ここから本文です
かび臭い物置小屋
ブログ説明、サイトマップは書庫の「初めての方へ」へ飛んで下さい。

書庫全体表示


イメージ 1

「勇気は全ての生命体が持つ力の一つである」



イメージ 2
イメージ 3
イメージ 11

対戦末期に部下を庇ったが故に長い間ステイシス状態に陥ってたスターセイバーがサイバトロンと人類の技術を結集した新たなボディで復活した姿。前よりボディが小型化したが、Vスターとの分離技能が失われるなど若干スペックの低下が見られた為、 ビクトリーセイバーのバックパックをモチーフとした「Vジェットウイング」が取り付けられている。


イメージ 9
イメージ 10

大型宇宙戦闘機に変形するが、元々人類が対デストロン用に作った大型ロボットをベースにしている為、コックピット型ジェット機と接続すれば3体のビークルに分離する事が出来る。分離したビークルにはそれぞれ人類が搭乗することも可能だが、主導権はスターセイバーが持っている為怪我人の運搬なども可能。




イメージ 4

セイバーブレードは戦いで失われてしまったが、新たに2振りの振動剣「スタークラッシャー」を与えられた。この剣は人類の科学者が開発したもので、刀身が振動することにより文字通り小惑星クラスの鉱物をも破壊する事ができる。


イメージ 5
彼にとってセイバーブレードが失われてしまった事はとてもショックな出来事であったが、現在はしっかりと切り替え新しい武器を一日でも早く使いこなす為の修行を欠かさない。最近はせっかく二本あるのだからと二刀流の練習をしているんだとか。

イメージ 7
腕のガトリング砲は威力は先の二つの火器に劣るものの、一分間に2000発を放つ事が可能。本人は「牽制に便利」とし、早速自らの剣術に織り交ぜる事ができないと考えている。


イメージ 6
肩のレールガンは小型ながらも共に強力で、胸部のコックピットに乗り込んだパイロットが操作する事もできる。スターセイバーとパイロットの息が合えば敵は剣技の合間から繰り出される強力な砲撃に嫌というほど悩まされる事になるのだ。

イメージ 8
終戦後に目覚めた彼は「既にセイバートロン星には復活されたコンボイ司令官など優秀な人材が多数いる」として、他の星でまだ紛争を続けているTF達の戦いを終わらせる為に外宇宙へと旅立った。
旅たちの前にコンボイ司令官は彼に「勇撃司令官」の称号を与えた。この称号は宇宙へと散らばった多くのサイバトロン軍を指揮する事ができる権力を持つ。彼の「勇気」を多くのサイバトロンが認めているからこそ得ることができた称号なのだろう。
そして今現在は宇宙の何処かで復活したと噂されるデスザラスの行方を追っていると言う...。

というわけでスターセイバーでした、これは去年のTFKのコンテストに出展したものの頭部を作り直したものですが...前よりはマシになったものの、それでも頭部のアップを見るとまだまだレベルの低さが現れていますな〜
今日も既に終了直前ですが、本日3/14はTVアニメ「トランスフォーマーV」の放送開始日だった事もあり、ツイッターに書き流した改造TF&俺設定のまとめも兼ねて記事を作成して見ました。...思いついたのが今日とはいえ、取り直しに時間をかけすぎてしまった...
それでは今日はこの辺で、失礼します〜

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事