ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

お盆の時期の四天王寺

今年の夏は長女の厄年もあり
受験もあり
他にももろもろあるので
大阪に行くことに
なんで大阪かと言うと
四天王寺へ行きたかった
ご先祖さまの供養もこちらで
させてもらった
子供たちを連れて四天王寺へ
行きたかった感じかな
初めて四天王寺へ行ったのは
多分5年以上前に
雅治くんのライブの前に
一人で四天王寺へ
行ったのを
覚えてるそこでコケたのも(笑)
そのあとはまたまたLIVEで
その時は??ライブの前だった

何度も四天王寺はこさせてもらってるけれど
家族と来たのは初めてで
いつか連れてきたかった場所

イメージ 1






8月12日に行ったのだけど
やはりお盆のせいで
車は渋滞していて
結局停められず
旦那様が車で待ってくれて
子供たちと3人でお参りをした


イメージ 2



いつもとは違う雰囲気で
提灯?灯篭?が沢山飾られていた



イメージ 3





あべのハルカスが見える
ご先祖さまの名前と
亡くなったお父さんの戒名を
書いた札を亀井堂に持っていき
水に入れてもらう


イメージ 4



お盆だから
人が溢れてた
平日なんてほとんどいないけれど
この時期は沢山の人が
ご先祖さまを
思ってる
日本人のすばらしさ





そしてこの前から読んでいる本に
書かれている

聖徳太子は仏教を推奨しているが
何故、周囲に神社を
作らせてるのか?
そして、この地は物部が
いた場所で
荒陵山は物部が祀ってる神様
アラハバキを祀っていたのでは?と
推測されてる
まだ読みかけなので
答えはでてないけれど
面白い



聖徳太子 四天王寺の暗号―痕跡・伝承・地名・由緒が語る歴史の真実
聖徳太子 四天王寺の暗号―痕跡・伝承・地名・由緒が語る歴史の真実
2,808円
Amazon


そして、

火怨 上 北の燿星アテルイ (講談社文庫)
火怨 上 北の燿星アテルイ (講談社文庫)
907円
Amazon


火怨 下 北の燿星アテルイ (講談社文庫)
火怨 下 北の燿星アテルイ (講談社文庫)
961円
Amazon

でもアラハバキが出てきて
物部が阿弖流為達を
支援してたのを思い出した

なんだかワクワクしてきてます

初歴史に興味を持ったのは
吉備の物部に何故か興味を持って
磐座と古代祭祀など調べていたのを
思い出す

四天王寺も物部が関係してたなんて
そう言えば習ってたのを
すっかり忘れてた(苦笑)

今、調べるのにも意味がありそうです
楽しみながら調べていきたい


イメージ 5




いつもありがとう♪

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事