ここから本文です
かび臭い物置小屋
ブログ説明、サイトマップは書庫の「初めての方へ」へ飛んで下さい。

書庫全体表示

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 2

イメージ 1


大戦後の時代にデストロンの残党達で結成された遺跡荒らしを主な生業とする集団「レイダース」のリーダー
明日のエネルゴンからデストロン復活まで様々な目的で加入したレイダース達を実力と狡猾さで纏める若き首領

イメージ 11

イメージ 10
ビークルモードは戦闘ヘリ。流石に速さではジェット機には勝てないものの消費エネルゴンは少なく、小回りがききその場で滞空が可能といったこの形態は未開の地での探索に非常にマッチしたビークルと言える。


イメージ 3

 デストロン復活を目標とするレイダース達にあわせ、自らもデストロン復活を画策しているが、デストロンが復活した時に自分がリーダーであるよう生業の遺跡荒らしの中で強力な武器やエネルギーを探し求めている
現在愛用しているダブルセイバーもとある遺跡の中から見つけた物だ。


ダブルセイバーは分割、合体を行う事であらゆる戦況に対応できる
イメージ 12
イメージ 4


 二刀流や両手銃の時は肩部に装備したキャノン砲で遠くの敵にも対応可能

イメージ 5

刃を1つ取り付けた薙刀モードはもう片方の手で持った片手銃で中距離戦に対応する

イメージ 6

ダブルセイバーモードでは接近戦で無類の強さを発揮する

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 13

ダブルセイバーがなくても右手に装備したテイルブレードはその剛性と大きさから強力な剣として使用可能で、白兵戦時に相手の刀剣類を受け止めたり破壊する事が可能なペンチモードに変形可能。

イメージ 9

 両腕の装甲は展開して振り回すだけでも強力な打撃武器となる。

イメージ 14
 また武器ではないがスコープ機能の他に赤外線トラップの可視化や、危険物ではないかエネルギー反応を探知する機能を持った万能ゴーグルで未開の遺跡探索を有利に進める事ができる。
また、赤い目が完全に覆われるのでサイバトロンの住む田舎町程度ならバレずに侵入できるらしい?

イメージ 15
イメージ 16

  終戦直前に誕生した彼が何故優れた戦闘能力を持っているかは謎に包まれおり、一部では「終戦前にデストロンが起死回生を狙って作ったと言われている、エリート戦士に遺伝子組み替えしたプロトフォームではないだろうか」と囁かれている。
だが少なくとも未開の地に眠る遺跡や遺産の保護を生業とするグレン達にとって大きな商売敵である事は間違いない
終戦後も未開の地を舞台にサイバトロンとデストロンの戦いは幕を開けるのであった…


イメージ 17
イメージ 18

以上サルヴァストームでした〜
ようやくライバル役が完成、この対決セット的な図が撮りたかったんですw
ライバルという事で実は色々対になるよう意識してます(グレンが車なので空飛ぶ乗物を素体にしたり、オレンジに対して濃い青などetc…
サルヴァストームについて自分なりにこだわったのは「イケメンなライバル」(←
単に自分が「主役が非イケメン」パターンが好きなのもあってサルヴァはイケメンライバルと言う設定にしたかったので素体選定の時点でシャープな体型や武器は槍みたいなのがクールで良いかな?とか自分なりに考えてました

この記事に

開くトラックバック(0)

※この記事はトランスフォーマーマイクロン伝説及びトランスフォーマースーパーリンクの設定を一部自分に都合よく解釈して二次創作した設定が書かれています、上記の2作品と矛盾する部分があることを踏まえてからご覧下さい。またそういった設定が苦手な方は読まないことを推奨いたします。

イメージ 1
「ユニクロンを止めることが私に残された贖罪だ!!」
ダブルフェイスはかつてデストロンのとある部隊の医療兵であった、セイバートロン星の月での戦いで後方支援に回っていたがそこで戦っていたトランスフォーマー達は彼を残して全員失踪(ユニクロンに吸収されたと思われる)、失踪した同僚を探すうちにマイクロン「シャドウ」と「ブライト」に無理やりエヴォリーションされたことでユニクロンの尖兵として洗脳された。
スーパーリンクでアルファQがユニクロンの体内に流し込んだエネルゴンによってアルファQたちが知らない間に復活した姿である。
ユニクロンから脱出した彼はスーパーリンクでの戦争の間をずっと自身の治療に当てていたため参戦することなくユニクロンは滅びてしまった。

それから数年の間は元々の医療兵としての腕を使い、セイバートロン星辺境の土地で医師をやっていたが、とある白と黒のトランスフォーマーが終戦後のデストロン達を集めてカルト教団を組織したことを知る。
その白と黒のトランスフォーマーはマイクロンである「シャドウ」と「ブライト」がどうやってかトランスフォーマーとして復活した姿であり、彼らの組織した教団はユニクロンを復活することを目指した組織であること知る。彼は医師としての腕を総動員してある歴戦の戦士を復活させることにした...



この記事に

開くトラックバック(0)

※この記事はトランスフォーマーマイクロン伝説及びトランスフォーマースーパーリンクの設定を一部自分に都合よく解釈して二次創作した設定が書かれています、上記の2作品と矛盾する部分があることを踏まえてからご覧下さい。またそういった設定が苦手な方は読まないことを推奨いたします。

イメージ 12
「ユニクロンの復活を阻止するために私は何度でも蘇る!!」



イメージ 11








イメージ 10








マイクロン伝説で死亡したスタースクリーム、彼のエネルギーはユニクロンに到達し、全ての力を解放させたスパークはセイバートロン星を漂うことになった(別次元の同一人物、G1スタースクリームのように彼のスパークも幽霊としてセイバートロン星を漂うことになったと思われる)
彼のエネルギーはナイトスクリームとして復活し、彼のスパークはこの「アルマダスタースクリームR(リバイブ)」として復活した。

イメージ 1

彼を復活させたのは同じく蘇ったトランスフォーマーのダブルフェイスである。
ダブルフェイスは終戦後のセイバートロン星でサイバトロンの下で働くことに不満を持つデストロン兵達を率いるカルト教団「カオスブリンガー」がユニクロン復活を狙っていることを知った。しかしサイバトロンにこのことを連絡しても妄想として相手にされなかったことから、サイバトロン以外にカオスブリンガーと対抗する仲間が必要としてセイバートロン星を幽霊として彷徨う彼を復活させたのであった。

最初はダブルフェイスがユニクロンの分身であったことから信用しなかったが、ダブルフェイスに案内され忍び込んだカオスブリンガーの集会を見たことや、彼が自身を復活させたことから彼を一旦は信用することにしてカオスブリンガーを止めることにした。

イメージ 2
ビークルモードは以前とよく似たジェットに変形する。しかし前のボディそのままでの復活は叶わず以前より小型のジェット機となった。
ダブルフェイスは「前より小型になったぶん、小回りは良くなった!!」と言い張っている。

イメージ 3
ロボットモードの武装面も変更が加えられている。以前より小型のボディであることから出力が落ちたため、ウイングブレードを以前の仕様通りにすると片方のウイングがなくなった状態での飛行姿勢制御は難しいとされ、自身のエネルゴンを変換してブレードを生成する方式に変更された。前のブレードよりリーチが短くなったが代わりに体力に余裕があれば二本生成することができるようになった。

イメージ 4
小型化による出力低下を補う為に背部のブースターを可動式にして彼の激しい空中剣技を正確にアシストするようになっている。この為、剣を使った戦闘では復活前よりむしろ性能が上がっている。

イメージ 5
ナル光線キャノンはエヴォリューション機能こそあるがエヴォリューションしても威力が上がるのみで展開ギミックはなく、それゆえか以前より射程が若干下がっている。
その為スタースクリームは間合いを取ろうとした敵への追撃等中距離への攻撃に用いるようにしている。

イメージ 7
現在はダブルフェイスの他にパートナーマイクロン「ザップマスター」とともに行動している。
ザップマスターはかつてのパートナーマイクロン「グリッド」が他のマイクロン同様新天地を目指す旅に出ず留まり、彼のスパークの反応を追いかけるように放浪し続けた姿である。以前よりパワーアップしたからザップマスターと名乗りスタースクリームにもそう呼ぶように求めているが、スタースクリームからは「ああわかったよグリッド」と返されては怒っている。



イメージ 6
ザップマスターはエヴォリューションすることでスタースクリームの盾となる。この状態ではエヴォリューションで発生したエネルギーをナル光線キャノンやブレードに回すこともでき、「エヴォリューションのエネルギーをザップマスターの盾に集め敵の攻撃を弾き、直後にもう片方の手で持つブレードにエネルギーを集めて敵に叩きつける」という神業も可能になる。



「カオスブリンガー」はサイバトロンの下で働くデストロンの不満を煽動して各地でテロ行為を行っている為、それに仇なすスタースクリームを「裏切り者」と呼ぶ教団員も少なくない、しかしスタースクリームはユニクロンを止める為ならなんと呼ばれようとも決してその剣を止める気はないようだ。






以上、アルマダスタースクリームR(リバイブ)でした(名前長すぎ)
このカラーは海外版スーパーリンク「エネルゴン」の時期に海外のサムズクラブ限定で発売された「プロールvsスタースクリーム」セットのスタースクリームをイメージしたカラーになります。
イメージ 8
イメージ 9
素体としては海外版アルマダスタースクリームにこれまた海外のみでの販売であるジアクサスの関節パーツを移植したニコイチを使っています。
特に肩関節の移植はピン抜きがとてもやりづらかった、というか一回破損して買い直したりとかして...かなり高い改造となってしまいました(泣)



この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
7月8日にダイアクロンEXPOに行ってきました〜。
最初は限定品にも興味がなかったので行く気なかったのですが、後述のTFFMオフ会にが同日の夜だったので寄ってきました。
地味に好きな展示物が上に掲載した写真のたくさん遊ばれた感のあるダイアバトルスとロボットベース。写真では逆光で見えませんが、プレートに書かれてる「Thank you for hard misson.」の文字の通りこのボロボロの玩具をあえて感謝のメッセージとして展示するというセンスが好きです。

イメージ 2
イメージ 3
試作品やプレゼン資料なんかもパネルで展示、このcadとかもおそらくない?時代の試作品とかって凄く興味を惹かれました。

イメージ 4
夜からはTFFM5周年記念オフ会に出席、TFFMってどんあんイベント?って人はこちらの記事冒頭に簡単な(自分なりの)説明が書いてありますのでよろしければご覧下さい。
今回は本当にオフ会トイ感じで、お酒を飲みながらTFFMに行くうちに親しくなった方々とお話しして、ちょっとしたお楽しみ映像を見た後は恒例のビンゴ大会という感じでした。

イメージ 5
ビンゴ大会の景品は今回も豪華でしたよ〜

イメージ 7
店内にはトランスフォーマー/リベンジで登場したマトリクスが!!



イメージ 6
他の映画のアイテムも多く置かれ、アイアンマンの実寸大?立像なんかも置いてました。


イメージ 8
ちなみにビンゴではウィアードウルフをゲットしました。

短い時間でしたがこの後親しいフォロワーさんたちと二次会に行ったりして本当に楽しい1日でした。参加された皆様本当にお疲れ様でした。


軽めな内容でしたが今回はここまでです。次回のTFFMも参加できるといいなぁ...



この記事に


前回までのあらすじ(嘘だよ)
ビクトリーレオの助太刀を持ってしても激戦が続き、ようやくデスザラスを追い詰めたスターセイバー。しかし、降伏をすると見せかけてビクトリーレオを追って駆けつけたサイバトロン軍の増援をあっという間に殺害し、彼らのエネルゴンを使って体力を回復してしまった!
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 2

  
満身創痍の2人にトドメを刺すべく歩み寄るデスザラス。
イメージ 1
その時、ビクトリーレオが叫んだ
「こうなっては一か八かだ!スターセイバー、この新しい体でもできるかどうかわからんが、やつを倒すためには合体するしかない!」
「…わかった。」

イメージ 5
「決着をつけるぞ!デスザラス!!」
サイバトロン/重武装剣豪司令官「ビクトリーセイバー」

新たなボディになったスターセイバーとビクトリーレオが合体した姿。2人分の出力が1つのボディに集まった為にスターセイバーの剣術とビクトリーレオの高火力が両立したサイバトロンでも屈指の戦闘能力を誇る戦士。

イメージ 13
イメージ 14

前述の通りスターセイバーの剣術とビクトリーレオの火力が両立している為、間合いをとれば圧倒的な火力が襲いかかり、近づけば振動剣「スタークラッシャー」に一刀両断されてしまう。例え強靭な力を持って剣を掴み抑える事ができたとしても取り回しのいい火器に打ちのめされるだけでしかない。


イメージ 15

合体した事で形勢が逆転し、デスザラスは思わずプテラノドンモードに変形してその場を逃げ出した!「逃がさんぞデスザラス、今日こそが私とお前の因縁に決着をつけるその時だ!トランスフォーム!!」

イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19

ビクトリーセイバーのビークルモード「ビクトリージェット」。
ビクトリーセイバーの推進装置を2体の出力で限界まで引き出して飛行する事ができる大型ジェット機。1体でトランスフォーマーが運転する宇宙船1台を一方的に撃墜する戦闘能力も併せ持つ。 


イメージ 20

デスザラスはビクトリーセイバーがトランスフォームしている間に自分もプテラノドンモードからジェットモードに変形して遥か彼方へ飛んで行った…つもりだった後ろから物凄いスピードで飛んできたビクトリージェットがあっという間に後ろについた瞬間、2体のロボットに分離した


イメージ 6

スターセイバー・ガンナーモード
ビクトリーレオとバックパックを交換したスターセイバーの姿。
格闘能力は低下するがビクトリーレオとの役割交換を目的にした姿であり、狙撃力ではビクトリーレオを上回る。

イメージ 7スターセイバー・ガンナーモードに変形したスターセイバーはデスザラスのジェットエンジンを正確に撃ち抜いた!デスザラスは撃墜されるも4つ足に羽の生えた竜の姿、スカイドラゴンモードに変形して羽ばたく事で体制を立て直そうとした。

イメージ 10
イメージ 11

ビクトリーレオ・ビーストコンバットモード
ビクトリーレオがセイバーパックを装備する事で火力が下がった代わりに格闘能力が極限に引き出せるようになった姿。

イメージ 9

自分より大きな野獣型ロボットもノックアウトできる。

イメージ 8

分離したビクトリーレオの背中にスターセイバーがまたがることもできる。2人のブースターとビクトリーレオの脚力をもってすれば、墜落するもフォーミュラーモードに変形して逃走するデスザラスに追いつく事も不可能ではない。


イメージ 12

そして再びビクトリーセイバーに合体した2人、追い詰められたデスザラスは徹底抗戦の構えだ。ビクトリーセイバーは今度こそデスザラスを倒し、宇宙に平和をもたらす事ができるのか!?『さぁ、戦いだ!!!』(完)

この記事に

開くトラックバック(0)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事