過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

第二次朝鮮戦争

 刻一刻と第二次朝鮮戦争に向かっているようです。明らかに一線を超えてしまった感の強い北朝鮮政権です。これも若さからの浅はかさなのでしょう。交渉のレベルではもうありません。アメリカが何時、戦端を開くかという事だけになったかの様相です。

 この事態をまったく報道しないワイドショーは、いったい何なのだろうかと思わないではありません。相変わらず大臣の些細な発言やら、ありもしない加計学園の問題にしがみついて、政権批判を繰り返しています。この切迫した事態をどう考えているのやら。

 戦前の報道も、こんなものだったのかもしれないと思うのです。話によれば、昭和10年前後の世間の話題と言えばエロ・グロ・ナンセンスに満ちており、猟奇的な犯罪ばかりが世間を騒がしていたようです。迫りくる戦争の話題なんてないし、アメリカとの戦争も一部の連中を除けば関心は異様なほど無かったと言います。

 これでは突然、戦争は始まるものだという説も肯けない訳ではないのでしょう。しかし、本当は報道がどのようにされるかは別にすれば、非常に長い時間がかかって戦争にたどりつくものです。今回の北朝鮮とのことも朝鮮戦争が終わってから60年強。核危機が叫ばれ、本気で爆撃をアメリカが検討した1994年から23年が経過しています。

 おや地震です・・・・・・・・・・。ちょっと中断。

この記事に

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事