ピオーネの一歩二歩山歩

四国の山を気の向くままに歩いて…

全体表示

[ リスト ]

天狗塚1812m(徳島)

2013年3月10日(日曜日)曇りのち雨

西山林道登山口7:54-1476m8:45/8:52-天狗峠10:24-頂上11:14-天狗峠-1476m-登山口14:51
(6時間)

同行者 ヒコーキ隊2名・Yさん・すーしんさん・剣昔乙女さん・ピオーネの6名


ヒコーキ1号さんは今月は仕事で忙しく休みがないらしい。
ヒコーキ2号さんは日曜日に山に行けることになったので、うれしいお誘いです。
しかし私は母の体調もあるので、週末にやっとご一緒することに決めました。
けれどなぜか日曜日のお天気があやしくなってきました。午後から雨の予想です。
不安の中、四国四県の山仲間が集まってきました。
猪鼻トンネル辺りは14℃そして道の駅手前では8℃。三月だと言うのにこんなに暖かい

登山口では先に剣昔乙女さんが待っていてくれました。再会を喜び、暖かい日があって、もう雪が少ないかもしれませんが、アイゼンも持って鉄の階段から出発です。
今回この登山口から三人がはじめて登ります。
左は桧の植林帯右はリョウブ・コナラの雑木林を進みます。
イメージ 1 イメージ 2

ダテカンバやモミの木のある平坦な1476m最高点に着きました。ここで小休止
見上げれば青空です。「お願いだから頂上までは降らないで!」
イメージ 3

みんなで記念撮影をして、出発〜 モミの木から水平に進み、
イメージ 4 イメージ 8

少し登るとこんな木がありましたよ。顔のようにも見えるし〜空洞になってても元気な木です。
ここからはクマザサの急斜面です。しかしちょうど登山道がカチンカチンに凍っています。そして笹の中も
アイゼンをつけたら、サアに引っかかるからと、みんな思い思いに進んでいきます。
アイゼンをつけて凍ったところを歩いたほうが楽だったかな
イメージ 5 イメージ 6

イメージ 7

途中からは雪道になりました。雪を蹴って足場を確保ながら一歩ずつ登って行きます。
イメージ 9 イメージ 10

右前方に牛の背が見えだします。なんとあそこだけ太陽の光がスポットライトを浴びたように輝いています。
イメージ 11

振り向くと、寝不足のすーしんさんはちょっとしんどそうです。
イメージ 12

天狗が顔を表しました。
イメージ 13

左を見れば西熊も    あれっすーしんさん壺足になって泣いているの      
イメージ 14 イメージ 15

登山道だけは残雪、笹原の道がなだらかになると、景色を楽しみながら進みます。
まもなく天狗峠(いざり峠)です。ここまでくると風が冷たいので、上着を着ました。
イメージ 16 イメージ 17

天狗峠から残雪が残る天狗塚・牛の背をバックに記念撮影
ヒコーキ2号さんからいただいた桜饅頭で小休止  小腹を満たしてさあ元気を出して出発
イメージ 18

時折覗く日差しに期待してなだらかな稜線を進みます。
イメージ 19

最後尾から声がします。振り向くとすーしんさんが露岩の上に登っていますよ。
三角錐の下までやってきました。もう少しです。
イメージ 20 イメージ 21

途中から振り返ると素晴らしい稜線です。この景色が好きなんです。
イメージ 22

急登の上に登山道がカチンカチンのツルツルで、笹やコメツツジに掴りながら、登っていくので疲れます。やれやれ頂上に着きました。
イメージ 23 イメージ 24

頂上から牛の背の笹原が望めました。晴れていればもっと素晴らしいのですが、展望が見られただけでもよかったです。
イメージ 25

午後から雨の予報なのでのんびりできません。狭い頂上ですが、私達だけなので、思い思いのところで、お昼にします。やっぱりお味噌汁です。温まります。
イメージ 26 イメージ 27

急いで食べて、牛の背を見ながら北西の尾根を下りることにします。
イメージ 28

こちら側も大変です。細い登山道は凍ってツルンツルンです。しっかり笹かコメツツジの小枝を握っておかないと危ないです。ところによってはクレパスのようになってたりして、ゆっくりゆっくり下ります。トラバース分岐まで下りてくるとやれやれ
疲れましたよ。
イメージ 29 イメージ 30

初めての人もいるので天狗の池まで行けたらいいなと思ったのですが、お天気も悪いので次回の楽しみにして、帰ることにしました。
イメージ 31

またまたこちらも大変でした。雪がないように見えますが、笹に中が凍っていて、緊張の連続です。
イメージ 32 イメージ 33

トラバース道との合流地点まで来ると小雨が降り出してきたので、カッパを着ていると、本降りになりました。天気予報当たってたわ 
イメージ 34 イメージ 35

雨の中、天狗峠でアイゼンをつけて下ります。朝の氷が融け、川のように流れているとこりもあります。アイゼンをつけたので、雪のところは歩きよかったです。
イメージ 36 イメージ 37

急斜面を九十九折りに下って行くとガスってきました。雨も小降りになってます。
イメージ 38 イメージ 39

針葉樹に囲まれた1476mまで下りてくると、いい雰囲気になってますが、小休憩なしで下って行きます。
イメージ 40

お疲れ様でした。無事に下山です。\(^o^)/ もうビチャビチャドロドロになっちゃいました。
イメージ 41 イメージ 42

帰りは落合集落が見える展望所に寄りました。
イメージ 43

ジッとしていると寒いですが、今日もYさんが美味しいケーキを作ってきてくれて至福の時間を過ごします。名残惜しいのですが、剣昔乙女さんとここでお別れです。
イメージ 44 イメージ 45

帰りの道沿いにはたくさんの福寿草 でも雨のせいで綺麗に咲いていませんでした。
今度はお天気のいい日にやってきましょうね。
そして締めはやっぱり温泉でしょう。行きたかったな〜
イメージ 46

久しぶりの天狗塚 アイスバーンのところでは疲れましたが、
気の合った山友達の今日も楽しくの登ることができました。
みなさんありがとうございました。
頂上まではなんとかお天気ももち、雄大な景色を見ることができて、本当によかったです。
カッパを着るのも久しぶり、お天気のピオーネを返上しなくてはいけないわね

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

ピオーネさん今晩は!!
先日は足下の悪い中、天狗塚大変お世話になり有難うございました。
凍っている登山道や、ひさしぶりの雨にもかかわらず、一日中ワイワイ楽しく、よく笑い、足も、腕も、顔も笑いすぎで筋肉痛でした。
皆さん本当に健脚ですね!!!
レポートのステキな写真を見てまた、感動しています
牛の背方面も展望出来ステキでしたね!
Yさんいつも手作りのおいしいケーキ有難うございます
剣昔乙女さん 最後までご案内ありがとうございました
すーしんさん、打田さん、ピオーネさん大変お世話になりました
筋肉痛にならないよう鍛えますので、
又ご一緒してくださーい 削除

2013/3/18(月) 午後 7:58 [ ヒコーキ3号 ] 返信する

顔アイコン

ヒコーキ1号さんこんばんは〜♪

こちらこそご一緒できて本当に楽しい一日でした。
心の底から笑いあえる気の合った仲間がいて幸せです。
山友はいいですね。

いろいろお世話になりありがとうございました。
打田さんには運転お疲れ様でした。
そして飛ぶ鳥跡を濁してしまいすみませんでした。
温泉もご一緒したかったのですが、やはり母が心配で
先に失礼しました。
またご一緒できること楽しみにしています。
ピオーネ

2013/3/19(火) 午後 11:30 [ お天気のいい日に♪ ] 返信する

顔アイコン

ヒコーキ3号さ〜ん間違えて、すみません。

ヒコーキ1号さん毎日お疲れ様。
早くお山に行かないと病気になっちゃいますね。
いやなってるかな
来月はご一緒できるでしょうか。
連絡まってま〜す。
ピオーネ

2013/3/20(水) 午前 2:14 [ お天気のいい日に♪ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事