ピオーネの一歩二歩山歩

四国の山を気の向くままに歩いて…

全体表示

[ リスト ]

冬の伊吹山へ その1

2013年1月20日(日曜日)晴れ

白猪谷バンガロー駐車場8:36-下の登山口8:46-林道寺川秋切線9:15-上の登山口9:21-上のワサビ田9:53-シラサ峠10:56-伊吹山頂上-12:26/13:19-シラサ避難小屋13:56/14:23-下の登山口15:10-駐車場15:41(7時間05分)

同行者 ヒコーキ隊3名・ストーンリバーさんご夫妻・Yさん・剣昔乙女さん
    A氏・K氏・ピオーネの10名

三年前から晴れた日に伊吹山の霧氷を見たことがないから一度見てみたいと、
昨年素晴らしい霧氷見た山仲間にお願いしていたら、
数日前に今度の日曜日に行きませんかと嬉しいお誘いがあった。
まずまずのお天気のようです。
しかし前日の土曜日の夜ネットで見ると、山は大雪で伊予富士途中で撤退していた。

登山口まで行けるのだろうか、行けなけば寒風山に行けばいいと待ち合わせ場所に急ぐ

ストンリバーさんが事前に登山口まで行けることを確認していただいたようで、行くことに決定
3台に乗り合わせ、国道194号線から、石鎚公園線に入り、Yさんと合流し、車を走らせます。長沢ダムは氷が張り、朝日に輝き綺麗です。カメラマンもいます。

ところどころ凍っています。上の登山道への分岐のところに轍がありますが、今日は下の
白猪谷バンガローのところから行くことにします。 この轍は、前日のエントツ山さんだったようです。このあとエントツ山さんと他の登山者のおかげで、私たちは、山頂まで行くことができることになりました。感謝感謝です。


白猪谷バンガローの手前に駐車場があるのですが、下の登山口まで車で行こうとしました。しかし他の方がいれば三台も止められないかもと、トイレのあるところに駐車し、準備 アイゼンもつけて出発です。
林道を10分で林道終点、作業小屋の横から登山道に入ります。トレースもしっかりついていますので歩きよいです。
イメージ 1 イメージ 2

渓谷沿いの道を進み丸太橋を渡って少し登ると、林道寺川秋切線に出ます。林道を進み、カーブを曲がると目の前に真っ白な帽子をかぶった山が現れます。
イメージ 3 イメージ 4

曲がったところは、昨年まで植林だったそうです。植林は切り開かれていますので、
上の登山口がわかりにくいのですが、トレースがありますので、右に少し登ると
イメージ 5

木々には霧氷はありませんが、青空に何とも言えない白い雲をみながら
イメージ 6

植林に向かって足元に気をつけて進みます。
イメージ 7 イメージ 8

30分ほど進むと、ワサビ田に着きました。周囲をネットで囲っていますが、雪でよくわかりません。そこから左の沢を渡り、対岸へ、
イメージ 9

再び小さな沢を渡ると、だんだん登りもきつくなる。ジグザグに登っていると上から下りてくる方がいた。ストーンリバーさんのお知り合いでした。霧氷はどうですか?と尋ねるとイマイチのようなお返事 だからこの時はみんな霧氷なんて期待していなかった。
イメージ 10 イメージ 11

この辺りから、うっすら霧氷が見え、朝日に融け輝いていた。もうこれだけで、急な道も元気になった。
イメージ 12

傾斜が緩やかになると霧氷もだんだんついてくるとみんなテンションが上がる。写真撮影も忙しくなります。右にシラサ避難小屋が現れますが、帰りに寄ることにして、ルンルンで歩いて行きます。
イメージ 13

倒木を潜るとすぐに
イメージ 14 イメージ 15

シラサ山荘に出ます。
イメージ 16 イメージ 17

目の前に石鎚山が現れます。一面真っ白。もう感動感動 瓶が森のほうも行ってみたいし、山荘にも泊まって、夕日と朝日も見てみた〜い♪   
イメージ 18

ここからは雪遊びの為、みんなはスノーシューを、私とYさんはワカンをつけます。昨年もってなくてしんどかったヒコーキ3号さんは、予定が決まってから早速ネットで購入したそうで、今日がデビューです。 動物の足跡があります。
イメージ 19 イメージ 20

さあ行きますよ。
イメージ 21

一人一人思い思いのところを歩いて行きます。もう童心にかえったようにはしゃぎながら
イメージ 22

四国山岳碑を過ぎ、林道を少し行くと向こうからやってくるのは「風雪ながら暮らし」さんではありませんか もう帰られるそうで、ご挨拶をしてお別れです。 
イメージ 23

見事な霧氷に途中から入って行きます。
イメージ 24

私はラッセルの跡についていきますが、時々ズボッと入ってしまします。ヒコーキ三号さんのシュノーシューはどんどん進みます。さすがスノーシューですね。一人もっていなかった昔剣乙女さんは、壺足にになりながら、ついてきます。「大丈夫?」「みんな軽いね」て

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

雪の重みで折れた枝 可哀そう


その2へ

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

霧氷の伊吹山。初めての人が3名もいましたが皆さんの思いが通じてか素晴らしい1日でした。よかったよかった。

今日は天気予報が良くない割には青空がのぞいていましたね。ゆっくり寝て10時から鋸山から豊受山を目指しました。この界隈霧氷が通勤の時たまに確認できるのですが今日はありませんでした。霧氷が付けば素晴らしいトンネルになりそうですね。

今度の日曜日。3号さんが時間が取れそうなので天気が良ければストーンリバーさんにお願いして何処かの山に連れて行ってもらうつもりです。
また週末に連絡しますね。

2013/1/27(日) 午後 7:14 [ mak*1*01200* ] 返信する

顔アイコン

↑ヒコーキ1号でした。又やってしまいました。

2013/1/27(日) 午後 7:15 [ mak*1*01200* ] 返信する

顔アイコン

皆さんのおかげで念願の伊吹山に行けました。
大変お世話になり、ありがとうございました。

日曜日は、豊受山でしたか!雪の豊受山もいいですね。
何年も行ってないです。また行って見なっくっちゃ

今度の日曜日、まずまずのお天気見たいですので、行きましょう 連絡待ってま〜す
ピオーネ

2013/1/28(月) 午後 11:04 [ お天気のいい日に♪ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事