるものになりがちである事は、理解しました。ですから気を付けています。
 ま、それでもボランティアをしながら、結構、厳しく批判してますなぁ・・・・まぁ、性分がそうなんであり、家系的にも、そういう傾向があるのでしょう。

 プラス思考というのは、ちょっとバカみたいなところもありますが、世の中を生きていく上ではプラス思考である方が歓迎されるというか、最終的にはHappyな方に行くような感じがします。

この記事に

有名文化人 3

 所属サークルの中で評価される形から、その業界の中の有名人と接触ができていくという流れとは別に、何らかの形で表現されたもの、あるいは何かしらでヒットしたことで注目されるようになる、あるいはヒットしなくても、ある種、注目を集めることが起きる場合があります。

 それは見かけ上は極めて些細なことであったり、たまたま通りがかっただけの事で、面白いなと、そんな感じで人から人へと伝わるような、そんなことがあります。

 例えば農産物を作っていて、たまたまできてしまったとか、これまでの農業に疑問を抱いて、新たなやり方で挑むとか、そんなことから取材が入ったりして紹介され、それに興味を持った人が訪れる、そこで何かしらの話題が広がって行くようなそんな場合もあります。

 こういうことというのは行政的にも把握される事があり、そこから広がる場合もあります。行政というのは、相当に広く情報を収集するというか、情報が入ってきますので、何かしら法律に触れるのではないかという感覚が本人、周辺から出て、そういう形で接触があります。

 昔の事ですがイベントの企画をして、ちょっと謎めいた感じのラベルをあちこちに貼り付けたところ、警察の方から何ですかという、問い合わせがあったりしたことがありました。まぁ、騒がしい時代であったことも影響しているのですが。

 こういうなにがしかの波紋が起き、それが広がって行く。それが所属するサークルでバックアップされる、あるいは暗黙の了解を得る、あるいは逆にトラブルというか問題視されるという中で、また、波紋が思ってもいない方向に動いて行く事になります。その波紋の渦中に有名人が登場してくると、波紋は複雑な様相を示して行く事になります。

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事