ピオーネの一歩二歩山歩

四国の山を気の向くままに歩いて…

全体表示

[ リスト ]

2014年12月26日(金曜日)晴れ

さぬき市の五瀬山と虚空蔵山に行ってきました。

同行者 むらくも・ピオーネの二名

お天気のいい平日に山行に行けるのは、退職した者の特権
香川の里山で東の方にはまだ行っていないいい山が沢山あります。
むらくもが選んだのは手軽に登れるさぬき市の展望の山2坐です。
帰りには温泉付きというものでした。


五瀬山(ごぜやま)志度


天野登山口10:12-山の神さん10:20-石鎚神社10:38-五瀬山山頂10:53/11:16-
石鎚神社11:24-山の神さん11:33-天野登山口11:36(約1時間20分休憩含む)

高松自動車道志度ICを下りて右折し、天野峠西マルナカを右折、
R11の天野峠バス停の東から岡病院に入り、病院の左側にある狭い道を走ると老人ホーム玉浦荘に着きます。
イメージ 1 イメージ 2

この建物を潜ると南裏の駐車場に出て一般道にぶつかり、道の向こうに登山口の標識と四電の鉄塔指標があります。手前にあるスペースに駐車して出発。
イメージ 3

入口には「石鎚参拝者用杖ご自由に」と親切に置かれてあります。そしてここにも
イニシシの柵があります。民家の裏と柵に沿って広い登山道を登り出し振り返ると
なんと目の前に五剣山です。こちらから見るとかっこいいですね。
イメージ 4 イメージ 5

鉄塔の側を過ぎると、イノシシに柵があるので、開けて通らせてもらいます。
植林帯の中を登って行くと
イメージ 6イメージ 7

山の神さんの案内板 右に行くと祠がありました。お詣りをして登山道に戻り
イメージ 8 イメージ 9

5分ほどで尾根のコルに出ました。コルには五瀬山➔と四電鉄塔の標識が有り
鉄塔へは横木がしてあります。
イメージ 10 イメージ 11

標識に従い左の落葉樹林帯の広い登山道を登って行きます。コルからは緩い登りを数分で南へ右折すると、前方に木の鳥居が見え、間もなく石鎚神社に着ました。 神社は鉄骨造りで休憩所を兼ねているようで、奥には石鎚権現の石祠が奉られています。
イメージ 12 イメージ 13

神社の前からは眼下に志度の街並みと志度湾その奥には五剣山と素晴らしい展望だ広がっています。
イメージ 14

神社の裏から登山道は続き、木々の間から五瀬山が見えます。
イメージ 15イメージ 16

大きな木が見えるところが山頂です。あともう少し
イメージ 18 イメージ 17

頂上にとうちゃこ 「りゅうごさん」と呼ばれ、親しまれている祠
三等三角点もあります。
イメージ 19

360度のパノラマに感動 
展望を眺めながら、お昼にはちと早いので、バナナとパンで小腹を満たします。

北西には屋島と五剣山
イメージ 20

イメージ 21

東に雨滝山と火山
イメージ 22

淡路島も見えます。
イメージ 23

ここでゆっくりしたいのですが、もう一つの山へ行くので、往路を引き返します。
下山途中で見つけた石鎚神社の横にある木に刻まれていました。なんとも痛々しい
イメージ 24 イメージ 25

今回は天野登山口から登りましたが、他に六番や鴨部や末などのコースがあるようですので、また登ってみたいとながら、後にしました。




虚空蔵山(こくぞうやま)大川町(おおかわまち)


霊山寺大師堂12:31-虚空蔵堂12:51-虚空蔵山12:57/13:34-白蓮寺13:52-駐車場13:58
(約1時間30分休憩含む)


国道11号線志度街道を東に進み、道の駅津田の松原を過ぎ、県道2号線に入り松尾小学校を左折阿条谷の登山口へ

五瀬山からもう少し近いと思っていたら、30分もかかってしまった。着いたけれど、駐車は何処?
ちょうど自転車で地元のおばさんがやってきたので、お尋ねすると「私有地やけど、みんなここに停めよるからおいたらええ」と言ってくださったので、広場に駐車し出発
イメージ 26 イメージ 27

案内板をアップで
イメージ 28

第一番霊山寺大師堂の階段から登り始めます。 
イメージ 29 イメージ 30

石仏の並ぶ登山道
イメージ 31

登り始めて間もなく登山道には松明と焚く穴が掘られ、木片も組まれています。
イメージ 32 イメージ 33

整備された登山道にはところどころにベンチがあり、ここを登ると
イメージ 34

視界が広がります。
イメージ 35

虚空蔵山も見えます。
イメージ 36

急なところには鎖も設置されています。
イメージ 37

虚空地蔵堂             虚空蔵菩薩
イメージ 38 イメージ 39

ここから二手に分かれて登っていきます。私は左から、むらくもは右から
モチツツジの狂い咲きがありました。
イメージ 40 イメージ 41

岩稜にある石仏の向こうに眼下が広がり、
イメージ 42

景色を眺めながら登って行くと、まもなく頂上が見えてきます。
イメージ 43 イメージ 44

虚空蔵山頂上にとうちゃこ  広々とした山頂は、平地で金毘羅宮と石灯篭があり、
双眼鏡も設置されています。
イメージ 45 イメージ 48

素晴らしい展望を眺めながらお昼にします。
イメージ 49

県道10号線が田面(たづら)峠に延びています。 津田湾と大串半島が見えます。
イメージ 46 イメージ 47

そろそろ帰りましょうか!今度は逆に分かれて虚空地蔵まで下ります。
滑りそうになるのでゆっくりゆっくり
頂上を振り返ると石仏が並んでいます。
イメージ 50

大国木の大師堂の方へ下ります。 おまつり広場が見えてきました。
イメージ 51 イメージ 52

おまつり広場から頂上
 

白蓮寺のほうに下りていくとお墓のお墓
 

大国木の大師堂に寄らずに長尾街道と並行した旧街道を歩いて戻っていきます。
旧街道の石燈篭を過ぎれば駐車場はもうすぐ。
 


二座とも素晴らしい眺望に大満足の一日でした。
香川の里山っていいですね。また歩きます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事