過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

負け組オフ会について

日頃から、注目しているスレッドが負け組同士でオフ会でもやらないか?である。

http://www.23ch.info/test/read.cgi/loser/1168363388/

 このオフ会は、負け組同士が集まって、一緒に食い放題の焼肉を食べたりしよう、という趣旨のものであるが、特筆すべきは、その参加資格が非常に厳しいオフ会が多いことである。

 例えば、次のような参加資格が設定されている。

(参加資格)
下記に全て該当する方
・年収が税込み、交通費抜きで320万円未満
・働いている方(中小零細企業正社員、派遣社員、契約社員、準社員、フリーター)
・彼女いない歴=年齢
・女友達いない歴=年齢
・男友達も少ない、または一人もいない
・恋愛や結婚は既に諦めている
・基本的に内向的、人付き合いが苦手
・容姿に自信がない
・自分に自信がない
・将来に不安がある
・ネガティブ、または吹っ切れている

 時々、「今は付き合っている彼女はいないが、過去に1度だけ女の子と付き合ったことがあるんだけど、参加してもいい?」などという書き込みがなされると、激しい集中砲火を受けてしまう。
 参加資格の「彼女いない歴=年齢 」に引っかかってしまうからである。

 「まあ、そんなに参加資格を厳しくしなくてもいいじゃないか。」などと書き込もうものなら、「1度も彼女ができない男の心の痛みが、お前に分かるのか!」などの罵倒が飛び、「1度でも彼女ができたら、それは勝ち組だ。」というSOULの叫びが、掲示板を震撼させる。

 条件は、彼女ばかりではない。
 「女友達いない歴=年齢」や「男友達も少ない、または一人もいない 」など、真の負け組エリートを求め、どこまでも条件が厳しいのである。

 それだけ厳選された負け組が集まるオフ会は、世界最強のオフ会であることは、間違いない。
 参加資格を有する者は、日程の都合さえつけば、ぜひ参加したいイベントである。

週刊文春に、心にナイフをしのばせての記事が出ていた。
http://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E3%81%AB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%AE%E3%81%B0%E3%81%9B%E3%81%A6-%E5%A5%A5%E9%87%8E-%E4%BF%AE%E5%8F%B8/dp/4163683607

 この本は、言うまでもなく、2年ほど前に大ヒットしたルポタージュである。

 39年前の「酒鬼薔薇事件」と言われる「サレジオ高校首切り事件」である。


日本経済新聞(9・24紙面より)
----------------------------
川崎で高校生首切り殺人
----------------------
 昭和44年4/23午後4時20分、川崎市向ヶ丘1765の私立サレジオ高1年の加賀美洋(15)が学校の校庭の裏にある、250メートル離れて東名高速をくぐった向かって左脇にあたるつつじ畑で首を切られたと、加賀美と一緒にいたという同じく1年のM少年(15)が学校に訴え出た。


 Mも2ヶ所を怪我しており、3、4人の男に襲われたと証言した。被害者は47ヶ所を滅多刺しにされて発見され、首は死後に切断された様子で、凶器のジャックナイフが見つかった。当初から15歳少年が疑わしいという声があったものの、学校側では捜査員が校内に立ち入る際にもヨハネ・ペトゥ校長自ら1人1人首実検してから通すという対応で、少年の取り調べにも校長や父親などを立ち会いの下で行うように警察に要求、受け入れないと取り調べはさせられないとするなどの状況もあり、遅々として捜査が進まないでいたが、4/25午後6時15分、警察署内での取り調べと切り替えたところ、少年は犯行を自供した。


 被害者におわびの言葉を述べたが、午後8時30分には出されたカツ丼を残さず食べるなど余裕も見せていた。少年の父はセミナー会社社長で、母は病弱だったという。祖父は樺太帰りで銀座でかつて貸金業をしていたが、少年の父は祖父の仕事を嫌い、事業は受け継いでいなかった。


 少年は小学校から高校までミッションスクール、目黒の私立星美学園小からサレジオ中、高と進んでいた。テニスが得意で図書委員も務め、妹より背丈が低い150センチと小柄で太っていたという。性格は陽気で、弁護士になるのを夢としていて、中学時代から六法全書を愛読書としていた。しかし中学時代には些細な喧嘩から、同級生を突き飛ばして腕の骨を折るといった事件も起こしていたが、表沙汰にならないように処理されていた。少年は被害者とは中高とずっと同じクラスで、傍目にはむしろ親しく見えたという。


 被害者は少年より無口だったが、170センチとやや大柄で、他人の欠点を付く毒舌で笑いをとるのを得意にしていて、少年をよくからかいの対象として同級生の笑いをとっていたが、それは殺人に至るまでのいじめと呼べるようなものではないとの周囲は見解だ。


 事件後、少年は少年院に送られたが、名前を変えて社会復帰して中学時代の夢を実現した、と平成9年の「文藝春秋」誌上に掲載された。被害者の家族には少年の父から2年間、月2万円ずつ送金され、それが受けた補償のすべてであった。少年の父はアパート経営をしようと建築したばかりの家作から財産からすべてを、事件以降に突然、判明した祖父の借金のカタとして、事件を知ってより入れ代わり立ち代わり出現した暴力団関係者などに取り立てられて失ったという。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最も衝撃的なのは加害者少年の「その後」であろう。彼は弁護士になっていたというのだ。父親の愛人の養子になることで、名前を変え、過去を消し、被害者家族への償いもせずに地元の名士として生きている。

 だが、加害者少年は弁護士となり、法律事務所を経営するほどの成功を収めているにもかかわらず、被害者本人と家族への謝罪は、一度としてない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 被害者遺族は家庭崩壊で貧しい生活。
 加害者の少年もこの事件が原因でまとも人生は送れてないと同情すら感じていた被害者の母。しかし現実は、違った。
 少年はなんと弁護士となって遺族の元を訪れる。
 そのとき加害者の口から出た言葉は…

 弁護士「賠償金?払う気無いよ。五十万くらいなら貸すよ、印鑑証明と実印持ってきて」
 遺族「息子の命が50万ですか?」
 弁護士「五十万もって来たよ」
 遺族「その前に謝って下さい、事件以降一度も謝ってくれていないでしょう」
 弁護士「どうしてオレが謝るんだ!」

 03年頃ニュースステーション久米と対談してた。(画像、音声処理ありだった)
 謝罪も、賠償金の支払いも、一切してないし、するつもりもないとのこと。
 彼は言った。
 「未成年でしたから、前科なんて付きませんよ。私が弁護士をしてるのは私の能力だし、その収入は私と家族のために使います。法的にみて、全く何の問題もありません。 幸せに暮らしてます。少年事件は匿名性が極めて高いので、誰もこのことは知りませんしね。」
 殺した少年と、その遺族に対する思いについて聞かれても、なんの思いもないと言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、異常殺人者の心理が良く分かる弁護士というのも、今の世の中では、それはそれで貴重かもしれないが・・・・。(^^;

 ところで、この弁護士になった少年については、当時からひびや総合法律事務所(千代田区日比谷公園1番3号 市政会館5階 )の石○一郎氏ではないか、とネットで大騒ぎだった。

 それに対して、石○一郎氏は、さまざまな掲示板に、削除依頼を出していた。

少年犯罪のスレッドの中に「弁護士石○一郎」という題名のスレッドが立てられており、その題名自体を削除いただきたくお願いします。他のスレッドに「少年Aは弁護士に、遺族は家庭崩壊4 【少年法】」がありますので、特定され、業務妨害になっています。なお、同姓同名なだけで、弁護士をしているひびや綜合法律事務所の石○一郎は、少年Aとは無関係です。
業務妨害目的の悪意ある犯罪として、警察に捜査を相談予定です。


週刊文春によると、その後、その弁護士は廃業したそうである。(本が出た後に一度弁護士のほうから接触してきて謝罪と賠償の意思を表示したが、その後、音信不通になり、賠償はなんらなされていないそうである。)

 そこで、ひびや綜合法律事務所を検索してみると、ヒットしない。どうやら、昨年6月ころに廃業しているようだ。

 これは、偶然の一致なのかな?

漁師になる?

漁師を募集している。

http://www.fishworld.or.jp/fisherman/ryoushi/joboffer/index.html

職種■かつお水揚げ、釣り
希望年齢■55歳未満
月収■最低保障20.2万円+歩合

とか

職種■甲板員、機関員各1名
希望年齢■45歳まで
月収■最低保障15万+歩合

とか、わりと高齢でも募集しているんですね。

お勧めブログ♪

元刑事の独り言

http://56743648.at.webry.info/theme/fff7103b2d.html

おもしろいです。

警察内部の事が、良くわかります。

ぜひ、行ってみてください。

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事