ピオーネの一歩二歩山歩

四国の山を気の向くままに歩いて…

全体表示

[ リスト ]

2012年6月23日(土曜日)曇りのち雨

牛小屋高原レストハウス登山口9:9-夏焼峠9:41-早手のキビレ9:57-
カヤバタのキビレ10:26-立山尾根分岐10:38-台所原分岐10:43-恐羅漢山山頂10:45-
旧羅漢山11:19/11:49-恐羅漢山12:18/12:52-立山尾根分岐12:56-国設スキー分岐12:58-
レストハウス登山口13:49(4時間40分)


梅雨入りしてから思うように山に行けない。6月に台風が通りすぎた。
土曜日だけが曇りの予報である。ならばやっぱり山に行きたい。

タカネバラも見たいが、四国は台風の後で、渡渉がある山は、不安です。日本海側のほうが、晴れ間がある。
あそこだここだと前日夜まで、悩み、オオヤマレンゲの咲く山、もし雨でもブナの原生林があれば、大丈夫だろうということで、恐羅漢山に決めて、いつもの如く下調べもせず、布団に入る。

4時間かかりそうなので、3時半に起床、ワンちゃんの散歩だけ済ませ、豊中ICから高速に乗る。瀬戸大橋を渡り、山陽自動車道ー広島自動車道ー中国自動車道へ入り、戸河内ICで下りる。
すぐにところの道の駅の前の「おふくろ弁当」で、天むすを買った。
国道191号線を益田方面に向かい、いこいの村
を過ぎ、小板を左折して、恐羅漢山スキー場の案内に従って進みます。山の中を進むうちナビがあっているのだろうかと不安だったが、スキー場が見えてきて安心。

しばらくすると、広い駐車場に着く。すでに5〜6台の車があり、準備をされている方もいる。私たちも急いで準備をして、レストハウスの前に行くと、ここの方が、「オオヤマレンデ先週は蕾だったので、今日が見頃ですよ。サラサドウダンも残っているかも 昨年はいっぱい咲いていたんですよ」と教えていただいた。楽しみである。

牛小屋高原駐車場から眺めた恐羅漢山
イメージ 1

今回は夏焼峠から頂上を目指しますので、右に進みます。
イメージ 2

イメージ 3

牛小屋高原レストハウスから谷沿いの緩やかな気持ちの良い樹林帯を登って行きます。
イメージ 4

イメージ 23  イメージ 24



登山道にはコアジサイが咲いています。青紫が涼しげです。
イメージ 5

ギンリョウソウも 今年は沢山見かけました。
イメージ 6

ササユリが一輪咲いています。  
イメージ 7

夏焼峠  まっすぐ行けば中ノ甲や砥石郷山に行けますが、恐羅漢山へ行くので、左の尾根を登って行きます。

イメージ 8

最初は急ですがすぐになだらかな稜線 そしてブナやミズナラ、トチの木などの落葉広葉樹林が広がる。 小鳥のさえずりを聞きながら、進んでいく。
イメージ 25

途中下山してくるご夫婦の方からゲレンデのほうにササユリが咲いていますと教えていただいた。下りが楽しみである。
イメージ 9

頂上です。すでに沢山の人でいっぱいなので、そのまま旧羅漢山に向かいます。
イメージ 10

途中マムシ君がお休み中 その横を通り過ぎた時前から来られるご夫婦からまた情報をいただく。旧羅漢山のオオヤマレンデ見頃ですよ。花を写そうとしたらマムシ君が三匹いたそうな。この山は多いのかな〜 なだらかな稜線も昨日までの雨で足元はぬかるんでいます。なるべく木の上を歩いていたのですが、ぐにゅっ 靴が〜
イメージ 11

モリアオガエルの大きい卵 初めて見ました。もう水に落ちているのもありました。オタマジャクシになっているのでしょうか?
イメージ 12

旧羅漢山山頂に着きました。展望はありません。三角点のそばに三笠宮寛仁親王が登頂された際の登頂記念碑があります。 むらくもは大岩の上に登りました。展望はいいのですが山座同定ができません。登るより下りる方が怖いようです。
イメージ 15

大岩の右を回った大岩からオオヤマレンデが見えますが、遠目からしか見えませんので、下りて近くまで行って見ます。
オオヤマレンゲは見頃ですが、サラサドウダンはもう終わってました。残念
イメージ 13

イメージ 14

来た道を引き返します。途中オオヤマレンゲ目当ての方々とすれ違います。恐羅漢山でお昼にします。道の駅前で買った天むすをいただきます。他の何人かの方も同じお弁当を食べていました。有名なのでしょか。だんだん雲行きがあやしくなってきましたので、急いで下ることにしました。
イメージ 16

頂上から少し下がったところで、立山尾根への分岐からスキー場目指して、下ります。
岩の多い道、東赤石みたい ゆっくり下ります。

樹林帯の中を歩いているとポツポツ雨が降ってきました。でも木々の中なのでそのまま進みます。
あれ、見かけない葉っぱだわ あとで調べるとヤグルマソウ 花が咲いていたのは一輪だけでした。でも葉っぱは沢山ありました。
イメージ 26

立山尾根から牛小屋高原が見えました。
イメージ 17

スキー場が見えてくるころ、雨がひどくなり、樹林の中で合羽を着て下ります。樹林帯から出たところに遭難碑がありました。
ササユリが咲いていました。雨の中、笹に入り、写真を撮ります。
イメージ 18

イメージ 19

雨がひどくなり、後ろから合羽を持っていないご夫婦は駆け下りてきて、追い越していきました。
イメージ 20

あのかわいいアラゲナツハゼを探す余裕がありませんでした。
イメージ 21

イメージ 22






下山してもなお雨が降り続いているので、そのまま帰ることにし、戸河内ICまでくると、山の雨はうそのように全然降っていませんでした。またおふくろの弁当によって、ソフトクリームを食べ、帰路に着きました。
梅雨の合間にオオヤマレンゲとササユリを一緒に見られ、よかったです。
たまには、四国からも出なくっちゃ 

この記事に

閉じる コメント(2)

お疲れさまでした。
恐羅漢山頂でお会いしたのですね。
4人組みで登っていました。

オオヤマレンゲ、初めて見たのですが、帰って調べたら絶滅危惧種に指定されている貴重な植物だと知り、驚きました。

2012/6/25(月) 午後 10:30 [ ★ANCHOR★ ] 返信する

顔アイコン

ANCHORさんこんばんは〜はじめまして

恐羅漢山の頂上に写っている方ですね。
頂上手前で、追い抜かれた夫婦です。
モリアオガエルの卵のところで、最後尾で写真を写されているときお声をかけさせていただきました。

サラサドウダンは残念ながら、終わっていましたが、貴婦人のオオヤマレンゲちょうど見頃でよかったですね。
雨に会わずに下山されたのでしょうか?
四国にもオオヤマレンゲが咲く山がいくつもあります。
是非四国にもいらしてくださいね。
ピオーネ

2012/6/27(水) 午後 10:18 [ お天気のいい日に♪ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事