ここから本文です

書庫フィギュアスケート

すべて表示



春の園遊会


雨が上がってよかったです😊


【追記】
産経フォトさん
素敵なお写真(//∇//)

イメージ 7


イメージ 8

NHK NEWS WEBより
動画あり
春の園遊会 羽生結弦さんなど両陛下と懇談
春の園遊会が開かれ、フィギュアスケートの羽生結弦選手など2000人近くが、天皇皇后両陛下や皇族方と和やかなひとときを過ごしました。
園遊会は両陛下の主催で毎年春と秋の2回、東京の赤坂御苑で開かれています。
両陛下は25日午後、皇太子ご夫妻など皇族方と庭園を回って、招待された人たちと言葉を交わされました。
今回はピョンチャンオリンピックで活躍した選手たちが招かれ、フィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの連覇を果たした羽生結弦選手は、天皇陛下から「本当におめでとう。ずいぶん練習を重ねられたのでしょうね」と言葉をかけられました。
羽生選手は「けがをしてしまい直前はうまく練習できませんでしたが、その期間も学べることがたくさんあり、いい機会だったと思います」などと答えていました。
皇后さまが、3日前に仙台市で行われた祝賀パレードについて「すてきでしたね。皆さんがあんなに喜ばれて」と話されると、羽生選手は「パレードで集まったお金を復興支援にも回すことができ、皆さんのおかげだと思っています」と話していました。
メダリストの女性選手たちは色とりどりの和服姿で参加し、会場は華やかな雰囲気に包まれました。
日本選手団の主将を務め、スピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒選手は、天皇陛下から「よかったですね。本当にね」とねぎらいの言葉をかけられ、「主将をやらせていただいて『百花りょう乱』というテーマを掲げたのですが、選手の皆さんがそれぞれの競技で本当にきれいな花を咲かせてくださいました」と答えていました。
スピードスケート女子団体パシュートと女子マススタートで金メダルを獲得した高木菜那選手には、天皇陛下が「パシュートというのは昔はなかったのではないですか」などと語りかけられました。
高木選手が「歴史が浅くオリンピックでは4回目で、4人のチームです」などと答えると、天皇陛下はチームメイトの4人を見渡し「ここはみんなパシュートなんですね」とにこやかに話されていました。
将棋で史上初となる「永世七冠」を達y成し国民栄誉賞を受賞した羽生善治さんは、天皇陛下から「ひと試合するとずいぶん疲れるんですか」と尋ねられ「2日間の試合ですと体重が少し減ったりする時はあります」と答えると、天皇陛下は「健康に気をつけてね」と気遣われていました。
25日の東京は午前中やや強い雨が降ったものの園遊会のころには晴れて、園遊会に出席した2000人近い人たちは記念写真を撮るなどして和やかなひとときを楽しんでいました。
園遊会に出席したフィギュアスケートの羽生結弦選手は、「両陛下をはじめ皇族の方々から本当に温かいお言葉をいただきました。これから現役を続けていくにあたって、また復興支援の活動をするにあたって、非常に大きな力になりました」と述べました。
そして、4年ぶりに園遊会に出席したことについて、「19歳のときは右も左もわからずに右往左往していた記憶がありますが、今回はこのすばらしい自然の中で、風のさわやかさや自然のきれいさを感じながら過ごさせていただいています」と笑顔で話していました。

園遊会に出席したスピードスケートの高木菜那選手は、「両陛下が、チームパシュートでのチームワークにすごく感動したと言ってくださったので、自分たちが今までやってきたことが、結果となって皆さんに伝わったのだと思い本当にうれしかったです」と話していました。
また、妹の美帆選手などパシュートに出場したほかの3人の選手と相談して、それぞれ違う色の着物を選んできたことを明かし、「それぞれが自分の色を出して、すごく違う色なのですがみんな似合っていて、いいチームワークだなと思います」と笑顔で話していました。

TBS NEWS
(動画ニュース)
春の園遊会、金メダリストらと懇談
恒例の春の園遊会が東京の赤坂御苑で始まり、天皇・皇后両陛下や皇族方が平昌(ピョンチャン)オリンピックの金メダリストら招待客と和やかに懇談されています。
春の園遊会は午前に降っていた雨が上がり、時折、晴れ間がのぞく中、午後2時過ぎから東京・元赤坂の赤坂御苑で始まりました。両陛下が主催する園遊会には、各界の功労者およそ2500人が招待されていて、オリンピック連覇を果たした男子フィギュアスケートの羽生結弦さんや、スピードスケート女子500メートルの小平奈緒さんら平昌オリンピックの金メダリストのほか、国民栄誉賞を受賞した将棋の羽生善治さんや囲碁の井山裕太さんらも出席しています。
「練習を重ねられたんでしょうね」
「けがをしてしまったので、直前はなかなかうまく練習ができなかったんですけど、それまでにあたる過程で、たくさん練習を積んでこれたと思っています」(羽生結弦さん)
「本当におめでとうございます」
「ありがとうございます」(羽生善治さん)
「1試合やると疲れますか」
「2日間の試合ですと、体重が少し減ります」(羽生善治さん)
「健康に気をつけてね」
皇太子妃・雅子さまは体調を考慮して、途中までの参加となっています。
来年の退位を前に、今の両陛下が主催する園遊会は今回を含めると最大で3回となっていて、両陛下や皇族方はゆっくりと会場をまわり、和やかなひとときを過ごされています。

朝日新聞映像報道部twitterより
#園遊会 では、報道関係者の求めに応じ、将棋の #羽生善治 さんとフィギュアスケートの #羽生結弦 選手が握手をして笑顔を見せました。
イメージ 1

朝日新聞DIGITALより
羽生結弦、園遊会で両陛下と懇談リハビリの状況も説明
イメージ 2


NHK首都圏NEWS WEBより
羽生選手ら招いて春の園遊会


☆グッディの最後にゆづのコメントが少し流れていました。
書き起こし…

今の感想はどうですか?

「緊張しました。ただ あの本当に両陛下含め皇族の方々から本当にあたたかいお言葉を頂きましたし、これからまた現役を続けていくにあたって、また復興支援の活動だとか そういう事をするにあたって非常に大きな力になりました。」

イメージ 4

その両陛下のお言葉の中で印象に残っている
言葉があれば教えていただきたいのですが?

「あのーすごく自分の体のことを、心配してくださっていて足首の状態だとか またはこれからどういう風に活動していくのだとか そう言うことを 非常にお気になさってくださいました。」

イメージ 5
始めは、怪我の話からはいったんですかね?

「そうですね〜あの まず おめでとうございます。というお祝いの言葉をいただき、その後に怪我だとかで大変だったでしょう というお言葉をいただき、そういった中で自分がここまでやってきたことだとか、また怪我が今どう言う状況なのか とか
そう言うことをお話しさせていただきました。」
イメージ 6

続きニュースであがってくるかな。。



☆ファイテンFacebookより
イメージ 10イメージ 9

イメージ 11

イメージ 12



イメージ 3

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事