95歳ブログ「紫蘭の部屋」

2019年1月3日、馬齢を重ねて95歳となり、来訪者も51万名を越えました。老いの一徹であと少し頑張るつもりです。よろしく。。

全体表示

[ リスト ]

(37)修学旅行

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

    【制服制帽にゲートル巻き、挙国一致・国威宣揚の旗の下、修学旅行も楽じゃない】 

(28)「修学旅行」  
昭和14年、中学の三年終了時に、修学旅行があった。旧制中学は五年制だが、4,5年は進学の受験勉強で忙しいからであろう。

 旅行のコースは関西地方であった。
 三年生の終わりといえばまだ14歳、田舎の少年にとって大都会は珍しいものばかりであった。 下関から関釜連絡船の「黒龍丸」に乗り船中一泊、大きな汽船などみんな初めての体験で興奮して騒ぐ上に、エンジンの音、波の音が耳にこびりついてなかなか寝付かれなかった。

 神戸に上陸して「湊川神社」に参拝、ここは「忠臣楠正成」を祀ってあるので、「皇国思想」の当時としては当然のコース選択だったのだろう。
 大阪へ出て、初めて地下鉄に乗り淀屋橋で下車(*当時は地下鉄が出来たばかりで、梅田から難波までの一直線だけだった)
 「大阪城」「朝日新聞社」の見学から関西急行(今の近鉄)に乗って伊勢神宮に詣で「二見が浦」に一泊、ここでは悪童たちが屋根に出て女風呂を覗いたとかで、先生にきつくどやしつけられた。(もちろん、品行方正な紫蘭はそんな事しらんですよー)

 翌日は橿原神宮から「花よりも戦史に哀しき」花の吉野山の後醍醐天皇安在所跡へと向かい、この吉野山の宿屋に一泊。
 ここのトイレが千尋の谷にかかる自然式水洗トイレで、落下物は放出されてからしばらく経ってから、谷川の水がボチャンという音を立てるという、珍しい?水洗トイレであった。 【*今でも同窓会の酒の肴として、臭い語り草になっている】

 吉野の山を降りて翌日は伊勢神宮の内宮に参拝、五十鈴川の清流に身の引き締まる思いがした。次いで伊勢の二見が浦に一泊、さらに翌日は「奈良」に出て大仏殿や春日神社などの見物、次いで奈良電鉄の電車に乗って京都へ向かった。この電車の中で一般客のおばさんたちが高声でしゃべっていた。子供自慢だったのだろうか、一人のおばさんが、「そりゃ、30分もかけて念入りに作ったんやさかい、丈夫な子に間違いないわ!!」という声が聞こえてきて、まだ思春期の紫蘭少年は胸がドキドキしたのを覚えている。(^^*)

 本願寺や清水寺など神社仏閣めぐりをして三条大橋たもとの「いろは旅館」に泊まった。いろは旅館では枕投げなどして騒動したので、宿屋の番頭から「これだから田舎の子供は困る!」と大目玉を喰った。
 20年ほど前京都に出かけたとき、三条大橋の袂に、今はコンクリート建てのホテルに変わった「いろは旅館」を見つけてとても懐かしかった。
 
 京都の夜、自由行動で友達と三々五々、繁華街の新京極に繰り出した。
 別に何をして遊ぶわけでもないが、立ち並ぶ映画館やみやげ物屋を眺めながら歩いていると、夜の古都を往来する女学生たちの、見慣れない水色のセーラー服がきれいに見えて、とても気になった。 やはり都会の女学生は違う・・!

 翌日は、ガタンゴトンと汽車ポッポに乗って帰路に着いた。
 当時は、修学旅行のために準急の特別列車があったが、乗ったのがは特別列車だったかどうか、記憶にない。
 戦前の修学旅行は物見遊山ではなく、あくまでも教育の一環なので、当時の軍国思想を反映して、広島の呉軍港の海軍兵学校の見学があった。
 陸士,海兵への進学率を鹿児島一中と全国一、二を争っていた母校だから当然のことだろう。

 もちろん、そのあとは宮島の「厳島神社」に詣でた。
 ここは、平清盛以来の「戦の神様」なのである。。
 宮島に一泊して、一週間の楽しい田舎少年の修学旅行が終わった。
 
 このように旅行の行程を見てみるとやはり軍国時代だったなぁ・・と感ぜざるを得ない。
 湊川神社、大阪城、朝日新聞社、吉野山の後醍醐天皇安在所、柏原神宮、伊勢神宮、海軍兵学校・・
 
 さて、修学旅行から70年を経て、一緒に行った同窓生の何人が今も残っているのだろう。
 全国版の同窓会は、卒業60周年目の喜寿記念で終わってしまったので、今は知る由もない。。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

85才でお元気でいられる方知ってみたいですね。
戦争に行くようですね。
いや〜〜いや〜
戦争終ってないやね〜〜(^J^)ポチ

2009/9/9(水) 午後 7:41  HOSI  返信する

顔アイコン

ほしさん、あの頃はみんな生真面目でしたね。服装も地味でした。女性はもんぺ、男は国民服で国民全部が軍隊みたいでした。京都見物にゲートル巻きですからね。

2009/9/9(水) 午後 11:38 紫蘭 返信する

顔アイコン

修学旅行なんですか?!まるで出征するかのような物々しさですね。しかも行くところが戦争関係らしいというか?でも女湯は覗いちゃうんですね(笑)

2009/9/10(木) 午前 7:54 ねこやん 返信する

顔アイコン

ねこやんさん、ハハハー、ほんと戦争にでも行くような格好ですね。
あのころはこれが当たり前で、おしゃれは軽蔑されていました。
そんな時代だったです。

2009/9/10(木) 午後 6:41 紫蘭 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事