ここから本文です
かび臭い物置小屋
ブログ説明、サイトマップは書庫の「初めての方へ」へ飛んで下さい。

書庫全体表示

※この記事はトランスフォーマーマイクロン伝説及びトランスフォーマースーパーリンクの設定を一部自分に都合よく解釈して二次創作した設定が書かれています、上記の2作品と矛盾する部分があることを踏まえてからご覧下さい。またそういった設定が苦手な方は読まないことを推奨いたします。

イメージ 1
「ユニクロンを止めることが私に残された贖罪だ!!」
ダブルフェイスはかつてデストロンのとある部隊の医療兵であった、セイバートロン星の月での戦いで後方支援に回っていたがそこで戦っていたトランスフォーマー達は彼を残して全員失踪(ユニクロンに吸収されたと思われる)、失踪した同僚を探すうちにマイクロン「シャドウ」と「ブライト」に無理やりエヴォリーションされたことでユニクロンの尖兵として洗脳された。
スーパーリンクでアルファQがユニクロンの体内に流し込んだエネルゴンによってアルファQたちが知らない間に復活した姿である。
ユニクロンから脱出した彼はスーパーリンクでの戦争の間をずっと自身の治療に当てていたため参戦することなくユニクロンは滅びてしまった。

それから数年の間は元々の医療兵としての腕を使い、セイバートロン星辺境の土地で医師をやっていたが、とある白と黒のトランスフォーマーが終戦後のデストロン達を集めてカルト教団を組織したことを知る。
その白と黒のトランスフォーマーはマイクロンである「シャドウ」と「ブライト」がどうやってかトランスフォーマーとして復活した姿であり、彼らの組織した教団はユニクロンを復活することを目指した組織であること知る。彼は医師としての腕を総動員してある歴戦の戦士を復活させることにした...



この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事