ブログの閉鎖

 ブログでは無いですが、トラブルが起きまして、ネット環境を整理するというか、年も年なので断舎利を実行する事にしました。

 7月20日頃にブログならびにHPを全面的に閉鎖します。

この記事に

開く コメント(0)

人形 1

 人形のブームというのは、それほど表面に出ることなく底流にあり、それもいわゆる可愛らしい、女の子が喜ぶような人形は常に一定のボリュームがあります。その一方で、人の形をしているという事で気持ち悪さが必ずあって、恐れとも、奇怪とも言えるような感情があります。

 これが宗教像になると、不気味さは鳴りを潜めてくるところは人間の微妙な感性なのでしょう。そしてこういう人形に対する感情というのは民族性もあって、近くは朝鮮半島あたりでは、呪術性が根強い傾向から逆に人の顔がついたものを恐れる、嫌がるという話を聞いたことがあります。

 日本の場合は世界的に見ても非常に高度に多様に発展しており、文楽のように非常に高度な人形劇があったりします。
 その中で美術的芸術的な人形に大きな関心があり、彫刻を目指す若いアーティストは減り、人形を目指す人が増えているように感じられます。これは同じ人の形を作るにしても、彫刻、石にしろ、木、金属にしろ、大変な労力が要り、しかも銅像を作るような時代では無いですから、需要が小さく、食べていけない。それに対して人形は小型で木やプラスチックが主体であって作りやすく、コレクターがおり、需要もある。相場も一体あたりでみれば値段は遜色ないくらいに高額で売れる。しかも表現の幅が広い。これでは人形作家が増えるのは当然でしょう。

 創作人形は、今に始まった事ではなく、伝統から抜け出した人形という事で、人形学校で教えている人形のほとんどがそれであって、数多くの作家がいます。数多くの賞も存在します。ここらも実に日本だと思います。

 こういう中にあって、60年代に渋沢龍彦氏が紹介したBellmerの人形が、従来の人形世界の人々では無いアーティストに大きな衝撃を与えます。 
イメージ 1H.Bellmer

この記事に

ビデオ

 リタイア後に備えて映画三昧の日々を過ごそうかと、200本くらいの名作映画ビデオを備えていたのですが、あにはからんや既にリタイアしてから五年も経っているのに、1本も見ていないという惨状で、こりゃあ見ること無いなと処分に乗り出しました。

 60代くらいの頃にリタイアした後の生活で想像したことが、ことごとく裏切られて行くようです。あれぇ・・・・kらいなもので、分からないものです。

 計画したとおりになった人もいない訳ではなさそうですが、大抵の人は私と同じで予想外の方に転がって行く感じです。
 私の場合、現役時代の趣味を続けるには金が足らなさすぎるというか、ないものですから、とことん自制して、見ないようにする、足も向けないということをやったものですから、お陰さまで金は使わずに済んだけれど、すっかり疎くなり、また、業界自体も崩壊状況です。

 価値観が変化しているのです。変態じみた趣味も、もはや古いというか、見向きもされない、従ってそれを扱っていた店も、ほぼ都内から消失してしまって、覗こうにも覗きようもない。

 若者たちは、今はどんな捌け口があり、どういう表現をしているのか、ひどく見え辛いものになりました。時折変な事件がありますが、要領得ないというか、何だろうとは思ってはいるのですが・・・・。

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事