全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全207ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 植物のガイドを辞めると宣言したものの強くひきとめられ、うだうだしながら、ともかく休むと言ってから、一月ほど経ちました。

 時間が経つと、益々、ヤル気が失せるという感覚で、これまた不思議な感じがします。ボランティアというのは、やはり相当に気を込めないと持続できないのかもしれません。意外なほどあっさりしたものです。まぁ、これでフェイドアウトかなという意識が強いもので、こんなものかと。

 今回のいろいろなやり取りの中で、ボランティアの歴史というか、その園の管理体制の歴史とボランティアの歴史とが噛み合って、それぞれいろいろな歴史を刻み、それが運営にも反映しているのだということが分かりました。

 ボランティアを使っている組織というのは、まぁ、そんなに管理レベルが高くなく、人材的にもたいしたことのない人が当たるということもあるのでしょう。つまりは情けないものでありまして、巧く使いこなすことも、なかなか無いというか、ボランティアの方も最初はともかく慣れてくれば、好き勝手にやるという特質もあって、なかなか面倒な事が起きがちであるということなのでしょう。

 人間関係なんていうのもスルリと抜けてしまう感覚で、全然、関係なくなるようです。まぁあえて会いたいと思う人も誰もいません。希薄さこそがボランティアのボランティアらしさなのでしょう。

この記事に

リアリティ

 アメリカを除く先進国では戦争へのリアリティを喪ったというか、国を挙げての戦争はリアリティがありません。ここに先進国以外の国々がつけ込むというか、居丈高にのさばる感覚が強くあるように思います。北朝鮮なんかは典型ですが、どうせ戦争ができないに決まっているという感じが濃厚に伝わってきます。

 戦争を厭わない、恐れない、暴力の力で支配を強めるという感覚は、現在、批判やら非難が強いポピュリズムとも絡み合っていて、なかなか不思議な国際環境を作り出しているように見えます。自国ファーストを唱えれば最終的には力で力を制するような感覚になるのも止むえないところがあり、軍事力を強化する流れが生まれるのでしょう。

 私自身は、現在、湧きあがるポピュリズムを否定する気持ちはありませんし、力には力で対抗するのも、グローバリズムの中では当たり前のように必要であると考えるものです。奇妙なヒューマニズムに立脚したパヨク的な主張は害しか生み出さないと思っていますから、自らの力どころか、反省することも無く、自分だけの正義を振り回す輩が横行する世界にはうんざりです。

 変な主張やらできもしない嘘をばらまき、繰り返している連中に痛い目に遭わせたいという気分がポピュリズムとなって噴き出している感覚があります。こn時代感覚は相当に長く支配するかもしれません。

この記事に

知的障害者

 私がボランティアで行っています社会復帰支援施設には、複数階あり、他の階には様々な障害者のための施設があります。身体障害者、知的障害者のための施設もあり、複数の障害を抱える人々もいます。彼らとの交流は基本的には入口などですれちがうくらいですが、施設全体のイベントが年に2回くらいあり、また、バザーなどの支援のための催しもあります。

 そんな状況ですので、何となく身近にそういう人々がいる事に慣れつつあるし、NHK教育番組で障害者関係の番組を視ることも最近では多くなりました。

 感じる事は非常に多様であるという事実と、それぞれの障害に対する向かい合い方なり、社会の対応にも、大きな違いがあって、それを何かいっしょのように考えてしまう自身がいます。

 知的障害と精神障害とは何が、どう違っているのか。生活のどの部分がどうであるのかを考えたりします。同じように黙って座っている、あるいは何かをしようとする時、彼らの動作は似ていても、我々の受け取り方には大きな差があり、対応して動くこちらの働きかけにも大きな違いがある。

 どちらが辛いのかを問うこと自体、無意味ですが、それでも精神障害の方が辛そうに感じる事があります。知的障害では、やれることを時間がかかるにしても、少しづつ増やしていく、それらを通じて解放されていくことができるならば、未来への扉が開けられる感覚があります。

 精神障害では、病院・医師・薬という枷の重さは非常に大きく、ある種のやるせなさを感じないではありません。

この記事に

戦争

 駅前で共産党が「監視社会が来る」なんてことを絶叫していまして、何ていうか、共産党くらい密告と監視が凄まじい党なり国は無いのに、何と言う皮肉かと思わないではありません。

 まぁ、そんな阿呆な我が国の野党の嘘ばかりというか、自分達の事じゃないかというブーメラン状況はともかくとして、最近の第二次朝鮮戦争が起きるのではないかという雰囲気の中で、今さらながら朝鮮戦争での死者数などで、ゴミが煽り始めています。

 60年以上の前の朝鮮戦争が再び繰り返されるような論調というのも困った話でして、国際関係も軍事技術もまったく違う中で、同じような戦争が起きるというのは、まやかしというか、まったく何も考えていないゴミなり、TV文化人の酷さとしか言いようもありません。

 勿論、今度の戦争がどんな形になるのか、私のレベルでは分かりませんが、朝鮮戦争という特異な戦争が繰り返される可能性は相当に低いものであり、中近東の対テロ戦争のようにもなりそうもない事は確かです。一瞬で終わる可能性の方が高いように見えます。

 人が大量に死ぬと煽ること自体が北朝鮮を擁護することになり、益々、手が付けられないほどに増長して行くことを促す事になるでしょう。
 ネットで読んだ話なので、どこまで正確か分かりませんが、シリアの化学兵器、サリン爆撃に、アメリカが攻撃したのを反対したのは、ロシアとイラン、そして朝日新聞と毎日新聞だけであるという話があり、ロシアやイランはともかく、我が国のゴミは世界的にも惨過ぎることが明らかです。いったい我が国のゴミは何を報道し、どのような価値観を持っているのか。
 今の韓国の歴史認識と同レベルの意識しか持ち合わせていないようだという感じを濃くします。

この記事に

学芸員

 どこかの大臣? が学芸員は諸悪の根源という発言があったそうで。ボランティアをしている関係で学芸員と言われる人との接触もあるので、軽い感想を。

 相変わらずTVのワイドショーは自民党叩きというか、安倍たたきに奔走しておりますが、この発言の趣旨は、実際、どんな流れの中から出てきたのか、まったく分からないで、相変わらず言葉尻だけを捕えて強い批判をしているだけで、私なんかも、どんなニュアンスなのか、よく分からない。
 よく分からないで、こんな文章を書くのも難なのですが・・・・。まぁ、それはさておき、学芸員とは何ぞや、という話です。

 公務員の中で、博物館とか美術館といった文化施設で、所蔵品の収集、管理、展示などを担当する係で、それに付随した研究・調査を業務とする係です。単なる公務員ではなく、ちょっと格好良い感じで、公務員の中では比較的人気のあるものですが、この資格を持っていると給与的に恵まれるということは少ないようです。

 学芸員という事になると、その分野、美術や歴史、文化あるいは科学に造詣が深そうな感じを受けますが、これがなかなかそうでもありません。学芸員の資格を得る為には試験があるのですが、そこでは一般的な博物館学などが主力で、具体的な展示物などについての試験ではないからです。

 ここには独特の奇妙さがあり、学芸員の中で熱心な方は展示物関係の勉強というか、研究を懸命にしますが、そうでもない人が大量にいる。見るところ、熱心に勉強される人は1割か、2割か、そんなものです。

 学芸員は将来的に大学の先生になるのかというと、これまた非常に稀というのが現実のようです。そういう人は在職中から大学にも出入りもするし、本を書いたり、我々ボランティアにいろいろ教えてくれるのですが、まぁ、少ないというか、そんなことにさして興味も無いようです。

 これが諸悪の根源と言われても、よく分かりませんが、美術館なり博物館の本来の機能を果たすには役立たないというのは、よく分かりますし、一部を除けば、まぁ、しょうもない存在であるということは・・・・・。

この記事に

全207ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事