マスゴミ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

トランプ批判

 日本のゴミも酷いけれど、アメさんのゴミも相当なものです。トランプ大統領も大変だと同情もしたくなります。オバマとは大違いです。

 いかにゴミは恣意的なものであり、偏向していることが海の向こう側からみていると、よく分かりますが、皆さんは多分に、日本のゴミの報道を受けて、トランプは酷いと思っているのではないでしょうか。
 言葉尻を掴んで捻くり回す、元から気に食わないから、ともかく些細なことを拡大して貶める。まったく日本で起きている事と同じです。本当に、それが本当に問題なのかです。

 日本がそうであるように、実はゴミとは無関係にタンタンと進んでいる事の方が重要なのでしょう。で、大変残念な事に日本の事はまだ分かりますが、アメリカで何が起きているのかは全然、分からない事です。ある種のパヨク退治という側面も否定できませんが・・・・。

 トランプの支持者はゴミの総攻撃に近い状況の中でも、ほとんど影響を与えていないのではないかと思うのです。ゴミがまたやっている、多分、そんな感じです。ゴミがこれからどうなっていくか、ゴミの連中のほとんどは何も考えていないでしょう。しかし、行政の中心にいる人々は様々な事を考えているでしょう。それが恐怖だからこそ、政権を叩いているという、もっとも既得権益を守ろうとしている人々こそがゴミなのでしょう。

 アメリカの衰退・終焉を語る人々は多いですが、ゴミそのものが崩壊した後にどのような世界が出現してくるかは、なかなかの難問です。

この記事に

戦争というもの

 終戦の8月15日が近くなって、例年どおり特番が新聞でもTVでも組まれています。私のような年寄りには、またかというものであり、相も変わらず日本が悪い、日本軍が悪いのオンパレードが続きます。いい加減にしろというのが私の正直な感想です。
 こんなことは表立って言うと、ひどく面倒になるので沈黙していますが、ただただ一方的な話が垂れ流されるし、それを信じている人が多くいるというのも情けないと思う気持ちです。

 勿論、私の意見が正しいとか、そんなことを言う積りはありません。しかしながら当時の世界情勢がどうなっていたかくらいは考えて欲しい事もあるし、せめて外国人の書いたものぐらいでも読んで欲しいとゴミの方々には申し上げたい。毎年、毎年、同じパターンの繰り返しをして、実に仕事として楽だろうとは思いますが、夏休みも欲しいからだろうとは思いますが、怠慢という誹りからは逃れられないでしょう。

 まぁ、こんな番組はほとんど見ませんが、見ても数分と持ちません。何言っているんだコイツは、という感想が先に立ってしまって、長く見るのに耐えられないからです。
 例えば、何故日本は早く戦争を終わらせなかったのか? 何ていうセリフがあって、軍部の非難が続くのですが、戦争というのは、前回の話ではないのですが、始めるのに長い時間がかかったように、終わらせるのにも、長い時間がかかる、軍部なんていう組織の問題ではないのです。特に大東亜戦争のように中国との絡みがあり、天皇が止めろと言って止まるものでもありません。そして何よりも相手が止めてくれないのです。

 真珠湾攻撃から数カ月先にはアメリカは戦後世界の絵を描き始めます。つまりアメリカの戦後に合うような形での日本の敗北しかあり得ないのです。日本が4年後に経験する様な全面占領であり、日本社会の根本的な改造です。第二次世界大戦が人種戦争と呼ばれる世界です。
 覇権国に成り上がるアメリカというイメージには、立派な国として振舞う、自由平等の旗手としてのアメリカではない。強欲な資本主義帝国であり、白人の優越であり、占領されたら何をされるか分からないとした敗戦直後の日本人の不安は決して被害妄想ではありません。それは起きなかったけれど、反日国家群に囲まれるし、反日ゴミは形成されるし、パヨクの方々も、アメリカによって作られたと言っても良いのです。

 幕末以来、百年の間、死ぬか生きるか、白人の奴隷にならないように、懸命に闘い抜いてきた我々の御先祖様の思いを誇りと思う事が私は大事だと思うのですが、パヨクの方々はそうは思わないのでしょうなぁ・・。

この記事に

第二次朝鮮戦争

 刻一刻と第二次朝鮮戦争に向かっているようです。明らかに一線を超えてしまった感の強い北朝鮮政権です。これも若さからの浅はかさなのでしょう。交渉のレベルではもうありません。アメリカが何時、戦端を開くかという事だけになったかの様相です。

 この事態をまったく報道しないワイドショーは、いったい何なのだろうかと思わないではありません。相変わらず大臣の些細な発言やら、ありもしない加計学園の問題にしがみついて、政権批判を繰り返しています。この切迫した事態をどう考えているのやら。

 戦前の報道も、こんなものだったのかもしれないと思うのです。話によれば、昭和10年前後の世間の話題と言えばエロ・グロ・ナンセンスに満ちており、猟奇的な犯罪ばかりが世間を騒がしていたようです。迫りくる戦争の話題なんてないし、アメリカとの戦争も一部の連中を除けば関心は異様なほど無かったと言います。

 これでは突然、戦争は始まるものだという説も肯けない訳ではないのでしょう。しかし、本当は報道がどのようにされるかは別にすれば、非常に長い時間がかかって戦争にたどりつくものです。今回の北朝鮮とのことも朝鮮戦争が終わってから60年強。核危機が叫ばれ、本気で爆撃をアメリカが検討した1994年から23年が経過しています。

 おや地震です・・・・・・・・・・。ちょっと中断。

この記事に

老人ホーム

 NHKのドキュメント72時間で、超高額、ハイレベルのサービスを提供する老人ホームの72時間を紹介するものがありました。皆さんも見られた方も多いのではないかと思います。

 入居料は正確ではないですが、3500万円。月々の利用料は案内はありませんでしたが、多分、一人当たり30〜40万円くらいじゃないかと思います。

 素晴らしいオーシャンビュー、つまり三浦半島から太平洋を望む風景を個々の部屋から眺められる。素晴らしいホテル並みの食事、出入りは自由ですから、利用者同士で各地に遊びに行く光景が映し出されていました。実に優雅な、幸福に満ちた老後の風景であり、夫婦で、あるいは単身者で暮らす。少し具合が悪ければ隣接する病院へ。

 こういうのを見て、良いなぁ、と思う人も多いのじゃないでしょうか。お金があれば、ああいう老後が理想かと思わせるような演出でした。
 そこでは80代は長生きではない、90代がごろごろしている世界で、60歳そこそこで入居し、既に30年近い年月を
ここで暮らしている人が紹介されていました。

 30年近く前と言えば、世の中は60歳定年の時代で、子供がいない夫婦とか、相方に死なれた単身者とかが、後の事を考えて入居する感覚で、特に不思議な事ではありませんが、それにしても、このような環境で、死ぬまでの何十年も暮らすというのは、なかなかのものがあります。本人たちもこれほど長く生きるとは思ってもいなかったでしょう。

 親戚にも、親が残した財産に加えて、一流会社の役員までやってお金もあり、子供がいない事もあって、ここではないけれど高額の老人ホームに入居した夫婦がおりました。
 スタッフが何から何までやってくれる環境、食事も洗濯も、掃除も何もしなくても良いというのは、年齢が80歳そこそこくらいまでは良いでしょうが、それ以降になって来ると、外出の頻度が減り、何もやることが無くなっていくことから認知症が急激に増大するという話を聞いたことがあります。

 ドキュメンタリーの中に老いていく事の恐怖も無ければ、病気、中でも認知症への恐れを語る言葉はありませんでした。訪ねてくる親族の話もありませんでした。虚構に満ちたゴミ報道です。

この記事に

願望のみに頼った報道

 NHKのBS世界ニュースに、多分、朝だけだと思うのですが、韓国のTVニュースを5分くらいでしょうか、流しています。
 で、これがなかなか奇妙というか、ごく普通の国と同じような報道の内容になっていて、少し注意していないと、流れ過ぎてしまうようなものなんですが、いろいろネットはともかくとしても、新聞や雑誌報道との落差が際立っているのです。

 今日から始まる米韓首脳会談を巡って、韓国TVは、数日前にはアメリカの有力議員が声明を発表し、首脳会談を歓迎し、韓米関係の重要性を強く訴えたという話がありましたが、これはTVの中でも異例なことであるとされていましたが、我が国どころか、アメリカでも報道されていない話でした。昨日辺りには米議員からTHAAD配備問題の重要性をトランプ大統領に進言したという話はありましたが・・・・。

 今日のTVでも、今回の首脳会談は同盟を確認されるだけの形式的なものであるという報道であり、THAADは話題ではないと強調され、我が国のこの首脳会談が韓米同盟に決定的な重要性を持つだろうという報道とは対照的な姿を見せています。

 韓国がこれからどうなって行くかは、なかなか面白い話ではありますが、ここで取り上げたのはゴミの態度です。自身の願望以外は報道していない。これは決して韓国だからではなく、日本でも同じであり、本当の問題を少しも報道しないというか、庶民には知らさない方が何事も便利というか、都合が良い。本当の事はゴミが独占する、どうでも良いことばかりを報道する姿勢は世界共通のゴミの特質かもしれないと思わないではないことです。

 都知事選を控えての安倍叩きが激しさを増していますが、その内容は本当にどうでも良いような話ばかりであり、実に国家の大事とは無縁の話ばかりという惨状です。第二次朝鮮戦争が始まるのではないかという時においてです。
 憲法改正への安倍首相の意欲が彼らを駆り立てているのだろうか、中国や韓国から金が流れていて、こんな報道になっているのだろうかと、ワケワカメの思いを巡らすような日々です。

この記事に

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事