93歳ブログ「紫蘭の部屋」

1月3日、また一つ馬齢を重ねて93歳になり、来訪者も43万名を越えました。老いの一徹であと少し頑張るつもりです。よろしく。。

日々の出来事

すべて表示

(171)無線通信の発明

        (171)  無線通信の発明    「7月20日」     今や猫も杓子もパソコンの時代、世界中にネットが広がっていますが、そのもとになるのが無線通信の技術です。その無線通信を発明したのは誰でしょうか。。  無線通信の発明者 「G・マルコーニ」  ( 1937年7月20日没 ) は、イタリア人を父に、イギリス人を母に持つ混血児で、ボローニャ近くの農村で穏やかな少年時代を過ごしました。  両親は、彼の好きなように勉強させてくれましたので、科学に強い関心をもつマルコーニ少年は、16歳のときから自宅の2階を使い、次々にあれこれと実験に熱中していました。  このころはすでに有線の電信は完成していて、科学者たちはヘルツの波を使って無線通信の可能性を模索していました。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

(68)回国の塔

2017/1/20(金) 午前 11:36

       (68) 回国の塔    〇 「回国の塔」  今から300年ほど前の享保年間の事である。 ある年の秋、佐賀市北川副村の福万寺に仏像を背負った一人の男が一夜の宿を求めた。出迎えた老僧は男のおずおずとした態度に何か深い理由があるに違いないと思い、身の上について優しく尋ねてみた。男の名は諦賢と言ったが、実名は明 ...すべて表示すべて表示

(67)悲劇の女性「秀の前」

2017/1/19(木) 午後 5:54

    (67) 悲劇の女性「秀の前」   「竜造寺隆信」 は佐賀一帯の豪族から身を興し、五州二島の太守として広く北部九州を治めた高名な戦国武将だが、若い頃から何度も肥前を追われた経緯からか、疑心暗鬼にかられやすい冷酷な人物であったと言われている。そのために 「肥前の熊」 という渾名をつけられた。  一方で、そうした ...すべて表示すべて表示

(66)竜造寺氏の盛衰

2017/1/18(水) 午前 11:53

        (66)竜造寺氏の盛衰 (佐賀城・鯱の門    画・南窓さん)    武家社会が発展した鎌倉時代には、各荘園に鎌倉幕府から地頭が任命されたが、肥前の国には高木、竜造寺、於保、八戸,河上などの豪族が現れ、これらがそれまでの荘園領主と争い起こして、領 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事