古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

全体表示

[ リスト ]

大見城―その壱ー

 大見城は、伊豆市柳瀬字城山にある比高70mほどの山城です。修善寺と伊東を繋ぐイメージ 1街道沿いにあり、街道押さえの城として機能していたものと考えられます。何度か訪れていましたが、諏訪神社の上一帯は藪におおわれ遺構確認もままならず、かろうじて主郭・堀切・竪堀を確認できる程度でしたが、2009年4月に訪れた際に山の木々が伐採されて驚いたことを覚えています。(右写真)今回、公園になった姿を見に行きました。
訪城日:2013.2.17 晴れ
 
イメージ 2 城址へは、修善寺駅から県道12号を東に6.5kmほどにある八幡東信号を右折しますと、すく左手に鳥居が見えます。城址二の郭にある諏訪神社の鳥居です。ここが登城口になります。駐車場は、鳥居前の道を隔てた所に実成寺の駐車場がありますので、そこを借用しました。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4説明板が登城口と本曲輪にありましたので、それらから当城の城歴を記しておきます。
「この地は古くから「城ヶ平」といわれ、大見小藤太の居城があった所から名づけられたものです。城の造られた時代については、はっきりとしていませんが、平安時代の末の12世紀ころと言われています。城を築いたのは、大見平三家政か、その子の大見小藤太成家と推定されます。また、古くから山下一帯を「根小屋」と総称しています。」
                                (登城口の伊豆市教委の説明板)
「大見城からは、旧中伊豆市街(対狩野氏)、冷川方面(対伊東氏)、天城方面(大見郷)を見渡す事ができ、ここかが交通の要衝であり、典型的な城砦であったことがよく分かります。」「大見城周辺には「城ヶ平」「馬場沢」「敵ヶ平」「鍛冶谷戸」「矢取洞」など城郭に関する地名が残っており、現在の實成寺付近の「城ヶ平」に館跡があったと推定されます。大見城には井戸が無い為、平素は「城ヶ平」で生活し、戦闘時になると大見城に籠城したと考えられます。」
                                                                                                               (本曲輪跡の説明板より)
 大見氏が、鎌倉幕府創世記にこの地にいたことは確かなようですが、のちに越後国白川郷に本拠を移したようです。戦国期、当城が歴史の表舞台に現れるのは、明応2年(1493)の伊勢新九郎の伊豆侵攻時に大見郷の土豪「大見三人衆(佐藤藤左衛門・梅原六郎左衛門・佐藤七郎左衛門)」がいち早く馳せ参じたようで、明応6年4月に狩野勢が柏久保城(伊勢方)を攻めた際に、大見城から出撃した大見三人衆が背後から攻めかかり、撃退したとして宗瑞から感状が出されています。しかも、その年の12月に大見城に籠城したようです。このことからしますと、明応6年以前にはすでに大見城は築城されいたことは確かです。ただ、その時期がいつかは定かではありませんが、小和田哲男氏が宗瑞の大見三人衆への感状にある(「今度柏窪一戦刻、忠節無比類、仍当郷陣夫、同細細工事、差置之了、当要害普請年中三箇度、是者可勤同定夫候事」)「当郷」が大見郷で、「当要害」が大見城と言う見方ができるとしすると、「大見城は、単に、「大見三人衆」の私的な城ではなく、早雲によって築城され、「大見三人衆」がそれ以後、守りについていた」と考えられるとしています。宗瑞よる築城とまでは言えないにしても当城の規模からしますと、大見三人衆程度(大見郷百貫文)が構築した城とは思えませんで、「当要害普請年中三箇度」ということからも対狩野を意識した伊勢氏による直接的な関与がうかがえます。
イメージ 5
 城址は、「大見城址農村公園」として整備?されて、本曲輪に左図のような概念図か設置されています。整備後数年たっているようで、整備後イメージ 6放置されている感じです。本曲輪までは未整備の頃よりはかなり楽に登れましたが、表示標柱の的確さや遺構の確認が以前に比べて分かりにくいですね。
イメージ 7 右の写真は、ほぼ同位置(主郭下北東の腰郭)から撮ったものです。枯れ葦に覆われた様子が分かるかと思います。
 
イメージ 8 諏訪神社のある二の曲輪西端から本曲輪方面を見たものです。遊歩道がこのように設置されイメージ 1ていますが、景観は?です。かっては、右写真のように見えましたからね。
 
 
イメージ 9
 
概念図にある西側の虎口です。西側斜面に向かって道が続いていましたが、この西斜面からの虎口というと、果たしてどうかな〜?と思うイメージ 10のです。下の写真は整備前の同じ箇所だと思います。
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
主郭西下の竪堀で、人が立っている辺りが虎口になるのではないかと思います。木橋をかイメージ 12けていますが、本来は主郭西下の腰郭の壁面を登ったのではないかと思います。
 
 
 
 
 
イメージ 13主郭北下の腰曲輪ですが、草ぼうぼうになっていました何が何やら分かりませんが、標柱の辺りに土塁があります。
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
掲載写真の容量が一杯になりましたので、主郭などは―その弐―にします。
 
参考文献
『ふるさと古城の旅』 水野茂著 海馬出版
『静岡の山城ベスト50を歩く』 加藤理文・中井均編 サンライズ出版
『中世城郭史の研究』(小和田哲男著作集第6巻) 小和田哲男著 清文堂
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事