ピオーネの一歩二歩山歩

四国の山を気の向くままに歩いて…

全体表示

[ リスト ]

2010年10月11日(月曜日)

櫃ヶ山(ひつがせん)953.5m


久能登山口12:06-五合目13:05/18-七合目13:35-櫃ケ山山頂14:00-大庭皿集落跡15:28-登山口15:50

同行者 むらくも

星山から国道313号を湯原方面に車を走らせること30分で久能登山口に着いた。

イメージ 1橋を渡り、対岸より櫃ヶ山を望む 

イメージ 2登山口入口の空いたスペースに駐車して、ここでお昼にした。お腹がいっぱいになったので元気をだしてさあ出発〜 斜め右上に登っていく。

イメージ 3すぐに案内板があり、孟宗竹の中に進む。「登山道に蜂の巣あり」「林道工事に伴い一部ルートを変更している箇所ありますので誘導板にしたがって登山してください」と

イメージ 4民家の畑の中を通ると、ツルボやお茶の花そしてノブキが咲いている。

イメージ 5桧林を抜けるころまだツリフネソウが咲いていた。

イメージ 6林道にに出た。星山からの林道が、増設されている。

イメージ 7振り返ると、登山口の方国道313号線がみえる。

イメージ 8林道を横切り登りだすとアキチョウジが沢山咲いている。

イメージ 9キバナアキギリ 登山道に花が咲いていると、疲れを癒してくれます。

イメージ 10五合目に着く。ここで、小休止 すると登ってきたご夫婦には、抜かれ、下ってくる親子にあった。

イメージ 11元気を出して登りだしたが、目の前に急な登り、前を行くご夫婦が、見える。
すすきの中、急なので、足元しか見えずふうふう言いながら登る。

イメージ 12振り返ると展望が広がって見える。

イメージ 13急さがわかるでしょうか?

イメージ 14やっと6合目です。

イメージ 15こんな雰囲気のいいところも通りぬけます。

イメージ 167合目をすぎて、やや平らな草原に出ると、標識板があり、左に銀嶺水と書かれている。3分ほど下ると、水が得られるそうな。右に「天狗の森」15分ばかりの回り道になるが、原生林があって、夏は涼しいとか。時間遅いので、どちらもパスしてまっすぐ進みます。

イメージ 17854mピークの下をトラバースして鞍部に着くと、天狗の森経由の道に合流する。

イメージ 18急な階段を登る  この階段には、一段ごとに倉敷市○○、岡山市XXと人の名前が書いてあります。

イメージ 19ここも紅葉しだしています。ここを登ると

イメージ 20頂上です。若い親子連れがいます。聞けば、小学1年生と3歳の子供です。小学生の子供下から登ってきたそうです。小さい時から山登りを一緒にしていたら、たのしみですよね。
そして私たちを抜いて行かれたご夫婦もいます。

イメージ 21すばらしい展望です。北には大山をはじめ、360度の展望ですが、山座同定ができません。パンとみかんを食べて少し休憩です。






その2へ
















この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事