無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

たばこ増税 大賛成!

日本たばこ産業株式会社などが、たばこ増税反対の署名を集めている。

http://www.tobacco-zei.com/

 署名を集めるのは勝手だが、別に、たばこなんか、増税して良い。

 1箱1,000円〜3,000円なんて、生ぬるい。

 むしろ、1本1万円、1箱20万円くらいが、ちょうど良い。

 そしたら、大金持ち以外は、絶対にやめると思う。

 タバコをやめたくて仕方ない人には、超朗報だ。

 夫「タバコ買う金ちょうだい。」
 妻「いくら?」
 夫「20万円。」
 妻「殺っ!」

 いやー、そんなになったら、愉快でしょうがない。

 
 

開く トラックバック(2)

 音楽が有限集合であることを悲観して自殺した音楽家兼数学者がいるというのは、良く聞く話である。

 うーん・・・、音符が有限だと、できる音楽も有限なのか・・・、な?

でも、音符の組み合わせは、恐ろしく沢山あるのだから、仮に有限だとしても、とてつもなく無限に近い有限なのでは、ないだろうか?

もっとも、耳に心地よい音楽というのは限られているのだから(環境破壊音楽みたいなのはニーズがないだろうから)、使える音楽という意味では、もっと数は少なくなるのだろうが・・・。

 そんな、音楽が有限集合であることを悲観して自殺する必要などないのに・・・、と思い、・・・で、その音楽家とは、一体誰さ?・・・ということで、検索してみた。

 http://q.hatena.ne.jp/1101109540

 結果、どうやら、この話は、「音楽が有限集合であることを悲観して自殺した音楽家兼数学者」は実在しそうだけど、実際にはいない、観念上の産物ー都市伝説の一つのパターンらしい。

 実際に,そういう人が存在して欲しかったと思うのは、僕だけ?

 なんか、こういう話って、ロマンを感じるんだよね。

イエスの方舟について

千石剛賢とまさ子

http://www.asahi.com/travel/traveler/TKY200711160197.html

カルトの教祖が、女性たちを騙してハーレムを作っている、みたいな批判をマスコミがしたら、実はそんなことなくて、
社会的に恵まれない女性たちが、身を寄せ合って、キリスト教や聖書の勉強会をやっていた。

イエスの方舟事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%96%B9%E8%88%9F%E4%BA%8B%E4%BB%B6


イエスの方舟とは、主宰者の千石剛賢(せんごく たけよし、1923年7月12日 - 2001年12月11日)が開催していた聖書勉強会である。千石は、1951年に兵庫県で自営業である刃物工場の経営に失敗し、レストラン支配人を勤めながら教会に通い始める。夫人と再婚後[1]の1952年、大阪で聖書研究会に参加する。1960年にはその研究会会員10名とで東京都国分寺市に移動して「極東キリスト集会」を主宰し共同生活に入る。これが「イエスの方舟」の起源となる。

1975年頃、名称をイエスの方舟と改めるとともに、聖書勉強会を開催していた。この頃、家庭には居場所がないと感じていた信者が千石の活動に共感し、家庭を捨てて共同生活を始めるようになる。信者の多くは独身女性だったが、男性や既婚女性がいなかった訳ではない。また、全員が10 - 20代というのは誤りである。これに対し、信者の家族は信者が自主的に家庭を捨てるという事が理解できず、千石にだまされていると考えた。このため、家族は強引に信者を連れ戻そうとし、警察も家族からの捜索願いを名目に介入するが、信者は家庭に戻らなかった。その後、千石の体調が悪化したことと満足な布教活動ができなくなった事を理由に、1978年から千石は信者26人と共に逃亡生活に入る。


この事件があったから、オウム事件のときに、すぐ批判できなかったと言われている。

マスコミ批判で宗教を叩いたけど、失敗だっからね。
同じ轍を踏むまい・・・、としたんだけど、結局オウムの方は、本当に犯罪者でした。

うーん、イエスの方舟、今も元気でやっていそうですよね。

近くに行ったら、ぜひ寄ってみたいものだ。

話すスピード

 聞き取りやすい話すスピードは、

1分間に400字

なのだそうだ。

 1分間に200字〜300字程度だと眠くなり、逆に1分間に500字だと聞き取りにくいのだそうだ。

 それにしても、人間というのは、思った以上に早口である。

 1分間で、400字詰め原稿用紙1枚ペロッと読んでしまうようなスピードが丁度いいなんて、にわかには信じられない。

 1秒間で、7文字近く喋るなんて・・・、そんなに早く話していたか、自分?

客観的な数字を突きつけられると、驚くことって、結構あるな(^^;

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事