レジリエンス

 先日、統合失調症に関する講演会がありまして、そこでレジリエンスという言葉を学びました。精神的に追い詰められるような困難に遭った時に、精神的回復力なり、困難に対する抵抗性、耐久性のことを意味するそうです。これの反対語は精神的脆弱性です。

 個人的な資質以外の周囲との関係や環境も含まれるようです。つまり何か遭った時に、崖から落ちるような状況の中で、手を繋いでくれるような、支えるような人が周囲にいたりすることも含めての精神的な強さを意味するのでしょう。

 レジリエンスには自尊感情、ユーモア、対人関係能力などがあり、困難の中で様々な引き出しというか、そのことだけに囚われないで他に目を向けていく新奇性の追求のようなものが入っているようです。

 このことに注目したのは、心を病む人の、何度も書いてきましたように「普通」過ぎることがあります。前回の正義の話もそうなんですが、苦しんでいるのだから、当事者なんだから、もっと奥深くまで考えたらどうなのか、という感想を持ってしまうところがあります。

 絵でも音楽でも漫画でも映画でも、何でも良いのですが、角が立たない。驚くべきほど普通の人がするものと同じなのです。私の方が、というよりは私が非常に強い好奇心を今でも維持している、つまりはレジリエンスが高いために、何故、彼らが「普通」でいられるのか分からない。何故、そこに留まっているのか?

 病で苦しむ中で、当然のように突破しなければならないと思われる感性が「普通」であることで行く手を阻む。それが病の回復を遅らせるのか? 夢中になって突き進む事を阻むのは自身の問題なのか、薬のせいなのか、障害者を取り囲む福祉政策なのか、まだ答えが見つかりません。

この記事に

正義感

 障害者の話の中に正義がかなり主張される事があります。時として正義は刃のようなものですから、健常者の私からすると、それは言葉に出さない方が良いと思えるような場合もあります。特に健常者と向かい合った時に、正義を主張する。
 これが障害者同士の事になると、正義の主張はほとんど見えなくなります。むしろかばい合うところがあります。

 正義の主張が虐めとか、ネグレクトなどを引き起こしてきたのではないかと思える場合もあります。正義の刃が逆に自分の方に向いて、自身を傷つけるようなこともあったのではないかと。
 虐めに遭っている人を助けようとして、自分も虐めの対象になり、酷い目に遭い、それが不登校などを引き起こしたという話を聞かれたこともあるのではないかと思います。それが原因で精神病を発症するというよりも、それが切っ掛けになるという感じはあるのかもしれません。

 正義の論理というのは難しいものです。それに納得して行動を改めることよりも、反発と、侮辱を感じる心持の方が多いように感じられるのです。そんな事を言うお前はどうなんだという風にです。

 ここら辺は育ちの問題が大きいとは思いますが、正義を唱えることの快感が生み出すものでもあるのでしょう。障害者が正義の立場、ヒューマニズム的なロジックで攻め立てられると、こちらは何も言えなくなる所があるのですが、それで問題の一部が解決するにしても、簡単には感情の方の修正はきかないと私には思えます。

 正義を唱えざる得ない立場はよく分かりますが、言うほど簡単な話ではないと思えますし、差別は払拭されない。差別は悪かもしれないが、それでも配慮という区別は残るのは当然の事なんだろうかと思わないではありません。

この記事に

連帯

 精神病にしろ、他の身体障害、知的障害にしろ、個別性は非常に大きく、同じ身体障害の中でも、障害の程度も大きな差があり、精神的にも一方ではパラリンピックに出るほどの強い意志があるなど、健常者である一般人よりも大きな差があるように感じます。

 精神病にしても、発症した時期による人生経験の差は著しくあり、病のレベルにも大きな差があります。また、寛解のレベルにも差が大きくあり、まったく健常者と変わらない、いくら見ても、話をしても、まったく分からない人もいれば、無表情で感情を見せないし、ただ俯いて座っているだけの人もいます。
 ここらは寛解のレベルが分からないので、より時間が経てば普通に話ができるのかどうかは、私には判断できません。

 これだけの差異がありながら、互いに、いたわりあうところが濃厚にあります。健常者よりも、はるかに他者を非難したり、批判、侮辱する事はありません。明らかに妄想を喋り散らしている人がいても、それを否定したり、たしなめようとする人は誰もいない。

 仲間意識が強く伝わって来る場合が少なくありません。被害者同盟的な何かのようです。ただその場合においても相手の人生に深入りするようなところは、見られません。過剰に仲が良いという雰囲気はありません。

 ある種のグループ的なものがあるのかどうか、よく分からない。電話をしあっている仲は感じる事はありますが、当然のことながら、私は彼らの仲間にはしてもらえません。スタッフも仲間ではありません。

 彼らには、優しさに溢れていますが、向ける先は障害者仲間にあり、健常者には壁を築いている。障害者仲間の範疇は病の種類を超え、病状も超えている。生活の恵まれ方も、生き方も随分、異なったものになっていても、仲間は仲間であることに変わらないようです。

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事