93歳ブログ「紫蘭の部屋」

1月3日、また一つ馬齢を重ねて93歳になり、来訪者も43万名を越えました。老いの一徹であと少し頑張るつもりです。よろしく。。

日々の出来事

すべて表示

(86)最初の戦車戦

      (84) 「最初の戦車戦」    4月24日  ノモンハンの日ソ両軍の戦車戦で、日本は大敗しました。陸軍首脳部の機械化に対する認識不足のため、日露戦争の肉弾突撃による白兵戦と言う戦法から抜け出せなかったのです。そのため戦車の性能も劣っていました。戦時中、満州で戦車隊に居た司馬遼太郎さんも、試しに車体にやすりをかけて見たら,装甲板が簡単に削れたと言っています。      (昭和10年ごろの日本の戦車)  当時の日本の戦車は装甲も薄く、積載している砲も単身の野砲と同じもので長身の対戦車砲では無かったです。。対歩兵用ならいいですが、戦車同士の戦闘では野砲では貫通能力がすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

(68)回国の塔

2017/1/20(金) 午前 11:36

       (68) 回国の塔    〇 「回国の塔」  今から300年ほど前の享保年間の事である。 ある年の秋、佐賀市北川副村の福万寺に仏像を背負った一人の男が一夜の宿を求めた。出迎えた老僧は男のおずおずとした態度に何か深い理由があるに違いないと思い、身の上について優しく尋ねてみた。男の名は諦賢と言ったが、実名は明 ...すべて表示すべて表示

(67)悲劇の女性「秀の前」

2017/1/19(木) 午後 5:54

    (67) 悲劇の女性「秀の前」   「竜造寺隆信」 は佐賀一帯の豪族から身を興し、五州二島の太守として広く北部九州を治めた高名な戦国武将だが、若い頃から何度も肥前を追われた経緯からか、疑心暗鬼にかられやすい冷酷な人物であったと言われている。そのために 「肥前の熊」 という渾名をつけられた。  一方で、そうした ...すべて表示すべて表示

(66)竜造寺氏の盛衰

2017/1/18(水) 午前 11:53

        (66)竜造寺氏の盛衰 (佐賀城・鯱の門    画・南窓さん)    武家社会が発展した鎌倉時代には、各荘園に鎌倉幕府から地頭が任命されたが、肥前の国には高木、竜造寺、於保、八戸,河上などの豪族が現れ、これらがそれまでの荘園領主と争い起こして、領 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事