ピオーネの一歩二歩山歩

四国の山を気の向くままに歩いて…

全体表示

[ リスト ]

2014年10月25日(土曜日)晴れ

登山口9:46-1320m尾根10:09/10:22-竜王峠分岐10:41-清水岩10:51-
ユルギ岩11:11/11:40-奥工石山頂11:47/12:06-ユルギ岩12:10/12:26-
竜王峠分岐12:50-竜王峠14:36-林道歩き-登山口15:36
(5時間50分休憩・撮影含む)

keitannさんからお誘いのメールをいただいた
入院していた母が退院したばかりなので、お手軽な山に行くことにしました。

今はやっぱり紅葉でしょう 
23日に紅葉を見てきた坊主さんとむらくもが綺麗だったという大座礼山
しかし大田尾越えが通行止めなのでいけない
だったら2年前にも綺麗だった奥工石山はどうだろう

keitannさんが行ったことがないというので、決定

7時にうちから出発 今日の天気予報は曇り9時頃には晴れ 
ところが小雨が降ってきた。不安がいっぱいだけど、高速を走らせます。
高知に入ると雨は上がりました。やれやれです。

大豊IC-県道川之江大豊線-町道仁尾ケ内線そしてクネクネガタガタの林道を走ります。
春にアケボノを見に来た時より伐採が進んでいました。
そして高度があがってくると、葉が色ずき始めてます。
イメージ 3

車道脇には咲き残りのダイモンジソウやりんどうも沢山あります。
そしてツルリンドウの赤い実も
イメージ 2 イメージ 1

朝日に輝く錦絵が現れ、もう感動です。車を降りて撮影
青空も出てきました。見事な紅葉になかなか進めません。
やっと工石山荘に着きました。駐車場には一台だけ
見たことのある車です。後で嬉しい再会があるとは、思いもしませんでした。 
イメージ 4

準備を済ませ出発しようとしたとき、もう一台やってきました。
普通車なので、悪路の林道で車のお腹を擦ってきたそうで、悔やまれていました。
なんとこの方は「日本百名山」を最年少10歳で踏破した
国分寺の下河美輝さんのご両親でした。エントツ山さんのお近くにお住まいだとか…
しばらく経験談などをお話ししていただき、先に出発です。
イメージ 5

白石神社の鳥居をくぐると足元にはりんどうが沢山咲いているではありませんか!
イメージ 6 イメージ 7

植林帯に入り、ゴロゴロ岩の急斜面を登ると1320mの尾根に出ます。
イメージ 8 イメージ 9

目の前には紅葉そして眼下の方には林道も見えます。
イメージ 11

ちょっと寄り道左の方に行ってみました。真っ赤な紅葉です
イメージ 10

分岐まで戻り、尾根を登って行きます。
                      カマツカの実
イメージ 12 イメージ 13

ベンチの前を過ぎ、大岩手前の紅葉
大岩を巻いて登って行きますが、何度も振り返りながら、そして目の前の紅葉を堪能しながらなので、なかなか進めません。
イメージ 14 イメージ 15

まるで三色紅葉のような色合いです。
イメージ 16 イメージ 17


イメージ 18

ツルリンドウの赤い実と開花していたリンドウ
イメージ 21 イメージ 22

マムシグサの実と咲き残りのシコクママコナ
イメージ 19 イメージ 20 

竜王峠分岐です。帰りはこちらに下る予定です。
イメージ 26

どんどん登っていくと、綺麗な紅葉が飛び込んできます。
イメージ 23

間もなく石清水です。         まだ咲いていたダイコンソウ
イメージ 24 イメージ 25

ブナ林を抜けるとユルギ岩が見えました。なんと嬉しい青空です(^o^)
イメージ 27 イメージ 28

大岩を回り込んで、稜線から左の白石神社の祠へ
二年前と同じすばらしい紅葉です。
イメージ 31

先に辿り着いたkeitannさんに声をかけてくれたのは、ギッチャンではありませんか
嬉しい再会です。
ギッチャンはお友達と三人で来られてました。
「お久ぶりで〜す!」すぐに退職のお祝いのお言葉をかけていただき、パンや柿にミカンと次々にいただきありがとうございます。
私達もお腹がすいたので、ここで食べることにしました。
私たちはコンビニのおにぎりですが、高知の方は、手作りのお弁当などマメにもってこられる方が多いです。見習わないといけないですね
イメージ 29 イメージ 30

ユルギ岩から眼下の紅葉も素晴らしい
イメージ 32

遠く東には剣山系の山々から梶が森の鉄塔、西の石鎚山系の山々は少し雲がかかっています。手前には土岐山 南には白髪山
北方には香川の大麻山や我拝師山までも見えます。
そして眼下の駐車場には車が増えていますね。
イメージ 33

しばらくすると徳島から24名の団体さんがやってきました。
狭いユルギ岩はもういっぱいで、はみだします。
私たちはお昼もそこそこに三角点に移動します。
ギッチャンたちと記念撮影をして、ここでお別れです。

いっぱいの頂上           気になる三角点手前の「北奥工石山」標示
イメージ 34 イメージ 35

一等三角点    ここでゆっくりお昼の続きの味噌汁を飲んでいると
さっきの団体さんがやってきました。賑やかになりました。
イメージ 36 

もう一度ユルギ岩に戻って展望を楽しみます。
そこには登山口でお会いした下河さんご夫妻がいらっしゃいました。
暫く展望を楽しみながら山談義です。
イメージ 37

いつまでも展望みていたいし、話は尽きませんが、そろそろ帰りましょうか
イメージ 38

陽射しがあたりブナの紅葉も輝いています。竜王峠分岐から右に下って行きます。
イメージ 39 イメージ 40

すぐの展望岩からはこれから歩く尾根の斜面が綺麗です。
イメージ 41

紅葉には青空が似合いますね。
イメージ 42

なんとみごとな紅葉の大木です。
イメージ 43

アップすると
イメージ 44

イメージ 45

ず〜と紅葉が続きます。スズタケが現れ林道出合までくるとカッパの目印がありました。
そのまま林道に下ろうか迷ったのですが、まだ時間がありましたので、竜王峠まで行くことにしました。
イメージ 46

踏み跡を頼りにそのまままっすぐに進むとピークで、先は崖です。二年前にも迷ったのにまた間違えてしまった。少し引き返して右に巻いて登ります。
登り切ると今度は急降下です。
迷ってピークから右に巻いてます          ここにも目印が 
イメージ 47 イメージ 48

前回どこからまっすぐ行ってしまったのわからないまま
あとはすんなり竜王峠に降り立ちました。
イメージ 49 イメージ 50

ここからは駐車場までしばらく林道歩きです。でもこれもまた楽しです。
車で走っていては見つけられない木の実や花を探したり、
ゆっくり紅葉も楽しみつつ歩けます。
イメージ 51

イメージ 52

イメージ 56

一時間近く歩いて駐車場に着いた時には私たちの車だけになっていました。
歩いてきた林道をもう一度紅葉の見ながら、冬の瀬方面へ車を走らせます。
白髪山のほうの紅葉も綺麗です。もう少し早くここを通っていれば陽射しがあたって
素晴らしかったでしょうに
イメージ 53

本山町坂瀬で通行止め (ここから約6km先 県境から3km手前)
復旧予定 未定
イメージ 54 イメージ 55

帰りにはやっぱり本山のさくら市に寄らなくっちゃ
手作りのお惣菜を買って帰って晩御飯 美味しかった〜

お天気になった素晴らしい紅葉が見られたし、嬉しい再会のあり最高の一日でした。
春のアケボノに秋の紅葉と今年は二度も来れました。
また来たいと思います。
keitannさんお疲れ様でした。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ピオーネさんこんばんは。
奥工石山お疲れさまでした。
最初は大座礼山を考えておられたのですね。
大田尾越、愛媛県側が通行止めとは知りませんでした。
(一昨日行って来たのですよ、こちらもきれいでした)

丁寧なレポ、早速見せていただきました。
竜王峠までずっと行かれたのですね〜!
きれいでしたね!私たちも歓声を上げっぱなしでした。
黄色いカッパが目印の所から下りましたが、短いながら辟易するような笹の中は大変でした!

ピオーネさんもkeitannさんも元気ハツラツ!
お二人ともお肌もツヤツヤで羨ましく思った事でした。

今週末はお天気が悪そうですが、まだまだ紅葉はこの先も楽しめそうですね。
またお会い出来るのを楽しみにしています。 削除

2014/10/30(木) 午後 8:42 [ ギッチャン ] 返信する

顔アイコン

ギッチャンさんこんばんは〜♪

レポ見ていただいてありがとうございます。
奥工石山に大座礼山とお疲れ様でした。お元気ですね。
ギッチャンさんの行動力には頭が下がります。

太田尾越が通行止めでなかったら、お会いできてなかったですもの、よかったです。

竜王峠と言われていたから、どこまで行かれたのかなと思っていたのですが、林道分岐から下られたのですね。
紅葉の一番綺麗な時期に歩けて、本当に得した気分です。

ユルギ岩ではいろいろいただいてありがとうございました。もう少しお話しができればよかったのですが…

紅葉前線もずいぶん下がってきましたね。
来月も紅葉追っかけになりそうです。
今度はどこでお会いできるか楽しみです。
ピオーネ

2014/10/31(金) 午前 1:29 [ お天気のいい日に♪ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事