ピオーネの一歩二歩山歩

四国の山を気の向くままに歩いて…

全体表示

[ リスト ]

2012年8月4日〜5日

同行者 坊主さん・むらくも

山行きは、むらくものHPをご覧ください。

右東天狗・左西天狗岳(2645.8m)
イメージ 2

右根石岳(2063m)、奥に赤岳、左硫黄岳
イメージ 3

白砂新道から天狗岳(左西天狗)を望む
イメージ 4

イメージ 5

天狗岳・根石山では沢山の花をみることができました。
すべて写していませんが、紹介します。

初めて見た高山植物の女王とよばれる多年草のコマクサ(コマクサ属)
根石山荘前の砂礫地はコマクサの群生地

ほかの植物がとても生活できないような砂礫地にだけ生える。絶えず強風が吹いたり、ガラガラと崩れやすいところに耐えていけるのは、細いしなやかな根が地中深くもぐり、地上部から考えられないほど広く伸びているからだそうです。葉柄や花茎もかなりの部分が砂礫に埋まっているようです。
イメージ 1

西天狗岳をバックにコマクサ
イメージ 6

つぼみを横から見ると馬の横顔のように見えるので、駒草の名があるそうです。
イメージ 7

イブキジャコウソウ(シソ科イブキジャコウソウ属) 日当たりのよい岩礫地に広がってさいています。ハーブのタイムの仲間で、触れると香りが手につきます。
イメージ 8

アップで  
イメージ 9

コバノコゴメグサ(ゴマノハグサ科コゴメグサ属)花冠は白色で紫色のすじがあり、下唇の中裂片に黄斑があります。
イメージ 10

ゴゼンタチバナ(ミズキ科ゴゼンタチバナ属)登山道に沢山咲いていました。
イメージ 11

イワオウギ(マメ科イワオウギ属) 木質化した太い根があり、乾燥に強いので、砂礫地や岩壁に多い
黄白色の花が下向きにびっしりついていますが、花はもう終盤
イメージ 12

イワツメクサ(ナデシコ科ハコベ属)花弁は2裂し、10個あるように見えます。 
イメージ 13

オサバグサ(ケシ科オサバグサ属)  針葉樹林内で木漏れ日がさす場所にはえ、白い小さな花を咲かせています。葉はシダに似ています。
イメージ 14

ハクサンシャクナゲ(ツツジ科ツツジ属)の咲き残りが数輪あり、見られてラッキーでした。
イメージ 15

マルバノイチヤクソウ(イチヤクソウ属)葉はまるっこく、萼片の先はとがっています
イメージ 16 
      

              チョウジコメツツジ(ツツジ科ツツジ属)花冠は筒状です
イメージ 17イメージ 18

トウヤクリンドウ 夏の終わりを告げる花 花はやや黄色を帯びた白で青緑色の斑点があります。咲き始めているということは、秋の気配が忍び寄ってます。四国で見る紫と違って、清楚で大好きになりました。
イメージ 19

ミヤマオトコヨモギ(キク科ヨモギ属)  花茎は紫色で、花は10数個下向きに付いています。
イメージ 20

ミヤマダイコンソウ(バラ科ミヤマダイコンソウ属)  石鎚山でも見頃を見たことがなかったので、咲き残りでも沢山見ることができました。
イメージ 21

ミヤマミミナグサ(ナデシコ科ミミナグサ属)  花弁は5個で細かく裂けています。
イメージ 22 

ムカゴトラノオ(タデ科イブキトラノオ属)   上部に白色〜淡紅白色の花、下部にむかごをつけます。
イメージ 23

                     ヤマハハコ(キク科ヤマハハコ属)
イメージ 24イメージ 25

ヨツバシオガマ(ゴマノハグサ科シオガマギク属)
イメージ 26

リンネソウ ハイマツ林下に帯桃色の花が二個下向きについていて、とってもかわいい
一対の花を咲かせるので、ネオトバナとも言うそうです。
イメージ 27

花が多く撮影に時間をとり、予定より下山が遅くなりました。
坊主さん、アルプスデビューありがとうございました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事