ピオーネの一歩二歩山歩

四国の山を気の向くままに歩いて…

全体表示

[ リスト ]

2014年12月23日(火曜日)晴れ

柞野道登山口9:06-鉄塔保線路合流9:57-江畑道分岐10:03-展望台10:13/10:30
-中寺道駐車場(ビニールハウス)11:35-阿讃山脈縦走路-大川山山頂12:23
(昼食12:32/13:10)-阿讃山脈縦走路-中寺駐車場(ビニールハウス)14:03-
展望台14:48/15:04-江畑道分岐15:11-柞野道登山口15:45(約6時間40分休憩含む)

同行者 むらくも・ピオーネの二人

「今回も雪山に行こう」しかし何処にするかまたまた悩んでしまった
結局アプローチの近い大川山に行くことになりました。
琴南公民館から植林の中の階段を登るか、まだ行ったことのない柞野からはどうだろう
登山道の雪の状態がわからないので、行ってから判断することにして寝た。

アプローチが近いとなぜか気が緩んで出かけるのが遅くなってしまいます。
「マッサン」を見てから自宅を出発です。

国道438号線をまんのう町に入っても雪が見えない。
助手席のむらくもが「雪が少ないから柞野から行こう」と判断

標識「荒神・柞野 荒神の名水」から右の道へ入り、舗装された狭い道を
10分ほどで柞野に着きました。
よく手入れされた畑にはずーとイノシシの柵がしてあります。

柞野道駐車場の看板から左下に見えるトイレのある広い駐車場まで下りて行きます。
登山口はこの車道の右手になります。
イメージ 1 イメージ 2

準備をして、アイゼンとワカンを持っていきます。
車道から駐車場をみると私たちの車だけです。
イメージ 3 イメージ 4

登山口の反対側の車道脇は駐車禁止です。
史跡まで2km 右手の中寺廃寺跡登り口から登り始めます。
親切に杖まで置いてくれてます。そして、道標もしっかりあります。
イメージ 5 イメージ 6

まんのう町が保存整備を進めている国指定史跡の中寺廃寺跡に、遊歩道の一部などが2012年5月に完成されたようなので、鉄塔保線路でなくて遊歩道を登って行きます。
まだ500mしか歩いていない。
暫く歩くと気温も上がり暑くなって、帽子も手袋もいらないし上着も脱ぎます。
この辺りからうっすら雪が
イメージ 8 イメージ 7

標高800m辺りから積雪 
鉄塔保線路と合流するところには、今登ってきた方に×の木が置いてあります。
遊歩道が完成するまでの名残り?
イメージ 9 イメージ 10

あともう少し         すぐに江畑道と合流です。今度はこちらから登ってみようかな
イメージ 11 イメージ 12

暫く進むと展望地点と仏ゾーンの分岐です。展望台に寄ってみます。
この階段短いがとってもキツイ。その上、雪で滑りそうなので、ゆっくり登ります。
イメージ 13 イメージ 14

すぐに開けてなんと素晴らしい展望なんでしょう
このまま進むのはもったいない 景色を見ながらゆっくり休憩です。
イメージ 15 イメージ 16

眼下には満濃池
イメージ 17

イメージ 18

これから登る大川山方面
イメージ 19

いつまでも眺めていたいけれど、行かなっくっちゃ
展望台を後に祈りのゾーンはやめて、仏のゾーンに下って行きます。
二股を動物の足跡に導かれて、左に進みます。
右に行けば、三角点だったのに(-"-)
イメージ 20 イメージ 24

案内板をアップ
イメージ 21

雰囲気のいい雑木林の道です。秋は紅葉が綺麗でしょうね
この辺りが、中寺廃寺跡の仏ゾーンのようです。 左手に跡が見えますが、雪の中なので、先に進みます。
イメージ 22 イメージ 23

バイオトイレに着きました。使わせていただきましたよ。使用後外のハンドルを正に20回逆に10回まわします。ここから登り坂になります。
イメージ 25 イメージ 26

願いゾーンの分岐までやってきました。そのまままっすぐ進みます。
イメージ 27 イメージ 28

このコンクリートの雪道結構キツイし長い 動物の足跡がいくつもあります。
「これはウサギね」「これは何?」といいながら何度止まって休憩したことか
イメージ 29 イメージ 30

イメージ 31 イメージ 32

ずいぶん登ってきました。稜線が見えだすと積雪は10〜15cm程になりました。
踏み跡は動物だけ
イメージ 33 イメージ 34

一時間余りの長かったコンクリートの道がやっと終わり、中寺道の駐車場に着きました。トイレもあります。来た道にはチェーンがかかり、「狭小のため車両乗入禁止」になっています。徳島県側の大平地区にはビニールハウスが建っています
イメージ 35 イメージ 36

阿讃縦走路に入ります。この道はむらくもも歩いています。20cm程のふわふわの雪の中を気持ちよく歩いて行きます。
イメージ 37 イメージ 38

なだらかな尾根を快適に歩き、右に時々車道を見ながら進み、その後車道を歩いて行きます。
イメージ 39 イメージ 40

最後の急登です。急で滑りそうになるし、雪が深い所もあり、めちゃしんどい
むらくもはさっさと登ってしまいました。
イメージ 41 イメージ 42

車道に出てまずは三角点へ
イメージ 43 イメージ 44

そして大川神社にお詣りして、キャンプ場へ
イメージ 45 イメージ 46

いましたよヤマガラちゃんとゴジュウカラ!
イメージ 47 イメージ 48

コンビニで買ってきたピーナツ、皮付きしかなくて皮をむくむらくもとそれを待つヤマガラちゃん 次々を隠しに持っていきます。帰りに皮をむくのに忙しく写真をを撮れなかったと悔やむむらくもでした。
イメージ 49 イメージ 50

Pはちゃっかり手乗りのヤマガラちゃんと遊んでいました。
イメージ 53 イメージ 54

ちょうど親子連れが雪遊びをしていました。
イメージ 51 イメージ 52

ヤマガラちゃんとずっと遊んでいたいのですが、遅くなるのでそろそろ元来た道を帰ります。
急登は滑りそうで怖かったので、遊歩道から下ります。
車道歩きもあり、遠回りだと機嫌が悪いむらくもを無視して縦走路急登の分岐まで行きます。
イメージ 55 イメージ 56

車道から登ってきた尾根が見えます。左上のビニールハウスまで遠いです。
イメージ 57

暫く林道を歩きます。  「夢ロード・夢物語」の看板
イメージ 58 イメージ 59

林道から徳島の山々を望み
イメージ 60

阿讃縦走路に入ります。途中で片方のストックのバスケットが無くなったのに気がつきましたが、探す時間がありません。また春に探しに来よう
948.4mの三角点を見凄し、ビニールハウスまで戻ってくると、ラジオをかけて作業されていました。
イメージ 61 イメージ 62

阿讃縦走路と別れて中寺道に入り、あの急なコンクリートの道を滑りそうになりながら
展望台まで戻り、ここでコーヒータイム 至福の時です。
三時を過ぎると木々の中の遊歩道は暗い
無事に下山

帰りはやっぱり温泉でしょ
天然温泉の塩入温泉に入って ゆったり! 入場料500円
イメージ 63 イメージ 64


お天気に恵まれ、初めてのコース素晴らしい展望に感動
新雪とヤマガラちゃんとも遊んだ一日でした。
また春に歩いてみたいと思います。

この記事に

閉じる コメント(2)

はじめまして!
ブログ訪問ありがとうございました。
ステキナ山行記録ですね。
こちらも、四国の山の散策をしています。
できたら、ブログ友になりたいです。
よかったら、返信ください。
PS:
丸亀には、弟夫婦たちも住んでいます。
製麺所のうどんが好きです。

2014/12/29(月) 午後 7:38 foo3776 返信する

顔アイコン

foo3776さん 明けましておめでとうございます。
お返事遅くなってすみません。
ブログ見ていただいてありがとうございます。
foo3776さんはご趣味が広いようですね。
こちらこそこれから宜しくお願いします。

ご兄弟が香川にお住まいなんですね。
私も製麺所のおうどん大好きです。美味しいですよね。

ピオーネ

2015/1/1(木) 午前 3:25 [ お天気のいい日に♪ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事